運営者 Bitlet 姉妹サービス
3255件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 産後の3大危機である「産後うつ」「夫婦の不和」「乳児虐待」を防ぐために、母子手帳に産褥期に関する情報、知識を記載することや、父親の役割として記載されている「積極的な家事協力」を具体的に示すなどの工夫が必要です。  産褥期の母体や生活の変化に関する知識を得ることは、母体と母体を支える人がともに産褥期を迎える十分な準備につながります。   もっと読む
2018-12-05 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月05日-03号 次に、災害発生時における妊産婦や乳児に対する支援について質問、提案をしていきます。  妊産婦や乳児には特別な支援が必要です。東日本大震災では、妊産婦と乳児へのケアが不十分だったとの声を近隣自治体の職員から聞き及んでいます。母子に配慮した防災対策は、子どもを守る防災対策です。胎児と乳児の生命は母親である妊産婦の安全や安心と相互に深く関わっています。   もっと読む
2018-11-30 港区議会 平成30年第4回定例会-11月30日-16号 児童相談所設置後は、里親の認定、研修、里親と子どものマッチングなどに区が責任を持ってかかわっていくことができるため、東京都や里親会、乳児院との調整など、現在、事業実施の準備を進めております。  次に、幼児教育無償化の区民への周知についてのお尋ねです。国は、来年十月から保育所等を利用する三歳児から五歳児までの保育料や二歳までの住民税非課税世帯の保育料を無償化することとしております。 もっと読む
2018-11-30 新宿区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月30日−13号 また、乳児院、児童養護施設等へ保護委託することにより、子どもたちの支援に支障のないようにしてまいります。  近隣住民の皆様へは、平成29年9月16日、10月9日及び平成30年8月20日に説明会を実施しました。その際、一時保護所の運営、建物の窓の状況、屋上利用等についての質問や要望がありました。 もっと読む
2018-11-29 港区議会 平成30年第4回定例会-11月29日-15号 乳児の乳歯から永久歯への生えかわりは、顔やあご、さらには全身の成長に対応しようとして起こります。赤ちゃんは一歳頃になると母乳や人工乳だけでは栄養の摂取量が不足し、もっと栄養価がある食品の摂取のため、食物をそしゃくし、細かく粉砕するための歯が必要になります。 もっと読む
2018-11-09 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第4日目) 本文 2018-11-09 一番配慮が必要な、妊婦に対応する可能性がある職員、あるいはゼロ歳児と接する職員ということで、保育園の保育士、ゼロ歳児にふだんから接している職員、また保健センターで乳児健診に従事している職員に関しましては、おととい11月7日付で、あなたはこれまで予防接種を受けたことがありますか、風しん抗体価を調べたことがありますか、調べたことがあれば結果はどうでしたかということで、まず、任意ではございますけれども、全員 もっと読む
2018-10-10 目黒区議会 平成30年文教・子ども委員会(10月10日) 1階、そのほか全体といたしましては、保育所の乳児のフロアとなっておりまして、ちょうど特徴的なのが、真ん中にパティオとございますが、こちらが吹き抜けのある中庭となる計画でございます。   もっと読む
2018-09-25 足立区議会 平成30年 第3回 定例会−09月25日-03号 現在、区では、妊娠届出時や保健センターで実施しているファミリー学級、こんにちは赤ちゃん訪問、乳児健診等において、受動喫煙による影響を説明し指導を行っております。  今後の更なる取り組みについては、都条例に関する情報等を、妊産婦や子育て中の保護者の多くが利用する「足立区あんしん子育てナビ」や「あだち子育てガイドブック」等を介して広く周知するとともに、相談及び指導を強化してまいります。 もっと読む
2018-09-20 目黒区議会 平成30年決算特別委員会(第5日 9月20日) 児童虐待というと、先ほど他の委員からもありましたように、ゼロ歳、ゼロカ月、ゼロ日であるとか、本当に何度も聞いて心苦しいんですけど、やっぱり目黒児童虐待死の報道を受けて、やはり乳児、幼児の虐待については大変関心が高まってるところです。 もっと読む
2018-09-18 目黒区議会 平成30年決算特別委員会(第3日 9月18日) これは、もう一つ液体ミルクのことなんですが、これは今後のことなんですが、液体ミルクが解禁をされて、これ乳児用の液体ミルクの国内流通に向けて厚生労働省が先月、規制基準を定めて改正省令を施行して、国内での製造、販売が解禁をされます。早ければ、来年の後半には販売が開始される見通しとなってます。 もっと読む
