4264件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

葛飾区議会 2019-12-05 令和元年総務委員会(12月 5日)

○(施設管理課長) JRとは台風19号でありました計画運休のとき、南北通路に区民の方も滞留したりというような経緯もございましたので、現在この駅ビルの中で一時避難所とか、一応災害対策備蓄倉庫も設けるつもりでおりますので、一時避難所とか、そういう位置づけができないか、実際協議をしているというような状況でございまして、今の段階でまだちょっと結論が出ていないという状況でございます。

世田谷区議会 2019-11-12 令和 元年 11月 福祉保健常任委員会-11月12日-01号

また、今現在二階にございます介護認定審査会場や福祉四課の倉庫等を三階のスペースのほうに移転をいたします。  おめくりいただきまして、別紙2をごらんください。こちらは成城六丁目事務所棟の平面図となります。北口のエントランスホールのほうが今現在の入り口となってございます。

世田谷区議会 2019-11-12 令和 元年 11月 都市整備常任委員会-11月12日-01号

それ以外に、当然、防災倉庫なり何なりの観点もありますが、空間を得るためには、ここの地域としては、やはり建蔽率を下げて、とにかくそれを確保することが一番だという認識は非常に強いですし、だからこそ今回の地区計画の、憲法でもないのですが、最初の地区計画の目標にも掲げてあるとおり、こちらに新たに加えられる住宅地区は住宅ですが、広域避難場所というのは、そのような空地をしっかり確保しなければいけないのだということをかなり

葛飾区議会 2019-11-12 令和元年危機管理対策特別委員会(11月12日)

具体的には、地震のときには防災倉庫が1階にあったほうがいいと、ただ、水害のときにはやはり2階のほうがいいねと、では1階と2階とどっちにしたらいいのだというようなそんな小さな話についても学校避難所運営会議のほうで今話し合って、今度は教育委員会さんのほうにも協力をしていただいて、なるべくそういった対応ができるように今後改善をしていきたいなというふうに思っております。  

世田谷区議会 2019-11-11 令和 元年 11月 文教常任委員会-11月11日-01号

(7)のその他ですが、まず①休館中の図書館資料の取り扱いにつきまして、梅丘図書館の蔵書はこの代替施設には置くことができないため、民間倉庫などに保管いたしますが、この中で他の館に所蔵していない資料が約八千冊ございますが、休館期間中も利用者からの予約に対応するため、これを中央図書館で保管し、貸し出し、返却等の業務を行ってまいります。

世田谷区議会 2019-11-11 令和 元年 11月 区民生活常任委員会-11月11日-01号

三階の成城まちづくりセンター後には介護認定審査会場、会議室、福祉四課の倉庫を配置いたします。  裏面をごらんください。別紙2でございます。成城六丁目事務所棟一階の平面図でございます。図面のとおり配置する予定でございますが、図面の中ほど右側に、(仮称)砧ボランティアビューロー準備室を新たに入れる予定でございます。  

世田谷区議会 2019-10-09 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月09日-06号

◎北川 烏山総合支所街づくり課長 住環境整備条例における自動車のための駐車施設設置基準につきましては、平成二十九年十月より緩和規定が施行され、駐車場の設置台数の二分の一以下の台数につきまして、例えば歩道上空地広場などの環境空地緑地防災倉庫、また駐輪場など住環境を向上させるための施設等に変えることができることになってございます。

世田谷区議会 2019-10-07 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月07日-05号

なぜかといえば、ここでは、今まで職員の皆さんが文書をファイルにとじる作業に時間がどんどんとられてしまうということで、実はこの施設には百二十六人の方が入所しているんですけれども、利用者のケアプランは従来からパソコン入力で作成していたのが、ケアの記録ですとか日誌は手書きで作成していて、それも五年間保存して、それをまた、段ダンボール箱に詰めると約二百六十箱にもなるような膨大な量で、外部委託して、倉庫に置いてもらうという

杉並区議会 2019-10-04 令和 元年決算特別委員会−10月04日-05号

しかし、先日の報道でありましたが、千葉県では、備蓄をしていた発電機468台中250台が防災倉庫に眠ったままということでございました。これによって人への被害が出ていた場合は、これは人災と言われてもしようがないほどの対応だったと思います。  そこで、杉並区では、このような事態にならないよう、備蓄品が適当に使われるよう、どのような対応をとっているのか伺います。

