16071件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2020-02-26 令和 2年企画総務委員会( 2月26日)

既に幾つかの申請書については、取組が進んでいるというふうには聞いておりますけれども、まだシステム改修を伴うものについては、残っているものもあると考えております。そういうことで、後ほど御報告いたします対応指針の中でも、改めて取組の推進、考え方について盛り込んでおりますので、今後ともこういった働きかけについては、各所管課に行いまして、削除や記載方法の工夫に向けて進めてまいりたいと考えております。  

目黒区議会 2020-02-25 令和 2年議会運営委員会( 2月25日)

それから、利用の目的につきましては、記載のとおりクラウド型のファイル共有システムの利用、それと会議に関係する情報の収集ということになります。  それから、3番の利用できる場所でございます。こちらにつきましては、総合庁舎の議会棟、傍聴席を除いた議会棟での利用が可能だという形になります。  

目黒区議会 2020-02-14 令和 2年目黒区総合戦略等調査特別委員会( 2月14日)

○佐藤オリンピック・パラリンピック推進課長  18ページに記載をいたしましたのは、区の広聴システムの中に乗ってきたということで、お電話なり、口頭なり、はがきなりで何か御意見を頂いた方ということでの集計でございます。  このほか、例えば沿道に立っているボランティアの方とか、警備職員とか、そういったところには、通行される方からいろいろな御意見が寄せられている状況はございます。

目黒区議会 2020-02-12 令和 2年企画総務委員会( 2月12日)

戸籍住民課につきましては、住民記録システムとマイナンバー交付業務を明確化して、業務の効率化を図ることを目的といたしまして、住民記録システム係、マイナンバー交付係をそれぞれ新設するというものでございます。  次に、産業経済担当部長につきましては、プレミアム付商品券事業の終了に伴うものでございます。  

目黒区議会 2020-02-12 令和 2年生活福祉委員会( 2月12日)

ですので、滞納対策課を作り、弁護士さんとの間に信頼関係を作り、こういうシステム化をしていく初めての案件になるのかと思っています。そういうことは致し方ないかなとは思いますが、債権が膨らんでいきますので、御本人のためにも、こういった仕組みが必要なのかなと思いますけども、逆にここで、今、被告目黒区在住A氏、目黒区在住B氏となっています。

目黒区議会 2020-02-12 令和 2年都市環境委員会( 2月12日)

こちらのほうのデータベースでございますけれども、東京都システム、それからデータ管理を全て行う予定でございますので、区のほうでは、東京都が持っているデータベースを確認していく、目黒区については確認するというようなものでございます。  入力作業につきましても、東京都のほうが全てデータ管理をしておりますので、目黒区としては、端末から書類を持って入力していくというようなところでございます。  

目黒区議会 2020-02-12 令和 2年文教・子ども委員会( 2月12日)

最後3つ目が、また8ページの17番、教員の働き方改革についての教職員の設問、これもやっぱり70%程度ということで、この設問を見ると、学校は、システムの活用や「チーム学校」云々についての意識とか、効率化・最適化を目指し取り組んでいるということで、そもそもこういったことに対して教職員の動向であったりとか、考えであったりとか、そういったことは抽出しているのかどうか、またその内容が分かったら教えてください。

目黒区議会 2020-01-29 令和 2年議会運営委員会( 1月29日)

戸籍住民課は、住民記録システムとマイナンバー交付業務を明確化して、業務の効率化を図るため、住民記録システム係、マイナンバーカード交付係を新設するものです。  産業経済担当部長は、プレミアム付商品券事業の終了に伴うものでございます。  次に、健康福祉部です。福祉サービスにおける指導検査体制の強化を目的として、健康福祉計画課指導検査係に主査を配置いたします。

目黒区議会 2020-01-10 令和 2年目黒区総合戦略等調査特別委員会( 1月10日)

こちらでございますが、大会時の遅延等を想定した所要時間・経路検索システムでございます。  任意の出発地・目的地を入力することで、大会時の所要時間増や迂回ルート等を案内するものでございます。ただし、このシステムを利用できるのが、TDM推進プロジェクトの登録企業でございまして、交通量の発生を抑制調整することに対して協力する企業が利用できるシステムでございます。  

目黒区議会 2020-01-08 令和 2年企画総務委員会( 1月 8日)

○斉藤委員  この原因というのは、例えば先ほどもおっしゃっていた有効期限の設定の問題なのか、システム構成の問題なのか、これは今後、今のままでは再発する可能性があるのかどうかということを1点。  2点目は、ここでエラーが出た場合といったときに、何か今エラーが出ていますよというような、そういったフィードバックみたいなシステムというのはないのでしょうか。  2点お伺いします。

目黒区議会 2020-01-08 令和 2年生活福祉委員会( 1月 8日)

