112件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2019-07-12 令和 1年 7月  こども文教委員会−07月12日-01号

こういうふうに非常に学力が上がってきているのを実感して、先生方も子どもたちも頑張っているのだなというのを感謝を込めて、大変ありがたく感じているところなのですが、平均マジックですので依然、正答率が上がらない地域学校だったり、上がらないお子さんたちもいるということが、多分この効果測定で各学校の中にはつまずきのあるお子さんとか課題のあるお子さんは、学校ではつかんでいると思いますけれども、大田区全体としてはっきり

板橋区議会 2019-06-12 令和元年6月12日都市建設委員会-06月12日-01号

これも、ちょっとご説明したんですが、例えばマジックをつくる際に、油性のマジックでもマジックですし、水性のマジックでもマジックですが、油性というものにしないとマジックができないわけではなくて、環境に優しいものを使って、その製品の最終形までたどり着けるように今なってますので、そういう部分で緩和していくということであって、油性の部分をもう少しきついにおいの油性のものにでもいいですよってものにするわけではございませんので

板橋区議会 2019-03-18 平成31年3月18日予算審査特別委員会−03月18日-01号

詳しい方に聞くと、スケッチブックとマジックがあれば何とかなる。単なる、ちょっと紙とペンぐらいだと、小さいし、見えにくい、カンペの要領で、これなんですよというように、カンペとして出せるスケッチブックとマジックがあると、何とかなるんじゃないのということで、各避難所にスケッチブックとマジックを置いて、聴覚障がい者とコミュニケーションに役立てていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。

板橋区議会 2019-03-07 平成31年3月7日予算審査特別委員会 健康福祉分科会−03月07日-01号

というふうに、僕は思いますけれども、実はこれをお聞きしたのは、さっきの数字もそうなんですけれども、何か数字のマジックで、要はこれからやるものに関しては、これだけやりますよというのが、この計画に入っていて、数字が大きければ大きいほど、やはり事業やっているように見えるわけです。  ただ、実際のところは、そうでもなかったという話になってくる。それは、おかしいじゃないかなというふうに思うんですね。

杉並区議会 2019-02-13 平成31年第1回定例会-02月13日-02号

3初心者のマジック入門(ゆうゆう和泉館)。4中学英語総復習(ゆうゆう下高井戸館)。5初心者のための「元気の出るヨガ」(ゆうゆう高井戸西館)。6無理なくできる「ゆるやか筋トレ&ストレッチ」(ゆうゆう高井戸東館)。⑦アート展「アートを楽しみアートと遊ぶ」(荻窪地域区民センター)。⑧かるた文化祭2019(細田工務店リボン館)。⑨三大話芸杉並協演会(馬橋稲荷神社)。

葛飾区議会 2018-09-20 平成30年文教委員会( 9月20日)

しかも、本委員会で明らかになったのは数字の詐術、マジックまで使って、何か、さもやっていますみたいな計画を立てるというのはよろしくないのではないですか。いかがですか。 ○(峯岸良至委員長) 教育総務課長。 ○(教育総務課長) 委員ご指摘のとおり、先ほども申し上げたように選択項目としてはほかにあったところで、「満足」、「まあ満足」というところでの評価をさせていただいているというところでございます。

葛飾区議会 2018-06-22 平成30年危機管理対策特別委員会( 6月22日)

要配慮者の方々が、周りに住んでいる、例えば団地にお住まいになっている方であれば、お隣にも知らせるというような形であれば、具体的には、玄関のところに、広告の裏でも結構ですので、そこにマジックで生存していますと、こういう状態ですということを玄関のところに貼ってもらえれば、そこに廊下を通ったときに、誰かに見ていただけるとか、そういったことが可能になると思いますので、できるだけそういった、いざ災害起きたときには

大田区議会 2018-06-21 平成30年 6月  防災安全対策特別委員会−06月21日-01号

担架に子どもが乗っても安全に運べるように、ベルトの位置を調整できるマジックテープのベルトを取りつけております。また、転落防止のため、両サイドにサイドバーを設けてございます。  そのほか、詳しいサイズ等につきましては、記載のとおりでございます。  続きまして、健康政策部資料番号2番をご覧ください。昨年度に引き続き、2回目の開催となります、大田区災害医療フォーラムの開催についてご説明いたします。  

大田区議会 2018-06-18 平成30年 6月  健康福祉委員会-06月18日-01号

担架に子どもが乗っても安全に運べるように、ベルトの位置を調整できるマジックテープのベルトを取りつけました。さらに、担架からの転落防止のため、両サイドにサイドバーを設けました。  そのほか詳しいサイズにつきましては、記載のとおりでございます。  続きまして、昨年度に引き続き2回目の開催となります、大田区災害医療フォーラムの開催についてご説明いたします。健康政策部資料番号36番をご覧ください。  

