449件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

足立区議会 2019-06-20 令和 元年 第2回 定例会−06月20日-01号

2015年子どもの貧困率は13.9%、スウェーデン9.6%、イギリス11.2%と比し、日本は高い貧困率にある。日本では、働いても適切な賃金を得られない状況にあることが指摘される。他の先進国と比較し、政策が課題解消に機能していないことが問題であり、真面目に働いても当たり前に暮らせない現実を代弁して欲しいとの声が今区議選において多々寄せられた。

大田区議会 2019-06-18 令和 1年 6月  総務財政委員会−06月18日-01号

イギリススウェーデンは全額税方式で賄っておりますが、それにしても、例えばあの大きな国、アメリカですら65歳以上と障がい者以外は皆保険ではありません。  このような制度の中で、現状の国民健康保険、もしくは国民保険を維持するために必要な受益者負担はやむを得ないものと考えております。  趣旨の3にあります国保特別相談窓口を1階ロビーに移してください。

世田谷区議会 2019-06-13 令和 元年  6月 定例会-06月13日-02号

北欧、スウェーデン投票率高さはよく知られておりますが、その背景の一つに主権教育が挙げられています。区民参加によって、区民の区政や政治への関心が高まってくるように、子どもたちの参加、参画を保障することは、一人一人が考える力を持っていくことにつながります。子どもたちが単に学校行事に参加することにとどまらず、内容や運営に対して発言権や決定権を保障するなど、学校からの取り組みが必要です。  

板橋区議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会-06月06日-02号

フランスでは、出産、子育てと就労に関して幅広い選択ができるような環境整備、両立支援が進められ、スウェーデンでも同じく両立支援や多子加算を適用した児童手当制度、世界初の両親が取得できる育児休業の収入補填制度通称両親保険代表される充実した育児休業制度など、子育て支援の環境を整えております。  

板橋区議会 2019-03-15 平成31年3月15日予算審査特別委員会−03月15日-01号

世界第2位、ノルウェースウェーデンに次ぐ森林大国であります日本は、国土の6割から7割は森林であります。ですから、日本財産人材木材といっても過言ではないというふうに思っております。公共建築物木材利用促進法が決定され、山林にある古木の間伐を促進し、二酸化炭素CO2の吸収源として、森林産業の活性化と雇用創出が効果を狙っております。  

板橋区議会 2019-03-14 平成31年3月14日予算審査特別委員会−03月14日-01号

スウェーデンは逆で、子どもの得点のほうが保護者よりも高くなっています。スウェーデンにおいては、虐待そのものも子どもの人生の一部であるということから、その経験をもとにその子の人生、それからどういうふうにつくっていくかということを考えるために、子どもとやりとりをするというようなことが言われています。  

世田谷区議会 2019-03-14 平成31年  3月 予算特別委員会-03月14日-06号

それを一台で回そう、今関東中央病院まで行ったらいいんじゃないかとか、でもやっぱり三十分に一本来ないと不便だよねみたいな、いろんなものがある中で、それを全てかなえることはやっぱり無理で、従来どおりの運賃収入で、決まったルートを回って、バス停を決めてというのは、なかなか解決には直結しないのかなと思っておりまして、先日もいろいろお話ししていますけれども、オンデマンドのバスとか、あるいはフレックスルート、これスウェーデン

世田谷区議会 2019-03-07 平成31年  3月 予算特別委員会-03月07日-03号

これは別の国の話なんですけれども、例えばスウェーデンにあるLSUという全国青年議会という組織があります。こういった組織日本にはない組織にはなるんですけれども、間接的にもう七十万人の若者、ここの若者の定義はしっかりと捉えていて、六歳から二十五歳の年齢スウェーデンの若者人口の三分の一以上に相当する人数で組織されています。

江戸川区議会 2018-12-18 平成30年12月 建設委員会−12月18日-10号

そもそも、コンクリート殻は国が盛土工事を開始する前に、江戸川区が行った整地工事のなかで、SWS(スウェーデン式サウンディング試験)による完成検査がなされる深さまでの埋設物除去がなされてしかるべきではなかったのかと思います。マンホールは地表から1.5mのみを除去するとか、地中埋設物除去は浄化槽を除去するとかが整地工事の施工方法等に謳われています。

世田谷区議会 2018-11-29 平成30年 12月 定例会−11月29日-03号

LLとは、スウェーデン語で易しく読みやすいとの略で、読みやすく書かれた文章写真やイラスト、絵記号のピクトグラムなどから構成されています。  こちらは、地震が起きたらどうすればいいのと題するLLブックで、子どもが一人でいたときに地震が起きた場合の避難方法の一ページです。大きな絵に、文とピクトグラムを組み合わせて、具体的に説明をしています。  

世田谷区議会 2018-10-09 平成30年  9月 決算特別委員会-10月09日-05号

一つ、スウェーデンのほうでは、国営企業のサムハルというところが二万二千人の障害者の方を雇って、年間千人ほど民間企業に優秀な人をどんどん送り出していると、毎年千人以上送り出しているという話を聞きました。ちょうど、このスウェーデンという国は九百九十万人の人口ということで、大体二十三区ぐらいなんです、人口でいいますと。

葛飾区議会 2018-10-02 平成30年決算審査特別委員会第1分科会(10月 2日)

それと、住宅の場合、地盤調査スウェーデン式サウンディングという方法が用いられるのが一般的でありまして、ボーリング調査の重要性というところの周知もこれからしっかりやらなくてはいけないというふうに考えております。 ○(伊藤よしのり会長) 大高委員。 ○(大高拓委員) ②で29年度は10件ということなのですけれども、この地盤調査対策費と、この割合を教えてください。

葛飾区議会 2018-09-19 平成30年建設環境委員会( 9月19日)

○(建築課長) 主に考えられるのは、2つございまして、1つは、地盤調査の方法がボーリング調査ということで、なかなか住宅の場合、スウェーデン式サウンディングという調査方法が多いものですから、まずそこの部分で、少し世の中と私どもが求めているところが違っているということがまず一点。もう一点は、やはり周知が大事だなというふうに感じております。

世田谷区議会 2018-09-03 平成30年  9月 文教常任委員会-09月03日-01号

◎板澤 副参事 ビヒティ市とポルボー市でありますが、ポルボー市につきましては、こちらはかなり教育行政システムが異なっておりまして、スウェーデン学校、そしてフィンランド学校、こういうものがほぼ半分半分に分かれて、教育行政区画もありまして、そういった中での小学校中学校システムが異なっておりますので、ビヒティ市とは違ったシステムを一つ見るところは、広い視点などで必要だなというふうに考えさせていただいて

江戸川区議会 2018-08-07 平成30年 8月 建設委員会-08月07日-04号

基礎の下から大体おおむね5メートルというところが建物の加重の影響を受ける深さだというようなことでありますけれども、要は、スウェーデン式のサウンディング調査ですとかいうものは、簡易にねじ込みでその地盤のかたさを調査するやり方なんですけれども、そのやり方ではかた過ぎるとちょっと入らないというような、ちょっと弱みというか、ちょっとデメリットがあって、その5メートルの建物の加重の影響がかかるところ全てを把握