運営者 Bitlet 姉妹サービス
4207件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-15 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月15日-10号 今後は、これまで仲間たちと続けてきました子供、障害者、高齢者の地域活動に軸足を置きつつ、これまでとは違う立場と視点で区政を応援していきます。そして、新しい風に吹かれ、私らしくゆっくりとしたペースで新たなやりがいを探そうと思っております。  月並みですが、私たちのまち杉並区がますます魅力的なまちとして発展することを期待するとともに、来期を目指される皆様方の御健闘と御活躍をお祈りしております。   もっと読む
2019-03-06 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月06日-04号 ◆そね文子 委員  先日、講座を開催していた仲間に話を聞くと、文京区で外国人の子供のための日本語学習教室を立ち上げたとのことでした。毎週1回、ボランティア大体10名、子供10名くらいの参加があり、そこにはボランティアで留学生もかかわっているということです。 もっと読む
2019-02-28 杉並区議会 平成31年 2月28日文化芸術・スポーツに関する特別委員会−02月28日-01号 ◆横山えみ 委員  いろいろギャラリーになったり、自分たちの仲間で絵を持ってきたりとか、さまざまあるんですけれども、そういったお手伝いも入っているというふうに考えてよろしいですか。 ◎文化・交流課長 そのとおりでございます。 ◆横山えみ 委員  この中に、外国にも発信するというのがあったんですけれども、海外への発信先と反響、また日本の、国内の反響もちょっと教えてください。 もっと読む
2019-02-20 杉並区議会 平成31年 2月20日保健福祉委員会−02月20日-01号 そればかりでなくて、同じように子育てをしているほかの親子さんたちと一緒に交流する中で、仲間たちが集まってお互いに意見交換したり、助け合ったりとかそんなこともできる。そんな中で自分だけで悩まないで、みんなで頑張っているんだから、そういう子育てを一緒にやっていきましょうねと。それはお金があるないにかかわらず、みんな1年生なんですから、必要なことだと思うんですね。   もっと読む
2019-02-18 杉並区議会 平成31年第1回定例会−02月18日-05号 次に、地域コミュニティー施設は乳幼児の居場所が確保されるとのことですが、児童館のゆうキッズでは、職員さんが保護者の仲間づくりをサポートしてくれます。子育て相談にも乗ってくれます。そういう職員がいなくてスペースだけあっても、居心地のいい場所にはなりません。運営は誰が行うのか、伺います。  次に、学童クラブの民間委託ガイドラインについて伺います。   もっと読む
2018-12-21 港区議会 平成30年12月21日保健福祉常任委員会-12月21日 そのような仲間同士でやる分にはよいのでしょうけれども、孤食解消ということでやるのであれば、区が取り組む事業なわけですから、清家委員も言っていたとおり会議室や敬老室を使ったりというパターンをつくっていく必要があると思います。その辺はどうでしょうか。 もっと読む
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 こうした取り組みは、仲間とのコミュニケーションや思いやる心を育むなど、大きな成果を得ていると確信しております。今後も、ブラインドサッカーを含め、障害者スポーツの理解と普及に努めてまいります。  次に、障害者スポーツ競技団体事務局の誘致や支援についてですが、区はこれまでも、デフサッカー東日本リーグや、ろう者陸上選手権大会の後援をしてまいりました。 もっと読む
2018-12-06 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第1日目) 本文 2018-12-06 また、29年度からは新たな取り組みとして、在住・在勤・在学の方を対象に、出会いから仲間づくり・パートナーづくりの機会を提供する「しながわ発見出会い事業」として実施しております。  今後、高齢化が進む中で人口のバランスを保っていくためには、若年層の人口を安定的に確保していく必要があります。 もっと読む
2018-12-04 港区議会 平成30年12月4日総務常任委員会-12月04日 私たちは来賓席でスタートを見送らせていただきましたが、参加したランナーには区議会議員の仲間も何人かいたのです。総括については、東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会でご報告いただくということになりますけれども、第1回の実施として、走っている方々からも評判は非常によかったと思いますし、非常にすばらしい大会を開いていただいたなと感じております。 もっと読む
2018-11-30 港区議会 平成30年第4回定例会-11月30日-16号 ある研究によれば、昔は見合いの話を持ってくるような人がよくいたが、今は少なくなってきた上に、今の若者はSNSなどの発達で、仲間うちにこもる傾向があると言われています。 もっと読む
