4566件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2020-01-08 令和 2年企画総務委員会( 1月 8日)

やはり、1番目にもありますけど必要性、スピード勝負であるというところなので、ちょっとその辺の、意気込みというのはおかしいですね、今、すぐにでも自然災害も考えられますし、先ほどの答弁では次回の台風シーズンといっても、春先に、昨年度なんかは随分早く大きな台風が来たですとか、もう今この暖かさとかね、非常にそのシーズンというのもわからなくなってきているような昨今ですので、その辺のスピード感を持ったスケジュール

板橋区議会 2019-12-11 令和元年12月11日子ども家庭支援調査特別委員会-12月11日-01号

もう一つがスピード感です。これまでは学校のほうが子ども家庭支援センターのほうに通告する、あるいは児童相談所のほうに通告するということがあったときに、ケースによっては、子ども家庭支援センターから児童相談所に行くケースもありますし、児童相談所から子ども家庭支援センターを経由して、また学校のほうに来るケースがあるんですね。

板橋区議会 2019-12-10 令和元年12月10日東武東上線連続立体化調査特別委員会-12月10日-01号

次の質問に移らせていただきますけれども、2ページの(3)の保安設備整備のことで幾つかお聞きしますが、これは鉄道事業者がやっているものと先ほどご説明がありましたが、その中で③の踏切警報時間制御装置、これは急行、準急、種別によって、賢い踏切という形でやられているというご説明ですが、これは通常にダイヤが乱れていないときは賢い踏切なんだと思うんですが、ダイヤが乱れたときには、普通列車以上にスピードが遅くなったり

板橋区議会 2019-12-09 令和元年12月9日議会運営委員会−12月09日-01号

これらの議題につきまして、検討課題につきまして、スピード感を持って進めていくために、5月まで毎月1回のペースで検討部会を開催していくこととし、既にホームページで日程を公開しております。  ちなみに、12月は13日の金曜日、午後3時から開催する予定でございます。  説明につきましては、以上でございます。よろしくお願いいたします。

港区議会 2019-12-05 令和元年12月5日エレベーター等安全対策特別委員会-12月05日

まずは、平成に入りまして民事訴訟が余りにも長くなり過ぎるということでは、通常においてスピード化、迅速化を求める流れの中において、このように10年を超える訴訟、しかも、弁論準備期日和解期日以外の口頭弁論による期日も数えると、非常に多数回を重ねたこの裁判の経緯を見るだけでも、複雑かつ争点、争いの激しかった訴訟ではないかと思われますが、まず、ここまで長大化した争点は具体的にはどこにあったのか、簡略で構いませんので

板橋区議会 2019-12-04 令和元年12月4日文教児童委員会-12月04日-01号

ぜひ一度読んでいただければと思うんですが、小・中学校幼稚園それから学童保育ですから、板橋区に当たるあいキッズに至るまで、どういう方針で受け入れていくかということを明記した資料が、平成29年に出されていますので、ぜひそれは教育委員会としても、また保育にかかわる部署としても、障がい者福祉課の担当だということではなくて、一緒にぜひスピード感を持ってつくっていただきたいということを要望しておきます。  

板橋区議会 2019-12-04 令和元年12月4日都市建設委員会−12月04日-01号

進めるスピードが速過ぎるし、十分な対応がされてないということで、しっかり声を国土交通省に意見を上げていく必要があるというふうに思いますので、採択を主張いたしたいと思います。 ◆おばた健太郎   我が会派といたしましては、結論から申しますと、63号の1、2に関しては不採択、3、4に関しては継続を主張させていただきます。  また、64号に関しては不採択を主張させていただきます。  

大田区議会 2019-12-04 令和 1年12月  防災安全対策特別委員会-12月04日-01号

浸水原因の究明と対策についてスピード感を持ってやってほしいと。排水ポンプ作業の無人化をお願いしたい。第三者の意見を踏まえて、対策を検討してほしい。等々力樋門が開いていて甚大な被害が発生していると、世田谷区へ改善を求めてほしい。当初、床下浸水は消毒の対象外とされ、残念だった。そして、子や孫に伝えるために、今回の事象や今後の対策など冊子にまとめてほしいというご意見をいただいております。  

板橋区議会 2019-12-03 令和元年12月3日企画総務委員会-12月03日-01号

◆中妻じょうた   であれば、区が腰を据えて考えられるということでいいんですが、できるだけ慎重に考える必要はもちろんあれども、一定のやっぱりスピード感、5年という数字が書いてありましたけど、多分、暫定利用は5年ということは、要は暫定じゃなくなるのは5年後ということですよね。それぐらいじゃないかなと思うんですよ。旧高七小はちょっと余りにも時間がかかり過ぎています。

