3293件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-08-29 令和元年8月29日都市建設委員会−08月29日-01号

ただ、この間の資料を見ると、連鎖的な都市再生は、もう20年、30年という先の話で、公共施設整備でいうと、もう多くの施設が老朽化どんどんしてきて、この間でいうと、住民にしてみれば、七小の体育館が老朽化で危険だから、突然1か月前に使用停止になるという経験をしているので、自分たちが使っている公共施設が一体どうなるのかということは、もっと計画としては、連鎖的な都市再生よりももっと速いスピードで必要になるんじゃないかというふうに

杉並区議会 2019-08-01 令和 元年 8月 1日総務財政委員会−08月01日-01号

さらに、この4月に都から不正の可能性について指摘をされていたという経緯があるにもかかわらず、調査中であるとか、不明な部分が多いとか、そういった答弁を非常に多く聞くわけですけれども、非常に不可解なスピードの遅さを感じるんですけれども、これはどういうことなんでしょうか。

杉並区議会 2019-07-29 令和 元年 7月29日区民生活委員会−07月29日-01号

それで、是非を解明したいということなんで、スピード感を持って対応するのはいいですけれども、スケジュールありきでやると重大なことを見落としがちになりますので、しっかりと検証するという意味では、基本のスケジュールということなんですけれども、スケジュールありきにとらわれないで、しっかり検証していただきたいと思います。これは意見でございます。  私の質問は以上です。

大田区議会 2019-07-12 令和 1年 7月  地域産業委員会−07月12日-01号

特に10ページでは、部、課の目標を掲げてございますけれども、特に部の目標では「時代変化をキャッチする感性」を磨き、「時代潮流を施策に反映する思考を力」を高め、「スピード感ある実行力」をもって産業振興施策を一層推進するとしてございます。  以下、重点事業や事務事業を記載しておりますが、時間の関係上、詳細の説明は割愛させていただきます。後ほどお目通しをいただければと存じます。

足立区議会 2019-07-01 令和 元年 7月 1日災害・オウム対策調査特別委員会−07月01日-01号

◆山中ちえ子 委員  先ほど、希望があるところは積極的に地区防災計画をやっていくという話だったので、私は、それは凄くいいことだなというふうに思うんですけれども、やっぱりそのスピードがどうなのかなと思っていて、凄く一生懸命スピード上げてやってくださっている中で、やっつけ仕事になっていかないようにしていただきたいなと思っているんですね。  

足立区議会 2019-06-28 令和 元年 6月28日待機児童・子ども支援対策調査特別委員会−06月28日-01号

子どものところから、今度は乳幼児から小学生になっているというところでは、本当にスピード感持ってやっていただきたいということも強く要望しておきます。  続いて、保育所の整備・運営事業予定者の配点の関係なんですけれども、すみません、これは本当に素朴な疑問なんですけれども、例えば9ページの配点は、これ全部で配点が7,500点で、13ページ、千住地域は7,500点なんですね。

足立区議会 2019-06-27 令和 元年 6月27日建設委員会-06月27日-01号

細街路整備事業ですけども、34年間という長く経過しておりますけども、まだまだ指定距離とそれから整備距離、これが非常にまだ下がって、特に今一番、私気になっているのは、そのグラフを見てもらってもわかるように進捗率が平成27年度から平成30年度は結構同じようなスピードじゃなくて、かなり下がってしまっているのです、伸び率が。

江東区議会 2019-06-25 2019-06-25 令和元年防災・まちづくり・交通対策特別委員会 本文

豊洲西小学校などは、最大使用教室との差が余りにも大きくて、細かいことはいいのですけれども、豊洲西小学校もある意味、開校したばかりというか、まだまだ年数の浅い学校だと思うのですけれども、思っていた以上に開発動向が、先ほどの御説明にもありましたけれども、スピード、ボリュームともに想定を超えていたのか、ある程度想定内という話なのか、素朴な疑問です。

大田区議会 2019-06-20 令和 1年 6月  交通臨海部活性化特別委員会-06月20日-01号

特に、ちょっと大森町のことで言わせていただきますと、横断歩道があるのだけど、それぞれを譲り合って通行せざるを得ないとか、みんな猛スピードで来たりとか、なかなか大変なまちになってきたなということと、それから商店街はその広さから比べると、今度は狭いのですよね。

