15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

豊島区議会 2018-12-12 平成30年公共施設・公共用地有効活用対策調査特別委員会(12月12日)

日本全国で、やはりリゾートマンションなんかももう売りたいけれど、売れないというのがもう出ているというのはよく聞くんで、それと同じように、やはりこういう施設というのも非常に、いろんな、そのときの動向があると思うんで、その動向によっては、こういうのが必要だというようなことでやったと思うんですけれど、今この状況を見てみますと、事業者さんのほうも、毎年、この秀山荘については黒字っぽく見えるんですけれど、これは

板橋区議会 2018-03-09 平成30年3月9日予算審査特別委員会 都市建設分科会−03月09日-01号

つながりで、今度は再開発関係のことでお伺いしますが、最近は、タワーマンション等がばんばん建ってますけども、経済評論家の人とか、不動産関係の専門家の人とかが、将来的なタワーマンションの建ち枯れ、建ち腐れ、こういったことを予想してる方がたくさんいる中で、板橋もいろんな再開発高層化を考えてるところがあるので、その辺についてお伺いしたいんですが、例えば、スキー場の近くだとか、温泉地とか、ああいうところに昔で言うリゾートマンション

目黒区議会 2012-09-20 平成24年決算特別委員会(第4日 9月20日)

ちょっとした小金持ちはリゾートマンションで億ションなんか持ってるよね、何かで、うちで株なんかぺっぺぺっぺやってるやつだって、持ってますよ今。それなら買ってやろうと思うかもしれないしさ。  だから、これも業者のプロだけ相手で、それから、売るということは、目黒区民に対して告知にも何もなってないというんで、もう次はあれだけども、もっとこれからもこういうことがあったら、派手にやるつもりはありますか。

目黒区議会 2012-09-12 平成24年企画総務委員会( 9月12日)

隣のリゾートマンションのほうに売却しておるところでございます。これについては、私ども、今年度の契約を相手方としておるところでございますので、一応これにつきましては、条件として、少なくとも今年度の引き継ぎについては条件として入れていく予定でございます。  ただ、それ以後につきましては、もし売却ということになれば、その購入された方のお考えになろうかというふうに思います。  

目黒区議会 2011-09-12 平成23年生活福祉委員会( 9月12日)

平成3年につきましては、隣のレジーナというリゾートマンション建設計画があった関係で、露天ぶろ等、また隣地が非常に近いということなので、その分について買い増しをしたということでございます。  ただ、平成2年の買い増し分につきましては、増築計画等、いろいろ検討しましたけれども、そのときの区の財政状況等を踏まえまして、その増築については断念したという経緯でございます。  以上でございます。

世田谷区議会 2008-10-14 平成20年  9月 決算特別委員会-10月14日-08号

本件は、昭和五十五年にリゾートマンションを購入したことによる区分所有分として区有地としたものでございます。購入金額は、土地、建物合わせて千六百五十万五百円。  また、嬬恋村の物件は三百二十六平米でございまして、これは昭和五十六年に土地つき一戸建て別荘を購入したことにより区有地としたものでございまして、建物と合わせて一千五百万円で購入しております。  いずれも購入先は株式会社紀州鉄道でございます。

杉並区議会 2007-11-29 平成19年第4回定例会−11月29日-21号

ご存じのとおり、真鶴町では、リゾートマンション開発がどんどん進んで、大きなマンションが建ち始めたことによって、それを何とか制限できないかと一生懸命頭をひねった。そしてその結果、一定規模を超えたマンションには給水制限をするということで、実質的に大きなマンションが建たないようにしたわけです。

板橋区議会 2006-02-15 平成18年2月15日区民環境委員会−02月15日-01号

従前の榛名湖畔荘につきましては、自炊をしていただくというのが前提の料金になっておりまして、調理器具ですとか台所キッチン等がついた、いわゆるリゾートマンション的なつくりになっております。  現在は1泊2食つきということでPRしていますので、その辺の素泊まりといいますか、自炊をしていただくという部分については余り活用がないのが実態です。

世田谷区議会 2002-06-13 平成14年  6月 定例会-06月13日-02号

その結果、一年の大半は空き家同然のリゾートマンションは一軒も建てられずに現在に至り、町にとっては水道道路などの公共施設を拡大しなくて済みました。このときの美の基準こそ、住民が自分たちの町をどのような町にしたいかという合意点であり、個人的利害を超えたまちづくりの理念の共有ではないかと思います。  

世田谷区議会 2001-10-02 平成13年  9月 決算特別委員会-10月02日-02号

◎原 都市整備部長 真鶴町のまちづくり条例でありますが、これは今おっしゃられた美の条例ということで、開発、それから自然資源、そういうものをすべて含んで保全、育成を図ろうという、そういう精神を持って昭和六十年代後半から、当時、主としてリゾートマンションの進出が多かったものですから、それを規制しようということを目的に、自然環境の保全ですとか、上水道供給ルールを決めるということで、平成五年に制定されたものです

大田区議会 2001-02-28 平成13年 第1回 定例会-02月28日-02号

また、財源確保に関連して、地方分権の推進に伴い、各自治体で新税の導入論議が盛んでありますが、既に法定外普通税を設けているのは熱海市1市だけで、86年からリゾートマンションなどの所有者に別荘等所有税を課し、年間4億円強の収入を得ております。これは別荘などを所有する非居住者にも、ごみ収集や上下水道などにかかる経費を負担させるべきという市民の声を反映したもののようです。

  • 1