3713件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

世田谷区議会 2019-07-30 令和 元年  7月 区民生活常任委員会−07月30日-01号

◆阿久津皇 委員 先ほどもばらまきとかマンネリみたいな御質問がありましたけれども、確かにどのぐらい事業に対して参加者がいてとか、それがふえているのか減っているのか、あるいは公益性というか、仲間うちだけじゃなくて、どれだけ広く一般に参加していただけているのか、その辺、過去の経緯も踏まえて検証する必要はあるのかなというふうに感じましたので、意見として言わせていただきます。

葛飾区議会 2019-07-23 令和元年保健福祉委員会( 7月23日)

それで、プールにも日よけをつける時代ですから、これは、小学校でそういう問題が起こるということは、当然、幼稚園保育園で同じ問題が起こって、既存の議員仲間にもいるし、ほかの懇意な保育園や何かに聞いたら、みんな既存の施設は、日よけをしたり、子供たちの安全対策を徐々にしているそうです。  ところで、この鎌倉の園庭が2階にあるのですよ。

世田谷区議会 2019-07-04 令和 元年  7月 福祉保健常任委員会-07月04日-01号

それとも仲間同士だからいいでしょうという程度なのかしら。 ◎増井 子ども家庭課長 ほかの施設ですけれども、実際に利用されている方の印象としましては、ほかの方がいても落ちついて皆さん取り組んでいらっしゃるかなという部分はあります。また、起業されている方にとっては、そこで出会いがあると、またいろんな起業のチャンスが生まれるという効果もあるというふうに利用者、事業者のほうからは聞いたりはしています。  

板橋区議会 2019-06-18 令和元年6月18日災害対策調査特別委員会-06月18日-01号

私もケアマネジャーをしていたので、ケアマネジャーとしての仲間に確認したところ、人工透析の方はほとんど自宅からクリニックに通うのですが、そういった方たちのケアプランをつくるときに、通っている病院が人工透析ができなくなったときに、ほかの病院で受け入れる体制をケアプランに位置づけて、介護の事業所間の連携がとれているかといったら、ほとんどやってないということなんですよ。  

大田区議会 2019-06-17 令和 1年 6月  地域産業委員会-06月17日-01号

IoTを活用した仲間まわしによる中小企業の生産性向上プロジェクトについてでございます。  こちらの目的は1番に書いてございます。  大田区のものづくりの力を向上させるために、仲間まわしのネットワークを維持、発展させ、それにつきましてIoTなどを活用しようというものでございます。  事業概要は2番に記載してあるとおりでございます。  

世田谷区議会 2019-06-14 令和 元年  6月 定例会-06月14日-03号

個別個別の支援も丁寧に行いながら、教室で子どもたちと仲間としてともにあるということが真のインクルーシブ教育であるというふうに思っています。  ただ、現状はまだまだ課題があるという認識を持っておりまして、その現状の課題を一つ一つ解決していこうという思いを込めて、真のインクルーシブ教育とあえて述べたという意味もございます。

江東区議会 2019-06-12 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第6号) 本文

「新しいことに挑戦したい」とか「仲間をつくりたい」、あるいは「ダンスや演劇、楽器練習をする場所が欲しい」、こういった若年層の要望に応える施設となっております。これにより、既存施設の活用で若者のニーズに十分応えていると考えております。  また、現在、区内の文化センター施設などにおいては、多くの若者に音楽やダンスの練習、講座の受講等、共通の趣味や興味、関心に応じた利用をいただいております。  

目黒区議会 2019-05-29 令和元年企画総務委員会( 5月29日)

どうしていなくなったんだよと言ったら、もうだめだと言うんで、その仲間の人がどうしちゃったんだ、あれはと言ったら、帰っちゃったよと、あれじゃ足らねえと言って帰っちゃったよということで、そのぐらいまでよくわかるから。  