世田谷区議会 2019-10-04 令和 元年  9月 決算特別委員会−10月04日-04号

また、スタンドパイプなど、区民が使えるような災害時の消火資機材の存在や、消火栓の位置、マンホールトイレ備蓄倉庫など、事前に知っていなければ動けないという意見がありました。まちづくりセンターや町会、学校防災訓練避難所運営訓練などが開催されていますが、なかなか参加できない方もいます。これにつきましては、先ほどもそういった声が質問の中で聞かれました。  

杉並区議会 2019-10-02 令和 元年決算特別委員会−10月02日-03号

また、学校防災倉庫には相当量の水を備蓄してございます。そのほか、学校給水施設のタンクにも相当量の水がございます。そちらを活用していただくことになろうかと考えてございます。 ◆北明範 委員  よろしくお願いします。  次に、トイレなんですけれども、震災が起きますと、断水停電下水道や浄化槽の破損で多くの水洗トイレが使用できない、こういう状況になります。

葛飾区議会 2019-10-02 令和元年決算審査特別委員会第2分科会(10月 2日)

まず、保育園の顔である玄関ホールの床が修繕部分と未修繕の部分がまだらに点在して、トイレでは物入れ、倉庫のドアと個室トイレのドアの開閉部分が重なって同時に開閉ができないのですよ。それから、ホールの下に水を落とすと丸くぱーんとなってしまうのですね。ゼロ歳・1歳だと足が小さいから、乗って水で滑ったらもうぶっ倒れてしまうのですよ。そういうことを全く把握してなく工事をしていると。

世田谷区議会 2019-10-01 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月01日-02号

物資備蓄する倉庫につきましては、現在、九十カ所の指定避難所避難所運営用倉庫及び避難所運営用倉庫を補完する十六カ所の広域用防災倉庫に分散備蓄しております。配付方法につきましては、在宅避難者も含めまして、指定避難所において配付する計画となっております。 ◆下山芳男 委員 恐らく震災時には、想像ができないような事態が次々に起こると思うんですね。

葛飾区議会 2019-10-01 令和元年決算審査特別委員会第1分科会(10月 1日)

そこでは、IP無線機の使い方や備蓄倉庫などを確認し、災害が起こったときに備えて知識を学ぶ機会でしたが、そこに参加された方々はふだんから地域の行事や会合でお会いする方々や、特に高齢者の多くの参加が見られました。このこと自体はとてもすばらしいことだと感じましたが、若者の参加は数人程度であり、若い方たちの防災意識が低下しているように感じました。

葛飾区議会 2019-09-27 令和元年危機管理対策特別委員会( 9月27日)

(2)といたしまして、住民参加型訓練といたしまして、避難所指定職員及び住民による施設の開錠、備蓄倉庫の確認、IP無線機通信訓練を実施いたします。  (3)から(4)は記載のとおりでございます。  添付資料の説明をさせていただきます。資料3ページに記載してございます。  具体的にはどの場所でどのような訓練を実施しているのかを地図写真で掲載いたしました。

杉並区議会 2019-09-25 令和 元年 9月25日災害対策・防犯等特別委員会−09月25日-01号

そのような場合、現在、地域区民センター等に自家発電の設置を進めてございますが、このような自家発電設置施設や、学校防災倉庫にある5台の発電機、これらを駆使しまして救援活動を進めていくこととなると考えてございます。 ◆國崎たかし 委員  最後に、安否確認などで携帯電話を使うことが多いと思いますけれども、携帯電話充電の対策など、何かありましたら教えてください。

世田谷区議会 2019-09-25 令和 元年  9月 災害・防犯・オウム問題対策等特別委員会−09月25日-01号

◎前島 災害対策課長 ブルーシートは、区の下馬広域用防災倉庫にありますブルーシートをお送りさせていただきました。 ◆上川あや 委員 参考までに教えてください。職員一名を派遣されたということなんですけれども、これは宿泊する場所とかは先方の御用意ということなんですか。 ◎前島 災害対策課長 東京都で宿泊先を確保していまして、宿泊費は区のほうで負担しているという仕切りで派遣をしております。

杉並区議会 2019-09-24 令和 元年 9月24日総務財政委員会−09月24日-01号

一般会計補正予算(第3号)の16ページにあります危機管理対策費について、阿佐谷地域区民センター等複合施設の整備に当たっての防災備蓄倉庫の整備費用が計上されていると思いますが、今までの阿佐谷地域区民センターには同様の災害備蓄倉庫はなかったと思っておりますけれども、新たに整備することになった経緯をお尋ねいたします。