運営者 Bitlet 姉妹サービス
2710件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-08-01 目黒区議会 平成30年文教・子ども委員会( 8月 1日) こちらにつきましては、各学区域に在籍しているいわゆる住民登録上の人口の数、それが毎年度必ずしも均等に並んでるわけではございませんので、その年その年で出生、あるいは もっと読む
2018-06-21 荒川区議会 平成30年度定例会・6月会議-06月21日−02号 我が国の合計特殊出生は、第一次ベビーブーム期の一九四七年から一九四九年ごろに四・三二であったものが、第二次ベビーブーム期の一九七一年から一九七四年ごろでは二・一四 もっと読む
2018-03-20 台東区議会 平成30年 予算特別委員会−03月20日-01号 さらに、台東区の将来人口推計を見ても、出生が上がる自然増ではなく、社会的要因、つまりは転入者の増、新規住民がふえてきています。 もっと読む
2018-03-19 豊島区議会 平成30年予算特別委員会( 3月19日) 本区において大変に低迷している出生は、高いほうが望ましいと考えられます。 もっと読む
2018-03-14 北区議会 平成30年  予算特別委員会-03月14日−05号 千百名とか千二百名とか、これは五年先、十年先じゃなく、長期ビジョンとして長く考えたときに、転入者がふえるかもしれない、出生が高まるかもしれないということもあって もっと読む
2018-03-12 大田区議会 平成30年 3月  予算特別委員会−03月12日-01号 委員、お話しの生涯未婚率の増加による人口推計への影響は、把握してございませんが、現在策定中の第7期介護保険事業計画では、過去3年間の男女別の人口推移や出生などから もっと読む
2018-03-09 目黒区議会 平成30年予算特別委員会(第2日 3月 9日) それはなぜかというと、現在20代を中心に転入超過が続いておりますので、これに加えて合計特殊出生平成26年度以降1.00以上をキープしている、そういったことから もっと読む
2018-03-09 豊島区議会 平成30年予算特別委員会( 3月 9日) ○藤澤愛子委員  保育の需要もいろいろ変わると思うので難しいところがあると思うんですけれども、今後、少子化が進んでいくと思いますし、出生もそこまで大きく伸びることはないのではないかと もっと読む
2018-03-08 世田谷区議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月08日-03号 しかしながら、裏を返すと、国の動向と世田谷区は少し違いますが、日本では、少子化と言われている中で出生を上げる、後々の生産人口世代をふやさないといけないこと。 もっと読む
2018-03-07 北区議会 平成30年  予算特別委員会-03月07日−02号 ◎(筒井企画課長)   北区の人口ビジョンにおける独自推計ということでございますけれども、こちらにつきましては、合計特殊出生ですとか社会増減の部分につきまして、 もっと読む
2018-03-06 豊島区議会 平成30年予算特別委員会( 3月 6日) ○松下創一郎委員  思ったよりも男性の申請がなかったというような感じでございますけれども、これは、豊島区に関して言いますと、合計特殊出生が23区、最下位と大変に もっと読む
2018-03-06 北区議会 平成30年  予算特別委員会-03月06日−01号 北区で取り組んでいます子育て施策を初め、各種施策の充実を図ることによりまして、合計特殊出生の向上ですとか社会増減を、できるだけプラスを維持する、マイナスにならないようにする もっと読む
2018-03-05 豊島区議会 平成30年予算特別委員会( 3月 5日) 例えば港区なんか非常に地価が高いんですけれども、高額所得と言っちゃおかしいですけども、比較的所得の高い御夫婦が転入したことによって出生も上がっているという状況がございますので もっと読む
2018-03-05 江戸川区議会 平成30年予算特別委員会(第5日)-03月05日-05号 本区はご承知のように6,000名の赤ちゃんが誕生し、出生も常にトップクラスであります。 もっと読む
2018-02-23 世田谷区議会 平成30年  3月 定例会−02月23日-03号 日本の国自体が出生を上げるように働きかけている割に、この不妊治療に対する制度の仕組み自体がしっかりと構築されているかというと、私自身疑問になります。 もっと読む
2018-02-23 大田区議会 平成30年 第1回 定例会−02月23日-03号 では、フィンランドのネウボラを手本として支援を組み立てている事例が多く見受けられますが、フィンランドではネウボラの効果として、子育てのしやすさを生み、結果として「出生 もっと読む
2018-02-22 品川区議会 平成30年_第1回定例会(第2日目) 本文 2018-02-22 このような子どもにやさしいまち品川をめざして取り組むことは、将来的には区内の出生を上げることにもつながるものと考えております。 もっと読む
2018-02-21 目黒区議会 平成30年第1回定例会(第2日 2月21日) 総務省の国勢調査のデータを見ると、少子高齢化が進んだのは、出生の低下とともにより長く生きられるようになった長寿化が背景として上げられています。 もっと読む
2018-02-21 品川区議会 平成30年_第1回定例会(第1日目) 本文 2018-02-21 第31次地方制度調査会も、地方行政体制における大都市圏の課題として、出生が低く、急速な高齢化の進行や単独世帯の高齢者の急増、生産年齢人口の減少や公共施設の老朽化 もっと読む
2018-02-21 世田谷区議会 平成30年  3月 定例会-02月21日-01号 やがて時代が平成に変わると、いわゆるひのえうまの要因に伴い過去最低であった昭和四十一年の合計特殊出生一・五八を下回り始め、日本国内全体が少子化問題を意識するようになりました もっと読む