運営者 Bitlet 姉妹サービス
184件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-04 新宿区議会 平成30年  9月 決算特別委員会-10月04日−10号 ドナーとして骨髄提供する側も1カ月以上にわたって準備をして、そして、その骨髄提供した後は、今度は自分が血液が足りなくなるということで自分の血液も貯血するという、また入院も数日間必要だとか、大変なリスクを負ってのことだと伺っています。  そのことによって救われたはずの命が感染症などによってまた新たなリスクに襲われるということは、避けなくてはならないと考えております。 もっと読む
2018-09-11 目黒区議会 平成30年生活福祉委員会( 9月11日) ただ、今最後のほうで御答弁されていて、問題点といいますか、そこですけども、臓器提供者、いわゆるドナーの方には臓器移植を求められている方への啓発、重要性みたいなことは少なからずされている中で、強制することはできないというのは確かに、全くもってそのとおりだと思います。その相手に強制することがあってはならないという話でしたよね。   もっと読む
2018-06-22 港区議会 平成30年第2回定例会−06月22日-09号 本委員会におきましては、理事者より、港区立港南いきいきプラザ指定管理者の公募について、港区福祉のまちづくり整備費補助事業の拡大について、(仮称)高輪三丁目高齢者福祉施設等の整備について、港区立高齢者集合住宅指定管理者の公募について、港区心身障害者福祉手当の支給対象疾病の拡大について、平成三十年度港区子どもの未来応援施策について、骨髄移植ドナー支援事業の実施について、区民健康診査(30健診)の実施方法 もっと読む
2018-06-22 港区議会 平成30年6月22日保健福祉常任委員会−06月22日 本委員会におきましては、理事者より、港区立港南いきいきプラザ指定管理者の公募について、港区福祉のまちづくり整備費補助事業の拡大について、(仮称)高輪三丁目高齢者福祉施設等の整備について、港区立高齢者集合住宅指定管理者の公募について、港区心身障害者福祉手当の支給対象疾病の拡大について、平成30年度港区子どもの未来応援施策について、骨髄移植ドナー支援事業の実施について、区民健康診査(30健診)の実施方法 もっと読む
2018-06-12 葛飾区議会 平成30年第2回定例会(第1日 6月12日) 次に、骨髄移植ドナー支援事業についてです。  5月1日から、骨髄バンクを通じて骨髄等を提供したドナードナーが勤務する事業所に助成金を交付する骨髄移植ドナー支援事業を開始しました。骨髄等の提供に要した通院・入院の日数に応じて、ドナー1日当たり2万円、事業所に1日当たり1万円を交付するものです。 もっと読む
2018-04-19 足立区議会 平成30年 4月19日厚生委員会−04月19日-01号 1ページ目でございますが、足立区骨髄等移植ドナー支援事業を開始いたしまして、その助成金の交付についてのご説明をさせていただきたいと思います。  事業の支援内容でございますけれども、公益財団法人の日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業において、骨髄又は末梢血管細胞の提供者となった者、及びドナーを雇用する事業者に対する助成金という形で交付をさせていただきたいと思っております。   もっと読む
2018-04-11 葛飾区議会 平成30年保健福祉委員会( 4月11日) 次に、日程第6、庶務報告6号、葛飾骨髄移植ドナー支援事業の実施についての健康部関係の庶務報告を説明願います。  健康づくり課長。 ○(健康づくり課長) それでは、葛飾区骨髄移植ドナー支援事業の実施についてをご報告いたします。一般庶務報告資料№1、健康部をごらんください。  まず1の概要です。 もっと読む
2018-03-28 港区議会 平成30年3月28日保健福祉常任委員会−03月28日 まず、1、目的ですが、公益財団法人日本骨髄バンクが実施する骨髄・末梢血幹細胞提供事業において、提供した区民及びその勤務する事業者に対して助成金を交付することにより、ドナーの負担軽減と骨髄等の移植の推進を図ることを目的とします。  2、交付対象はドナー及びドナーを雇用する事業者です。  3、助成金額です。 もっと読む
2018-03-27 足立区議会 平成30年 第1回 定例会−03月27日-05号   第46 第52号議案 足立区職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例   第47 第53号議案 足立区国民健康保険条例の一部を改正する条例   第48 議員提出第2号議案 足立区子どもの医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例(平成28年提出)   第49 議員提出第1号議案 足立区公共交通空白地等及び移動制約者に係る生活交通の確保に関する条例   第50 29受理番号21 骨髄移植ドナー もっと読む
