486件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

世田谷区議会 2019-06-12 令和 元年  6月 定例会-06月12日-01号

介護ロボットやICT機器の導入経費助成など、これまでの取り組みと合わせ、事業者を支援いたします。  区内の介護事業所で働き始めた人たちを対象に、世田谷区介護職員等合同入職式を継続し、介護事業者やハローワーク介護福祉士養成校などと意見交換も行いながら、さらなる介護人材対策を推進いたします。  

杉並区議会 2019-06-04 令和 元年第2回定例会−06月04日-13号

農業分野にICT機器が導入され、農作物の栽培等のデータや作業ノウハウがAIやロボット技術と結びつくことで、作業の省力化が見込まれます。区内の農業者においても、既にICTを活用して遠隔管理で農業ハウスの管理を行うなど、効率的な生産に結びつけている事例もございます。今後さらにICTの導入が広がることで、都市農地有効活用され、都市農業の振興につながるものと考えております。  

杉並区議会 2019-05-30 令和 元年第2回定例会−05月30日-10号

近年、産業サービスロボット化に加え、人工知能(AI)などのテクノロジーが飛躍的に進歩を遂げ、今やパソコンやスマートフォンから、いつでもどこでも、ありとあらゆる情報知識が入手できるようになりました。我が国の労働者不足の補充や私たちの生活の利便性が向上する一方で、多くの職業が存亡の危機にさらされていることが予想されます。  

世田谷区議会 2019-05-28 令和 元年  5月 企画総務常任委員会-05月28日-01号

次に、03民生費の01社会福祉費ですが、介護人材確保・定着支援事業につきましては、寄附を活用した介護ロボットやICT機器の導入経費助成及び寄附者への体験型記念品事業に係るものでございます。次の高齢者福祉施設用地取得につきましては、若林小学校敷地の国有地取得に係るものでございます。次の障害者通所施設建設工事につきましては、都営下馬団地に併設する世田谷福祉作業所の改築工事費となります。

板橋区議会 2019-03-14 平成31年3月14日予算審査特別委員会−03月14日-01号

板橋区立教育科学館でも、ロボットプログラミン教室が行われており、本区における取組みを示すものだと思います。  画面に示してありますのは、プログラミン教育のポータルサイトの画面です。既に、同サイトで実例が報告され、2020年に備えた体制が整えられつつあります。まず第一に、今後のプログラミン教育のスケジュールに関して説明を求めます。

杉並区議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会−03月14日-09号

◎済美教育センター所長 区立浜田山小学校で行われたAIロボット授業につきましては、テーマを「AIと協働する社会を創る浜田山の子どもたち」と設定しまして、AIロボットに興味、関心を持って、これからのAIとの協働社会に対して、子供たちが夢や希望を持って主体的にかかわろうとするようにしていくというような目的で実施されております。

世田谷区議会 2019-03-12 平成31年  3月 予算特別委員会-03月12日-05号

特養ホームでの医療的ケアには、介護・看護職員の手厚い配置が必要となり、職員精神的な負担感も大きいため、医療的ケアの研修の充実とともに、心拍数や脈拍、呼吸などにより高齢者を見守り、様態の急変を速やかに感知できる介護ロボットの導入などが必要と認識しております。  さらに、介護福祉士資格取得を一層促進するとともに、加算などの介護報酬の評価も国に求める必要があると考えております。  

江戸川区議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第8日)−03月12日-08号

AIやロボットでは対応できない職員しかできない、業務に注力できることからも、導入実例を検証しつつ、今後の対応業務の拡大を要望します。  産業振興費では、都市農業に関して、農業従事者の高齢化や後継者問題がありますが、農業ボランティアの活用や根本的な解決策を講じるよう、要望します。  

板橋区議会 2019-03-08 平成31年3月8日予算審査特別委員会 文教児童分科会−03月08日-01号

◆安井一郎   先般、板橋区の成増ヶ丘小学校ロボット競技世界大会に生徒が出場するということで、トルコで行われるということで、子どもたち4人のチームが行くんでしょうけど、小学生だけで行くわけではないし、引率の先生があったり、それから家族家族は別に個人負担かもしれませんけど、その際の、これはこういった世界的な規模の大会に名誉なことで出るっていうことで、予算措置はどうなっているのか、まずお聞きしたいんですが

世田谷区議会 2019-03-07 平成31年  3月 予算特別委員会-03月07日-03号

そのとき、自治権拡充運動が広がってきて、世田谷〝市〟実現をめざす区民の会などが発足し、世田谷独立宣言なんていうロボットが書いてあるようなポスターが出されていました。私もそのとき、勉強したという言い方はおかしいんだけれども、いろいろ話を聞いたり、本を読んだりしたんですが、やっぱりこれは変えていかなければならない。

板橋区議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会−03月06日-03号

さらに外国人向けの自動翻訳サービス提供や窓口対応にAIやロボットの活用などもあります。高齢者人口がピークを迎える2040年ごろの行政のあり方を検討してきた総務省研究会では、労働力の大幅な減少をAIなどの先端技術で補い、役所の機能を維持するスマート自治体の必要性を指摘しています。本区では、AI活用や導入についてどのように展開を考えているのでしょうか。

世田谷区議会 2019-03-06 平成31年  3月 予算特別委員会-03月06日-02号

介護人材の確保、定着に向け、採用活動にかかわる経費の助成や介護ロボットなどの導入に係る経費の助成、本年十月からの介護報酬の改定など、介護職員の処遇改善にも取り組んでまいります。  次に、4認知症在宅支援でございます。  認知症初期集中支援チーム事業や認知症本人交流会の実施など、認知症在宅生活サポートセンターの二〇二〇年四月の開設に向けた在宅支援事業の先行実施に取り組んでまいります。  

港区議会 2019-03-05 平成31年度予算特別委員会−03月05日

現在、小学校6校で、ソフトバンク株式会社から貸与された人型ロボットPepperを活用したプログラミン教育を実施しています。また、芝浦小学校では、日本マイクロソフト株式会社、御田小学校ではNPOみんなのコード協力を得て、プログラミン教育を行っています。さらに、白金小学校は、東京都プログラミン教育推進校に指定され、研究を進めております。  

江戸川区議会 2019-02-27 平成31年予算特別委員会(第2日)-02月27日-02号

今、お話しましたRPAというのは、このソフトウェア、いわゆるロボットをふだん使っているパソコンに導入して作成したシナリオ、決まったルールに基づいて同じ作業を繰り返し実行する、いわゆるパソコンの定型作業を自動化する技術のことです。こちらが導入されることによって、いろいろ研修等も行われているとお伺いをしております。この導入されたこのRPA技術の使い勝手をまず1点目をお伺いします。

世田谷区議会 2019-02-26 平成31年  2月 福祉保健常任委員会-02月26日-01号

介護人材確保定着支援事業の補正は、特別養護老人ホームに対する認知症介護等の負担軽減のため、介護ロボット及びICT機器の導入経費助成事業を開始することに伴い、千六百十八万三千円の増額補正となっております。財源につきましては、千六百五万四千円の増額補正で、その内訳といたしましては、寄附金が二百十五万円の増額補正、繰入金が千三百九十万四千円の増額補正となっております。