運営者 Bitlet 姉妹サービス
135件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 豊島区議会 平成30年第3回定例会(第12号 9月27日) 日本だけでなくアメリカのカリフォルニアでも52度と、日本の最高気温を10度も上回り、北欧のノルウェーでは最低気温が25.2度の熱帯夜というべき状況になったとも報道されておりました。こうしたことからも、世界的な気候変動、気象の極端化の一つの表れであると考えるならば、今年が例外で、来年からは平年並みに戻ると期待するのは難しいところであります。 もっと読む
2018-09-11 港区議会 平成30年第3回定例会−09月11日-10号 ノルウェーの北極圏地域では気温が三十三度を超えました。また、北米では熱波で多数の死者が出ており、東南アジアでは洪水が相次いで発生しています。  多くの有識者が指摘し懸念を表明するのは、異常気象の頻度の高まりであります。 もっと読む
2018-06-29 品川区議会 平成30年_第2回定例会(第2日目) 本文 2018-06-29 私はことし4月に、東京青年会議所国際女性友好の会による第1回勉強会~ジェンダーギャップ指数の高いノルウェーに学ぶ経営の活性会~へ参加し、6月にはグーグル東京オフィスにてシニアコンサルタントの香川美菜さんによるランチセッションを受けました。 もっと読む
2018-05-31 杉並区議会 平成30年第2回定例会−05月31日-12号 アメリカ以外の外国はどうなっているのかというと、フランス、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、ベルギーでは、実に50%以上が嫡出子でない子であります。日本でいうと、びっくり仰天というわけです。  諸外国を見渡すと、日本と韓国が極端に低い水準です。 もっと読む
2018-02-23 足立区議会 平成30年 第1回 定例会−02月23日-03号 北欧ノルウェーやオランダでは、地球温暖化への強い危機感から、2025年までに全ての車を電気自動車に切りかえることを掲げ、優遇策を打ち出し、フランスとイギリスも2040年と決めて取り組んでいます。  1、足立区の新たな環境基本計画では2024年度までに、年間CO2排出量23%削減する目標としましたが、部門別排出量を見ると、自動車の比率が高く課題です。 もっと読む
2017-09-11 杉並区議会 平成29年第3回定例会−09月11日-15号 ちなみに、イスラエル100%、ノルウェー98%、アメリカ82%、ロシア78%、イギリス67%、シンガポール54%に対して、日本は0.02%とのことですが、政治体制や安全保障体制が異なりますので、一概に数字だけで比較はできませんが、他国がここまで、国民を守るために核シェルターまでつくっていることに驚きました。 もっと読む
2017-06-08 江東区議会 2017.06.08 平成29年第2回定例会(第7号) 本文 私の地元である深川第七中学校では、食育プロジェクトとして、ブラジル、ドイツ、ノルウェーなどの料理を研究した上で、給食として採用し学んでおります。しかし、今現在、各校に取り組みの温度差が生じていると感じますが、指導内容はいかがでしょうか。1つの対応として、カテゴリーの国旗を贈呈し、町会や商店街と一体感を持たせるべきと提案いたします。   もっと読む
2017-03-10 豊島区議会 平成29年予算特別委員会( 3月10日) 全国都道府県教育長協議会が、イギリスなどのいじめ問題への対応を調べた報告書をまとめられておりまして、27年度の1月に報告がなされているんですが、それを読みますと、やはりイギリス、ノルウェー、オーストラリアの3カ国でのいじめの防止の取り組みということなんですけども、諸外国では、いじめが起こった場合に必ず仲裁者となる人が多いと。 もっと読む
2016-09-27 江東区議会 2016.09.27 平成28年予算審査特別委員会 本文 お答えにもありましたが、世界では、WHOの勧奨に基づいて、全出生児にB型肝炎ワクチンを投与するユニバーサルワクチネーション方式が主流となっているものの、横浜市衛生研究所によると、イギリス、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェー、アイスランドでは、定期接種化していないということも申し添えておきたいと思います。   もっと読む
2016-06-17 目黒区議会 平成28年第2回定例会(第1日 6月17日) ノルウェーやスウェーデンでは、国の責任で全ての子どもが保育園に入れ、そもそも待機児ゼロです。日本では、妊娠がわかった途端、保活といって、保育園探しに必死に駆け回らなければならない、子どもが保育園に入れず待機児童となり、パパやママが仕事にも復帰できない、こんな社会は異常ではないでしょうか。   もっと読む
