運営者 Bitlet 姉妹サービス
8321件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 足立区議会 平成30年 第4回 定例会−12月21日-05号 号議案 足立区立校外施設の指定管理者の指定について   第21 議員提出第1号議案 足立区公共交通空白地等及び移動制約者に係る生活交通の確保に関する条例   第22 議員提出第7号議案 足立区の未来を担う子どもの権利と支援に関する条例   第23 議員提出第2号議案 足立区子どもの医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例(平成28年提出)   第24 議員提出第6号議案 足立区障がい特性に応じたコミュニケーション もっと読む
2018-12-21 港区議会 平成30年12月21日保健福祉常任委員会-12月21日 そのため、子どもとその保護者、また、多世代交流なども考えておりまして、特に大きく対象が誰と厳密に決めるものではなくて、幅広くコミュニケーションをとれるような場になればと考えております。 ○委員(土屋準君) 東京都がこの補助事業をしていますけれども、補助の仕方として、東京都と区と団体関係はどのような感じになっていますか。 もっと読む
2018-12-18 足立区議会 平成30年12月18日エリアデザイン調査特別委員会-12月18日-01号 そこについては、コミュニケーションというか協議を申出て進めていきたいというふうに考えております。 ◆米山やすし 委員  たくさんやりたかったんだけれども、どうしようかな。  千住のエリアデザインに飛びますけれども、千住エリアデザインの中の千住大川端地区については、また進展があったようです。  分科会と議会に対する報告資料を見ると、5月から12月まで計7回。 もっと読む
2018-12-17 足立区議会 平成30年12月17日災害・オウム対策調査特別委員会-12月17日-01号 深井戸も動かす自動発電機というのもありまして、すばらしいななんて思ったんですけれども、是非、発災直後、あったかいものが食べられたりだとか、みんなのコミュニケーションなんかで救われたりする方もいると思います。   もっと読む
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 「聞こえない・聞こえにくい人たちの社会参加、文化やスポーツ活動、そして障害のある人もない人も、様々な人がともに生きる社会づくりへ大きな影響を与えることが期待され、手話言語や電話リレーサービスを含む情報・コミュニケーションの保障に関わる法整備など、大きな社会変革を生み出す機会となります。 もっと読む
2018-12-05 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月05日-03号 まず、通所に至らない要因ですが、学習意欲が低く、就学にも無関心である、コミュニケーションが苦手で、集団行動を嫌がる。養育困難世帯で生活リズムが乱れているなど、様々なものが見受けられます。  今後の対応についてですが、今年度より、くらしとしごとの相談センターに居場所サポート相談員を1名配置し、家庭訪問や電話連絡によって当事業の通所に導くよう繰り返し支援してまいりました。 もっと読む
2018-12-05 千代田区議会 平成30年議会のあり方に関する調査特別委員会 本文 開催日: 2018-12-05 で、これはもう、質疑というよりこの間も出ているので、大いに、ここのところは、千代田区の場合1人しか副区長がいないということもあるので、副区長をしっかり例えば置いて、議会とのコミュニケーションをもっとしっかりとできる体制をつくるということは一つの課題だと思うので、これは質疑というよりも、やっぱり議会そのものが考えていくべきことだろうと。   もっと読む
2018-12-04 港区議会 平成30年12月4日保健福祉常任委員会-12月04日 少なくなってしまう分につきましては、利用者の方にお弁当を持ってきていただいて一緒にお食事をしながら団らんして、さまざまな相談やコミュニケーションを図る形で補っていこうと考えております。 ○委員(風見利男君) 食事会は、ただ弁当を持ってきて食べるだけではなくて、食事をつくるという実習も含まれているので効果があるわけです。 もっと読む
2018-12-03 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月03日-01号 当区において、くらしとしごとの相談センターが実施している就労準備支援事業では、長期間のひきこもりなど、様々な課題を抱え、直ちに就労することが難しい方に対し、コミュニケーション能力の習得や生活習慣の改善などを段階的に行った上で、無料の職業紹介による具体的な就労支援を行っており、好評です。 もっと読む
2018-11-30 港区議会 平成30年第4回定例会-11月30日-16号 東京都はこれまでも、試行的に若年層のコミュニケーション手段として、浸透しているLINEを利用して相談窓口を開設してきました。若年層にとっては、電話よりLINEのほうが相談の入り口として入りやすいだろうとの分析結果からの判断であります。   もっと読む
