3343件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2019-06-12 令和元年文教・子ども委員会( 6月12日)

この当該生徒がその後、通常どおりまた学校に来れているのか、そのまま長期のお休み、例えば30日以上の登校みたいな形になっているのかっていうのは、前回のとあわせて、データとしては何かそちらでは関連づけて把握されているのか、お伺いさせてください。

目黒区議会 2019-05-29 令和元年文教・子ども委員会( 5月29日)

○酒井教育支援課長  それでは、私から平成30年度目黒区立学校における登校の状況について、資料に沿って御説明申し上げます。  なお、本件は、昨年11月14日開催の本委員会にて御報告いたしました平成30年度9月30日現在の登校の状況に年度後半分を加えまして、昨年度1年分の登校の状況を御報告いたすものでございます。  資料1ページをごらんください。  

大田区議会 2019-05-27 令和 1年 5月  健康福祉委員会−05月27日-01号

◆菅谷 委員 このプロジェクトは給食を食べられない時期にということで、一歩進んだかなと思ったのですけれども、困難を抱えるお子さんというか、そういったこと今お聞きしまして、学校に出てくるのも困難なお子さんとか、ひきこもりとか、登校、そういったお子さんに対して、これはまた大変難しい支援の一つだなと思って、取り組みとしてはいいことですけれども、それを社会福祉法人とかに任せて、それだけで進むことなのかなと

大田区議会 2019-05-24 令和 1年 5月  令和元年第33号議案に関する連合審査会−05月24日-01号

次に、登校対応について伺います。平成28年の教育機会確保法の制定を受けて、今後、教育センターに加え、登校特例校についても、具体的な検討を行っていく必要があると感じております。大田区においても、新たに登校特例校の設置を検討していただきたいと考えますが、いかがでしょうか。

板橋区議会 2019-05-23 令和元年第1回臨時会−05月23日-01号

また、板橋区において、区立小・中学校の登校については、近年その出現率が増加傾向にあり、特に中学校においては、全国平均・東京都平均を上回っているのが現状です。さらに、区内の手帳を所持する障がい児も増加傾向となっています。知的・身体・精神の障がいに比べて早期発見が難しい発達障がい児とその家庭への支援も取組みがおくれており、その充実も急務となっております。

大田区議会 2019-05-22 令和 1年 第1回 臨時会−05月22日-01号

一方、一人ひとりの子どもたちに目を向けますと、いじめや登校など、悩みやつまずきを抱えている子どもがおります。また、障がいなどにより特別な支援を必要としている子どもがおります。子ども一人ひとりの状況を深く理解し、子どもたちの心に寄り添い、きめ細かく丁寧に指導する教育環境を整え、子どもたちの可能性を最大限に伸ばす教育に努めてまいります。  

葛飾区議会 2019-04-09 平成31年総務委員会( 4月 9日)

また、休日対応ということで、教育相談なんかも全て滞っているとは思うのですが、教育委員会の課題になるかもしれませんけれども、やはり登校が長期休業の後ふえるという傾向もあります。それについても、丁寧に対応をしていただきたいと思いますが、それについては区としてはどのようにお考えかわかりましたら教えていただけますか。 ○(安西俊一委員長) 区長。

目黒区議会 2019-03-19 平成31年予算特別委員会(第8日 3月19日)

1990年以降、登校やいじめなど、学校が抱える課題がふえました。さらに、学力テストや土曜授業、教員の研修の増大、教員免許更新制や学校評価など、さまざまな課題、業務が加えられました。  3つ目は、公立の教員は法律で例外的に残業代ゼロとされてきました。その結果、長時間労働が教員の中で野放しにされてきた。個々の教員がどのような状況になっているか、把握されてきませんでした。

江東区議会 2019-03-19 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第4号) 本文

一つ、登校やいじめ、自殺等の相談体制について、今後の方向性は。 との質疑があり、理事者から、  新たな教育相談の仕組みとして、ワンストップ型の教育相談窓口の設置を検討している。 旨の答弁がありました。  一つ、区立幼稚園の今後のあり方に関する基本方針の策定に当たり、需要調査は行ったのか。

目黒区議会 2019-03-18 平成31年予算特別委員会(第7日 3月18日)