2018-09-12 新宿区議会 平成30年  9月 総務区民委員会-09月12日−12号 ◎(施設課長) 柏木子ども園・乳児園のところの比較的新しい塀がというところなんですけれども、これについて経緯というのはなかなか調べづらいような部分もあるんですけれども、恐らくということになってしまうんですけれども、ブロック塀そのものの高さ自体が1メートルということで、その下の基礎の部分も含めると1.2メートルを超えてくるといったところで、ブロック塀を築造するときに建築基準法の解釈だとか、その辺を過ってつくってしまったんではないのかなというようなことで もっと読む
2018-09-11 目黒区議会 平成30年文教・子ども委員会( 9月11日) それでは、まず乳幼児健診でございますが、4か月児健診、6か月児健診、9か月児健診、1歳6か月児健診、3歳児健診、5歳児健診と行っているものでございまして、4か月児健診、6か月児健診、9か月児健診につきましては、概要欄記載のとおり、乳児の発育・発達の状況ですとか病気の有無等について実施しているものでございます。 もっと読む
2018-09-11 港区議会 平成30年第3回定例会−09月11日-10号 港区でも今年度から産後要支援母子ショートステイ事業を開始しましたが、対象者は、区内在住の特に支援を必要とする生後四カ月未満の乳児とその母親で、子ども家庭支援センターが相談を受理し対応しているケースであり、利用できる人が非常に限定的となっています。  産後にケアが必要なのは、出産したお母さん全員です。港区でも産後うつの防止、育児不安を軽減するなど、産後に悩み苦しんでいるお母さんたちを救うべきです。 もっと読む
2018-09-10 目黒区議会 平成30年文教・子ども委員会( 9月10日) この場合の施設というのは、母子生活支援施設ではございませんで、例えば乳児ですと乳児院とか、あるいはもう少し年齢のいったお子さんですと児童養護施設とかになります。そういったところを御紹介申し上げることになりますが、その場合の紹介等の任を担当しておりますのは児童相談所のほうになりますので、そういったところに話をつないでいくということになろうかと存じます。 ○関委員長  ほかに。 もっと読む
2018-08-27 品川区議会 文教委員会_08/27 本文 2018-08-27 それから乳児、幼児1人当たりの基本的な平米数というものがあると思いますが、今度こちらの一体施設となったときに、それがどのように変わるのか、それが2つ目です。   もっと読む
2018-08-22 足立区議会 平成30年 8月22日厚生委員会-08月22日-01号 ◎東部保健センター長 早速、乳児健診などを中心に、来庁者のアンケートを取らせていただきまして、現状、まだ、何回かでございますけれども、自転車の方が約6割、それから、自動車の方が、送迎で来る方が1割、また、自分で運転なさって来る方が1割などの結果が今のところは出ております。 ○藤沼壮次 委員長  よろしいですか。 もっと読む
2018-08-01 目黒区議会 平成30年文教・子ども委員会( 8月 1日) では、表面にお戻りいただきまして、項番2の(2)でございますけれども、そういった形で進めてまいりますと、ちょうど閉園の2年前、そして閉園の1年前、ここの時点で乳児の人数が多くなって、幼児の人数が少ないという状況が生じます。ここの部分の保育内容を担保するために、区立保育園同士の連携などを行って、年齢構成の偏りについては対応してまいります。  (3)の園舎の継続利用でございます。 もっと読む
2018-07-11 新宿区議会 平成30年  7月 総務区民委員会-07月11日−11号 (1)建築基準法の不適合を確認した施設が9施設、ア、現行法に適合せず、速やかに対応が必要なものが8施設ございまして、東五軒町保育園、東五軒町児童館、高田馬場第二保育園、高田馬場第二児童館、早稲田南町保育園、早稲田南町児童館、柏木子ども園乳児園舎、北新宿第一児童館、大木戸子ども園、しなのまち子ども園、信濃町子ども家庭支援センター、西落合子ども園、西落合児童館、上落合児童館でございます。   もっと読む
2018-07-11 豊島区議会 平成30年公共施設・公共用地有効活用対策調査特別委員会( 7月11日) 児童相談所の開設が比較的早い豊島区において、児童養護施設や乳児院の誘致は最優先課題と考えられます。  児童養護施設、乳児院の誘致が必要な理由ですが、まず現状で都内の施設数が不足しております。さらに、恒常的に定員にあきがない施設が多く、一時保護後、家庭復帰が困難な児童の入所先が決まらず、一時保護期間が長期化してしまうということになっております。 もっと読む
2018-07-11 新宿区議会 平成30年  7月 文教子ども家庭委員会-07月11日−09号 次の早稲田南町保育園・早稲田南町児童館、柏木子ども園(乳児園舎)・北新宿第一児童館、そして3ページの大木戸子ども園、しなのまち子ども園・信濃町子ども家庭支援センターは、いずれも必要な控え壁が設置されておりませんでした。  4ページをごらんください。  西落合子ども園・西落合児童館は、控え壁の間隔が基準の3.4メートルを超えておりました。   もっと読む