877件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

葛飾区議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第2日 2月26日)

世界的なサッカー漫画である「キャプテン翼」の原作者である高橋陽一先生が代表取締役を務め、漫画「キャプテン翼」に登場し、主人公である大空翼が所属するチームと同じチーム名で活動しているところでございます。  Jリーグ加入のためには、J1では入場者数1万5,000人以上、J2では入場者数1万人以上のスタジアムが必須の条件とされております。

港区議会 2019-02-20 平成31年2月20日建設常任委員会-02月20日

代表団体は、かたばみ興業株式会社代表取締役山内秀幸氏です。構成団体は、株式会社山本造園代表取締役瀧田有寿氏、グリーン産業株式会社代表取締役荒川義克氏です。  平成29年4月から34年3月までの5年間、本事業者は赤坂地区内の13の公園・児童遊園の維持管理をしている指定管理事業者でございます。  2ページをごらんください。項番4、指定管理期間です。

港区議会 2019-02-20 平成31年2月20日総務常任委員会-02月20日

項番8の契約金額は1億2,636万円で、項番9の契約の相手方は、東京都港区浜松町二丁目8番7号、株式会社東京三信電機、代表取締役竹内利郎氏です。項番6の入札経過ですが、2ページの入札経過調書をごらんください。本件には3者が入札申し込みされ、最低価格による入札者を落札者としております。なお、入札申込者のうち、1者が辞退しております。  

港区議会 2019-02-15 平成31年第1回定例会−02月15日-03号

東京都新宿区西新宿六丁目八番一号            大成・谷沢・大勝建設共同企業体    構成員(代表者) 東京都新宿区西新宿六丁目八番一号              大成建設株式会社東京支店               常務執行役員支店長        須 藤 史 彦    構成員      東京都港区西麻布三丁目二番十一号              谷沢建設株式会社               代表取締役

豊島区議会 2019-01-10 平成31年防災・震災対策調査特別委員会( 1月10日)

4、公開討論、講演内容でございますけれども、まず最初がソフトターゲット等へのテロ対策ということで、テロリストから見た豊島区の問題点ということで、軍事・情報戦略研究所の西村所長、それから株式会社FA-MAS神山代表取締役より討論をいただきました。また、2つ目は、在留外国人等への安全対策ということで、民泊に関する犯罪例と対策ということで、日本大学の河本教授にお話をいただきました。

品川区議会 2018-12-19 平成30年_第4回定例会(第3日目) 本文 2018-12-19

契約の方法は制限付き一般競争入札で、契約金額は29億8,086万1,200円、契約の相手方は、港区港南一丁目8番15号、飛島・大旺新洋・淺川建設共同企業体、代表者、飛島建設株式会社、代表取締役社長、乘京正弘、支出科目等は、平成30年度一般会計、平成31年度から平成33年度までの債務負担行為であります。  なお、工期は、契約締結の日の翌日から平成33年8月3日までであります。  

墨田区議会 2018-12-11 平成30年 第4回定例会(11月)-12月11日−資料

施設の名称指定管理者指定の期間すみだ生涯学習センター東京都港区芝三丁目23番1号  JNすみだ共同事業体   代表者 株式会社JTBコミュニケーションデザイン   代表取締役 細野顕宏平成31年4月1日から 平成36年3月31日まで  (提案理由)  すみだ生涯学習センターの指定管理者を指定する必要がある。

品川区議会 2018-12-07 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07

契約の方法は制限付き一般競争入札で、契約金額は29億8,086万1,200円、契約の相手方は港区港南一丁目8番15号、飛島・大旺新洋・淺川建設共同企業体、代表者、飛島建設株式会社代表取締役社長乘京正弘で、支出科目等は平成30年度一般会計、平成31年度から平成33年度まで債務負担行為であります。  

大田区議会 2018-12-07 平成30年 第4回 定例会−12月07日-03号

この会社の代表取締役は川野副区長です。社員は13名、そして生活協力員として週3回勤務の社員が別に18人います。清掃や修繕業務については再委託しています。このやり方は大田まちづくり公社への仕事づくりという懸念が拭えません。指定管理ではなく、区が直接行うことを求めます。  第107号議案は、区立の福祉施設の指定管理者の指定です。

大田区議会 2018-12-03 平成30年12月  健康福祉委員会−12月03日-01号

この会社の代表取締役は、川野副区長です。今回の選定にあたり、区民に懸念が持たれないように一層の透明性を図ることを要望します。  続きまして、議員提出第14号議案 大田区マタニティパス条例について、日本共産党大田区議団は、賛成をいたします。  今年、4月から妊婦加算が始まりました。この加算は、コンタクトレンズをつくるときにも加算されます。妊婦の負担が増しています。

