運営者 Bitlet 姉妹サービス
126件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-05-15 大田区議会 平成30年 5月  地域産業委員会−05月15日-01号 ボブスレーはシーズだったと思うのですけど、この羽田空港跡地第1ゾーンに展開される次世代産業分野、先端産業分野でロボティクスということであると、ロボット工学だと思うのです。 もっと読む
2018-05-14 大田区議会 平成30年 5月  羽田空港対策特別委員会−05月14日-01号 シーズは種ということですけれども、第1ゾーンで例えばおもてなしゾーンとか、そういったものが計画の中にあるのですけれども、大田区の商店の皆さんたちがここに参加できるかとか、そういったことの声などもありました。 もっと読む
2018-04-13 大田区議会 平成30年 4月  地域産業委員会−04月13日-01号 これは、待ちの企業と言われている、待ち、ウェイティングですね、あったのですが、このプロダクト・イノベーションというのは、後ろのニーズとシーズにもかかわってくるのですけど、ニーズは大田区はものすごく得意だと思うのですよ。何でも売っている、これはプロセス・イノベーションが生きてきたからだと。  だけど、シーズということと、プロダクト・イノベーションは、まだこれからだと思っています。 もっと読む
2018-03-20 台東区議会 平成30年 予算特別委員会−03月20日-01号 クルーズ船の寄港は、観光や消費の面で経済効果が大きく、特に、近年の大型クルーズ船は世界最大の客船でハーモニー・オブ・ザ・シーズは、東京タワーを29メートル上回る362メートルで、収容客人数は6,360人の乗客が乗り込むことができ、このような大型船の寄港は1回当たり数億円の経済効果があるという見方もあります。 もっと読む
2018-02-15 大田区議会 平成30年 2月  地域産業委員会−02月15日-01号 ◎池田 産業経済部副参事〔連携推進担当〕 今回の医工連携の展示フェアに関しましては、医療関係者はもちろんのこと、医療器具の製造販売をしている企業、業者、それからものづくりに携わっている企業が、お互いにその課題、ニーズ、シーズ等々を共有しながら、新たなそういう関連機器、医療機器等の製品をつくるための場として、こういった事業をやらせていただいたというところでございます。   もっと読む
2018-02-15 大田区議会 平成30年 2月  地域産業委員会−02月15日-01号 ◎池田 産業経済部副参事〔連携推進担当〕 今回の医工連携の展示フェアに関しましては、医療関係者はもちろんのこと、医療器具の製造販売をしている企業、業者、それからものづくりに携わっている企業が、お互いにその課題、ニーズ、シーズ等々を共有しながら、新たなそういう関連機器、医療機器等の製品をつくるための場として、こういった事業をやらせていただいたというところでございます。   もっと読む
2017-11-30 大田区議会 平成29年 第4回 定例会−11月30日-02号 いますが、学校開放施設を利用したことがある方はわかると思うんですが、既に活動するスポーツ少年団などとの調整や対話が非常に難しいのが現状でありまして、また、今度はちょっと逆なんですけれども、先ほどご紹介した平成21年の総合型地域スポーツクラブに関する有識者会議では、単一種目の例えば何とかサッカークラブとか、何とかベースボールクラブとか、そういったスポーツ少年団なども、今後は総合型地域スポーツクラブの一つのシーズ もっと読む
2017-11-15 大田区議会 平成29年11月  地域産業委員会−11月15日-01号 開催の概要でございますが、国内外の技術シーズを大田区に集め、フェアに来場する大田区の企業と交流することにより新技術を創出することを目的としまして、今年、10月26日、27日の両日、大田区産業プラザで開催させていただきました。  主催団体、後援、出展分野については、記載のとおりでございます。   もっと読む
2017-10-31 墨田区議会 平成29年  決算特別委員会-10月31日−01号 この間、包括的連携ということでさまざまな事業をやってまいりましたけれども、一方で産業関係の区内の企業のニーズと大学のシーズをつなぐ難しさというものを経験いたしました。  実態を申し上げますと、早稲田大学だけではなくて、千葉工業大学、芝浦工業大学、東京海洋大学と、さまざまな大学と連携が始まっておりまして、さらにそれに金融機関を加えて産学官金連携会議というものをつくっております。 もっと読む
2017-10-05 大田区議会 平成29年 9月  決算特別委員会-10月05日-01号 昨年度のマッチング会では、東京大学医学部付属病院などの医師が実際に抱える医療ニーズと大田区企業の技術を結びつけるとともに、その開発を支える東京工業大学工学部等の技術シーズとのマッチングを行いました。  さらに、精度の高いマッチングを実現するため、先端的な研究開発を行う大学の医学部・工学部、医療機関等から9機関を選定し、実際の医療ニーズと直結する最新の開発テーマでの講演を行いました。   もっと読む
