18079件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2020-04-08 令和 2年都市環境委員会( 4月 8日)

本当に一番いいのは公営住宅を増やす、それとか高齢者福祉住宅をしっかり増やしていくということだと思うんですけれども、それがなかなか難しいという状況で、本当はそれをやってほしいんだけども、なかなかできないということをいつも答弁されるわけですけども、そういう中で、こういう保証の対応ということがすごく大事になってきてると思うんです。  

葛飾区議会 2020-03-13 令和 2年建設環境委員会( 3月13日)

次に、(イ)といたしまして、建築物の1階に住宅、共同住宅、寄宿舎等の用途に供する居室を設けることを制限いたします。これは本地区内は商業地域と近隣商業であるためににぎわいを形成する、商業業務公益機能の施設を誘導するために、1階部分には住宅等の居室を設けないようにするものでございます。  申しわけございません、資料を1枚おめくりいただきまして裏面の2ページを御覧ください。  

大田区議会 2020-03-05 令和 2年 3月  まちづくり環境委員会-03月05日-01号

四つ目、伊藤家住宅主屋でございます。個人住宅でございますが、特徴的な建築様式に加え敷地内の緑は手入れも行き届いており、住む人の品格が伝わる住宅であり、結果としてまちなみのイメージを向上している点が評価されてございます。  五つ目、東京流通センター物流B棟でございます。

大田区議会 2020-03-04 令和 2年 3月  議会運営委員会−03月04日-01号

(1)2第8号 高過ぎる国民健康保険料の引き下げなどを求める陳情、2第4号 新飛行経路B滑走路からの離陸による羽田住宅街の騒音公害に関する陳情及び2第7号 新飛行ルートから区民を守るための区議会決議を求める陳情、上記3件を一括して当該委員長からの審査報告書のとおりとすることを起立採決により決定。  

大田区議会 2020-03-02 令和 2年 3月  防災安全対策特別委員会-03月02日-01号

焼損被害といたしまして、防火造2階建ての共同住宅の2階の204号室の畳2枚、収容物等が焼損をいたしました。  時間経過といたしまして、出火時間が午後11時15分頃、消防機関へ通報のあった覚知時間が11時48分頃、鎮圧時間が午前0時30分、鎮火が1時25分となっております。  人的被害といたしまして、204号室にお住まいの方がお一人亡くなっております。  

大田区議会 2020-03-02 令和 2年 3月  交通臨海部活性化特別委員会-03月02日-01号

効果的なポートの配置に関しましては、事業開始当初の計画では区内地域に満遍なく、500メートル感覚で計174か所のポートの設置を計画しておりましたが、特に台地部のほうは住宅地も多く、ポートを設置できる土地があまりないことが顕著にあらわれてきました。そこで当初計画を修正し、人口密度と従業者密度を重ね合わせた上でポートを算出し、密度の濃淡により、計125か所の修正計画といたしました。  

目黒区議会 2020-02-28 令和 2年企画総務委員会( 2月28日)

15款財産収入、1項財産運用収入、1目3節、職員住宅賃貸料及び4節、教職員住宅賃貸料は、いずれも実績見込みによる、減額でございます。  2目1節、奨学事業基金利子収入から、71ページにまいりまして、14節、学校施設整備基金利子収入までは、いずれも各基金の運用実績等に伴い、利子等を補正するものでございます。  72ページにまいります。  

大田区議会 2020-02-27 令和 2年 2月  まちづくり環境委員会−02月27日-01号

4、住宅市街地総合整備事業の(1)住宅市街地総合整備事業の推進でございます。  羽田地区重点整備路線の拡幅整備事業により取得した広場用地につきまして、一般競争入札による業者決定が不調となったため今年度中の工事竣工が難しくなり、翌年度に実施することが決定したところでございます。  このため減額補正し、同額を令和2年度当初予算に計上しております。  次に、負担金でございます。  

大田区議会 2020-02-27 令和 2年 2月  総務財政委員会-02月27日-01号

かつて補正で住宅リフォーム制度など、増額したこともあります。  区内経済の活性化、不況対策も組むなど、ぜひ積極的な補正予算を組まれるよう要望し、反対です。  第6号議案 令和元年度大田区国民健康保険事業特別会計補正予算(第1次)は、値上げの年度であり、一般財政からの繰り入れを減額し、延滞金徴収の年度の補正であるのと、資格証、短期証を発行している補正であり、反対です。  

大田区議会 2020-02-27 令和 2年 2月  健康福祉委員会−02月27日-01号

これは令和元年台風第19号により、区内に居住する住宅に著しい被害を受けた世帯に対しまして、住宅建設購入、補修または賃借に要した費用を補助するための経費でございます。  次に、障害福祉費では障害福祉費の介護給付費・訓練等給付費で6,600万円、次の自立支援医療費で1億5,000万円、心身障害者福祉手当で5,500万円を減額いたしました。

大田区議会 2020-02-27 令和 2年 2月  こども文教委員会-02月27日-01号

◆清水 委員 今、ご説明があった区立民営ということで運営事業者が社会福祉法人になりましたけれども、定員のことや、それから、新たに建て替えるときの設計図ですね、園庭の確保だとか、そういった建設に関しても区が責任を持って、都営住宅の建て替えですけれども、区が東糀谷保育園の新たな設計等については区が責任を持ってやっていくということでよろしいんですね。

目黒区議会 2020-02-27 令和 2年生活福祉委員会( 2月27日)

次に、(4)で、優良住宅地の造成等のために土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得課税の特例の延長でございます。  概要といたしましては、優良住宅地の造成等のために土地等を譲渡した場合に、一般の長期譲渡所得税率よりも低い税率を適用させ、令和2年度までの特例を3年間延長し、令和5年度までとするものでございます。  

目黒区議会 2020-02-27 令和 2年都市環境委員会( 2月27日)

その上で私どもとしてということであれば、こういったレベル、騒音レベルが通常、日常生活の中でこういった場所で聞くことがある音、そういうことでございますので、例えばおっしゃる2月2日の田道小学校における最大値76デシベルであれば、幹線道路であったり騒々しい街頭、あるいは街路沿いの住宅街で聞く音。これは同じ認識でございます。  

大田区議会 2020-02-26 令和 2年 2月  まちづくり環境委員会-02月26日-01号

◆野呂 委員 第5条の2、(略)となっていますけれども、そこで、住宅宅地開発事業、それから集団住宅建設事業など、るる建物に関することが規定されていますから、それと関連しての3番の参考だと思って見てはいましたけれども、やはり、全国その土地土地で、災害によってどのような影響を受けるかということは、自治体にとって非常に大きな問題で、災害が起きた後に災害条例をつくっている自治体が多々あるので、やはりそれらは

目黒区議会 2020-02-26 令和 2年生活福祉委員会( 2月26日)

こういった背景のもと、2の概要でございますが、今回の民法の改正に伴いまして、関係法律の整備されたものの一つに公営住宅法がございます。公営住宅法に準拠しております目黒区高齢者福祉住宅条例におきましても、公営住宅法の改正と同様に、住宅の明渡し請求に係る利息について、これまで年5%と規定しておりましたけれども、この改正に伴いまして年五分の割合を法定利率としたところでございます。