3899件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-08-29 令和元年8月29日文教児童委員会-08月29日-01号

検証委員会では、再発防止策の提言を取りまとめるに当たり、直接の死因に捉われることなく、主に子どもが午睡時に命を失うようなリスクの排除や異常事態が発生した際の保育従事者の適切な行動に着目し、事故の発生前、発生時、発生後の一連のプロセスにつきまして、関係者のヒアリングや保護者及び事業者からの提出資料に基づき、課題の抽出と分析を行いました。  (2)課題の分析でございます。  

杉並区議会 2019-07-29 令和 元年 7月29日区民生活委員会−07月29日-01号

今、渡辺委員から、コンプライアンス上の視点からの問題点を指摘されておりまして、私どもは、本件発覚以前から、コンプライアンス、内部統制は非常に重要ということで、昨年から、来年の4月施行できますように、コンプライアンス、内部統制基本方針、それからその推進体制ということで、リスクの洗い出しやそういうものに鋭意昨年から取り組んできたところで、本件も発覚したということでございます。  

大田区議会 2019-07-12 令和 1年 7月  地域産業委員会−07月12日-01号

このリスクは絶対あると思うのです。それをゼロにしろということは言えないのだけれども、極力、これだったら売り上げが立つ、またはこれは産業が広がる、大田区内の製造業にプラスの効果があるという期待が持てるものにきちんと精査をして、目ききをして、そこにお金を投資するというのは、多分本来のお金を出す側のあるべき姿、スタンスだと思うのです。

世田谷区議会 2019-07-04 令和 元年  7月 福祉保健常任委員会-07月04日-01号

再発防止策としましては、ダブルチェックの徹底や介護方法の見直しなどの検討を行いまして、また法人内でのリスクマネジメント委員会でも対応策の確認徹底を図りまして、再発防止に努めておるところでございます。  各施設の対応等の詳細につきましては、恐れ入りますが、それぞれの報告書の記載をごらんいただければと存じます。  私からは以上でございます。

足立区議会 2019-06-28 令和 元年 6月28日待機児童・子ども支援対策調査特別委員会−06月28日-01号

特に足立区の状況といたしまして、経済的な困窮層が多い、あるいは、ハイリスク妊婦が多いというような背景がございましたので、妊娠期から産後期にかけて、その支援を必要とする世帯に切れ目なく、個別かつ寄り添い型支援ということで、手厚い支援を必要とするということで、この事業を開始したところであります。  

足立区議会 2019-06-27 令和 元年 6月27日文教委員会-06月27日-01号

足立区でも、かつて報告いただいたことがありますけれども、非常にこの民間に委ねることのリスクというのは、非常に感じているのです。その上で、事前にも若干お伺いしたときに、南流山福祉会の問題で言えば、これ監督責任が県をまたがると本来、厚生労働省と、しかも今、直接は千葉県ということで、テレビでは千葉県がなんていうことでやっていたわけです。

港区議会 2019-06-25 令和元年6月25日保健福祉常任委員会-06月25日

それだけ貸付金の回収について、確かに借りる方にとっては保証人を立てないということで利便性があるのかもしれませんけれども、債権管理という観点からすると、1%の利子保証人を立てないというのも、貸し付ける側のリスクとしてはあるのかなと感じていまして、この原資が一般財源から出ていることを考えるとすると、債権管理上、保証人を立てるか、立てないかの問題については、今ここで軽々にはお答えできませんけれども、大きな

足立区議会 2019-06-21 令和 元年 6月21日総務委員会-06月21日-01号

内部統制の本格運用3年目となる今年度は、足立区版財務に関する事務についてリスクを設定し、その中から各課でリスクを選定するなど、国のガイドラインに準じた取り組みを進め、不適正事務やミスの発生の低減を図ってまいります。  また、平成28年度に策定しました足立区における内部統制基本方針の改定など、令和2年4月1日の改正地方自治法施行に向け、準備を進めてまいります。  3点目は契約事務です。  

板橋区議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会-06月21日-03号

1.5度上昇でも豪雨などのリスクが高まると指摘しています。  また、2007年に環境省が発表した科学者からの国民への緊急メッセージによると、現在と同レベルの排出量を続ければ、地球上の生態系は急激な変化に順応することができず、死滅のリスクにさらされる生物種がふえる。大規模な水不足、農業への打撃、感染症の増加、自然災害の激化など、さまざまな悪影響が複合的に生じるおそれが強い。

大田区議会 2019-06-20 令和 1年 6月  防災安全対策特別委員会−06月20日-01号

◆奈須 委員 そうすると、URが何かたくさん土地を買ってしまったりとか、そこはちょっと公園にはよくなかったねというところを買ってしまったりした場合に、それは、URは買い間違えてしまったよねという場合は、URのリスクとしてその土地を保有し続けるとか、売却をするとかということになるのですか。そこら辺はどうなのでしょう。  

足立区議会 2019-06-20 令和 元年 第2回 定例会−06月20日-01号

今後は、重症化リスクの高い高齢者の方々を受診に結びつけるためにも、再勧奨を実施すべきと思うがどうか。  また、自宅から外出が困難なご高齢の方々も、健診を気軽に受けられるような体制を検討すべきと考えますが、合わせて伺います。  区は、乳がん、子宮頸がん検診費用の自己負担をワンコインにし、合わせて受診勧奨の強化を図る予定です。  

板橋区議会 2019-06-19 令和元年6月19日都市建設委員会-06月19日-01号

また、浸水のリスク、また工期の短縮、ガス事業者からの既存の埋設管への対応など、専門的な意見もいただいているところでございます。こちらにつきましては、今年度開催予定の関係事業者等によります技術検討会などで、検討を進めていきたいというふうに思っております。  パブリックコメントの結果の要旨は以上でございます。  続きまして、項番4のほうをお願いしたいと思います。  

港区議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会-06月19日-07号

言葉が聞こえにくくなると認知機能が低下し、コミュニケーションにも支障が出て、社会的に孤立することで認知症リスクが高まります。難聴になったら、なるべく早い補聴器使用が聞こえの改善にとって大切です。  世界保健機構では四十一デシベル以上に補聴器をつけることが推奨されています。それは、そのレベルを放っておくとさらにひどくなるということと、そのままにすると認識できない音が増えていくためです。

大田区議会 2019-06-18 令和 1年 6月  総務財政委員会−06月18日-01号

運用にあたっての区の基本的な考えといたしましては、新しい内部統制の体制を構築するものではなく、既に存在するルール等を内部統制というキーワードを使いまして、リスク管理の視点から形骸化させることなく有効化させるということととらえているところでございます。  この中で、内部統制の運用状況につきましては、議会へ報告をさせていただくとともに、公表をさせていただく予定でございます。  

板橋区議会 2019-06-18 令和元年6月18日子ども家庭支援調査特別委員会-06月18日-01号

面接の結果と経緯については、それぞれ所管する健福センター、5健福ございますけれども、そちらのほうの保健師に情報をお伝えして、出産までのいろいろなリスク等ございますので、その妊婦さんによってはきめ細かいアドバイス、今、地方から出てこられた方のお話しされてましたけど、そういったそのほかの心配事についても相談に乗るように努めてるところでございます。 ◆南雲由子   よろしくお願いいたします。