94件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

台東区議会 2019-12-19 令和 元年第4回定例会-12月19日-付録

また少子化により一人っ子同士のカップルが増えたことで、「改姓しなくていいなら結婚したい」という声も聞かれます。さらに人生100年時代、子連れ再婚や高齢になってからの結婚再婚も増加傾向にあります。  選択的夫婦別姓制度の導入は、「家族で同じ姓の方が一体感が深まる」と考えるカップルが引き続き夫婦同姓で結婚できる一方で、必要なカップルは夫婦別姓を選べるようにするものです。

江戸川区議会 2019-09-24 令和元年 第2回 定例会−09月24日-02号

平均初婚年齢は年々上がり、現在三十歳前後、少子化により一人っ子同士のカップルが増えたことで、「改姓しなくていいなら結婚したい」という声も聞かれ、結婚に踏み切れない場合もあります。晩婚化離婚の増加により、氏を変えることへの抵抗や、様々な生活への支障が多く、事実婚を選ぶカップルも増えています。

江戸川区議会 2019-06-25 令和元年 6月 総務委員会-06月25日-04号

少子化により一人っ子同士のカップルが増えたことで、「改姓しなくていいなら結婚したい」という声も聞かれます。子連れ再婚や高齢の結婚で改姓がハードルとなる場合もあります。  選択的夫婦別姓制度の導入は、「同じ姓の方が一体感が深まる」と考える人は引き続き夫婦同姓で結婚できる一方で、必要に応じて別姓を選べるようにするものです。

大田区議会 2019-02-25 平成31年 2月  こども文教委員会−02月25日-01号

私は、赤松小学校については、調布地域保育園が足りなかったので、赤松小学校保育園を併設して改築ができないかという質問はしたことがあるんですけれども、一人っ子が増えていますし、保育園と学校と行き来ができる、とても小1プロブレムも解決できていいんじゃないかと思っていましたけど、ここまでさまざま機能が置き込まれるということは、本当に苦慮されているかなと思うんです。  

港区議会 2019-02-21 平成31年2月21日総務常任委員会−02月21日

また、少子化の時代、一人っ子同士の結婚が増えています。お互いの親の姓を継ぎたいというカップルは結婚できていません。非常に多くの問題がこれで起こっています。また、手続、コスト面です。先ほど申し上げたように、私が改姓したときにも、すごくたくさんの手続がありました。全く、誰の利益にもならないことのために、企業もそれにつき合わされているという状況です。  次のページ、5ページをお願いします。

足立区議会 2019-01-25 平成31年 1月25日待機児童・子どもの貧困対策調査特別委員会-01月25日-01号

したがいまして、学童の中で異学年の子どもたちが一緒に時間を過ごすということは、少々危なっかしい部分はあろうかと思いますが、今、一人っ子家庭が増えている中で、そういうところでお兄さんやお姉さんとの付き合い方、あるいは、うちなんかでもそうですが、孫が寄っては触れば、すぐけんかになって、大変なことになっていますから、そういう中で子ども時代を過ごすというのも一つありなのかな。

港区議会 2018-11-12 平成30年11月12日保健福祉常任委員会-11月12日

○副委員長(近藤まさ子君) 第2子以降の均等割額を全額免除ということで、多子世帯の配慮、また、子育て支援の必要性は認めますが、公平性の観点から、例えば子どもが一人っ子の場合や2人以上の場合とある中で、一人ひとりの子どもたちが公平には見られないこと、国民健康保険社会保険加入している子どもたちの平等性に欠けること、そのような観点から、一般財源を充てることについては賛成できません。

板橋区議会 2018-11-08 平成30年11月8日文教児童委員会−11月08日-01号

◆小林公彦   もう少し具体的に聞きたかったんだけど、例えば、今、兄弟が少ないですよね、一人っ子とか多くて。ですから、要するに、今のお子さんというのは、小さい子が来ると、何を言っていいかわからない子が多いんですよね、交流できないというか。家に帰っても、一人では、子どもがいないから、だから、例えば小さい幼児の子との触れ合いとか、保育園の。そういう場をイメージしたので、そういう形ではないんですか。

板橋区議会 2018-06-08 平成30年6月8日文教児童委員会−06月08日-01号

世帯数も、これも非常に重要なのかなというように思っておりまして、これも私の実感でいつもお話ししているんですが、今、少子化と言われている中であって、本当に兄弟を持っている家庭、私の家も3人子どもがいるんですけれども、小学校のPTA活動とかをしていると結構兄弟がいるご家庭が多くて、私自身は一人っ子だったんですけれども、団塊ジュニア世代なので、私の友人関係も一人っ子が非常に多かった。

