運営者 Bitlet 姉妹サービス
2871件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 初めに、ゆったり買い物ができ会話が弾む商店街を壊す、29号線と23階建ての戸越公園駅前19番地再開発は止めよです。  特定整備路線補助29号線は、幅20メーターの道路で、戸越公園駅周辺の宮前商店街、中央商店街、駅前南口商店街などの商店街を壊すものです。  戸越公園駅周辺の商店街は道路幅が約6メーターで、両側のお店を見ながら楽しく買い物ができ、通過交通が少なく、せかせか歩いている人はいません。 もっと読む
2018-12-05 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月05日-03号 高校での生活実態については、通所者との日常の会話を通じて把握しており、また未登録の高校生についても定期的に電話連絡を行い、高校での成績や通学状況等を把握しております。  また、支援の目標は、子どもの貧困対策の視点からも、希望する大学への進学や就職と考えておりますので、高校や東京都のユースソーシャルワーカーと連携を図りながら、自立に向けて支援をしてまいります。 もっと読む
2018-12-03 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月03日-01号 小学生4・5年生になると、生活態度で先生から注意されたり、授業中居眠りをしたり、友達同士の会話は、オンラインゲームのことばかりであるようだ。中学生でも、夜中にやめられなくなって寝不足となり、小学校同様、居眠りが目立つ生徒がいるという。ネット依存の疑いが強い中・高生は、全国に93万人、5年で40万人も増えていくと聞くが、児童や生徒の対応や保護者にどのように助言ができているのか。   もっと読む
2018-11-29 新宿区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月29日−12号 自動言語処理の能力は、ここ数年で格段と高まっており、日常会話で使用される曖昧な表現などについても、AIがこれを読み取り、処理できるレベルまで到達をしているとのことです。  身近な自治体としてSNS等から上がってくる情報を活用し、分析処理できれば、住民にとって真に価値のある情報を速やかに的確に伝えることの助けにもなりそうです。 もっと読む
2018-11-29 港区議会 平成30年第4回定例会-11月29日-15号 明るく開放的な図書館内には、学生のために無料のWi-Fi環境が整えられており、さらには普通に会話をすることも認められております。いわゆる昔ながらの図書館の静けさを求める人は専用の部屋を利用するといった点は、誰もが利用しやすくするための取り組みとしてよいと思います。図書館に来ているというよりも、東京都内にあるカフェ併設型の本屋さんにでも来ているような居心地のよさでした。   もっと読む
2018-11-16 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第7日目) 本文 2018-11-16 人工知能AIを使いまして、ネットワーク上で対話、メッセージのやりとりを行う自動会話システムでこのチャットボットを活用し、ごみと分別内容をはじめとしたサービスを提供しています。専用画面で捨てたいごみの名前を入力すると、そのごみの出し方を紹介してくれます。これは1カ月で1,350人から9,800件の質問があるそうです。  そこでお聞きいたします。 もっと読む
2018-11-14 新宿区議会 平成30年 11月 文教子ども家庭委員会-11月14日−14号 きのうも東新宿保健センターに行ったんですけれども、お子さんの健診の日だったようで、随分たくさんバギーがあったんですけれども、日本語じゃない会話がかなり飛び交っていた気がしたものですから、結構お子さんをお持ちの外国籍の方が多いなという感じがしたので、必要な調査項目だなと私も思いました。   もっと読む
2018-11-08 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第3日目) 本文 2018-11-08 世田谷区に関して言うと、失語症会話パートナーが活動している自主グループが10団体あります。 もっと読む
2018-11-06 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第2日目) 本文 2018-11-06 聞こえが悪くなれば会話にも加わりにくくなり、地域活動などさまざまな活動から足が遠のいていきます。だからこそ、この磁気ループあるいはそれのかわりになるような設備による支援が大事だと思います。  これを体験した方の中には、難聴がまるで治ったかのような感覚だったとまでおっしゃる方がいらっしゃいました。ましてや今の時期、障害者差別解消法により、障害者への合理的配慮が求められる時代です。 もっと読む
2018-10-22 豊島区議会 平成30年決算特別委員会(10月22日) 早急に対応したいと思っておりますが、一方で、いろんな翻訳についても、会話についても、いろんな機器が出てきている。それから御指摘のように、それぞれグッズを用意しているんですけれども、それがつながっていないとか、それから特に外国の方がいらしたときに、手続は、やはりちょっと時間がかかるので、待っていただいている時間も結構あるんですね。その間をまた利用できないかとか、あるいはQRコードの話も出ました。 もっと読む