2018-11-30 目黒区議会 平成30年目黒区総合戦略等調査特別委員会(11月30日) インターネットって、インタラクティブにコミュニケーションがとれるっていうのがメリットなので、速度が遅いって誰か使ってる人が思ったら、すぐその場で「速度遅い」って評価ができるようにしてほしいんです。  今、他区のホームページでも、使われてないと思うんですけど、結構、ページがあったらその下にこのページ役に立ちましたか、役に立った、役に立たないみたいな即時評価できるんですよね。   もっと読む
2018-11-30 新宿区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月30日−13号 そのため、区では、避難所において日本人と外国人が良好なコミュニケーションが図れるよう、避難所での基本的なマナーやルールを日本語、英語、中国語、ベトナム語など10カ国語で作成し、各避難所に配備するとともに、避難所開設時には、わかりやすい場所に掲出し、相互協力の理解を深めることとしています。   もっと読む
2018-11-29 新宿区議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月29日−12号 我々新宿区民の会は、積極的に区民の皆さんが区政に関心を抱いていただけるよう、諦めの念を持つことなく、情報発信を継続し、区民の皆さんのお声をお聞きするという双方向のコミュニケーションを大切にしてまいりたいとお伝え申し上げて、質問に入らせていただきます。  まずは、新任期での区政運営について伺います。  前任期は、中山弘子さんの12年の営みの継承と発展ということで区政に邁進されてきたものと考えます。 もっと読む
2018-11-29 港区議会 平成30年第4回定例会-11月29日-15号 次に、障害特性に応じたコミュニケーションの円滑化についてです。  港区では、全ての区民の方が障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら地域で共生する社会の実現に向けて、平成二十八年に施行された障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律等に基づき、障害者差別解消の推進や障害者の権利擁護のためにさまざまな取り組みを進めています。   もっと読む
2018-11-28 目黒区議会 平成30年文教・子ども委員会(11月28日) 加えて入所者との円滑なコミュニケーションが求められ、信頼関係を築くことも欠かせず、高度な専門的知見が必要な施設です。  区は社会福祉事業団に指定管理者として施設の管理を代行させてきましたが、指定管理者制度は区民サービスの向上とともに経費削減、効率化が求められます。指定管理者への評価でも区民サービスの向上という観点とともに、経費や効率化の面も対象になります。 もっと読む
2018-11-22 港区議会 平成30年11月22日総務常任委員会-11月22日 また若者という話になりますが、若者はSNSなど、インターネットでのコミュニケーションが当たり前のようになっている時代です。そのような意味では、仮に1回会議を欠席しても、情報共有してもらうことで参画の意欲が増すとか、また、その場に来たときにより積極的な議論を図るためにも、ICTの活用というのは大変有用だと思います。   もっと読む
2018-11-22 港区議会 平成30年11月22日保健福祉常任委員会-11月22日 コミュニティと表現されましたけれども、やはりコミュニケーション不足が自殺を招くことは多々あるのではないかと思います。みんなそのようなことは経験してきた、乗り越えてきたとかといった胸襟を開いて相談できる場を提供することは大事かなと思うのです。 もっと読む
2018-11-20 新宿区議会 平成30年 11月 自治・議会・行財政改革等特別委員会-11月20日−10号 ◆三雲崇正委員 いろいろな方の議論を、分散しないように、拡散しないようにしながらまとめていくというんですか、誘導はしないんだけれども、一定の方向性をつけていくという場面にはファシリテーターの方の能力が当然必要で、そのときに一般的なコミュニケーション能力があるだけではなくて、制度とかに関するしっかりした知識がないと、いろいろな方の意見と一緒に引っ張られて、拡散していってしまうとか、そういうこともあり得 もっと読む
2018-11-20 足立区議会 平成30年11月20日エリアデザイン調査特別委員会-11月20日-01号 何か、総じて申し上げますと、足立区とその事業に参加してくださる民間事業者とのコミュニケーションが何かこううまくいっているのかというのが非常に、綾瀬についても、西新井についても、竹の塚についても、北千住についても、議会として、私としてはもう懸念、懸念を持たざるを得ないなと思います。   もっと読む
2018-11-14 新宿区議会 平成30年 11月 総務区民委員会-11月14日−16号 ◆えのき秀隆委員 今回の件については、元請が大成建設株式会社ということで、そちらに第一義的にはコミュニケーションを厚くしていくべきだというふうに考えております。   もっと読む