245件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

世田谷区議会 2019-10-01 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月01日-02号

それによると、要するに先ほどもちょっと説明されていましたけれども、不動産だとか、物品賃貸業だとか、製造業、それから卸売業と小売業の廃業件数が多いというふうには分析されていて、逆に教育だとか学習支援、医療福祉等の開業率が高いというふうに言われていて、そういう産業については、そういう事業については、営業が維持をされているという分析もされているんですよね。

大田区議会 2019-06-20 令和 1年 6月  防災安全対策特別委員会−06月20日-01号

◎潮戸 防災まちづくり課長 こちらの事業は、基本的には、URが好き勝手に土地を買いあさるといいますか、そういう形でやってしまうと、民間のそういった不動産の方のそういう土地売買だとか、そういったことにも影響が出ると認識してございますので、こちらの資料にございますような、URが取得した土地の活用例というのが、資料にございますけれども、主にこういった事業の代替地として使えるような場合だとか、そういった

台東区議会 2019-06-20 令和 元年 6月産業建設委員会-06月20日-01号

区内で不動産を営んでいる事業者でございます。  恐れ入ります、資料の下の囲みをごらんいただきたいと思いますが、今回の辞退物件の概要を参考に記載しております。予定所在地は松が谷三丁目1番、かっぱ橋道具街通りに面しており、高齢者住宅として26戸の整備を予定し、来年12月の竣工を目指しておりました。  次に項番3、辞退の理由でございます。

杉並区議会 2019-06-03 令和 元年第2回定例会−06月03日-12号

今後、不動産とは別ルートも模索して早急に対策をとらないと、空き家がふえるなど手おくれになると思うが、何か区は方策を考えているのでしょうか。  終わります。 ○副議長島田敏議員) 理事者の答弁を求めます。  子ども家庭部長。       〔子ども家庭部長(徳嵩淳一)登壇〕 ◎子ども家庭部長(徳嵩淳一) 私から、所管事項のうち、初めに、ひとり親家庭の現状に関する御質問にお答えします。  

大田区議会 2019-05-27 令和 1年 5月  総務財政委員会-05月27日-01号

大阪に行ったとき、その方は不動産免許を取ったり、建築業の免許を取ったりして、その分野を知り尽くして、その業者と対等に渡り合っていたのですよ。その業者が正しい仕事をするように見られる能力にもっていくというのを磨くのですね。そのことによって、業者は、これはもういいかげんにできないな、この人だったらしっかり仕事をしていこうと磨かれていくみたいです。  

大田区議会 2019-02-20 平成31年 第1回 定例会-02月20日-01号

本区には製造業のほかにも、卸・小売業、飲食サービス業、宿泊業、不動産、生活関連サービス業、医療福祉、運輸業など多種多様な産業存在しております。これらの多くの産業が今後一層振興していくためにも、基本的な産業政策を立案することは大変重要だと考えております。  そこでお伺いします。区長は産業振興策として跡地事業をどのように捉え、どのように進めようとしているのでしょうか。

品川区議会 2019-02-20 平成31年_第1回定例会(第1日目) 本文 2019-02-20

区民や福祉にはお金を使わず、大企業不動産支援には惜しみもなくお金を使う。自治体としてゆがんでいます。  区政の変質のもとでも、区民は請願署名などの運動を広げてきました。羽田新ルート容認など国追随の区政運営への批判も高まる中、区政史上初めて市民保守革新を越えた政党の共闘で、住民の暮らしを守る区政への転換を求めた大激戦が昨年の区長選挙でした。  

港区議会 2019-02-04 平成31年2月4日区民文教常任委員会-02月04日

また、不動産についても13.5ポイント増と、卸売業が11.6ポイント増で大幅に改善しております。  続きまして、その左側、調査時点以降3カ月間の見通しDIをごらんください。グラフの一番右端の部分、それから、先ほどの表の1月期から3月期という右から2列目をごらんください。

足立区議会 2018-12-05 平成30年 第4回 定例会-12月05日-03号

平成29年第1回定例会で、大型賃貸マンションの町会・自治会加入、結成について質問したところ、地域の町会・自治会との連携や宅地建物取引業協会、不動産協会の協力を得て転入者への町会・自治会加入を働き掛けてまいりますとの答弁でありましたが、その後どのような取り組みが行われていたのか伺います。  

世田谷区議会 2018-10-16 平成30年  9月 決算特別委員会-10月16日-08号

不動産などを営んでいる別の事業体の大信興業という株式会社が所有者になったわけですから、これは土地を取得する交渉を行っていくべきだというふうに思います。  これを強く進めていくべきだということを主張して、時間ですので質問を終わりにします。 ○河野俊弘 委員長 以上で日本共産党の質疑は終わりました。  ここでしばらく休憩いたします。     

世田谷区議会 2018-10-05 平成30年  9月 決算特別委員会-10月05日-04号

◎須田 商業課長 他の事業所への拡大ということでございますが、商品券の昨年度の回収実績の集計によりますと、自動車整備や建設業不動産などの利用も見られております。御指摘のように取扱店の拡大に向けて、物販店や飲食店だけではなく、幅広い業種に拡大できるよう今後考えてまいります。

足立区議会 2018-10-03 平成30年決算特別委員会−10月03日-02号

孤独死ですとか突然の体調変化、これに伴って身寄りのない高齢者に賃貸することに躊躇するとか、あとエレベーターがないなど高齢者が住める住宅そのものが少ない、あるいは賃貸契約時に高齢者の方をご案内する際に、非常に時間、それから手間がかかると、こういったようなお悩み、それから課題としましては、不動産あるいは宅建業の方以外にも、地域包括支援センターあるいは民生・児童委員などとの連携が必要である、あるいは他区

世田谷区議会 2018-10-03 平成30年  9月 決算特別委員会-10月03日-03号

ちなみに、これまでも国家公務員の兼業については、人事院規則一四―八、営利企業役員等との兼業の運用について記載があり、賃貸不動産太陽光電気販売、農業などについて、どの範囲なら問題がないかについて言及がありますが、世田谷区はどのように線引きをしているのでしょうか。

大田区議会 2018-06-19 平成30年 6月  地域産業委員会-06月19日-01号

◎小澤 産業振興課長 個々個別にはちょっと控えさせていただきますけれども、例えば不動産とか、商業とか、内装業とか、そういうのもございます。 ◆荻野 委員 私は、資料番号4番の商店街エリアサポーター事業の実施というところについてお聞きしたいのですけれども、いろいろ特に、その熱心な方とか、見識がある方が商店街のいろいろな運営だとかイベントだとか、あと、PRとかですね。  

葛飾区議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第2日 6月13日)

例えば、物流業では配達前の予告、飲食店では予約したお客様に対する当日忘れの防止、保険業では契約更新の案内、航空会社ではフライトがキャンセルされた場合の案内、不動産では家賃の督促、人材派遣業ではスタッフへの連絡などなど、ほんの一例にすぎません。今申し上げた活用事例、いずれにも共通することは、緊急性・重要性が高く、相手方に確実に意思を伝えたいときにSMSが活用されているということであります。