5112件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-08-27 令和元年8月27日区民環境委員会−08月27日-01号

高齢の方もおられると思いますし、さまざまな条件の方が電車に乗ったりバスに乗ったりという遠くを利用するというのは非常に困難かと思います。ですから当然近くだと思いますけれども、そこを私は把握する必要があるんではないかと思うんですが、区としてどのように考えているでしょうか。

江東区議会 2019-08-01 2019-08-01 令和元年防災・まちづくり・交通対策特別委員会 本文

で、これだけではなくて、バリアフリーの問題、駅の混雑の点、それから南北交通バス交通ですね、を含めた交通問題、これ非常に区民にとっても大事な問題だし、それに特化した当委員会ですから、要望事項はきちっとしていくと、今回行っていくと。そして、8号線については、きちっと意思統一をして配慮していくと、やるべきことはやっていくと。

江東区議会 2019-07-26 2019-07-26 令和元年オリンピック・パラリンピック推進特別委員会 本文

これはよくあるんですが、都バスの路線にしてもそうなんですが、家のそばを走れと、バス停をこっちに持ってこいという意見はどなたも、どこの地域もあります。ですから、二度とない聖火リレーについては、それは誰でも自分が住んでいる近くを走ってほしいのは当然でありますけれども、現実としてはそういうわけにはいかないと。

葛飾区議会 2019-07-25 令和元年建設環境委員会( 7月25日)

ただ、数値、例えばよく私たちが説明するときに騒音が、例えばバスが通ったときもしくは一時、ある数値がぽんと上がったとしてもそれが特別というときには、それをもって環境影響が、いわゆる基準を超えてしまったとは言わないので、全体として見て、基準の中におさまっているかどうかというのはその都度判断をしながらやってございます。 ○(米山真吾委員長) おりかさ委員。

葛飾区議会 2019-07-22 令和元年総務委員会( 7月22日)

3の送迎バスでございます。昨年度と同様、金町地区を除きます各地区の練り歩き・盆踊りコンテストの参加者に対しまして、送迎バスを運行いたします。また、今年度はこの送迎バスに加えまして、会場から遠い新小岩エリアのみ一般来場者用のバスを1便、1路線、運行してまいりたいと考えてございます。  4の協賛企業でございます。

大田区議会 2019-07-16 令和 1年 7月  交通臨海部活性化特別委員会-07月16日-01号

◎遠藤 公共交通企画担当課長 私から、資料はございません、口頭になりますけども、たまちゃんバスについて、ご報告いたします。  先月6月20日の交通臨海部活性化特別委員会におきまして、たまちゃんバスの今後についてご報告いたしました。その中で本格運行への移行と消費税増税に伴う運賃改定について、検討会議で過半数の承認が必要と説明をいたしました。

大田区議会 2019-07-12 令和 1年 7月  まちづくり環境委員会-07月12日-01号

それから、バスの乗降所がこちらにできます。バスの降車所は2か所できます。それから、交通島に約200平方メートル程度の広場ができ、ここに12台分のタクシー待機場ができます。  次に、ポプラード側からの景色になります。計画では、ここに地下自転車駐車場の出入口ができます。これが現況です。今駐車場の出入口はないということです。ここに新たにできるということです。  

世田谷区議会 2019-07-04 令和 元年  7月 都市整備常任委員会-07月04日-01号

◎岡田 副区長 この買い物不便地域の問題は、区議会においてもさまざま御議論いただきまして、交通政策としてコミュニティバスを走らせるという施策と、それから移動販売、あるいは買い物ツアーということで、買い物の不便という問題を抱えている方をお店にお連れするというようなこととか、さまざま方策があるということです。  

世田谷区議会 2019-07-04 令和 元年  7月 福祉保健常任委員会-07月04日-01号

今ざっと報告書を拝見して、当然ながら高齢施設や障害施設では事故件数が多いですし、ある福祉作業所ではバスから利用者さんが落ちたとか、どういう状況でそうなったのかなというふうに思うような事故もあって、ただ、さまざまな障害特性や高齢ということもあり、また人員配置というところでも、なかなか満たすこともできない状況もある中で、きちんと事故に対する報告がされていて、高齢のところではヒヤリハットの報告というのもきちんと

世田谷区議会 2019-07-03 令和 元年  7月 区民生活常任委員会-07月03日-01号

考え方といたしましては、現地でも公式行事に伴う、先ほども御報告いたしましたけれども、例えばバスなどの移動経費ですとか、今回、ジュニア・オーケストラですので、楽器の移送費、あるいは大きな楽器とかちょっと持ち込めないので、現地でのレンタル費とか、そういったものを今想定しておりまして、その総計が五百九十五万円超という形になっているところでございます。