港区議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会−06月20日-08号

次に、深刻化する虐待相談にはスピード、それから専門知識が求められます。心理職、医師弁護士といった専門家が間髪を入れずにチームを組むことが必要で、専門家常駐体制の必要性を私は折に触れお伝えしてきたことですが、私がここで常駐という言葉を使うのは、週末や夜間を問わず専門家の必要な支援が受けられる体制の整備という意味です。この専門家常駐体制の必要性について、区長のお考えをお聞かせください。  

大田区議会 2019-06-18 令和 1年 6月  こども文教委員会-06月18日-01号

◆渡司 委員 検討期間が結構短いように感じますのと、それから、出退勤管理システムを今年度導入して、それを運用しながらそれをデータとして計画に生かしていくというところで、かなりスピード感のある計画だなとは感じているのですが、現場の先生方の声もよく聞いていただいて、進めていただきたいと思います。

大田区議会 2019-06-18 令和 1年 6月  総務財政委員会−06月18日-01号

一言申し述べるならば、区が何かを決めるときの意思決定スピードが、民間に比べて非常に遅いということが挙げられます。  民間では、その土地について不要となったときには売却、もしくは建てかえなど、早い段階で結論を出すわけでありますが、住民の声を聞かなければいけないという地方自治体命題はあるものの、どうしてもお役所仕事、一般の区民から見ると遅いなと感じてしまうところはあります。  

板橋区議会 2019-06-18 令和元年6月18日子ども家庭支援調査特別委員会-06月18日-01号

ただ、板橋区の中でこれができることによって、子ども家庭支援センターと児童相談所が一体化していきますので、学校から通告する、あるいは区民の方々からの通告も含めてなんですけども、そういった面でのスピード感というのは今まで以上に増すんではないかなということは、期待できるというふうに考えています。 ◆山田貴之   ありがとうございます。

大田区議会 2019-06-18 令和 1年 6月  健康福祉委員会−06月18日-01号

◆菅谷 委員 切れ目のないという言葉はきれいなのですけれども、ただ、やはり80歳とか90歳とかそういった高齢者の皆さんはこのスピードの速さにも追いついていけないし、それから、やはり自分たちが楽しんで行っていた施設が違う場所に移転したりとか、新しい姿になるということで、せっかく元気にいろんな活動をしようと思っていたのにこんなふうに区の方針にのっとれということでやっていいのかということをすごく感じるので

大田区議会 2019-06-17 令和 1年 6月  こども文教委員会-06月17日-01号

◆荒尾 委員 3年で全ての学校に設置というのは本当に大変な労力があると思うのですけれども、各委員の皆さんもお話されているとおり、子どもたちの安全と、あと防災の観点からも本当にこの対策は必要なので、ぜひスピード感を持って対策、対応していただきますことを要望いたします。 ◆清水 委員 ちょっとこの陳情とは離れて。  今水分補給のことで区からご説明あったので、ちょっともう一度聞きたいのですが。  

杉並区議会 2019-06-14 令和 元年 6月14日文化芸術・スポーツに関する特別委員会−06月14日-01号

平成25年の決算特別委員会質問の際は、相馬野馬追を杉並に招聘できないかというようなことをお尋ねしまして、そのときの副区長から相当無理だみたいな御答弁で、確かに区制施行75周年のときに桃井原っぱに招いたことはあったけれども、土の状態がいまいちで、馬に負担がきついし、ああいう、少なくともスピード感のあるようなものはちょっと難しいといった答弁であったかと思います。それはそれで理解いたしました。  

大田区議会 2019-06-14 令和 1年 第2回 定例会−06月14日-02号

区内でも、先に述べたながら運転のほかに、主に通学時間帯に自転車に乗った制服姿の高校生などの若い世代が、先を急いでいるのか、歩道をかなりのスピードで走行したり、赤信号を無視したり、傘差し運転をしたり、交通ルールマナーを守らない場面をよく目にします。川崎市で起きた交通事故を教訓に、若者、特に区内の高校生への自転車安全利用をはじめとした交通安全教育をさらに充実・強化しなければならないと考えます。