189件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江戸川区議会 2019-02-21 平成31年 第1回 定例会-02月21日-02号

東西冷戦が幕を閉じ、新たな国際秩序が模索される中で、我が国が国際社会平和と安定にどう臨んでいくのか、世界の中の日本のあり方が問われた重大な転機でありました。  そして今、世界は欧米をはじめとする多くの国では、IT化とグローバリズムによって拡大した貧富の格差などによる潜在的な不安や不満が、国民保護主義、排外主義へと走らせ、社会の分断や対立を生み出しています。  

世田谷区議会 2019-02-20 平成31年  3月 定例会−02月20日-01号

世界を核の恐怖に陥れた冷戦時代を復活させては絶対にならないのであります。唯一の戦争被爆国である日本は、両大国に身勝手な行動をやめるよう強く働きかけるべきであります。  SDGs、持続可能な開発目標にも触れておきます。  我が党の山口代表は通常国会代表質問で、SDGsを通じて世界を変えていく、日本の本気度が試されます。

杉並区議会 2019-02-12 平成31年第1回定例会−02月12日-01号

ちょうど私は2人目の子育ての真っ最中でしたが、当時、西ドイツにいる友人から、東西冷戦が幕を閉じる空気を受けとめているとのはがきに、平和への思いを膨らませたことを覚えております。日本は、PKOへの参加を初め、国際社会平和と安定に向けた貢献に大きな一歩を踏み出しました。  それから約30年、平成が終わろうとする今、国際社会は、政治経済地球的な課題への対応など、まさに大きな岐路にあります。

杉並区議会 2018-10-15 平成30年決算特別委員会−10月15日-10号

太平洋を挟んだ国際的な緊張はその後も拡大し、昨今では、貿易その他で米中の2国が衝突する様子を新冷戦と呼ぶ識者まで出ています。軍事経済などさまざまな面で拡大するリスクは、区にとっても他人事ではなく、例えば10年前のリーマンショックのような大きな衝撃があっても耐え得る強靭な行政財政を備えておくことが求められているように思います。  3点目は、技術の進展に伴う価値構造の変化です。  

目黒区議会 2017-09-19 平成29年決算特別委員会(第2日 9月19日)

そこにはまず冷戦的なものは終了しております。これらは旧共産圏と発展途上国と呼ばれた国々が新興市場国として認識されて、抑圧された人々がグローバリズムにより資本主義労働市場に大量に参入してきました。我が国の縫製業の壊滅も製造業海外移転も、これらの結果だと思います。雇用海外に移転しただけではありません。

世田谷区議会 2016-12-20 平成28年 12月 福祉保健常任委員会-12月20日-01号

そういうようなことからすると、やっぱり国の成り立ちとか習慣とか、フィンランドもその教育制度みたいなものができたというのも冷戦構造が崩壊したことによるということなので、一九九〇年代後半からいろいろと試行錯誤を経てきている。最近といっては変ですけれども、ここ二、三十年ぐらいの(「まだ建国百年」と呼ぶ者あり)そう。

大田区議会 2016-10-04 平成28年 9月  決算特別委員会−10月04日-01号

アフリカ開発会議は、冷戦終結後、アフリカ支援に対する先進諸国の関心が低下する中、アフリカの重要性を論じ、先駆的に我が国が主導して立ち上げた枠組みであります。  また、アフリカ市場は、最後のフロンティアと呼ぶ人もあり、アフリカ支援を通じて大田区のものづくり企業が新たな市場を開拓する可能性も期待できるところであります。  そこでお伺いいたします。

板橋区議会 2016-03-16 平成28年3月16日予算審査特別委員会−03月16日-01号

当時は、冷戦であり、核廃絶や世界大戦への危惧が根底にあり、その文章を見ても読み取れるところでございます。  しかしながら、冷戦後、北朝鮮の核実験弾道ミサイル中国海洋軍事施設の急増、イスラム国によるテロや非人道的行為など、大規模な戦争危険性はより身近な危険性へと変化していることは、昨今の多くの報道でもご存じかと思います。

足立区議会 2015-12-07 平成27年12月 7日総務委員会-12月07日-01号

また、基地の不安の問題についても、ちょうど今、つい先日、この翁長知事が意見陳情を裁判の中でやっているわけですけれども、その中で、じゃあ、あの冷戦と言われたソ連の時代の脅威と今と、どっちがどうなんだと。そんなに、それ以上の脅威があるのかと。もっと言うと、基地沖縄に存続していることの脆弱性のほうを軍事専門家は指摘していると。

葛飾区議会 2015-06-11 平成27年第2回定例会(第1日 6月11日)

ベルリンの壁が崩壊し東西の冷戦が終結する世界情勢の中で、世界は一つであるという発想のもと生まれたのがグローバルという概念であります。  当時は、グローバル化により世界が均等・均質となり単一化していくという考え方が主流でありました。このような考え方から、グローバル化は世界でコミュニケーションができる語学力育成が中心となっており、グローバル化英語公用化という考え方が広まっておりました。  

港区議会 2015-03-10 平成27年度予算特別委員会−03月10日

中曽根総理と言うと、ロン・ヤス関係がクローズアップされたり、サミット、不沈空母、冷戦下の外交安全保障などのイメージがついていたので、当時は余りストンと腑に落ちない答えだったなという思い出があります。しかし、年を重ねていくとやはり教育こそ大事であると思います。私は、できる限り地域の総力を上げて、教育問題についてはつなぎ目なく取り組んでいくべきだと思います。  

世田谷区議会 2015-02-24 平成27年  3月 定例会−02月24日-01号

さて、本年は、第二次世界大戦が終了してから七十年、冷戦が終えんしてから四半世紀がたつ年に当たります。一方で、我が国は将来の国際秩序を考えつつ、幾つかの重要な決定をしなければならない年になります。八十八万都市世田谷区においても、次世代へ託すべき将来に目をつぶり、現状に甘んじるのか、今の痛みを引き受けた上で将来に望みを託すのか、その決断が迫られているのです。信なき言論、煙のごとしです。

江戸川区議会 2015-02-19 平成27年 第1回 定例会-02月19日-02号

戦後世界を支配してきた米ソ冷戦が終わり、イデオロギーによる対立の時代に終止符が打たれましたが、近年、中東での過激派組織の拡大など、既存の国境線に象徴される国際秩序が大きく揺らいでおります。  日本国内においても人口減少が進行する中で、成長を維持していくには、女性や熟年者が働きやすい環境を整えていかなければなりません。