運営者 Bitlet 姉妹サービス
18779件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-26 港区議会 平成30年12月26日区民文教常任委員会-12月26日 その振られた住居表示によって学区域が決まりますが、今後の人口動向や、学校までの距離、通学路の安全性などを加味しながら今後検討していくことになると考えております。 ○委員(鈴木たかや君) ありがとうございます。 もっと読む
2018-12-21 足立区議会 平成30年 第4回 定例会−12月21日-05号 子育て世帯を応援する子ども医療費助成は、少子化や人口減少に歯止めをかける重要な制度です。足立区でも子どもの健やかな成長を願う区民、関係者の声が実り、中学生までの医療費の無料化が実現しました。  しかし、高校生以降は3割負担で、親の経済事情によって必要な受診を控える状況も生まれています。 もっと読む
2018-12-20 港区議会 平成30年12月20日交通・環境等対策特別委員会-12月20日 通常、人口は増えた方がいいということですけれども、ケース・バイ・ケースと言うか個別に見た場合には困る部分があるわけです。学務課長も出席していますし、あるいは環境課の立場からでも結構ですけれども、どのように対処していくのでしょうか。 ○学務課長(山本隆司君) 今、いのくま委員からお話がありましたとおり、学区域につきましては住居表示によって決まってまいります。 もっと読む
2018-12-18 足立区議会 平成30年12月18日エリアデザイン調査特別委員会-12月18日-01号 それは、人口の将来予測をしたときに、あの地域は子どもたちが減っていくということで一番最初にやったわけですよね。  でも、時代の変化、特に北千住というまちが注目されて、こういうふうになってきたという点はあるかもしれないけれども、予測というのはあくまで予測であって、どうなるかわからないわけですよ。 もっと読む
2018-12-17 港区議会 平成30年12月17日総務常任委員会-12月17日 ○委員(丸山たかのり君) 繰り返しになってしまいますけれども、投票所だけが全て投票率に結びつくわけではないのですが、人口も増えてきて、人口の年齢構成も、高齢者の方がすごく増えています。よりアクセスのよい場所を模索していっていただきたいと思いますし、そのための検討をぜひ続けていっていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  最後に、若者の投票率向上の取り組みについてお伺いします。 もっと読む
2018-12-07 港区議会 平成30年第4回定例会−12月07日-17号 本年、港区の人口は、二十五万七千人を超える人口増加を果たしたものの、後期高齢者が前期高齢者を上回るという転換点を迎えました。また、ひとり暮らしの高齢者は八千人近くおり、百歳以上の高齢者は百十六人を数えております。歳を重ねるほどに幸せと尊厳にあふれなくては真の長寿社会とは言えません。実現には多くの政策課題がございます。   もっと読む
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 さきの決算委員会で自民党より、「無償化している自治体は人口減少で困っているところ。おうちにいたって食べなければいけません。給食費をただ無料にしろというのは暴論だ」との発言がありました。  しかし、現在の学校給食費無償化等の全国の実施状況は、完全無償化が83自治体、小学、中学のいずれかのみが6自治体、合計89自治体。 もっと読む
2018-12-06 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第1日目) 本文 2018-12-06 日本国内、台風の被害が多くなる中、台風の到来は増すばかりの昨今において、品川区の人口は平成30年11月1日現在、39万3,823人です。昼間人口は50万人を超えます。夜間人口、昼間人口の、台風直撃の危機から守る避難計画についてご所見をお聞かせください。  避難行動要支援者の取り組みが地域によってばらつきがあるとの議論や、在宅避難の重要性との議論がありました。 もっと読む
2018-12-06 足立区議会 平成30年12月 6日総務委員会−12月06日-01号 それで、伊丹市というのは、ちょうど足立区と土地の大きさは半分ぐらいなんですけれども、人口は3分の1なんですよ。そこで、例えば足立区で言っている住区施設では、伊丹市は75カ所の集会施設があると、公民館的なものも含めてでしょうけれども、そうすると足立区より多いわけですよね。   もっと読む
2018-12-05 千代田区議会 平成30年都市基盤整備特別委員会 本文 開催日: 2018-12-05 たまたま人口推計を今やっている中で、新たにつくる施設で十二分に対応できる一時預かり保育になっているのか否かという試算は、どういうコンセプトと流れでやられたのかというのを説明していただきたい。 もっと読む
