930件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-12-03 令和元年12月3日企画総務委員会-12月03日-01号

そうは言っても、契約条例などを結んでいないので、元請が下請に対してどのような支払いをしているのか、そこまでは今の状況では追及できないというふうに言われると思うので、ぜひそういったことを防ぐ意味でも、契約条例、そういったものを考えていく必要があるのではないかなというように思います。  

世田谷区議会 2019-11-12 令和 元年 11月 福祉保健常任委員会-11月12日-01号

◆大庭正明 委員 別紙2の公募型プロポーザルに係る手続きの開始のお知らせの最後の二枚目の裏のところにその他って書いてあって、その(10)で「本契約は令和二年度の提案限度額を二千六十八万円としており、世田谷区契約条例で定める労働報酬下減額の対象である」というんだけれども、この「労働報酬下減額」ってどういう意味ですか。

世田谷区議会 2019-11-11 令和 元年 11月 企画総務常任委員会-11月11日-01号

例えば契約条例の適用についての具体的な手法であるとか、3の障害者差別解消法についての仕様書に特記事項を設け遵守させるということ、それから今、台風十九号のお話がございましたけれども、災害時の対応、こちらについては、基本協定書の標準協定書の十九条、二十条、二十一条、また二十五条におきまして、この際はどのようにしなければならないかということを定めてございますが、改めてこちらに明記させていただいたと。

杉並区議会 2019-10-11 令和 元年決算特別委員会−10月11日-10号

契約条例の実施の際は、事業者、労働者の双方の視点に立った配慮を求めた条例を工夫していただきたい。  公文書管理条例を制定し、公文書の取り扱いを規程から条例へと、より厳格なものにするようお願いしたい。  自治体間ベンチマーキングを導入し、法定業務のコスト削減へと努めていただきたい。  

豊島区議会 2019-10-11 令和元年決算特別委員会(10月11日)

最初に、私は、契約条例について伺います。  これまでも、我が党は、決算、一般質問などで契約条例の制定を求めてきました。今議会も、私は制定を求めましたが、残念ながら、現時点において、直ちに契約条例制定する考えはありませんと、こういう答弁でした。それで、改めてお聞きしますが、なぜ現時点で制定しないのか、お答えください。

豊島区議会 2019-10-04 令和元年総務委員会(10月 4日)

今、課長は、公共、その単価も決めているし、恐らく適正にされているんだろうという答弁だと思うんですが、私なんかは、よく契約条例求めたときに、公認会計士が入っているから、適切に行われているという、よく答弁が返ってくるんですけれども、これも、きちっとチェックが入っているわけですね、最低限、これは。

杉並区議会 2019-10-03 令和 元年決算特別委員会−10月03日-04号

◆新城せつこ 委員  私からは、契約条例について、会計年度任用職員制度と非常勤職員について、それから職員健康について確認をします。参考にする資料は、262、263、職員白書などです。  条例制定を求めてきた立場から、何点か確認をさせていただきます。  先日、使用者側、組合側からの意見や要望についてのやりとりがありました。事業者団体労働者団体、どのような団体が加わっているのか、確認をします。

板橋区議会 2019-10-02 令和元年10月2日企画総務委員会-10月02日-01号

現場の方々に、先ほど山田委員から、支払われているんですかという確認のお話もありましたけれども、実際には、現場で労務単価が変わりましたというポスターを張ってあるところと、張っていないところがあるということで、本来は発注者がきちんと支払われているかどうか確認すべきだし、人件費の部分では、契約条例が今板橋区はありませんので、それを確認するすべはないんですけれども、きちんと発注者責任として、現場の方々に賃金

世田谷区議会 2019-10-02 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月02日-03号

次に、契約条例について、一般質問でも質問をさせていただいてきたのですが、契約条例で私が今まで質問してきた話は、労働報酬下限額というものを今の水準よりも上げていく必要があるということと、適正化委員会のお話をよくしっかりと聞くようにというお話を私はしてきたと思うのですね。  

杉並区議会 2019-10-01 令和 元年決算特別委員会−10月01日-02号

ここでは、当該年度に「制定」の2文字を区長みずからが発信された契約条例について伺います。  まずは、契約条例の制定について、現在の進捗状況、そして事業者団体を初めとして関係者から幅広く意見を聞く中で出されている主な意見と、また区の対応方針を確認させていただきます。

江東区議会 2019-09-20 2019-09-20 令和元年第3回定例会(第10号) 本文

次に、公共工事を初め、公契約の下で働く職員の適正な労働条件の確保、公共サービスの質の向上を目的に、契約条例を制定する自治体も広がっています。本区は、労働者賃金等、労働環境の確保は国の労働行政の中で取り組むべき課題として、条例制定には否定的ですが、今後さらに公契約の下で働く職員も増加をしてきます。公的施設で働く職員雇用を安定させることは、良質な公共サービスを維持させるためにも必要と考えます。

目黒区議会 2019-09-11 令和元年企画総務委員会( 9月11日)

契約方法等、こちらは資料記載のとおりでございまして、こちらの案件は、契約条例の適用案件となってございます。  おめくりください。こちらが入札経過となってございます。  続きまして、資料2、件名、目黒区立八雲住区センター空気調和設備改修に伴う天井改修工事契約金額は、2,943万円でございます。

目黒区議会 2019-08-07 令和元年企画総務委員会( 8月 7日)

なお、(2)その他に記載のとおり、本案件は目黒区契約条例の適用対象工事となってございます。  続きまして、資料3、件名、目黒区立第九中学校照明設備改修工事。  契約金額は、3,326万4,000円でございます。  履行場所及び契約内容は資料記載のとおりでございまして、校舎及び体育館等について照明設備の改修を行うものでございます。  

目黒区議会 2019-07-10 令和元年企画総務委員会( 7月10日)

契約方法等につきましては資料記載のとおりでございますが、(3)その他に記載してございますとおり、本案件は目黒区契約条例の適用対象工事となってございます。おめくりいただきまして、こちら裏面が入札経過となってございます。  続きまして、資料8、件名、目黒区立上目黒保育園解体工事契約金額は1億2,038万4,000円でございます。

江戸川区議会 2019-07-09 令和元年 7月 生活振興環境委員会-07月09日-04号

2点目は、契約条例についてです。条例そのものについては総務委員会が所管となると思いますけれども、働く人の生活賃金雇用の安定を定めることは雇用主にとってもよい方向になるものであります。産業振興、生活振興の立場から調査研究をしたいと考えるものです。  3点目は、先ほど景況調査のところにもあらわれていましたように、小売業が下降のままずっと維持されているという状況になっています。