39件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

板橋区議会 2019-06-12 令和元年6月12日都市建設委員会-06月12日-01号

また、ハブ空港ということで、いろいろやりたいといっても、そのまま地方空港に行ったりとか、また茨城空港とか、周りの空港の活用ということも、まだまだ議論されてもいいと思います。また、幾ら飛行機の性能を上げたとしても、最近、パイロットの酒気帯びということで随分話題になっていますので、完璧というのはあり得ないと思うんです。だから、やはりすごく心配なさってということは、区民感情として、よくわかります。  

台東区議会 2019-02-19 平成31年 予算特別委員会-02月19日-01号

というのは、そうすると、産業についていろいろな、例えば戦略的なことも考えられるし、例えば、ウィーンなどはヨーロッパの中心ではないですか、ハブ空港もあるし。ではウィーンに行って、そういったものを台東区の地場産業のそういうプロモーションをするとしたら、そこにいろいろヨーロッパの皆さんも集まってきたりとか。

江戸川区議会 2018-10-16 平成30年10月 生活振興環境委員会-10月16日-07号

それで、何というか、例えばハブ空港なんて言い方しますけど、僕はあんまりそういう点詳しくないんですけども、例えばお隣、韓国の仁川空港とかと競争してどうのこうのとか、ロンドンやさまざまな外国空港と比べた資料が、国交省の資料にもあったんですけど、離発着数をなぜ競争するのかなということ。それで、羽田に来る人、成田も国際線中心であるんですけど、日本目的に来るわけですよね。

大田区議会 2017-10-06 平成29年 9月  決算特別委員会-10月06日-01号

羽田空港は来る2020東京オリンピック・パラリンピックに向け、訪日外国人観光客の呼び込み、首都圏国際競争力の強化、そして、世界有数のハブ空港として日本各地と世界を結びつける交流促進など、大田区のみならず日本全体にとってこれまで以上に大きな役割を担うことになってまいります。  このような大きな動きを捉え、羽田空港周辺では、様々な開発・整備工事が行われております。  

大田区議会 2017-10-03 平成29年 9月  決算特別委員会−10月03日-01号

大田区は、世界有数のハブ空港を有していることから、昨今の訪日外国人の増加に伴い、区内を訪れる方が増えているのは当然のことであります。しかも、24時間空港ですから、深夜早朝便を利用される方が大田区内で宿泊して、次の目的地へ向かうという利用の仕方が多いともホテル旅館組合の皆様からも聞いております。  こうした需要を支えてきたのが、羽田空港を擁する大田区内のホテル旅館の強みでもあると思います。  

大田区議会 2016-11-29 平成28年 第4回 定例会−11月29日-01号

また、全世界とのネットワーク構築により、ハブ空港としての機能が一層向上し、さらなる乗降客数の増加や物流の活性化を通じて、日本経済の発展にも大いに寄与するものと期待をしているところでございます。  今年の夏以降、相次ぐ台風の上陸や、農作物に被害をもたらした秋の長雨など、例年とは異なる天候が続きました。

大田区議会 2016-09-15 平成28年 第3回 定例会−09月15日-02号

民主党政権のときに中国からの個人観光客へのビザ発給や羽田のハブ空港化など、インバウンド政策に向けた取り組みが確実に効果を上げています。先日、観光庁厚労省による、通称民泊新法の有識者検討委員会が最終報告書を出しました。まだ報告書の段階ではありますが、消防法衛生設備規制緩和、年間提供日数180日以下、家主居住型と不在型を分けて、規制を変えることなどが書かれております。

江戸川区議会 2016-06-14 平成28年 第2回 定例会-06月14日-03号

国は地方創成を柱にしているのに、東京への一極集中を進め、羽田空港に、国際線から国内線にすぐに乗りかえられるハブ空港機能を持たせようとしていることは矛盾しています。  更に、国は、住民の声を聞くといいながら、区内東部地域の新ルート案の一部修正を四月に示しただけで、区民が納得していないうちに、「必要な装置工事費を来年度予算に盛り込みたい」としていることは問題です。  