2018-12-05 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月05日-03号 人口数も介護サービスも同じにすれば、給付総額は変わらないので、低所得者が多ければ多いほど保険料基準額が上がってしまう、被保険者に低所得者が多い足立区の保険料は高くなってしまいます。  だからこそ、所得の再配分機能を発揮して、一般財源を投入して、第一号保険料の値上げを抑える立場に立つべきだがどうか。 もっと読む
2018-12-04 千代田区議会 平成30年福祉施設整備特別委員会 本文 開催日: 2018-12-04 それからもう一つは、高齢者の人口がふえていく中で、認知症高齢者の方のグループホームの問題が喫緊の課題だという認識をしていますよ。ですから、これも外せませんと。それは保健福祉部としての最低の条件なんです。それを踏まえた上で、入所のサービスが欲しいという長年の障害者のある方たちの思いを遂げていきたい。それにはどうしたらいいかということを今後考えると。 もっと読む
2018-12-04 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月04日-02号 総務省の「私が国における総人口の長期的推移」によれば、我が国の総人口は、2004年をピークに、今後100年間で100年前(明治時代後半)の水準に戻る。この変化は千年単位で見ても類を見ない、極めて急激な減少であり、我が国の総人口は2050年には9,515万人となる(約3,300万人、約25.5%の減少)。 もっと読む
2018-12-03 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月03日-01号 国連の定義では、高齢化率、総人口に占める65歳以上の人口割合が7%を超えると高齢化社会、そして、14%を超えると高齢社会とされています。日本では、大阪万国博が行われた1970年に高齢化社会に入り、24年後の1994年には、高齢社会となってしまった。既に、4人に1人が高齢者という超高齢社会に入っており、高齢化率も21%を超えるという状態であります。 もっと読む
2018-11-30 千代田区議会 平成30年企画総務委員会 本文 開催日: 2018-11-30 351 ◯大谷人事課長 新たな事業がふえていく、人口が増加していくという中で、人材の確保というところは、すごくしっかり取り組んでいかなければいけないことであるというふうに認識しております。 もっと読む
2018-11-30 港区議会 平成30年第4回定例会-11月30日-16号 公共施設の整備の検討にあたっては、区に寄せられた声や基本計画等の策定時に実施する基礎調査を通じて区民ニーズ把握するとともに、将来の人口の増減を予測する人口推計を実施し、長期的な行政需要を分析した上で公共施設の整備を進めております。  次に、適正配置の決定についてのお尋ねです。 もっと読む
2018-11-30 新宿区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月30日−13号 また、8月30日に実施された「全国児童福祉主管課長・児童相談所長会議」では、人口当たり配置標準を、人口4万人に対して1名から、3万人に対して1名になるよう変更する予定であると国から説明がありました。これらの見直しは、児童福祉司だけではなく、スーパーバイザー、児童心理司の配置にも影響するものです。   もっと読む
2018-11-29 新宿区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月29日−12号 我が国は、バブル崩壊後、産業構造の再編、政治経済体制の見直し、変革を進めつつ、経済のグローバル化、少子高齢社会におる生産年齢人口、消費人口の減少に対処、適合してきたと言えます。現在は、国家としても地方自治体としても、持続可能な体制を希求しつつ対処、対応している最中であると言えます。   もっと読む
2018-11-29 港区議会 平成30年第4回定例会-11月29日-15号 地方都市の課題は、人口が流出してしまうことであり、いかに定住人口を確保するかが課題であります。そのために、これからの商店街は公共性を追求する、そして、人が長く住んでいれば必要なものが生まれるから、商売が成り立つという考えです。商売は何を売りたいかではなく、お客さんが何を必要としているかです。当たり前のようで、できていないのが現状です。   もっと読む
2018-11-28 目黒区議会 平成30年文教・子ども委員会(11月28日) ○そうだ委員  日本の中に1,740の自治体のうちに学校給食無償化をしてるのは76の自治体しかないということでありますし、また、この七十幾つかの市町村も含めて人口1万未満の自治体であったりというのがほとんどなわけですよね。 もっと読む