1255件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2020-03-10 令和2年3月10日予算審査特別委員会 健康福祉分科会-03月10日-01号

それをどのように、国保データベースシステムという、KDBシステムと言っておりますけれども、そのシステムと結び合わせながら、そこから抽出をして、課題分析をした上でそういう事業をやりなさいという仕組みづくりというところが課題になっておりまして、この課題づくりにつきましては、既に4回検討会を行っておりますけれども、今後も検討会をずっと続けまして、令和2年にできればやりたい、もしうまくいかなければ令和3年度

葛飾区議会 2020-03-09 令和 2年予算審査特別委員会第4分科会( 3月 9日)

○(中央図書館長) (6)オンラインサービス経費としてございますものは、①が中央図書館と各図書館でやっているデータベースを使える接続経費となっております。②から先が、システムのほうになっているものでございます。 ○(向江すみえ会長) 安西委員。 ○(安西俊一委員) 図書館は、葛飾区に13館あります。

板橋区議会 2020-03-06 令和2年第1回定例会-03月06日-03号

国のガイドラインには、医療専門職の配置や国保データベースシステムを活用した課題の把握、元気高齢者へのフレイル予防などについて、自治体での事例等が示されております。板橋区においては、今年度から開始したフレイル予防事業や各種の保健事業、介護予防事業への専門職の関わりなど、国の事例に示された取組みは、既に一定程度実施されていると考えています。

世田谷区議会 2020-03-06 令和 2年  3月 予算特別委員会-03月06日-03号

データベースが不要であり、テキストデータだけで処理されるため、データベース、ミドルウェアなどのバージョンアップコストも不要になり、特別なハードウェアを必要とせず、長く使い続けることができます。また、処理自体も高速で、技術者拘束期間も短いため、コスト削減が可能。加えて、データもプログラムも全て可視化されるためにシステム変更が容易で、永続的な利用が見込めるといった特徴があります。

板橋区議会 2020-02-17 令和2年第1回定例会-02月17日-01号

監査の結果、魅力的で個性ある商店街づくりを支援し、地域コミュニティの担い手としての商店街機能強化を展開していくためには、区内商業商店街に関するデータベースの整備や基礎資料の作成に早急に取り組むとともに、データを生かした施策を展開する必要があること。また、補助対象事業の実績等について、効果検証を行い、次年度以降の助成事業の一層の充実を図る必要があること。

目黒区議会 2020-02-12 令和 2年都市環境委員会( 2月12日)

そうなりますと、新たに都から仕事が降ってくるという認識なんですけれども、データベースを本当にゼロから、今管理不全であるというところを区のほうで認識しているというケースは何件あるのかなと最初思ったんですが、そういうことでございますと、本当にデータベースを作るところからスタートするという状況なんでしょうか。把握している数とかはもうあるんでしょうか。

板橋区議会 2020-01-21 令和2年1月21日企画総務委員会-01月21日-01号

今、そのIT推進課の中でこうしたシステム開発及びデータベースについて精通している職員というのはどのぐらいいらっしゃるのでしょうか。 ◎IT推進課長   区の職員ということで限定をいたしますと、通常の異動サイクル、5年、6年で動いていってしまいますので、ちょうど専門的な知識を得たところで次の職場へ異動するというものがございます。  

板橋区議会 2019-11-29 令和元年第4回定例会-11月29日-02号

本区では、板橋医師会の運営するネットワークシステム板橋医師会と区が協働して区全体へ普及し、多職種連携強化を図るとの方針を示しており、また、医療介護・障がい福祉連携MAPシステムも提供しておりますが、さらに一歩踏み込んで、このようなICTをより活用・深化した医療介護連携データベースを構築、運用することで、きめ細かな医療介護連携を図るべきと提案いたします。

港区議会 2019-11-28 令和元年第4回定例会-11月28日-16号

RPAとは、決められたルールにのっとって行う作業を自動化するものであり、AIは、膨大なデータベースをもとに自ら判断できる人工知能で、最近では、AIが判断して、RPAに仕事をさせるといった組み合わせで、高度なRPAも誕生しています。ロボットは決められた作業を二十四時間休みなく、ミスもなく行うことができるのです。

大田区議会 2019-11-28 令和 1年 第4回 定例会−11月28日-02号

例えば保育園や学校からのお便りをmicsの職員が訳すとともに、データベース化することで外国人保護者向け文書を整備できないかと提案させていただいたことがありました。しかし、これは翻訳アプリのカメラ入力を使えば、おおよその内容を理解できるくらいに翻訳性能が上がったため、今日では優先すべき問題ではなくなりつつあります。  一方で、子どもへの日本語指導はどうでしょうか。

目黒区議会 2019-11-25 令和元年第4回定例会(第2日11月25日)

それには、1つのデータベースが必要になります。再三にわたり申し上げておりますように、データベースは放っておいて整理されるものではありません。多くの情報を蓄積して把握し、管理することで初めて生まれます。そういった状況について常に把握している、行政機関内でのワークシェアリングを推進する部署をつくるべきではないでしょうか。  国における働き方改革でも、ワークシェアの重要性は説かれています。

港区議会 2019-11-22 令和元年11月22日保健福祉常任委員会-11月22日

現在使用しておりますシステムはマイクロソフト社のサーバOSでございますが、更新するサーバOSにつきまして、予定しておりますものは、全部で29種類のソフトウェアを予定しておりますが、ソフトウェア29種類のうち26種類が日本電気株式会社製で、そのほか、データベース管理として、日本オラクル株式会社製が2種類、ソフトウェア開発ツールとして、マイクロソフト社製が1種類の予定でございます。

豊島区議会 2019-10-16 令和元年決算特別委員会(10月16日)

ただ、戸籍については、データベース化した際に、いろいろな漢字文字であるとか、そういったものの問題もございまして、検討していたんですけれども、予算等の兼ね合いもあって、文字をきちんとする、整えるとか、そういった課題もありましたので、見送ったという経緯がございます。 ○ふるぼう知生委員  それは、じゃあ、経費が相当かかるというふうなことなんですか。

千代田区議会 2019-10-08 令和元年決算特別委員会企画総務分科会 本文 開催日: 2019-10-08

先ほどのエコセンターじゃないですけど、見切りをそろそろつけるところなのかなというのもありますし、見きわめで、一つデータベースをつくりたいというのが大きな条例化のときに話がありましたけど、マンションの、千代田区にある集合住宅データベース化というのは、この条例化がないとできないのかどうか。