2018-11-29 港区議会 平成30年第4回定例会-11月29日-15号 さらに、チャレンジコミュニティ大学で出会った同期生とは今でも交流が続いており、新しい仲間を見つけることができる貴重な機会としても有意義であったと伺っております。  一方で、修了生がいざ何か地域活動を始めようと思っても、チャレンジコミュニティ大学で学んだ知識や経験を生かせる場所が見つからないという声も聞いております。修了後にどのような活躍の場があるのか、受講生に明らかにする必要があると考えます。 もっと読む
2018-11-29 渋谷区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月29日−13号 私も近い将来お仲間になります。今からフレイル予防に励んでいきたいと思いますので、早目の導入をお願いいたします。  私たち公明党渋谷区議団は、心を一つに、現場第一主義で区民の皆様のお声を区政につなげていくことをお誓いし、質問を終わらせていただきます。  ありがとうございました。 ○副議長(古川斗記男) 十二番堀切稔仁議員。 ◆十二番(堀切稔仁) 区長へ二問質問させていただきます。   もっと読む
2018-11-28 杉並区議会 平成30年11月28日文教委員会−11月28日-01号 特に特別活動の中で学級活動の時間などには、何か仲間づくりをするとか、そういうことをゲーム的な要素を取り入れながら行い、よい人間関係をつくるような学びを行っていることもございます。 ◆そね文子 委員  じゃ、今度、いじめの表のところについて伺います。   もっと読む
2018-11-21 杉並区議会 平成30年第4回定例会−11月21日-29号 条例の7項目に規定している事業の内容に絡めて、要綱で具体的にどうやっているのかということですが、これは全部読み上げますと少し時間がかかってしまうので、概略御答弁申し上げますけれども、現在の児童館条例に規定している事業の項目については、放課後等居場所事業実施要綱のほか、子ども・子育てプラザの運営要綱におきましても、子供の成長に応じた自由な遊び、居場所の提供であるとか困難を抱える子供の支援であるとか、仲間 もっと読む
2018-11-19 杉並区議会 平成30年第4回定例会−11月19日-27号 今述べたような親としてのあり方、子供への理解、子供との向き合い方などを親や保護者が学べたり、情報を得たり、また仲間づくりをしたり、これらがスムーズに行われるように条例化したものです。  この条例ができることによってどのようなメリットがあったのか、担当者に聞いてみました。 もっと読む
2018-11-19 渋谷区議会 平成30年 11月 福祉保健委員会-11月19日−31号 意外とというか、むしろ一番多かったのが、この14時からやりました「福祉と、その仲間たちの作戦会議」ということで、今後、このシブヤフォントを使って、例えばデザイナー様とか企業様とどのような連携がしていけるのか、ここには、ここにございますようにサンロッカーズ渋谷の方とか、発明家の方を含め、あと、S-SAP協定を結んでいる株式会社アダストリア様などが、今後、シブヤフォントを使ってこういうことをしたいんだという もっと読む
2018-11-06 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第2日目) 本文 2018-11-06 この事業は、委員ご指摘のとおり、まず地域を知っていただき、仲間づくりから始まり、パートナーづくりまで支援をしていくということを考えている事業でございまして、いわゆるマッチングを行う婚活とは異なったやり方をとっております。そういう意味で、婚活ではないというご答弁をしたこともございますが、広い意味で結婚支援ということで捉えていただければよろしいかと思っております。   もっと読む
2018-10-19 豊島区議会 平成30年決算特別委員会(10月19日) ○石川大我委員  やはり報告書というのも大事かもしれませんけれども、なかなか報告書、読む人があんまりそんなに多くないんじゃないかと正直思いますし、そういった意味では、学校の中でほかの生徒さんたちに波及をしていく、みんなに知らせていくという、自分の仲間がまさに広島、長崎を訪れるということで、その経験をみんなで共有するというのが大切なのかなというふうに思っています。   もっと読む
2018-10-16 杉並区議会 平成30年第3回定例会−10月16日-25号 また、採択すべきものとする意見として、いのち・平和クラブの委員から、区教委が子供のことを考え、この計画を立てたことは理解するが、相模原市の障害者施設のような事件を二度と起こさないために、通常学級の生徒たちが、障害児を共に生きる仲間だと自然に思える環境をつくることが必要と考え、これまでもインクルーシブ教育を推進するよう取り組んできた。 もっと読む
2018-10-15 足立区議会 平成30年10月15日建設委員会-10月15日-01号 ◆長澤興祐 委員  では、区役所の仲間、福祉部、衛生部、他のところも全庁一体型で情報共有をして、例えば、何か別なものに転用できないかとか、そういったことでそこを埋めていくというイメージでよろしいでしょうか。 ◎開発指導課長 まずは、そういった貧困ビジネスとか違法民泊に転用させないといったことを注視していくといったことでございます。 もっと読む