大田区議会 2018-11-30 平成30年11月  健康福祉委員会-11月30日-01号

どうやって区役所のOBに対して、そして区役所の副区長が代表取締役の会社に対して公明性を担保するのかな。区役所の副区長と最終的には契約書を結ぶわけだけど、これは双方代理になるのではないかね。大田区役所の社長は区長だから、副区長は副社長だけど、執行役員みたいなものですよね。ゴーン氏が、ゴーン氏と覚書を交わしたなんて問題になっているけど、一般の区民にこれを公表したら、出来レースだと。

江戸川区議会 2018-11-27 平成30年 第4回 定例会−11月27日-01号

第九十号議案、江戸川区水辺のスポーツガーデンの指定管理者の指定については、指定管理者の候補者、中央区銀座四丁目十二番十五号、株式会社オーエンス、大木一雄代表取締役であります。  第九十一号議案、江戸川区立障害者支援ハウスの指定管理者の指定については、指定管理者の候補者、新宿区西新宿七丁目八番十号オークラヤビル内、社会福祉法人東京都手をつなぐ育成会、佐々木桃子理事長であります。  

杉並区議会 2018-10-12 平成30年第3回定例会−10月12日-24号

毎年のように区の仕事を受けていることで有名な電気設備工事業者の代表取締役、同じく毎年のように区の仕事を受けていることで有名な造園業者の代表取締役とともに同じ組でプレーすることが事前にわかっていたにもかかわらず、そのまま区長ゴルフコンペに参加していたわけであります。利害関係者との接触について全く注意が払われていなかった実態は驚くほかなく、あいた口が塞がりませんでした。  

江戸川区議会 2018-10-02 平成30年決算特別委員会(第3日)-10月02日-03号

内容は基調講演ということで、講師に株式会社ハイデイ日高、代表取締役の神田正さんという方に来ていただきました。これ、日高屋の会長さんです。それから、あとパネルディスカッションとして、各方面の企業の方にお出ましいただいて、いろいろとパネルディスカッション、相談会、交流会等々を行った内容でございました。参加は138名というものでございました。

葛飾区議会 2018-09-21 平成30年総務委員会( 9月21日)

滞納者は、債権差押通知書が被告に送達された平成29年8月5日以前から現在、裏面でございます、まで、被告の代表取締役の地位にあり、被告から給与ないし役員報酬を受けておりました。  原告は、本件区民税等を徴収するため、平成29年7月25日付け債権差押通知書を以て、滞納者の被告に対する給与等に係る債権のうち、本税及びこれに対する延滞金相当額を差し押さえ(以下「本件差押え1」といいます。)

葛飾区議会 2018-09-20 平成30年文教委員会( 9月20日)

優秀提案者につきましては住友不動産エスフォルタ・東洋管財共同事業体でございまして、代表者は住友不動産エスフォルタ株式会社、新宿区西新宿二丁目6番1号、代表取締役、月村繁雄、設立年月日、資本金、従業員数、事業内容につきましては記載のとおりでございます。  

葛飾区議会 2018-09-19 平成30年建設環境委員会( 9月19日)

代表取締役、西川光一。設立、平成22年12月。従業員、828名。事業内容については記載のとおりでございます。  構成員は、同じく千代田区有楽町二丁目7番1号、タイムズサービス株式会社。代表取締役、山沢一善。設立、平成4年5月。従業員、777名。事業内容につきましては記載のとおりでございます。構成員のもう1社につきましては、足立区六町四丁目12番25号、株式会社ソーリン。代表取締役、野村一也。

品川区議会 2018-09-18 総務委員会_09/18 本文 2018-09-18

契約の相手方は、株式会社清水工務店代表取締役、清水雅明でございます。  支出科目は、平成30年度一般会計。  工期は、平成31年3月8日でございます。  恐れ入りますが、4ページの概要書をご覧いただけますでしょうか。主な工事内容は、仮設園舎として使用するための内装改修とプール解体等の外構工事でございます。  

大田区議会 2018-09-14 平成30年 第3回 定例会−09月14日-02号

先日、福岡市で20年間保護司として活動され、みずから代表取締役として産業廃棄物の中間処理業の会社を立ち上げられ、更生のための再チャレンジを後押しされている方のお話を聞かせていただきました。代表が申されるには、「長年刑務所で生活していた人は不安感でいっぱいです。反省は1人でできますが、更生は1人ではできません。更生には誰かの支えが必要です。