2018-03-14 目黒区議会 平成30年予算特別委員会(第5日 3月14日) 2目、説明欄1、健康推進一般管理の臨時経費は、骨髄移植の推進を図るため、休業等が必要となる骨髄移植ドナー等に対し、入通院の日数に応じた助成を行う経費等。  2、救急医療対策の(3)休日・休日準夜・土曜準夜調剤の臨時経費は、安全・安心な調剤体制維持のため、鷹番及び中目黒薬局における調剤監査システム一体型電子天秤の更新経費等。 もっと読む
2018-03-08 目黒区議会 平成30年第1回定例会(第6日 3月 8日) 〔石川恭子議員登壇〕 ○18番(石川恭子議員)  ただいま上程になりました追加日程第2、議案第29号、骨髄移植ドナーに対する支援の充実を求める意見書につきまして、提出者を代表いたしまして提案理由の説明を申し上げます。   もっと読む
2018-03-08 目黒区議会 平成30年議会運営委員会( 3月 8日) 議会運営について    (区側)    (議会側)    (1)政務活動費に係る日程について              (資料あり)    (2)特別委員会について                   (資料あり)    (3)その他   7 その他   8 次回の開催予定について   9 配付資料    (1)議案第28号 地方消費税の清算基準の見直しに関する意見書    (2)議案第29号 骨髄移植ドナー もっと読む
2018-03-07 台東区議会 平成30年 予算特別委員会-03月07日-01号 ◆青柳雅之 副委員長 15番の骨髄移植ドナー支援ということで、これは昨年度からスタートしたもので、順調に実績を積まれて、今年度も6件の予算化をされているということなんですが、そのちょっと前にもあります献血推進普及啓発も含めて、今回、まず裾野を広げるという意味で、ドナー登録を献血とあわせてやっていただくという取り組みと同時に、実際ドナーの提供された方で支援までつながる状況、どんな状況になっているかということも もっと読む
2018-03-01 北区議会 平成30年  健康福祉委員会-03月01日−01号 ◎(石原北区保健所長)   では、私からは保健予防課の新規事業、骨髄移植ドナー支援事業についてご報告させていただきます。平成30年度予算の概要の16ページ、ごらんください。61番、一番下に記載してございます。  この事業は、骨髄移植の推進を目的といたしまして、骨髄等の提供者となった方とその方が勤務する事業所等に対して通院、入院に要した日数に応じて助成金を交付する事業です。 もっと読む
2018-02-26 目黒区議会 平成30年議会運営委員会( 2月26日) ただ、もう一点、ドナー休暇の制度化を推進するというところを調整して、省いていただきたいというのが大もとでございます。それを除いた、新しく文言を修正した文面を読まさせていただきたいと思います。  骨髄移植ドナーに対する支援の充実を求める意見書(案)  骨髄移植及び末梢血幹細胞移植は、白血病等の難治性の血液疾患等に対する有効な治療法と言われている。 もっと読む
2018-02-20 目黒区議会 平成30年議会運営委員会( 2月20日) ○青木委員  それでは、骨髄移植ドナーに対する支援の充実を求める意見書(案)です。  趣旨といたしましては、国会及び政府に対し、骨髄移植ドナーが骨髄提供に伴う入院、通院のために休業する場合の補償制度の創設、またドナー休暇の制度化を求めるものです。   もっと読む
2018-02-16 北区議会 平成30年  全員協議会-02月16日−01号 その下、11番、骨髄移植ドナー支援事業費です。骨髄末梢血管細胞提供者、ドナードナーの勤務先事業所に対しまして、検査、手術に要しました通院・入院日数に応じた助成を開始させていただきます。ドナーは単価2万円、勤務先は単価1万円、いずれも上限7日間、年間4件を想定してございます。  200ページをお願いいたします。   もっと読む
2018-02-16 北区議会 平成30年  全員協議会-02月16日−01号 その下、11番、骨髄移植ドナー支援事業費です。骨髄末梢血管細胞提供者、ドナードナーの勤務先事業所に対しまして、検査、手術に要しました通院・入院日数に応じた助成を開始させていただきます。ドナーは単価2万円、勤務先は単価1万円、いずれも上限7日間、年間4件を想定してございます。  200ページをお願いいたします。   もっと読む
2018-02-07 葛飾区議会 平成30年議会運営委員会( 2月 7日) その下、7の骨髄移植ドナー支援事業でございます。骨髄提供者の経済的負担の軽減を図り、移植及びドナー登録の拡大を推進するため、提供者と提供者が勤務する事業所に対して、助成金を交付する支援事業を開始をいたします。助成額は7日間を限度に、提供者に1日2万円、事業所に1日1万円を予定しているところでございます。  32ページをごらんいただければと思います。 もっと読む
2018-01-26 港区議会 平成30年1月26日保健福祉常任委員会−01月26日 しかし、骨髄移植ドナーの経済的な負担は大変重く、入院を何日もしなければいけないという中で、骨髄移植ドナーに対しての助成制度を2度ほど決算特別委員会で求めてまいりました。当初はかなり後ろ向きかなと思われるような答弁だったのが、2回目には、当常任委員会に陳情もあったということもありますし、他の自治体も少しずつ導入を増加しているという中で、少し前向きな答弁になってきたかなと個人的には感じています。 もっと読む