979件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第1日 6月17日)

また、現在、一中は小規模校でありますけども、これまで長年の課題でありました学生服、これは新たな生徒用に向けて、学校のカラーであるオレンジカラーをあしらった男女ともすばらしい、すてきな学生服に変えたところであり、また、令和2年度には金沢市への修学旅行という新しい魅力も、これから付加しているところであります。  

港区議会 2019-06-14 令和元年6月14日区民文教常任委員会-06月14日

○委員(阿部浩子君) 1つ私が感じたことは、中学校修学旅行費は実費で出ています。しかし、小学校というのは、港区では修学旅行はなくて、これは6年生は移動教室費になっているのですけれども、移動教室のお金は結構かかっていて、今、要保護と準要保護で就学援助が両方とも出るのが、小学校ではたった3,900円しかないのだと思いました。

品川区議会 2019-03-26 平成31年_第1回定例会(第5日目) 本文 2019-03-26

理事者の説明の後に質疑を行い、委員より、1、教員の超過勤務は、教員給与特別措置法により給与に4%上乗せされているため超過勤務手当が支給されていない中で、上限時間を定める理由について、2、条例改正を今回行う理由についてなどの質疑があり、理事者より、1の、教員の超過勤務は、教員給与特別措置法により給与に4%上乗せされているため超過勤務手当が支給されていない中で、上限時間を定める理由については、校外実習・修学旅行

目黒区議会 2019-03-18 平成31年予算特別委員会(第7日 3月18日)

気仙沼大島中学校、気仙沼小学校については、修学旅行の機会に、こちらの中学校小学校、こちらのほうに足を運んでいただいております。ですので、発展的に金沢の子どもたちが目黒区に来ていただけるということ、そういった可能性も高まるのではないかと期待するところでございます。1点目につきましては以上です。  

杉並区議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会−03月13日-08号

その際に、義務教育全体の保護者負担というようなことを考える中で、小学校教材費の補助を26年度から始めているのと、中学校修学旅行費の半分の目安、3万円の補助を始めて、そういったところで総合的に保護者の負担を軽減するような取り組みを行っているところでございます。 ◆富田たく 委員  教材費や修学旅行費の一部を区が負担することは重要です。この点は否定するものではありません。

港区議会 2019-03-11 平成31年3月11日区民文教常任委員会-03月11日

教員は時間的に拘束性が強いはっきりとした授業時間以外に、修学旅行や遠足など学校行事、それから今は少なくなりました家庭訪問などが学校外で行われる業務としてございまして、そのような外での業務については、管理監督である校長・園長なりが勤務実態を直接把握することが困難であるということが一つです。

港区議会 2019-03-08 平成31年度予算特別委員会-03月08日-付録

             │@30,000円×1,818人  │ │ │  │        │             │         54,540千円│ │出│  │        │             │②中学校における給食費を無料化  │ │ │  │        │             │        123,367千円│ │ │  │        │             │③中学校修学旅行助成費

港区議会 2019-03-08 平成31年度予算特別委員会−03月08日

3、修学旅行の助成として5万円を限度に支給します。  第10款諸支出金ですが、国民健康保険料の均等割額を1万円引き下げるとともに、第2子以降の均等割額を全額免除するために、国民健康保険事業会計に6億3,451万1,000円、介護保険料の基準額を1,000円引き下げるために、介護保険会計に6億3,400万円、それぞれ繰り入れるための繰出金です。  

目黒区議会 2019-02-27 平成31年文教・子ども委員会( 2月27日)

なお、参考までに、金沢への修学旅行中学校3年生で予定してる学校でございますが、目黒中央中学校は本年5月15日から17日にかけて、金沢を中心に修学旅行を行う予定です。  また、追って来年度からは、第一中学校が金沢を中心に修学旅行を行う予定でございます。  御説明は以上でございます。 ○関委員長  ありがとうございました。  説明が終わりましたので質疑を受けます。  

