運営者 Bitlet 姉妹サービス
15279件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-26 港区議会 平成30年12月26日区民文教常任委員会-12月26日 今回は恐らく港区の現状からすると、子育て世代の方たちがわりとたくさん来るのかなと思います。このぐらいの世帯がどれぐらい入ってくるかというのは想定でしかできないと思いますけれども、住民票が異動されてきた時点で子どもの数は確定すると思います。 もっと読む
2018-12-21 港区議会 平成30年12月21日保健福祉常任委員会-12月21日 そのため、子どもとその保護者、また、多世代交流なども考えておりまして、特に大きく対象が誰と厳密に決めるものではなくて、幅広くコミュニケーションをとれるような場になればと考えております。 ○委員(土屋準君) 東京都がこの補助事業をしていますけれども、補助の仕方として、東京都と区と団体関係はどのような感じになっていますか。 もっと読む
2018-12-19 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第3日目) 本文 2018-12-19 2の東大井地域密着型多機能ホームが実施している地域交流については、併設の品川保育園との防災訓練をはじめとした多世代交流や、地域ニーズが高い調理室を利用した地域交流等を実施しているなどの答弁がありました。  また、委員より、株式会社が指定管理者として福祉施設を管理するのはなじまないと考えることから、第93号議案については反対であるとの意見表明がありました。   もっと読む
2018-12-11 足立区議会 平成30年12月11日産業環境委員会−12月11日-01号 例えば、そこに応募が少なくなっていったんだというふうにおっしゃるのだと思うのですけれども、その工夫というのですか、子育て世代にも安心だよとか、凄くすてきなのです。一つ一つのお部屋があって、下に暖かいふわふわした素材のものを引けば、靴を脱いで暮らすというか、仕事をすることもできるし、そのところとはちょっと違うところに場所も設けてあって、みんながちょっと交流するような場所もあったりとかなのです。   もっと読む
2018-12-07 港区議会 平成30年第4回定例会−12月07日-17号 最後に、発案三十第四号「港区国民健康保険条例の一部を改正する条例」についてでありますが、本発案は、先の第三回定例会最終日において本委員会に審査を付託されたもので、国民健康保険加入世帯のうち、多子世帯の国民健康保険料の均等割額について、第二子以降を零円とすることにより、子育て世代を支援するものであります。   もっと読む
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 区の子育て世代アンケートでも、「理想の子どもの数の実現の見通し」の質問に、4割以上が「実現は難しい」と回答。その理由に「出産、子育て、教育にお金がかかり過ぎる」と答え、品川区が取り組むべき点に49.5%が「出産・子育てに対する経済的支援の充実」を挙げています。  品川区の学校給食費は、小学生で年間5万円前後、中学生で6万円を超え、子育て世帯にとって大きな負担となっています。 もっと読む
2018-12-07 港区議会 平成30年12月7日保健福祉常任委員会−12月07日 最後に、発案30第4号「港区国民健康保険条例の一部を改正する条例」についてでありますが、本発案は、先の第3回定例会最終日において本委員会に審査を付託されたもので、国民健康保険加入世帯のうち、多子世帯の国民健康保険料の均等割額について、第2子以降を零円とすることにより、子育て世代を支援するものであります。   もっと読む
2018-12-06 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第1日目) 本文 2018-12-06 1960年以降、出生率はほぼ横ばいのまま推移し、団塊の世代が親の年齢になった時期である1971年から74年には、第二次ベビーブームにより毎年200万人を超える出生数が見られ、1970年代に入り、2.1程度の合計特殊出生率を維持していたが、オイルショック後、1975年に2.0を割り込み、1.91人、それ以降一層の出生率の低下が続きました。   もっと読む
2018-12-05 千代田区議会 平成30年都市基盤整備特別委員会 本文 開催日: 2018-12-05 やっぱり1学年、一つの年上だけがずっと接しているというのは、余り見ていても、そんなにいいものなのかと、学校は6学年制ですから、やっぱり多世代交流というのも、一つ学童クラブの大きな視点として整理してくださいよ。 もっと読む
2018-12-05 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月05日-03号 次に、子育て世代全体の家計基盤の底上げのための施策などを加えるべきとのご質問にお答えします。  今後の次期プロジェクトの計画改定の際には、ひとり親世帯だけではなく、生活困難度に着目した子育て世代の支援策を全庁的に検討してまいります。 もっと読む