板橋区議会 2016-06-10 平成28年6月10日都市建設委員会−06月10日-01号

都市計画課長   国土交通省の考え方でございますが、羽田空港と成田空港首都圏の機能強化として、そこを重点的にやりまして、例えば地方空港に対しては、羽田なり成田から地方という形で、ハブ空港化のこともございますので、拠点としての部分は成田と羽田になるかと思います。 ◆荒川なお   拠点はそうなのかもしれません。

港区議会 2016-03-11 平成28年度予算特別委員会−03月11日

羽田空港の処理能力強化については、アジアハブ空港機能が他国に次々と整備される大型空港に奪われることのないよう提起された面はありますが、国内を結ぶ重要な移動手段であることはもとより、急激に増加するインバウンドや東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた東京の玄関口として重要であると考えております。  

大田区議会 2014-09-11 平成26年 第3回 定例会-09月11日-01号

国際化や第4滑走路の整備を経て、もう1度アジアハブ空港となることが期待されていますが、国際線が就航する都市の数は、羽田と成田を合算しても88都市しかありません。この数は、ソウル143都市シンガポール134都市、北京97都市などのアジアの主要空港と比べると少ないものとなっております。最も多いロンドンでは、何と351もの都市と結ばれております。

大田区議会 2014-06-18 平成26年 6月  羽田空港対策特別委員会−06月18日-01号

なぜそうなるかというと、国のハブ空港と位置づけた瞬間から、今、皆さんもおっしゃったように、便数増ばかりを先行させてきていると。区民にはこれまで永々と築き上げてきた安全・安心・騒音対策も含めて、そんなの知ったことかというのが今日、ここにありありと便数増ばかりだと。  一言で言うと、羽田空港は、大田区民を置き去りの空港。言い過ぎかもしれませんが、私は言い過ぎではないと、これを見ていると。

大田区議会 2014-04-16 平成26年 4月  羽田空港対策特別委員会−04月16日-01号

それも必ずしも一つの方向性で動いているとは言えないのですけれども、ただ、この羽田空港が、国際化されてやはりハブ空港になっていくし、本当にそういった意味で、成田プラス羽田で日本ハブ空港という形が改めて強くなってきていると思うので、そういった意味で、シンガポールにしても、インチョンにしても、上海にしても、そういったところとしっかりと戦えるだけのフィールドをこの拠点につくっていかないと、ただの場所になってしまって

大田区議会 2014-03-05 平成26年 3月  羽田空港対策特別委員会−03月05日-01号

存在しておりますけれども、どれぐらいの会社の数を対象にするのかというご質問でございますが、そこら辺については、今後どういう支援の仕方をしていくのか、これは産業交流施設という部分での支援もあるでしょうし、現在ある産業プラザという場面での支援というものがあって、いろいろと複合的に織りまぜながら区内企業を支援していくということでございますけれども、私ども跡地で考えておりますのは、羽田空港の国内・国際ハブ

江東区議会 2013-11-27 2013-11-27 平成25年第4回定例会(第13号) 本文

例えばランキング1位のロンドンでは、ヒースロー空港などから国際線直行便の就航都市は300都市以上であり、アジアでは、例えばソウルのインチョン国際空港などからは120都市以上就航し、これらはハブ空港と呼ばれ、世界の多くの都市へ就航しているにもかかわらず、東京は、羽田、成田両空港を合わせても80都市ほどしか就航しておらず、大きくおくれをとっています。  

大田区議会 2011-08-16 平成23年 8月  羽田空港対策特別委員会−08月16日-01号

ただ、羽田空港は多分そこで紹介されている方々の認識というのは、現時点でも共通されると思うのですが、羽田空港が24時間の国際ハブ空港になるというところで、人・物・情報の結節点になっていくと、そこに隣接する跡地というのをどのように利活用したらいいのかという視点に立ったときには、一定程度共通した認識というものがあるのかなとお話をお聞きして感じました。

大田区議会 2011-07-19 平成23年 7月  羽田空港対策特別委員会−07月19日-01号

我々としては、羽田空港の跡地というのは、京浜臨海部の中央、言わば扇のかなめになる位置にあり、なおかつ国際化してハブ空港化した羽田空港に隣接しているところにあると。そこの土地利用というのが、地元区はもとよりですけれども、広域的な視点でも土地利用を図っていかなければいけないだろうと。この考え方は、まちづくり推進計画の第1ゾーンのところの土地利用の考え方にも活字で出ております。  

  • 1
  • 2