7、児童・生徒指導の(1)生活・進路指導の臨時経費は、30年度から開始した、いじめ・登校の防止に向けたアンケートについて、31年度は2つの中学校区を加えて4つの中学校区で実施するための経費。(2)学習指導の臨時経費は、新学習指導要領に沿った教師用教科書等の購入経費及び全小学校5学年において、プログラミングソフトを利用したプログラミング教育を実施するための経費等。

葛飾区議会 2019-03-15 平成31年文教委員会( 3月15日)

②いじめや登校などへの対応ということで、先ほどの条例制定を含めましていじめ防止対策への対応、それから丸の5番目、6番目、スクールカウンセラーですとかスクールソーシャルワーカーの配置充実によります機能強化などを実施してまいりたいというふうに考えてございます。  

杉並区議会 2019-03-15 平成31年予算特別委員会−03月15日-10号

その1つは、いじめ対策について、会派からも具体的事例を挙げ、いじめ対策委員会の専門的見地を生かすことを求めたところ、委員会を活用した教育相談体制の充実で、いじめ・登校対策の強化が打ち出されたことは評価できます。  2点目は、小学校入学準備金を前倒しし、3月支給を実施することで、より保護者の経済的支援が強まったことです。  

杉並区議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会−03月14日-09号

◎特別支援教育課長 特別支援教育課の教育相談と登校支援ということでございますけれども、ここはなかなか分けられるようで分けられない部分もあるんですが、お子さんの教育的な支援が必要な場合につきまして保護者が御相談をいただくというところ、それから、そういった中で登校の状態があったりする場合について、現在登校支援を行っているところでございまして、そこにつきましては、登校相談支援チームが丁寧に話を聞きながら

足立区議会 2019-03-14 平成31年 第1回 定例会−03月14日-04号

今回の委員会においては、協創の推進施策、基金残高、今後の行財政運営、エリアデザイン、東京オリンピック・パラリンピック機運醸成、地域BWAの活用、治安対策、防災施策、滞納対策の強化、子どもの貧困対策、国保制度、図書館施策、健康施策、受動喫煙対策、高齢者支援・介護施策、障がい者施策、区内産業の活性化、環境施策、区内交通網の整備、公園の整備・管理、教員の働き方改革、学校ICT環境整備、いじめ・登校対策、

大田区議会 2019-03-14 平成31年 第1回 定例会-03月14日-04号

登校児童・生徒への支援体制の拡充の事業が提案されました。子どもの学びの権利を支える教育委員会であってほしいといつも願うものですが、同時に教育機会確保法の施行によるフリースクールの周知も徹底し、子どもが自分に合った学びを選べる環境の整備も必要と考えます。  全国に先駆けて実施してきた子どもの生活応援プランは重要な貧困対策です。

板橋区議会 2019-03-14 平成31年3月14日予算審査特別委員会−03月14日-01号

相談業務の種類1つをとっても、虐待相談に代表される養護相談、一般的な健康管理に関する保健相談、発達障がい相談など、7種類の相談業務から成る障がい相談、虞犯行為等及び触法行為等の相談から成る非行相談、そして登校相談など5種類の相談業務から成る育成相談など、大変多岐にわたり、かついずれも高度な専門性が要求される相談に対応しなければなりません。

杉並区議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会−03月13日-08号

もし時間があれば、児童生徒の問題行動、登校等の諸課題のレポートについて。資料は78、83、190、31、最近配られました教育報の3月10日号がわかりやすいので、その辺を使います。  まず、仮称就学前教育支援センターであります。本年の9月にオープンするということで、大変期待をしております。素朴な疑問なんですけれども、新年度に当たる今になってもまだ仮称というのは、一体正式名称はいつつくのか。

葛飾区議会 2019-03-13 平成31年保健福祉委員会( 3月13日)

特に学校さんとの連携の部分では、いわゆる登校にならないうちに、どうやって手を差し伸べられるかというような手だてを考えていくという意味で、子育て応援事業を新たに加えていくということではございますが、常日ごろの館の職員が子供たちに寄り添って話を聞く、いろいろなことでの相談に乗っていく、そういったところから人間関係をつくっていって、社会の一員としての自分の存在価値を見出していけるような子供たちの支援をしていければなというふうに