117件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

世田谷区議会 2019-03-11 平成31年  3月 予算特別委員会−03月11日-04号

この若者サポートステーションと併設をされていた若者就労支援に欠かせない中間就労などの職場開拓職場見学を担っていたヤングワークせたがやが、重複事業の見直しという理由平成二十九年度末で廃止したと伺っておりますが、今後、区内の事業者へのアプローチをさらに進める観点から中間就労開拓などを行い、利用を希望する若者に多職種の体験ができるよう、今後、実効性のある取り組みが求められます。

足立区議会 2018-09-26 平成30年 9月26日総務委員会-09月26日-01号

能力がある人たち支援に対しては、これいろいろ実績があると思うんですが、一方で、なかなかこの社会経験、また人とのコミュニケーションが乏しい、こういった人に対してそういう支援をやっても、なかなかやっぱり難しい部分があると思いますし、まず入り口部分でのその居場所的なところ、また、事業メニューにも、いろいろな面接の訓練だ、履歴書の書き方とかは入っていましたけれども、そうした、まず何でしょう、私もよく中間就労

北区議会 2018-06-01 06月20日-07号

質問の第二は、今回の改定で生活困窮者に対する包括的な支援体制の強化で、効果の大きい任意事業就労準備支援事業一般就労が困難な人の中間就労推進)、家計改善支援事業家計相談・管理の指導、貸し付けのあっせん)の実施努力義務がつきました。平成二十九年度、区の実績就労準備支援事業十四件、家計相談支援事業四十七件です。区のお考えをお聞きします。 

世田谷区議会 2018-03-13 平成30年  3月 予算特別委員会-03月13日-05号

◎加藤 障害者地域生活課長 区では、これまで中間就労の場である保護的就労実施生産活動を行う施設のネットワークの世田谷セレ部における共同受注体制構築企業に出向いて社員と一緒仕事を行う施設外就労の拡大、また、パソコンの図面作成ソフトを使った作図作業などを請け負う在宅テレワーク創出など、さまざまな障害者仕事創出に取り組んでまいりました。

大田区議会 2018-03-13 平成30年 3月  予算特別委員会−03月13日-01号

これにより、畑仕事の手伝いや地元食品製造販売に係る中間就労等の地域特性を反映した効果的な支援メニューを提供することが可能となり、支援対象者の大幅な減少という成果につながっています。  以上のように、藤里町がまちの地域事情を踏まえた手法でひきこもりの実態を把握し、施策構築につなげ、成果を挙げられたものと評価しております。

足立区議会 2017-06-15 平成29年 6月15日厚生委員会-06月15日-01号

④のアにつきましては、引きこもっている若年層アウトリーチをかけながら就労につなげたケース、イにつきましては、中間就労を活用したケースでございます。5番目が福祉的就労というところでございます。  その結果、保護費削減効果、これも推計値でございますが、収入認定によりまして約9億8,000万円、自立廃止世帯ということで、廃止に至ったものが約7億円ほどという見込みを立ててございます。  

大田区議会 2017-02-23 平成29年 第1回 定例会-02月23日-02号

中途退学後は、例えば地域建築現場商店街のお店番など、今で言う、いわゆる中間就労のような受け皿があり、地域との接点を通じて生活困窮や貧困といったことは大きな問題とはならなかったように思い返します。しかし、平成に入り、高校中退後5年程度経過すると、最低賃金程度生活する人も多いという調査結果も見るようになりました。

杉並区議会 2016-09-13 平成28年第3回定例会−09月13日-17号

任意事業としての就労準備支援一般就労が困難な方に対する支援つき就労の場である中間就労もありますが、事業には、参加して初めて障害がわかる場合も少なくありません。ほかの支援につながったケース実績はどのようになっているでしょうか。  その他の任意事業である家計相談支援事業も、他の自治体ではなかなか行われていない状況もあると聞きますが、区の実績はどのようになっていますか。