2018-12-04 千代田区議会 平成30年オリンピック・パラリンピック対策特別委員会 本文 開催日: 2018-12-04 もう一つ、整備内容の(1)で、ベビーチェアとか、あと非常用呼び出し装置とか、これは、要するに共通仕様じゃなくて可能な箇所につけるというふうなことになっているんですけれども、例えばオリンピック・パラリンピックに向けても大事なんでしょうけれど、やっぱり千代田区、オリパラに限らずたくさんの人が集まるし、子育て世代の方もふえてきているということでは、やはりベビーチェアとか、非常にもう、どこのトイレでも必須だというふうに もっと読む
2018-12-04 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月04日-02号 特に、バランスをとるのも難しく、子どもを乗せたときの総重量は100kg近くになる子乗せ自転車を利用している子育て世代への、安全啓発を図るべきと思うがどうか。  区は、昨年第3回定例会で、自転車の施錠を義務化するための条例を提案、制定しました。 もっと読む
2018-12-03 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月03日-01号 多くの団塊の世代が定年となり、故郷で親の仕事を少し手伝った経験者は時間がとれるようになり、自宅で食べる野菜ぐらいは自分でつくってみたいという人が相当数います。今の時代、年間6,000円は大変安いが、抽選の厳しい実情から見れば、受益者負担として応分負担することを理解する人は多いと思いますが、適正料金の設定について検討はされているのかどうか。  13、商店街の衰退について。   もっと読む
2018-11-30 千代田区議会 平成30年企画総務委員会 本文 開催日: 2018-11-30 だから、そこはやっぱりトラブルがないようにしてあげないと、せっかく、やりました、やっぱり申しわけないけど入らないで、みたいな話にならないようにね、そこら辺は子どもたちにも配慮しながら、各世代に配慮しながら、やっぱりこれは進めていくべきだと思うんですけども、そこら辺もどうでしょう。 もっと読む
2018-11-30 港区議会 平成30年第4回定例会-11月30日-16号 港区総合戦略では、四つの基本目標のうちの一つに、「若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる」を掲げており、区が実施している出会い応援プロジェクトは、この基本目標の実現に向けた取り組みの一環として、結婚を望む若い世代に対して交流や出会いの機会をサポートすることで、社会全体で後押しする機運を高めていく必要があるという考えのもとに実施しているということでございます。   もっと読む
2018-11-30 目黒区議会 平成30年目黒区総合戦略等調査特別委員会(11月30日) それと多様な世代をサポートということで、さまざまな方、年代というだけではなくて、例えば障害者の方ですとかそういった多様な世代、方々をサポートしていくようなもの、という視点での整備を考えているというところでございます。   もっと読む
2018-11-30 新宿区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月30日−13号 こうした社会経済情勢の中、区は高齢者や子育て世代への支援、新宿の高度防災都市化など「災害に強い、逃げないですむ安全なまちづくり」、区の魅力をより高めるまちづくり、さらには東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた最終的な準備を進めるなど、さまざまな行政需要に対応しなければなりません。   もっと読む
2018-11-29 新宿区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月29日−12号 そして、その団塊の世代の全てが80代になる2030年を試算すると、年金や医療、介護の隠れた債務はおよそ2,000兆円、国が抱える1,000兆円の借金の2倍もの負担が将来世代にのしかかるとも言われているところであり、現に、今の国家の財政は、その3分の1が将来世代への借金で支えられています。このようなところからは、人生100年時代を素直には喜べない状況にあるとも考える次第です。 もっと読む
2018-11-29 港区議会 平成30年第4回定例会-11月29日-15号 港区においては、毎年五千人規模の人口増加が見込まれており、増加は各世代にわたっているとのことです。その中でも特筆すべきことは、港区生まれの子どもが増え続け、現在では、十年前の約二倍にあたる約三千人のお子さんが港区で生まれています。合計特殊出生率は全国平均とほぼ同じ一・四二で、二十三区で第二位とのことです。 もっと読む
2018-11-28 目黒区議会 平成30年文教・子ども委員会(11月28日) ただ、大きな自治体、小さな自治体にかかわらず、先ほども述べましたように、基本的な義務教育の無償化という、そういう原則に基づいて学校給食の無償化、一部助成を含めてそうした助成に踏み出していくということは、目黒においても子育て世代の方々の支援という意味でも大きな意義があるというふうに思っていますので、今回提案をさせていただきました。   もっと読む