足立区議会 2019-02-26 平成31年 2月26日文教委員会-02月26日-01号

◆鈴木あきら 委員  先ほどもお話ししたように、もちろん流れとしてはこういった形というのは、流れとしてはあるでしょうけれども、ただ問題点として、第三子ということに関していったときの不公平さがどうなのかというのが一つ、そして、もう一つは、当然ながら先ほどもお話しした教材費だとか制服だとか、あと修学旅行費とか、いろいろ社会科見学とか、そういった部分のものもあると思うんで、そういったものが先に優先として、

足立区議会 2019-02-21 平成31年 2月21日総務委員会-02月21日-01号

それから、議員提出第5号議案でありますけれども、これに関しては、特殊勤務手当を定めたものでありまして、これは災害時の緊急業務であるとか、修学旅行若しくは対外運動競技、いわゆる大会です。それから部活動、こういうものに従事した場合の特別勤務手当をつけているというものであります。これについては、本会議でも述べましたが、品川区や杉並区等で既に実施しているものであり、これは議会議決すれば可能であると。  

千代田区議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会(第3日) 本文 開催日: 2019-02-21

2番、林間・臨海学校修学旅行や遠足などの教育関連旅行の時期の調整が明記されておりました。(スクリーンを写真画面に切り替え)日程の調整がつくのであれば協力するのは当然です。ですが、この期間しか実施できない校外学習の夏季自然体験教室(岩井臨海学校)を10月に海にも入れない時期に実施するということは余りにもつれなく、子どもたちにとってかけがえのない経験や体験の機会を奪うことになります。  

台東区議会 2019-02-13 平成31年 2月文化・観光特別委員会-02月13日-01号

◎飯野秀則 観光課長 周遊きっぷの利用促進につきましては、先ほどの謎解きイベントなどにも提供していきたいなというふうに思っていますし、委員ご提案のように、修学旅行生が一つのターゲットに周遊きっぷは、なってございます。そういった意味では、利用特典という部分、中学生、高校生に利用できるようなものを選択して、できるだけ取り入れていきたいというふうに考えてございます。

台東区議会 2018-12-11 平成30年12月産業建設委員会-12月11日-01号

それともう一つお伺いしますけれども、このリニューアルに伴って、もちろん多言語対応されているというのは報告の中でもありましたけれども、本当にここの館を見ていると、修学旅行生であったり、外国人であったり、本当にいろいろな人たちが来館しているところだというふうに私自身は思っています。

品川区議会 2018-12-07 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07

実際に無償なのは授業料や教科書だけで、給食費、副教材費、学用品、修学旅行積立金などの負担が子育て世帯に重くのしかかっています。  学校給食法では、第1条の目的に、「学校給食児童及び生徒の心身の健全な発達と、食に関する正しい理解と適切な判断力を養う上で重要な役割を果たす」として、学校給食の普及充実と学校における食育の推進を図ることを求めています。  

台東区議会 2018-12-06 平成30年12月文化・観光特別委員会-12月06日-01号

主な機能といたしまして、英語版と同様、オリジナル散策プランの作成機能を初め、観光写真の無料ダウンロードや、修学旅行生向けのページを開設しております。  続きまして、項番2、運営状況でございます。(1)のウェブサイト情報発信です。①の英語観光ウェブサイトでは、区内に在住している受託事業者の外国人スタッフが、イベントや訪日観光に役立つ記事を作成し、週に1件の頻度で配信をしております。

大田区議会 2018-11-30 平成30年11月  地域産業委員会−11月30日-01号

そういったスポーツ施設が完備されている立派な施設ができているので、例えばですけれど、子どもたちの修学旅行だけではなくて、中学校・高校のクラブ活動での合宿だとか、そういったところにも広げていくと、集客というか利用率の向上につながっていくのではないかと思っているのですけれども、その湯の丸との関連についてはどう伺っていますか。

江東区議会 2018-11-29 2018-11-29 平成30年第4回定例会(第13号) 本文

就学援助制度は、経済的理由で就学が困難な生徒の保護者に対し、経済的支援をする制度であり、貧困格差が拡大する中で、さらに認定基準の引き上げや修学旅行費など費用の増額、対象項目の拡大が必要です。既に23区中15区で柔道着などの体育実技用品を、墨田区では眼鏡の購入費を対象に加えています。本区でも、就学援助制度のさらなる拡充を図るべきです。伺います。  次に、奨学資金貸付制度について伺います。