2018-10-10 目黒区議会 平成30年企画総務委員会(10月10日) ある人を通してやらない限りは、同じ場所で働いていたって、そこでの会話が禁じられてるとかね、そういう制度もあるんだしというような。そういうことも含まれて職員定数の問題というのはあるわけだから、皆さんよくわかってそれをやってられるわけだから。  特に今の課長からも話があったように、来年かと思ったら、そうじゃないんだよね。32年の新年度になってっていうから、まあ4月でしょう。それを目指して。 もっと読む
2018-10-03 目黒区議会 平成30年目黒区総合戦略等調査特別委員会(10月 3日) また、日本国籍を有する方、または日本に居住する資格を有する方で、日本語による簡単な会話、意思疎通ができる方ということでございます。  活動の日数は5日間以上ということで、活動の期間につきましては記載のとおり、大会の開催期間中でございます。  続いて、裏面をごらんください。   もっと読む
2018-09-25 目黒区議会 平成30年決算特別委員会(第7日 9月25日) 位置情報が、自分が今どこにいるっていうのがわかる中で、例えば若い女の子が、その位置情報を使った出会い系みたいなものがあって、自分が一言つぶやくと周りにいる大人の人たちがそれに接触してくるとか、そういう危険があったり、あるいはやっぱりどうしてもスマホが離せない、手元から外せないっていうのは、やっぱりラインなんかで一度、いわゆる既読スルーしちゃったり、それについてってないと、もう、ちょっと時間をあけると全然会話 もっと読む
2018-09-12 新宿区議会 平成30年  9月 総務区民委員会-09月12日−12号 ◎(多文化共生推進課長) まず、委員につきましては、構成が学識経験者が5人、あと区内で多文化共生活動団体の方が17人、あとは区民公募委員が4人、あと地域の方が7人という構成になっておりますので、基本的には地域の中で、日本語で普段会話をしている方々が基本になりますので、そういったことからまちづくり会議の中では、日本語がベースになっております。 もっと読む
2018-09-11 目黒区議会 平成30年文教・子ども委員会( 9月11日) 例えば触れ合った方がお子様の状況や母親の顔色、また会話の状況だとかそういうようなことも詳細に、たとえ1行でも書き込むだけでも次につながるだろうし、その情報をもとに、大丈夫かな、こういうふうに周りがなることが一番大事なのかなというふうに思うんですよね。 もっと読む
2018-09-10 目黒区議会 平成30年文教・子ども委員会( 9月10日) それから、イングリッシュストリートというものを職員室前につくっておりまして、休み時間になるとここにALTと先生方が出て英語で会話をするということを日々やっておりますので、そういった中で大きな差がなく、卒業生はともに英語を身につけて卒業できるんじゃないかなというように考えております。  以上です。 もっと読む
2018-08-27 品川区議会 文教委員会_08/27 本文 2018-08-27 家で会話があって、きちんと保護者と顔を突き合わせてそれをやっているのだろうなという、この数字と捉えると、本当に品川区の教育は間違っていないのだろうとなります。アンケートの結果、1万8,000ぐらいパイがあるわけだから、もうこれにかえられるものは何もないですよね。すごいサンプル数があるわけで、もう間違いないだろうと思うのですけれども。そういうところで品川区の改革がうまくいっている。 もっと読む
2018-08-24 品川区議会 議会運営委員会_08/24(2) 本文 2018-08-24 何でそういうことをやるんだろうね」というような会話の中で、さまざま話が出てきます。これは、私からそういった話をする場合もありますし、お話をされているときに選挙の話になったときに、実はこういうルールなのですよと言ったときとかに、そういった話題というのは出てきますし、今回こういったお話というのも出てきますので、経費削減だったり、利便性、投票率アップというのは、そういうときに出てきます。   もっと読む
2018-08-22 足立区議会 平成30年 8月22日厚生委員会-08月22日-01号 つまり、高齢者の方が何度も聞き直して会話から取り残されるということとか、家族間のコミュニケーションがとれずに常に疎外感を感じてしまう、また、したがって話をする環境から遠ざかってしまう、もういつも一人ぼっちに感じるという、そういう高齢者をつくらないためにも、絶対これは必要なんじゃないかと思うんですね。   もっと読む
2018-07-27 港区議会 平成30年7月27日総務常任委員会-07月27日 AI、人工知能を活用した自動翻訳については、近年その精度が飛躍的に向上し、通常の会話や文章については精度の高い翻訳が可能となってきたことから、港区ホームページにおいてもその導入を検討してきておりましたが、いわゆる行政用語や区の独自の固有名詞を含めた場合は、どうしても誤訳が出てしまいます。そうしたことから実用に踏み切ることができませんでした。 もっと読む