世田谷区議会 2019-07-03 令和 元年  7月 企画総務常任委員会−07月03日-01号

パトカーに乗っかっていれば、日本の運転手さんが運転して、脇にMPが乗って、バスなんかも、今回行ったときには本当にいいバスですけれども、昔は汚かったです。さびていて、本当に汚い、そういうときに、初めて沖縄へ行ったときに、ホテルがまだ余りなかったんですね。それで、沖縄自身も海はきれいでした。今、みんな遊びに行くときれいと言うけれども、昔はもっときれいでした。  

足立区議会 2019-06-28 令和 元年 6月28日待機児童・子ども支援対策調査特別委員会−06月28日-01号

それに対するタクシー券の補助ですとか、あとは、その後、予防注射ですとか通院で、健診等で使うようなバスの乗車券の支給又はこれを補助する制度はありますか。 ◎保健予防課長 随時、相談等は承っておりますが、実際、タクシー券とかそういうバスチケット等の配付は行ってございません。

足立区議会 2019-06-27 令和 元年 6月27日建設委員会-06月27日-01号

次に、江北のまちづくりですけども、この中の(5)の主な質疑の中のQ2ですが、そこに女子医大のロータリーにというふうに書いてありますけども、私の認識ではロータリーっていう意味のバス停というのになっているのかなと思うのですが、これの江北のまちづくりの添付書類の中にも書いてあるのは、バスの回遊っていうか方向変換をするためのところであって、バスのロータリーじゃないですよね、これ。

足立区議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日産業環境委員会−06月26日-01号

◆さの智恵子 委員  確かに、もうバス事業者も本当に運転手不足ということもございまして、今後、これから来年そういうイベントをするということでも、バスの利用も増えるかなというふうにも思いますので、報告資料のほうでも路線バスを活用した事業展開というふうにもございますので、既存のルートはこの手形を活用して手形で乗れるような、そんな取り組みもしながら、買った方がスムーズに路線バスを活用するような、そんな検討

江東区議会 2019-06-26 2019-06-26 令和元年高齢者支援・介護保険制度特別委員会 本文

まず、いわゆるサービスDと呼ばれるところの移動の支援でございますけれども、江東区内の状況を見てみますと、バス路線等が非常に発達していると。それで、タクシー料金も非常に、近場であればワンメーターで、非常に料金が安くなったといったような状況もございまして、なかなかこの移動支援、サービスDに移行していくというような考えというのは、今のところは現在、持ってございません。  

足立区議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日厚生委員会-06月25日-01号

そして、高齢者の方ですが、クーラーがないために物凄い熱風の中、家の板の間にバスタオルをひいて、そしてパンツ1枚で上半身裸で寝て、何とかしのいだということ。  それから、クーラーがあっても、電気代を節約してつけない方、これを訪問したところ、もう一刻も争う事態だったので救急搬送されて一命を取りとめた方もいらっしゃるということです。  昨年の熱中症の搬送者が500名に……。

足立区議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日区民委員会−06月25日-01号

ですので、こういった軽自動車は本当に所得のぎりぎりな方でも、交通権保障がまだまだバス路線などでできなかった中で、こういった軽自動車でしっかり生業を立てていこうと、自立していこうという人たちの足としての軽自動車への税を軽減だけではない方向で、しかも、環境基準をクリアしていくといった努力の車であっても、軽減を外していくというものもあるので、こういったところもどうなのかなと、認識のほうを問いたいんですけれども

江東区議会 2019-06-25 2019-06-25 令和元年防災・まちづくり・交通対策特別委員会 本文

最後に、4ページが交通局に対する要望で、都営バス交通網の整備、充実についてでございます。  バス路線の新設や延伸により、医療施設鉄道駅を結ぶ交通アクセスの向上や、豊洲市場東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の競技会場へのアクセスを高める路線の拡充、そして、屋根やベンチなど停留所施設の充実を求めたものでございます。  

江東区議会 2019-06-24 2019-06-24 令和元年オリンピック・パラリンピック推進特別委員会 本文

大会関係者の輸送にバスおよそ2,000台、関係車両およそ3,500台の使用を見込んでおり、これらの車両を収容、管理するために車両基地を設置いたします。基地は、駐車スペースや運転手の出退勤管理室のほか、必要に応じ食堂、休憩室、洗車給油設備等を設置します。  中ほどの表をごらんください。都内に設置されるデポ一覧となっております。V1からの変更点として、各地区のデポの駐車確保台数等が示されました。