2017-10-05 大田区議会 平成29年 9月  決算特別委員会-10月05日-01号 昨年度のマッチング会では、東京大学医学部付属病院などの医師が実際に抱える医療ニーズと大田区企業の技術を結びつけるとともに、その開発を支える東京工業大学工学部等の技術シーズとのマッチングを行いました。  さらに、精度の高いマッチングを実現するため、先端的な研究開発を行う大学の医学部・工学部、医療機関等から9機関を選定し、実際の医療ニーズと直結する最新の開発テーマでの講演を行いました。   もっと読む
2017-09-25 大田区議会 平成29年 9月  地域産業委員会−09月25日-01号 ◎宮本 工業振興担当課長 まず、基本的な目的として大学の研究開発の技術シーズと区内企業をマッチングさせていくという目的がありますので、大学の研究機関の中でもやはり大田区の企業が、非常に技術貢献できるのではないかという、そのシーズを持っている研究室を出展していただくというような考え方になってございます。   もっと読む
2017-09-25 大田区議会 平成29年 9月  地域産業委員会−09月25日-01号 ◎宮本 工業振興担当課長 まず、基本的な目的として大学の研究開発の技術シーズと区内企業をマッチングさせていくという目的がありますので、大学の研究機関の中でもやはり大田区の企業が、非常に技術貢献できるのではないかという、そのシーズを持っている研究室を出展していただくというような考え方になってございます。   もっと読む
2017-09-22 大田区議会 平成29年 9月  地域産業委員会−09月22日-01号 こちらにつきましては、日本国内外の技術シーズを大田区において展示しまして、大田区の企業が来場することにより、その技術シーズと結びつき、大田区企業のイノベーションに結びつけていこうという趣旨のものでございます。  展示会の概要でございますが、平成29年10月26日から27日の2日間。会場、主催、後援、出展者数については記載のとおりでございます。   もっと読む
2017-06-16 北区議会 平成29年  区民生活委員会-06月16日−01号 続きまして、大きな4、北区産業活性化のシーズについてです。  こちらは、現状分析やビジョン検討委員会における議論から、北区産業活性化につながる6つのシーズを抽出しております。こちらにお示しのシーズの連携、活用を図り、課題解決へ向けた施策を展開しております。  恐縮です。次のページにお進みいただきまして、大きな5の産業活性化の目標についてです。   もっと読む
2017-03-15 江東区議会 2017.03.15 平成29年清掃港湾・臨海部対策特別委員会 本文 そこで最大級でありますボイジャー・オブ・ザ・シーズとかマリナー・オブ・ザ・シーズの寄港を10回以上行っており、これは東京港への強い寄港ニーズを反映したものであると認識しております。大型客船に常時対応可能な新客船埠頭を整備することにより、さらに東京港への寄港ニーズがふえていくと考えております。 ◯大嵩崎かおり委員  事業費については、まだ設計中で明らかにできないということでした。 もっと読む
2017-03-09 目黒区議会 平成29年予算特別委員会(第3日 3月 9日) 今すぐ区役所の受付とかにペッパーを置いて、対応してもらう、そういうことは言っていないんですが、あらゆる可能性を探る上で、ただ見ているだけでなくて、こういう新しい技術って、常にシーズとニーズというのがなかなかマッチしないっていうところがあるかと思うんです。そういう意味で、今さまざま区役所で業務をさまざまされている中で、ニーズというのはきっとあると思うんです。 もっと読む
2017-03-07 大田区議会 平成29年 3月  地域産業委員会−03月07日-01号 今年度のポイントのところでございますけれども、今年度は、東京大学医学部附属病院などの医師が実際に抱える医療ニーズと大田区企業の技術を結びつけるとともに、東京工業大学等の技術シーズとのマッチングも行いました。  つまり、医療機関とものづくり企業というだけでなく、大学機関等との連携というのも行ったというところが、一つのポイントになっているということでございます。   もっと読む
2017-03-07 大田区議会 平成29年 3月  地域産業委員会−03月07日-01号 今年度のポイントのところでございますけれども、今年度は、東京大学医学部附属病院などの医師が実際に抱える医療ニーズと大田区企業の技術を結びつけるとともに、東京工業大学等の技術シーズとのマッチングも行いました。  つまり、医療機関とものづくり企業というだけでなく、大学機関等との連携というのも行ったというところが、一つのポイントになっているということでございます。   もっと読む
2017-02-23 大田区議会 平成29年 第1回 定例会-02月23日-02号 「医療現場からの的確なニーズの把握」、「知的財産権の管理、資金確保、販路確保、ニーズとシーズのマッチング」、「薬事に伴う製品開発の長期ロードマップ」、こういった課題がある中で、大田区でもこうした国や東京都の動きの前から医工連携の取り組みを進めてまいりましたが、その目的と具体的な取り組みや現状の課題を区長はどのように捉えておられるでしょうか。   もっと読む