足立区議会 2016-08-19 平成28年 8月19日厚生委員会-08月19日-01号

なお、就労につながらなかった1,285人でございますが、主な理由としましては、社会性が低い、あるいはコミュニケーション能力が低い等、ありまして、これにつきましては、中間就労を活用しながら一般就労に向けた訓練を経て、つなげていきたいと考えてございます。  なお、これによりまして保護費削減効果推計値でございます。収入認定及び自立廃止によりまして約14億円ほどの効果があったと見込んでございます。  

板橋区議会 2016-03-17 平成28年3月17日予算審査特別委員会−03月17日-01号

この中で27年度の実績で1月までですけれども、就労増収件数というのが63件ありますけれども、簡単に内訳と、それからついでに聞きますけれども、これからの介護職先ほど介護のところで言いましたけれども、保育等々の人材確保が非常に困難になっておりますので、そういったことに活かす取り組みとして生活困窮者自立支援制度中間就労を活用した介護保育従事者確保につなげていくことも重要かと考えております。

大田区議会 2016-03-15 平成28年 3月  予算特別委員会−03月15日-01号

企業との連携についてでございますが、JOBOTAでは昨年11月に無料職業紹介所の許可を得たことから、毎月JOBOTA就労支援員企業を訪問いたしまして、就職先としての求人や、就労体験中間就労受け入れ先としてのお願いをさせていただくなど連携を図っている状況でございます。  

足立区議会 2016-03-03 平成28年予算特別委員会−03月03日-01号

あと、例えば中間就労若者がなかなか働いたことがない、経験がないということ、今現在、足立区のスーパーと靴製造業で受入れていますけれども、その子の状況に合わせた時間帯であるとか、例えば、なかなか朝起きれないだったら午後からだったりだとか、人によっては週3回だったり、週1日だったりとか、状況は全く違うわけなんですけれども、この事業というのは、あと、期限もそうですし、働く時間帯、そういったものは現在10

江東区議会 2016-02-25 2016-02-25 平成28年第1回定例会(第2号) 本文

そこで、就労支援についてですが、本区においては、生活困窮者自立支援法に基づき、就労準備支援事業を昨年度から実施しており、母親に対する職業訓練職業紹介を初め、障害のある方についても、必要に応じ一般就労の前段である中間就労の機会を提供するなど、一人一人の実情に応じ、粘り強く取り組んでおります。  

足立区議会 2015-12-03 平成27年 第4回 定例会−12月03日-02号

また、就職支援の際のスーツ購入代足立区版中間就労参加者へのインセンティブなど、必要最小限の給付について区の単独事業として検討してまいります。  次に、生活サポート相談員の増員についてお答えします。  相談者の多くが複数の複雑な問題を抱えており、一人の相談者にかかる相談時間は長くなる傾向にあります。

足立区議会 2015-11-06 平成27年11月 6日厚生委員会-11月06日-01号

あくまで就労ではなく就労体験なんですけれども、就労に対する準備ということで、足立区版としての中間就労と位置付けていきたいというふうに我々は考えているところでございます。 ○白石正輝 委員長  次に衛生部長よりご報告願います。 ◎衛生部長 それでは、衛生部の資料の方をご覧になっていただきたいと存じます。  まず、お開きいただきまして、保健所の窓口等業務の委託に関する報告でございます。  

足立区議会 2015-09-29 平成27年 第3回 定例会−09月29日-03号

アルバイトなど働いた経験や働くことに自信がない若者就労訓練、いわゆる中間就労の場でもあります、あだち仕事道場について、現在、スーパー・カズン関原店靴製造業株式会社ナガセの2カ所でNPOスタッフ一緒にサポートしながら、就労訓練実施しており、平成24年度は訓練参加者16名中、卒業者は15名。そのうち12名がアルバイト、パート、正規などの職に就きました。  

足立区議会 2015-08-19 平成27年 8月19日厚生委員会-08月19日-01号

就労支援状況なのですけれども、支援対象者数の中に、これは中間就労の人数も入っているのでしょうか。 ◎千住福祉課長 中間就労というか、この対象の方は、あくまでも15歳から64歳までの稼働年齢層の方を対象とした方ということで、中間就労になると、稼働年齢層になられれば中間就労というか、対象にはなってます。ただ……そうですね、なっているということで。