148件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

世田谷区議会 2020-03-10 令和 2年  3月 予算特別委員会−03月10日-04号

ハトなんですよ。実はうちの地元でハトが大変なことになっているんです。町会で回覧板をつくって回したんです。回覧、ハト被害の撲滅に御協力をと、これほどまでになっているんです。餌やりは厳禁ですよと町会でつくって回しているんです。  ハトにベランダや洗濯物を汚されたり、ふんアレルギーで悩まれたことはありませんかと。

板橋区議会 2019-10-15 令和元年10月15日決算調査特別委員会 区民環境分科会-10月15日-01号

◆こんどう秀人   それですと、鳥、カラスやハト、そういったものは特になくて、あとネズミ、病原菌を媒体するような動物とかの処理とかは全然カウントしていないんでしょうか。 ◎板橋清掃事務所長   もちろん路上のカラス、ハト、それからネズミも含まれております。

千代田区議会 2019-10-03 令和元年第3回定例会(第3日) 本文 開催日: 2019-10-03

餌やりの問題は、野犬ハト、カラス、猫など各地でトラブルとなっています。ハトの場合はふん害がひどく、野犬、カラスは時には人を襲います。猫は栄養状態がよくなり繁殖し野良猫が増えていきます。野犬野良猫などはペットとして飼われていたものが捨てられ野犬野良猫となるケースがほとんどで、飼い主であった人間の問題が大きいと思いますが、ハトやカラスは自然界で自然の摂理に合った食べ物を食べ生きています。

板橋区議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会-09月26日-02号

成増駅北口のペデストリアンデッキ上でのハトへの餌やりを行う方が以前よりもふえています。1人や2人といった状況ではなく、通りすがりの多数の方が毎日日課のように餌を与える状況へと事態が悪化しています。区としても、数年前から餌やりの禁止看板を掲げ、現地での見張りも実施していただきましたが、残念ながら、その効果は一時的でした。

杉並区議会 2019-09-13 令和 元年第3回定例会−09月13日-20号

◆5番(松尾ゆり議員) こちらは、杉一小の校庭でハトを捕まえたツミの様子です。それから、こちらは、ちょっと写りが悪いんですけれども、松山通りのお店の軒にとまって、やはり何かを捕まえているツミということです。タカのいるまち阿佐谷になるとすばらしいと思います。  東京都条例では、タカ類の生息環境保全のために特段の配慮が求められます。

世田谷区議会 2019-06-12 令和 元年  6月 定例会-06月12日-01号

一見水と油、右と左というふうに言われてきましたが、自民党ハト派であった宏池会、一方で、社会党右派政策は重なり合うところがとても大きかったと認識をしています。そうした中で、九十年代半ばに小選挙区制が導入され、そして、公明党も連立与党としての年月を重ねるにつれて、中道の立ち位置をキープされることに苦労されているというふうに感じています。

江戸川区議会 2019-03-07 平成31年予算特別委員会(第6日)-03月07日-06号

私は別にあそこには、ハトやカラスやムクドリたちの頭のいい鳥たちがいますので、まず私はその動物たちにも手紙を書いてみようと思っています。2020年になったら、鳥の皆さんへここはカヌー場や競技場に来られる玄関口につき、しばらくはご迷惑にならないよう協力願いますと、あそこのくすの木の根元にでも文章を書いて届けたいと思っています。 ◆竹内進 委員 ここではブロック塀対策について、質問させていただきます。

葛飾区議会 2019-03-05 平成31年予算審査特別委員会第1分科会( 3月 5日)

私はハトを飼っていたからわかるのですけれども、あの羽がないと飛べないのですね。意図的に誰かがやったのか、両方の羽ですから、そういうこともちょっと調べてもらいたいと思うのですよ。ずっといてもらうことはありがたいことなのだけれども、逆に飛べなくしてあそこに置いているということだと虐待にもなりかねないので、その辺はどうなのでしょうかね。 ○(伊藤よしのり会長) 施設維持課長

板橋区議会 2019-02-27 平成31年2月27日予算審査特別委員会−02月27日-01号

ただ、その際に、タイルの張りかえだけを単純に行うということではなくて、あそこのペデストリアンデッキ上には、例えば植栽の植え込みがあったりですとか、清水かつらさんの石碑等があるんですけれども、そこが見事にハトさんの粗相がたくさんされておりまして、とてもきれいとは言いがたい。子どもなんかがそこを走ると、ハトさんがたくさんいらっしゃるんで、汚くて歩かせられないようなエリアがあるんですね。