大田区議会 2019-12-02 令和 1年12月  まちづくり環境委員会−12月02日-01号

通勤通学で利用する方が多く混雑しており、第二京浜道路車道交通量が多くスピードも速く、1車線つぶすことはできなくても、歩きやすくするなど対策をとるなどの工夫ができるものと感じます。  現在、区としても国に要望しているということですが、区としてもさらに引き続き要望を上げて検討していくべきと考え、継続審査を要望いたします。

大田区議会 2019-11-29 令和 1年11月  まちづくり環境委員会−11月29日-01号

その理由といたしましては、私も現状の道路のところの状況は現地で確認しておりますけれども、国道1号線、相当な交通量で、車のスピードも速いというところもありまして、実際自転車をご利用されている皆様は車道を通るとなかなか危険で、大変な状況でございますので、歩道を通られている割合がかなり高うございます。そういったところから考えますと、歩道内でというふうに考えております。

品川区議会 2019-11-28 令和元年_第4回定例会(第1日目) 本文 2019-11-28

被害者のパワハラ認識後1か月というスピード解決をした事例です。  このケースで注目に値するのは、組織の体制が整っていたことです。毎朝、上司、同僚、自分の職務に関してなどを選択肢から選び、1分程度のメンタルヘルスチェックを全社員が行うことで、早期にパワハラ発生を察知します。他部署との比較が可能で、上司上司や、人事がタイムリーに確認でき、フィードバックに活用します。

目黒区議会 2019-11-26 令和元年議会運営委員会(11月26日)

○鴨志田委員  各会派2名までということなんですけども、やはりこれから2月末までスピード感持って進めていくには、週に1回なのか、10日に1回なのか、その辺ぐらいがわかると、人選なんかもそれぞれスケジュールを合わせるにも必要なのかなと思うので、例えば10日に一遍とか1週間に一遍とか、その辺の頻度をどのように考えているか。それも今後集まってからということなのか。

目黒区議会 2019-11-25 令和元年第4回定例会(第2日11月25日)

民間活力によるマーケティングを繰り返した結果、日南市は民間企業と同じスピード感で動いてくれる自治体、IT人材育成に力を入れている自治体、このようなイメージ創出に成功しました。現在はIT系企業を中心に、本社や支社を設置する企業誘致が進み、新たな雇用が生まれ、人口減少が改善しています。時代に応じた変化、スピード感、政策の斬新さが課題を解決した事例です。  

目黒区議会 2019-11-22 令和元年第4回定例会(第1日11月22日)

区長の目黒区民の課題への解決や取り組みのスピードについてお尋ねをいたします。  日ごろ区長は、歩く行政広告塔を標榜されています。区政の重要情報を知らせて歩くことは重要な仕事であり、またその逆に、新年会、地域の行事や団体の行事に出席して、あまねく多くの区民の要望や課題を集めることも重要な仕事であると思います。  

目黒区議会 2019-11-12 令和元年企画総務委員会(11月12日)

ですから、もういつ来てもということは理事者の方も私たちも感じてはいるところですけれども、それは腹に落として、限られた予算の中ですけれど、かなりのスピード感を持って、予算も捻出して取りかかっていかなければなければならないことが、もう目の前に来ているなというふうに思うわけです。再度、この点について確認をさせていただいて終わります。

世田谷区議会 2019-11-11 令和 元年 11月 文教常任委員会-11月11日-01号

今回、見守り誘導員の配置が四名というふうに資料でいただいているんですけれども、通学路の安全については、例えば道路スピードを出さないようにハンプにするとか、そういうさまざまな配慮がまだ足りていないんじゃないかと思うんです。通学路の安全について、その誘導員と道路安全、特にハンプ等をつけてスピードを出さないようにするということについては検討すべきだと思うんですけれども、いかがですか。

世田谷区議会 2019-11-11 令和 元年 11月 区民生活常任委員会-11月11日-01号

◎末竹 産業連携交流推進課長 今のスケジュールにつきましては、やはりスピード感ということを求められるということは認識してございます。一方、やはりこの間、二十年経過して、さまざまな検討の要素もございますので、そういった意味では丁寧に御議論いただきながら進めていくということも含めまして、現在このようなスケジュールとさせていただいているということもございます。