大田区議会 2019-05-24 令和 1年 5月  令和元年第33号議案に関する連合審査会−05月24日-01号

◆小峰 委員 さきに紹介しました、まちごと美術館コトコトは、仲間内だけではなく、名前のとおり、まちごと美術館として駅の通路銀行の壁面、老舗のお寿司屋などにも障がい者アートが飾られ自然に目に入り、多くの市民から好評を得ていると伺っています。  本区内にも、NPOや個人絵画教室、また、デイケアなどでの臨床美術士の取り組みによるアール・ブリュットの作品はたくさんあると思います。  

目黒区議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第7日 3月25日)

討論に入る前に一言、4年前の初登壇の際、私は会派政党その他の枠組みに関係なく、区の理事者の皆様、先輩議員の皆様、同期議員の皆様、全ての皆様に敬意の念を抱き、ともによりよい目黒区を創造していく仲間だと考えておりますと、そうお伝えしました。今もその考えは変わっておりません。時には厳しい目で、時には温かい心で御指導いただきまして、心より御礼申し上げます。ありがとうございます。  

板橋区議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会−03月22日-04号

板橋区においても、子どもの居場所づくり活動支援事業が始まったことは、地域仲間や私自身も草の根の活動で、こども食堂を実施したり居場所の普及活動をしてきたりした結果でもあり、よいことではありますが、同事業の担い手については公募せず、社会福祉議会に指定したことには問題意識を持っています。年間300万円から500万円の予算規模のため、地域団体が担うことが可能でありました。

世田谷区議会 2019-03-19 平成31年  3月 予算特別委員会-03月19日-07号

最初はつき合いで食べていたんですけれども、だんだんと、今度は違う仲間とかで居酒屋なんかへ行ったりすると、この店にウズラはあるのかななんて気になっちゃったりして、正直、ウズラは結構はまりますね。癖になるというか。よく継続は力なりと言いますけれども、今、僕の状態は、継続はウズラなりという感じで、ぜひ皆さんも居酒屋へ行ってウズラがあったら食べてみてください。

板橋区議会 2019-03-18 平成31年3月18日予算審査特別委員会−03月18日-01号

ところが、この環境課が調査に能登町に到着するわずか2日前に、ホタル館職員仲間2人が現地、能登町に先回りをし、証拠隠滅するかのような行動をとっています。これは、環境課の報告書の中でも書かれていることなんですが、環境課が調査するという情報が事前に、この元職員側に漏れていた可能性があったのではありませんか、いかがでしょうか。

杉並区議会 2019-03-15 平成31年予算特別委員会−03月15日-10号

今後は、これまで仲間たちと続けてきました子供障害者高齢者地域活動に軸足を置きつつ、これまでとは違う立場と視点で区政を応援していきます。そして、新しい風に吹かれ、私らしくゆっくりとしたペースで新たなやりがいを探そうと思っております。  月並みですが、私たちのまち杉並区がますます魅力的なまちとして発展することを期待するとともに、来期を目指される皆様方の御健闘と御活躍をお祈りしております。  

大田区議会 2019-03-14 平成31年 第1回 定例会-03月14日-04号

生涯学習センター蒲田の機能充実に78万円とあり、消費者生活センターの部屋にラックが並び、イベントのチラシが入っていますが、学ぶことと仲間をつくることとその後の活動の後押しを大田区がどのようにしていくかが重要です。78万円ではあまりにも少なく、企画立案の中核をなす組織の強化が必要です。

豊島区議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会( 3月12日)

しかも、もうあちらは、20に近い事業者が参加をしている規模の組合であっても、それが3年目に出てきて、本当に最初の頭のところで、一緒にやろうと言った仲間が、なかなか組合にする意味がわからないということで、持続していくのが難しいということがありまして、それでなくても人手が足りない忙しい方たちですので、やはり組合をつくると、そこに、一定の経費と人手を割かなければならないというところをどうやって捻出するかということで