港区議会 2019-02-20 平成31年2月20日建設常任委員会-02月20日

それから、トイレの臭気について、公園内でのハトの餌やりについての苦情を受けました。そのようなものが11件ございました。 ○委員長(大滝実君) わかりました。  ほかにご質問等ございませんか。                 (「なし」と呼ぶ者あり) ○委員長(大滝実君) なければ、質疑はこれにて終了いたします。  採決については、簡易採決でよろしいですか。                 

世田谷区議会 2018-10-05 平成30年  9月 決算特別委員会-10月05日-04号

◎鈴木 環境保全課長 委員お話しの件につきましては、以前からカラスやハトなどの野鳥に餌を与える行為により地域住民の生活環境に影響が生じ、改善策を求められておりましたことから、区では長きにわたって続いている地域住民の思いを重く受けとめまして、本年四月に環境美化等に関する条例で野鳥への餌やりによる迷惑行為の防止を規定いたしました。  

港区議会 2018-10-02 平成30年度決算特別委員会−10月02日

祭りの残骸と思われるものは1個も落ちていなく、あったものは、たばこの吸い殻、ハトのふん、羽がたくさんで、あまりの汚れのひどさに驚きました。清掃した住民からも、こんなにたばこの吸い殻が落ちていて、ハトのふんとか何とかならないのか要望を受けました。中ノ橋児童遊園は、名前は児童遊園ですが、高速道路の下でハトもたくさんいて、子どもが遊ぶ場所としてはふさわしくありません。

世田谷区議会 2018-09-19 平成30年  9月 定例会−09月19日-02号

次に、カラス、ハト等への餌やりについて聞いていきます。  今年度四月一日より、カラス、ハト等への餌やりによる迷惑行為防止条例が動き始めました。昨年度も質問し、非常に前向きな答弁をもらい、当初、勧告等の是正ができるような条例になるのではと考えていましたが、でき上がったものは区民の責務としての努力義務にとどまり、私個人も、そして私の地元の方々も、正直落胆の色を隠せておりません。

豊島区議会 2018-07-17 平成30年豊島副都心開発調査特別委員会( 7月17日)

あともう1個言われたのが、今回、鳥の網みたいな、金具みたいなものをつけると書いてあるんですけれども、これで効果があるのかというのをちょっと確認したいんですけれども、ハトとかそういう部分で今回、それを懸念している方々が非常に多いんですけれども、そこに対して具体的に、今回のこれで対応できるというような部分というのは、何かそういう根拠があって、こういうふうにするということになっているんでしょうか、それについて

世田谷区議会 2018-05-28 平成30年  5月 オリンピック・パラリンピック・環境対策等特別委員会-05月28日-01号

◆桃野よしふみ 委員 カラス、ハクビシンアライグマ対策というところで今説明がありましたけれども、カラスじゃないんですが、ハトも私は結構御相談を受けることが多くて、一定のところにたまっているものですから、その下がふんでまみれてすごく汚れてしまうとということがよく相談を受けるんですね。

大田区議会 2018-05-14 平成30年 5月  羽田空港対策特別委員会−05月14日-01号

◎鈴木 空港まちづくり課長 先ほどのご質問で、羽田空港の鳥衝突の傾向ということで、どんな鳥がというお話があったのですが、こちらは、国のほうで鳥衝突防止対策検討会というものを定期的に行っておりまして、その中で東京国際空港の鳥衝突の傾向ということで、今年の1月に行われた検討会で出されたものでまいりますと、スズメだとかツバメ、カモメ科、ヒバリ、カモ科、チドリ科ハト、チョウゲンボウ、セキレイ科、トビ、ムクドリ

台東区議会 2018-03-08 平成30年 予算特別委員会−03月08日-01号

なお、近年、区民から寄せられますハトのふんなどによる新しい突発的な道路の汚れにつきまして、平成29年度から緊急対応という形で委託に盛り込んでおりまして、平成30年度には、これまで年73回から年111回へと約1.5倍にふやしております。それからまた、集水ます浚渫清掃作業委託の回数もふやしまして、台風ゲリラ豪雨等に備えていきたいなというふうに思っております。 ○委員長 中澤委員。

港区議会 2018-03-02 平成30年度予算特別委員会−03月02日

次は、ハトによる被害についてです。区議会でもハトによる被害はたびたび取り上げられています。私が住んでいる麻布十番でも、たった1人の方がハトに餌をやり、ハトが増えてしまい、多くの方々がハトの被害で困っているという状況です。餌をあげることによって、ハトが異常に増え、ふんの被害があります。餌をばらまき過ぎて、この餌をネズミが食べ、ネズミも増えています。