2016-02-26 足立区議会 平成28年 第1回 定例会−02月26日-03号 労働人口に占める公務員の割合は、OECD諸国では、ノルウェー30%、フランス20%、アメリカ15%と、5%程度の日本は最も低いです。更に、足立区は東京23区の中でも一番低い。加えて、外部化により公務員を減らすことは、地域における雇用の不安定化を促進するという懸念を持ちます。自治体が雇用を創出すること、市民を雇うことは、福祉政策の一環に位置付くものと考えます。   もっと読む
2015-11-26 豊島区議会 平成27年区民厚生委員会(11月26日) ○木山高齢者医療年金課長  例えばですけれども、ノルウェーの政府ですと、債券が35%で株式は60%でございます。あと、カナダもそのような形でして、韓国は、今までの日本と同じような形で、債券が60%で株式30%というような形になっております。 もっと読む
2015-03-27 世田谷区議会 平成27年  3月 定例会−03月27日-05号 しかし、積極的平和を提唱しているノルウェーの平和学者、ヨハン・ガルトゥングは、単に戦争のない状態である消極的平和にとどまらず、積極的平和を、貧困、差別など社会的構造から発生する暴力がない状態としています。真の積極的平和の実現のためには、まず日本国内の経済格差や貧困、国籍や宗教による差別、男女差別、障害者差別などの解消を進め、世界に誇れる日本社会をつくることから始めるべきです。   もっと読む
2015-03-27 世田谷区議会 平成27年  3月 定例会−03月27日-05号 しかし、積極的平和を提唱しているノルウェーの平和学者、ヨハン・ガルトゥングは、単に戦争のない状態である消極的平和にとどまらず、積極的平和を、貧困、差別など社会的構造から発生する暴力がない状態としています。真の積極的平和の実現のためには、まず日本国内の経済格差や貧困、国籍や宗教による差別、男女差別、障害者差別などの解消を進め、世界に誇れる日本社会をつくることから始めるべきです。   もっと読む
2015-03-10 港区議会 平成27年度予算特別委員会−03月10日 フランス、オランダ、スペイン、ノルウェー、スウェーデン、アイスランド、アルゼンチン、カナダ、ウルグアイ、ブラジル、アメリカ(州による)の11カ国です。パートナーシップ、夫婦に準じている何らかの権利を認めている国を入れるとかなりの数になります。大使館に勤務する同性カップルが養子を連れて港区に来日し、区立の小・中学校に入った場合についても考えていかなければなりません。   もっと読む
2015-03-03 港区議会 平成27年度予算特別委員会−03月03日 フランス、オランダ、スペイン、ノルウェー、スウェーデン、アイスランド、アルゼンチン、カナダ、ウルグアイ、ブラジル、アメリカ(州による)の11カ国です。パートナーショップ、つまり何らかの夫婦に準じている権利を認めている国を入れると、かなりの数の大使館となります。この数を見ても、やはり同性カップルに対する何らかの権利を区としても早急に認めていくべきです。区のお考えをお聞きします。 もっと読む
2015-02-26 江東区議会 2015.02.26 平成27年予算審査特別委員会 本文 ネウボラのほかにも、ヨーロッパ、北欧のほうでは、スウェーデンやノルウェーなどのファミリーセンターは、一度、出生率は落ちましたけれども、こういった手当てをすることによって、V字回復したというような認識を私は持っております。フランスの母子保護センターなど、縦横のつながりなど継続性を持った施設を整えていると聞いております。   もっと読む
2014-10-17 板橋区議会 2014.10.17 平成26年 決算調査特別委員会 健康福祉分科会 本文 特に中国産にこだわるわけではないんですけども、ほかの学校給食でもノルウェー産とか、さまざまなところを使っているようでありますけども、先ほどのとおりちゃんとルートを通ってきていますので、安全性は確保されていると思いますけども、この19検体というのはちなみにどういったものを検査されているのか。 もっと読む
2014-10-10 新宿区議会 平成26年  9月 定例会(第3回)-10月10日−12号 折しも憲法9条を保持する日本国民にノーベル平和賞を送ることがきょうノルウェーで決定されようとしているとの報道もあります。新宿区議会は昭和60年12月新宿区非核平和都市の決議を行いました。議会がこの決議を行ったわけです。その後、平和都市宣言が行われました。  私は、新宿区議会が本陳情を採択の上、衆参議長、内閣及び関係行政庁に意見書を提出するよう求め、賛成討論といたします。ありがとうございました。 もっと読む
2014-09-26 大田区議会 平成26年 9月  こども文教委員会−09月26日-01号 上位は、オランダ、フィンランド、アイスランド、ノルウェー、スウェーデンと、いずれも北欧でございますが、その総合順位の項目の中に物質的豊かさ、健康と安全、教育、日常生活上のリスク、住居と環境とございまして、特に教育については、日本は1位、日常生活上のリスクも1位となっているということが発表されておりました。  こういった点からも、問題があると私自身は認識してございません。 もっと読む