5722件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-28 江東区議会 2019-03-28 平成31年清掃港湾・臨海部対策特別委員会 本文 もちろん環境基準以下にするということは、かつてこちらの区議会、それからあと都議会、業界、そういったところにも約束させていただいているのは事実でございますけれども、私ども新しい方針のもと、きちんと調査をしていって正しい理解をしていただけるようきちんと公表していくという、そういった中では、昨年7月に追加対策工事、将来リスクを確保できるような対策が完了したというふうな専門家会議の結果を受けまして、知事のほうからも もっと読む
2019-03-28 葛飾区議会 平成31年第1回定例会(第4日 3月28日) 生産については、一部に弱さが見られ、おおむね横ばいとなっているとの下方修正がされ、輸出については中国などアジアでの需要鈍化が波及し、このところ弱含んでいるとした判断を据え置き、海外経済の不確実性など景気の下振れリスクを言及しています。 もっと読む
2019-03-27 世田谷区議会 平成31年  3月 定例会-03月27日-05号 区長は、世田谷区の人口がふえていると区の政策の成果のように言われますが、実態は転入者の数が多く、今後の予測も分析もできない、まさにこれはリスクであるとも考えます。転入増による財政への影響は、税収の増を見込むだけでよいのか、幼児教育・保育無償化、保育園政策、医療費、給食費補助を初め、転入増によるマイナス要因をきちんと分析することこそが必要なはずです。   もっと読む
2019-03-22 板橋区議会 平成31年第1回定例会−03月22日-04号 法的拘束力はないが、大臣告示は、残業が「月45時間」を超えると健康リスクが高まるという医学的根拠をもとに政府自身が決めたものである。少なくとも、超過勤務時間の上限は、政府自らが健康を守るラインとした「週15時間、月45時間、年360時間以内」を超えるものであってはならない。   もっと読む
2019-03-22 世田谷区議会 平成31年  3月 予算特別委員会-03月22日-08号 ◎辻 世田谷保健所長 医療機関の妊婦健診等で把握されたリスクの高い妊婦等を区でも把握するためには、医療機関との連携が不可欠と考え、平成二十九年度には、区内外の十六カ所の産科を支所のネウボラチームが訪問いたしました。今年度も引き続き、二十五カ所の妊婦健診を受託する医療機関を訪問するなど、顔の見える関係づくりに努めてまいります。   もっと読む
2019-03-19 板橋区議会 平成31年3月19日健康福祉委員会−03月19日-01号 それで、一般論になりますけれども、やはり保証人を立てないと貸し倒れのリスクが高くなるというところがございます。こちら、貸付金ですので、それによって債権回収が困難となる場合もあることが想定されるということで、区としましては、先ほど申し上げた国と都から借りた金額、お借りしているものですから、これが償還期限の到来時に都に区としては全額返さなくてはいけないんですね。 もっと読む
2019-03-19 世田谷区議会 平成31年  3月 予算特別委員会-03月19日-07号 いずれにしましても、プログラミング教育で使用するソフトウエアの選択肢を狭めることがないように、端末にふぐあいが発生するなどの障害が発生するリスク等を十分検証しながら対応を進めてまいります。 ◆ひうち優子 委員 クロームなどを入れていただけるということで、よろしくお願いいたします。  次に、特別支援学級の増設について伺います。   もっと読む
2019-03-18 板橋区議会 平成31年3月18日予算審査特別委員会−03月18日-01号 また、若年層の女性が性被害に遭い、妊娠してしまうリスクがあるということも承知をしているところでございます。首相官邸に設置されましたすべての女性が輝く社会づくり本部で定められました女性活躍加速のための重点方針2018では、若年女性の妊娠や性被害に関する支援の必要性が挙げられているところでもございます。  ただ、こうした対象者というものは、なかなか区としては掌握できないというところが現実でございます。 もっと読む
2019-03-18 葛飾区議会 平成31年総務委員会( 3月18日) ○(三小田准一委員) 本来、個人情報は保護されるべきものであって、マイナンバーにひもづけすることによって、情報漏えいのリスクが、高まるというように思いますので、反対いたします。 ○(安西俊一委員長) 維颯新。 ○(小林ひとし委員) 賛成です。 ○(安西俊一委員長) 立花委員。 ○(立花孝志委員) 原案に賛成させていただきます。 ○(安西俊一委員長) これより採決を行います。  お諮りいたします。 もっと読む