杉並区議会 2018-03-09 平成30年予算特別委員会−03月09日-07号

標準偏差のマジックだということだと思います。  法人事務所を入れるということなんですけれども、その後、法人部分の面積等は確認されたでしょうか。また、法人部分の面積比により、建設補助金のカットや土地代の割引免除等は、その部分についてはなしということを再確認してください。 ◎保育施設担当課長 まず、法人スペースのほうでございますが、おおむね53平米ほどという形になってございます。  

江戸川区議会 2018-03-08 平成30年予算特別委員会(第7日)-03月08日-07号

◎市川茂 指導室長 例えば、国語の場合、従来であれば、物語文でどこが重要とかというときに、教員は事前に板書をするとか、あとは教科書等を拡大コピー機にかけて、それを模造紙のような形で黒板に張って、それで子どもたちの意見を聞きながらマジックペンで赤線を引いたりとかいろいろなことをしていました。

江戸川区議会 2017-10-06 平成29年決算特別委員会(第6日)−10月06日-06号

◆桝秀行 委員 ここで一つ提起をさせていただきたい考え方なんですけど、長寿命化計画という言葉自体がマジックワード的な部分が僕はあるんだと思います。とにかく固定資産は時間がたてば必ず老朽化をしてくるわけで、これに対してもうちょっと少しでも長く建物ないし橋もそうですけど、今回の歩道橋もそうですけど、長持ちするように施しをしていくということですよね。  

北区議会 2017-09-29 平成29年  決算特別委員会-09月29日−05号

安全指導につきましては十分に行っておりまして、具体的にはムカデ競走は足首を結んでいる状態でやりますので、倒れたときに、その結んでいるひもがすぐに外れやすくなるというようなマジックテープの形ですとか、そういった形で工夫したり、あと足の肌が出ないような長ズボンを穿いたりですね。

大田区議会 2017-04-14 平成29年 4月  地域産業委員会-04月14日-01号

にならないわけですから、こんなおいしい話をみすみす格下げにして、一般財団法人の非営利型では、みなし寄付金控除制度はありませんから、公益事業以外は全額30%課税されてしまうので、この組織を壊すのが先にありきみたいな結論をつくらないで、先ほど課長がおっしゃったように、あるべき姿とそれから費用対効果、つまり残しておいたほうが課税からいっても有利なのだということであれば、50%の公益事業比率などというのは、お得意の数字のマジック

江戸川区議会 2017-04-14 平成29年 4月 福祉健康委員会−04月14日-13号

右側のシートのほう、これは両方ともマジックになっておりまして、はれるようになってございますけれども、SOSシートは従来から熟年相談室で配布しているものでございます。右の身近な相談先というのは、なごみの家での相談と、在宅医療に関する相談を医師会のほう、また介護に関する相談ができるようにということで、こちらのほうも合わせて配布させていただいております。  

杉並区議会 2017-02-21 平成29年 2月21日保健福祉委員会−02月21日-01号

本年は、記念アトラクションといたしまして、藤山大樹さんに、手妻という和風マジックを披露していただきました。日本古来より伝わる伝統芸を現代的にアレンジしていただいて、非常に成人式にふさわしいプログラムだったというふうに考えております。  昨年度同様、公会堂全体を会場としまして参加者のスペースを確保しまして、交流スペースを確保したということにつきましては、記載のとおりでございます。  

足立区議会 2016-12-06 平成28年12月 6日総務委員会-12月06日-01号

そこは私どもも見学に行き、きちんと、いわゆる汐入マジックと申しますか、かなりやっぱり賃貸だから出ていっちゃって、そのあと、もう空くというのではなくて、一定の数値をキープしているというような状況でございます。  そういったことも、今後、きちんとここの地区に関しましては、私のほうでは、毎月、新生児の数というのを押さえてございます。

世田谷区議会 2016-11-30 平成28年 12月 定例会-11月30日-03号

しかし、教育委員会及び区の対応は、保坂区長の、決算でもやりましたが、例のカーテンマジックと同じで、現在の教育センターがまるで存在しないかのような素振りで新教育センター、新教育センターと前に前に押し出し、新教育センターで理想を追求しましょうみたいになって、検討委員会を引っ張っているのであります。議事要旨からはそう読み取れます。箱物ありきの姿勢が第一回から見えているんです。