761件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

世田谷区議会 2019-11-11 令和 元年 11月 区民生活常任委員会-11月11日-01号

当方の清掃車両、小型プレス車ですが、収集作業中にバックでごみ収集所に車両を近づけようとしたところ、民家の樹木に右後部がひっかかり、枝がブロックを押す形になってしまい、塀の一部を損傷させてしまったというものです。  すぐに相手方におわびをして、状況等も説明申し上げ、おわび申し上げました。  資料の表面にお戻りください。2の事後の対応です。

板橋区議会 2019-10-29 令和元年第3回定例会-10月29日-04号

平成30年6月に発生した大阪府北部地震では、小学校ブロックの下敷きとなり、通学中の児童のとうとい命が犠牲となりました。板橋区では一斉点検を実施し、区が管理するブロック危険箇所の把握に努め、危険ブロックの撤去や改修工事を完了しました。民間所有のブロックについても通学路となっているブロックに関して優先的に改善を求める働きかけと撤去に関する助成制度を設けることができました。  

板橋区議会 2019-10-16 令和元年10月16日決算調査特別委員会 都市建設分科会−10月16日-01号

この下の施策の現況についての屋上緑化ゼロ、助成件数ゼロ、接道部緑化助成2本の17株、生け垣24.7平米、助成件数、本年度3件、ブロックの撤去12.8、助成件数1件、あと以下壁面緑化、助成件数ゼロ、ゼロとあります。これはこの土木費の項目ではなくて、本来は教育委員会が同じように、この下の施策の現況については、教育委員会関係で学校のことと理解してよろしいんですか。

杉並区議会 2019-10-11 令和 元年決算特別委員会−10月11日-10号

なみすけ訪問の実施につなげ、6月の大阪府北部地震における児童死亡事故を受けては、直ちに通学路及び避難路の一斉調査をし、区有施設ブロック危険箇所の改修を行うとともに、緊急安全対策として、ブロック等改修工事費助成を実施しました。  7月の西日本豪雨に際しては、被災地である岡山県総社市からの支援要請に応えスクラム支援を行ったことも、その素早い行動を評価するものです。  

板橋区議会 2019-10-02 令和元年10月2日企画総務委員会-10月02日-01号

それからブロックはこれが追いつかない、今あるので精いっぱいだということで、今あるやつを解決したら、大体区が把握している範囲で何%ぐらいのいわゆる危険を除去というか、区が把握しているのが100%あったとしたら、今回この補正で全部やり切ったら50%ぐらいいきますよという話なのかどうか、その辺ちょっと教えてもらいたいということと、それからブロックの2つ目でお聞きしたいのは、このブロックの撤去と生け垣

葛飾区議会 2019-10-01 令和元年決算審査特別委員会第1分科会(10月 1日)

直近の台風15号の甚大な被害は、本区においても多数の倒木や、またブロックの倒壊などの被害もあったと聞いております。また、聞いたところによると近隣の物干しざおが庭に落ちていたというような話もありました。こういった状況を考えると、風害対策ということに対する必要性を区民に周知していくことは非常に大事だと思います。

杉並区議会 2019-10-01 令和 元年決算特別委員会−10月01日-02号

昨年6月に発生いたしました大阪府北部地震によるブロックの倒壊に伴い、当区において昨年11月から実施されました危険ブロック対策事業の件であります。同様の助成制度特別区においてもほぼ一斉に実施をされたわけですが、おのおのの自治体によって、その対象の範囲だったり助成額であったり、大きな差があるようなことも聞いています。  そこで、まずは当区の当該助成制度の特徴を確認させてください。

世田谷区議会 2019-10-01 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月01日-02号

その後、一部の学校施設等における耐震性能の再診断、特殊詐欺被害への緊急対策や、大阪北部地震事故を踏まえたブロック等除去助成、風疹の流行対策、一部の学校施設における耐震補強設計及び学校体育館への空調設備の設置、障害者自立支援給付費の増などに対応するとともに、今後の学校施設における耐震補強工事などの財政需要に備えた基金への積み立てなど、四次にわたる補正を行いました結果、平成三十年度の一般会計最終予算

練馬区議会 2019-10-01 10月01日-06号

今回の内容は、幼児教育保育無償化への対応をはじめとする子育て施策の充実に要する経費、危険ブロック等の撤去や防犯カメラの増設など、安全・安心まちづくりの推進に要する経費、区内中小企業への支援に要する経費および国の法改正等への対応に要する経費等を補正するものです。 歳入・歳出ともに33億9,439万1千円増額しました。これにより、予算規模は2,779億2,248万9千円となります。 

板橋区議会 2019-09-30 令和元年9月30日都市建設委員会-09月30日-01号

また、ブロック等撤去助成経費でございます。こちらにつきましては、ブロック等の撤去助成に要する経費でございまして、2,250万円のところ、補正額2,335万6,000円を増いたしまして、トータル4,585万6,000円となったものでございます。  続きまして、住宅政策に関するものでございます。  款、項、目は土木費、都市整備費、住民費でございます。  

板橋区議会 2019-09-25 令和元年第3回定例会-09月25日-01号

2点目に、ブロック等助成の新設についてお伺いいたします。  昨年の大阪北部地震で、小学校4年生の女児が倒れてきたブロックの下敷きになりお亡くなりになるという痛ましい事故が発生しました。それを受けて、本区も公共施設の倒壊の恐れがあるブロックの点検・撤去作業を実施しました。本区としても、民間のブロック等撤去助成を開始していることは認識しております。  

板橋区議会 2019-09-13 令和元年9月13日議会運営委員会-09月13日-01号

ナンバー8、ナンバー9の土木費につきましては、危険度の高い民間所有のブロック等の撤去助成に要する経費を追加いたします。合わせまして、2,664万8,000円となります。  ナンバー10でございます。  老朽建築物等の除却助成に必要な経費を追加いたします。200万円を計上させていただきます。  ナンバー11でございます。  

渋谷区議会 2019-09-01 09月10日-09号

また、既存不適格住宅であっても、既存不適格を解消する工事であれば対象としており、昨年度より、ブロックを改修する工事であれば一度助成を受けた方でも認めるなど、事業の拡大も図っています。 店舗につきましては、住居の安全性の向上と快適な居住空間の提供という制度目的に沿わないため、対象とする考えはありません。 次に、国民健康保険料について四点の御質問です。 初めに、保険料についてのお尋ねです。 

目黒区議会 2019-08-07 令和元年都市環境委員会( 8月 7日)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 【報告事項】(7)ブロック等の基礎調査の実施について ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ○鴨志田委員長  次に、報告事項(7)ブロック等の基礎調査の実施について報告を受けます。

江戸川区議会 2019-06-20 令和元年 第一回 定例会-06月20日-03号

今回は特に交通事故の事例で検討、質問をいたしましたが、以前あった大阪市の、地震ブロックが崩れて女の子が下敷きになってしまった事例や、先ほど例で挙げられていた川崎市の刃物による殺傷事件など、いろいろなケースが想定されるわけです。できる限り、子どもたちが事件事故に遭わないような対策を進めていくべきだなと思います。