板橋区議会 2018-03-19 平成30年3月19日予算審査特別委員会−03月19日-01号

実際にことし保活をしてみて、一つ去年からことしにかけて改正された点で、区内の保護者の方からご相談をいただいたことで、私も一人っ子の親としておかしいと思っていることがあります。それがきょうだいに係る加点です。  図を使って説明をさせていただきたいと思います。  このポイントの意図、加点の意図が2人以上のきょうだいがいる場合で、できるだけ同じ園に通えるようにするというものです。

杉並区議会 2018-03-13 平成30年予算特別委員会−03月13日-09号

小学校では一番下の学年の1年生が、自分よりも年下の年長児に対して思いやりを持って接することができるのはすばらしいことですし、最近は少子化で、一人っ子も多いと思われる中で、異年齢子供同士のかかわりは大切だと思いました。  そこで伺いますが、こうした交流給食は、ほかの学校でも実施されているのでしょうか。できればもっと広げてほしいと思いますが、これからの見通しはどうなっているのか、お伺いします。

墨田区議会 2017-09-12 09月12日-01号

低学年だけでも待機児童が出ている現状から、その需要と供給のバランスからの判断だと思いますが、一人っ子世帯も増えていることから、実施場所の拡大と併せて、この小学校4年生以降の利用者要件についても次期計画策定時には再検討すべきと考えますが、区長のご所見を伺います。 学童クラブの待機児童の問題の一つに、保護者が安心できる子どもの放課後の居場所が児童館や学童クラブしかないという現状があると思います。

大田区議会 2017-07-14 平成29年 7月  こども文教委員会−07月14日-01号

と申しますのは、今ご指摘いただいたように、一人っ子であればかかわりがないというと、理解のしようがないのですね、経験がないから。そういった意味では、そのような可能性が広がるかなという印象で私は聞かせていただいております。新たなカリキュラム開発にもつながるかなとも思います。 ◆田島 委員 そうですね。

江戸川区議会 2017-06-19 平成29年 6月 総務委員会-06月19日-02号

一人っ子家庭もそれから兄弟がいる家庭もありますので、世帯というふうに考えております。  また子ども配食サービス事業のほうは、100食というふうに考えて、100人と考えております。 ◆所隆宏 委員 招集挨拶でも区長のほうから、この取り組み、また全国的に見ても、特色のある取り組みということで、ほかではない取り組みをしていくということであります。

江戸川区議会 2017-03-06 平成29年予算特別委員会(第5日)-03月06日-05号

そういう子どもの家庭を見ると、多分に家庭に、こんなこと言っては大変失礼なんですけれども、影響を及ぼされている一人っ子で夜遅くまで1人でいなきゃいけないとか、ある意味虐待まがいのこともあったりという環境があって、そういったところが例えば学校ですとか、地域の中で児童民生委員の方だとか、そういう方が気づかれたらぜひ、ここにお寄せください、お寄せくださったらもちろん学習も支援します、食の支援もします、しかし

目黒区議会 2016-11-29 平成28年文教・子ども委員会(11月29日)

このように、私どもといたしましては、利用調整基準についての見直しを随時検討し、必要があれば改めているところでございますが、本陳情にあります第3子の優先につきましては、日々、窓口などでいただく御意見などからは、現在でも第1子が入りにくいとか、一人っ子保育園に入りにくいとか、そのような声も依然として多い状況ですので、現時点では見送っているところでございます。  

大田区議会 2016-03-17 平成28年 3月  予算特別委員会−03月17日-01号

ご存じのとおり、中国一人っ子政策を長く続けていたため、1人の子どもに対して、教育も含めて手厚く育てる環境にあります。韓国の教育熱は、日本と比べ物にならないほど熱心であることはよく知られています。フィリピン例外ではありません。つまり、大田区に住む外国人児童保護者が、教育に関して無関心ということは決してないのです。  そこで質問します。

港区議会 2015-12-21 平成27年12月21日区民文教常任委員会−12月21日

ただ、兄、姉となると、やはり一人っ子のお子さんもいらっしゃいますので、こちらについては通常と同じ扱いで、優先枠というのは設けてはございません。今後の課題ということはよく存じておりますので、これは待機者数などを見ながら、今後も検討は続けていきたいと考えております。 ○委員(大滝実君) にじのはし幼稚園以外は全て抽選ということですので、まとめて3つお伺いしたいと思います。