項番の3、地域包括支援センターシステムにおける取扱情報の追加についてでございますが、これまでは主に65歳以上の高齢者等の受付業務を行ってきましたが、令和2年度から障害者とその世帯のさらなる相談支援業務の充実を図るため、地域包括支援センターシステムで取り扱う情報に身体障害者手帳交付者等の情報を追加いたします。  

目黒区議会 2020-01-08 令和 2年都市環境委員会( 1月 8日)

CDNというのは、今回ホームページがアクセスしづらい状態になったということで、コンテンツ・デリバリー・ネットワークというような名称でございますけれども、要はホームページにアクセスする前の段階で、1回サーバを経由させて負荷を軽減していくというようなシステムを、例えば練馬区とか、そういったものを使って、今回の台風19号のときにもつながりにくい状態がなかったというような情報もございますので、まずはそういったところで

千代田区議会 2019-12-25 令和元年企画総務委員会 本文 開催日: 2019-12-25

現状の課題、「総合住民サービスシステム平成23年度住民情報を扱う19システムをパッケージ化し」と、ここで申し上げておりますパッケージ、19システムシステムでございますけど、例えば住民情報ですとか、あるいは住民税とか国民年金とか、それぞれの一つ一つの主管課が担当しています業務を、一つのシステムという言い方をしています。これを19を集めてパッケージ化したという意味でございます。

大田区議会 2019-12-16 令和 1年12月  総務財政委員会−12月16日-01号

最後に、会計管理室でございますが、事業繁忙期における柔軟な業務分担を可能とし、効率的な執行体制を確保するため、財務会計システム担当係長、審査担当係長、庶務係、出納係を統合し、会計管理担当係長を新設いたします。これに伴いまして、財務会計システム担当係長、審査担当係長、庶務係、出納係は廃止いたします。

板橋区議会 2019-12-13 令和元年12月13日議会運営委員会-12月13日-01号

荒川の決壊等、区内に大きな被害が発生した場合、議員は安否確認システム等を利用して事務局に安否を連絡いたします。また、事務局より区からの被害情報(速報値)をメールにて情報提供いたします。  以上が新設された内容でございます。  次に、また飛びまして、37ページをごらんください。  

千代田区議会 2019-12-12 令和元年議会運営委員会 本文 開催日: 2019-12-12

次に、日程第2を議題にし、小林やすお決算特別委員長の審査報告ののち、議案第39号は、投票システムによる採決を行う旨をはかり、決定したのち、議案の採決を行い、決定します。  次に、日程第3を議題にし、永田壮一 地域文教委員長の提案理由説明ののち、委員会提出議案第6号は、満場一致をはかり決定します。  

板橋区議会 2019-12-11 令和元年12月11日災害対策調査特別委員会-12月11日-01号

防災危機管理課長   今回、確かに板橋区のホームページ、災害モードに変えたり、軽くすることは行ったんですけれども、実際非常につながりにくかったということで、この内容については、種々原因が特定できていないところでして、東京都セキュリティクラウドを通しているから、それがいけないんじゃないかとか、板橋区自体が負荷分散させるシステムを入れていないのがいけないんじゃないかとか、ちょっといろいろ課題は出ています

板橋区議会 2019-12-11 令和元年12月11日子ども家庭支援調査特別委員会-12月11日-01号

また、障害であれば障害に係るセクションであるということで、それぞれを統括して見ているところがないじゃないかと、1人の子に対して生まれてから18歳までトータルで見ていく、そういったようなシステムをつくる必要があるだろう、そうすることで切れ目ないというそういったつくりになるんじゃないかというようなご提言をずっと受けているところでございます。  

目黒区議会 2019-12-11 令和元年生活福祉委員会(12月11日)

御利用される方には御不便をおかけすることになるかと存じますが、この理由につきましては、項番2にありますとおり、電気設備の細密点検及び工事により、総合庁舎が住民記録システムサーバー室を含めて全館停電になるということでございまして、これまでも総合庁舎におきましては年末に電気設備の点検を行っておりましたが、昨年までの点検結果により、今後の総合庁舎の円滑な利用のためには、より細密な点検を行うことが必要であるということとなり

板橋区議会 2019-12-10 令和元年12月10日健康長寿社会調査特別委員会-12月10日-01号

かいらっしゃるとお話ししたことがあるんですけども、今ネット上で、オンライン中継じゃなくて、要するに映像だけアップしてあって、好きなときに見に行って、好きなときに資料を提出して、期限までにやって、その資格を取っていくという学びの仕組みが、大分国のほうでも広がってきていますので、gaccoというんですけども、そのやり方は区としてもしやるのであれば、採用はできるかなと思うんですが、20人の勉強、gaccoのシステム