2019-03-15 板橋区議会 平成31年3月15日予算審査特別委員会−03月15日-01号 私どもで、この窓口となります子ども家庭支援センターでは、転居を繰り返し関係機関とのかかわりを避ける場合で、リスクが高いと判断したケースにつきましては、立ち入り調査や一時保護についてちゅうちょなく実施するよう、東京都の北児童相談所に要請をすることとしております。   もっと読む
2019-03-15 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月15日-10号 第1に、将来の財政見通しを踏まえるとき、現在の区立施設再編整備計画(第一期)・第二次実施プランなどに盛り込まれた箱物投資事業の多くには同意しがたく、その資金調達の前提となる金利上昇リスクについても十分に踏まえられているとは判断できないことから、これに基づく一般会計予算には賛成しかねます。  施設再編は、新年度より第二次実施プランの段階に入ります。 もっと読む
2019-03-14 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月14日-09号 ◆そね文子 委員  また、環境省は、農薬飛散によるリスク軽減に向けて、「公園・街路樹等病害虫・雑草管理マニュアル」を出しています。 もっと読む
2019-03-14 大田区議会 平成31年 第1回 定例会-03月14日-04号 残業時間の過労死ラインは月80時間とされており、それを超える上限設定を認めることはさらなる過労死リスクを増大させ、長時間労働是正の動きにも逆行するものです。よって反対です。また、長時間労働是正を個人の意識改革に頼るのではなく、業務量に応じた職員増員をすることを要望します。   もっと読む
2019-03-14 板橋区議会 平成31年3月14日予算審査特別委員会−03月14日-01号 また、同様なシステムの構築は厚生労働省でも進められておりまして、虐待リスクのある子どもの情報を関係機関が共有するため、厚生労働省は2019年から市町村と児童相談所に専用端末を置き、乳幼児健診や転居などの情報を随時入力し、閲覧できるシステムを導入する方針を固めたとあります。また、これに伴って厚生労働省は、来年度の予算の概算要求に1,650億円余りを計上することとしております。   もっと読む
2019-03-13 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月13日-08号 病院跡地の土壌汚染の場合、学校開設時期がさらに遅れるリスクあり。 ◆松尾ゆり 委員  次に、建設地の項目では何と言っているか。 ◎事業調整担当課長(浅井) 建設地、病院跡地、浸水地域、敷地はA案に比べて広いが不整形。より静かな環境。 ◆松尾ゆり 委員  続いて、近隣対策の項目をお願いします。 ◎事業調整担当課長(浅井) 病院跡地への学校移転に伴う近隣苦情の可能性大。住宅地に近接。 もっと読む
2019-03-13 大田区議会 平成31年 3月  予算特別委員会−03月13日-01号 次の資料、当然ですが、健康リスクの項目が増加するほど、労働損失は、拡大をしております。  次の資料、現在、我が国の疾病構造は、かつての感染症から、生活習慣病や老後に伴う疾患中心へと変わってきております。  次の資料、実際の医療診療費の3分の1以上が、生活習慣病関連となっております。 もっと読む
2019-03-13 葛飾区議会 平成31年保健福祉委員会( 3月13日) それで聞きますけれども、今までにないリスクを負うことになると思いますが、いかがでしょうか。 ○(山本ひろみ委員長) 長寿医療・年金担当課長。 ○(長寿医療・年金担当課長) 今のご質問は、区の独自事務を拡大することによっていわゆる情報の漏えい等のリスクが拡大するのではないかというご質問かと思います。 もっと読む
2019-03-12 杉並区議会 平成31年予算特別委員会−03月12日-07号 なるほど、日常からの健康管理だとか、かかりつけ医による兆候の早期発見、こういったもので心停止のリスクを下げていくというアプローチも有効ではないかなというふうに受けとめた次第です。   もっと読む
2019-03-12 世田谷区議会 平成31年  3月 予算特別委員会-03月12日-05号 子ども虐待は、複数のリスク要因が複雑に絡み合って起こることから、早期にリスク要因を把握し、適切な支援に結びつけることが虐待の防止につながります。 もっと読む
2019-03-11 大田区議会 平成31年 3月  予算特別委員会-03月11日-01号 ◎佐々木 健康づくり課長 ピロリ菌が胃がんのリスク因子であることは明らかになっており、ピロリ菌検査についてはある程度有効と認識しております。  そのピロリ菌検査を中学生に対して実施することについては、繰り返しになりますが、日本小児栄養消化器肝臓学会等から肯定的でない意見が表明されております。 もっと読む