829件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2020-03-02 令和 2年 3月  防災安全対策特別委員会-03月02日-01号

だから、そういう部分をこの防災会議を通していろいろな方々から意見をもらいながら進めていくものなのかと私は思っていたので、今回、風水害対策については夏のゲリラ豪雨対策も含めて、喫緊の課題だというのはよくわかるのですけど、その辺が具体的なものが見えてこないと、何か絵にかいたもちで終わってしまうのかという部分を感じる部分があるので、そのあたりは一つ一つ丁寧に進めていただきたいと思っております。

目黒区議会 2020-02-26 令和 2年都市環境委員会( 2月26日)

一番これから大事なのは、2行目に書いてますけども、「水害から区民の生命身体を守る」、ここが一番大きなポイントでございますので、減災、そして今回のゲリラ豪雨に対応してどうやって区民の命を守るかというところが、今の総合治水の計画の中にも入ってますけども、より具体的にそこを明確にしていく必要があるということで今回改定をしてると。

世田谷区議会 2020-02-03 令和 2年  3月 区民生活常任委員会-02月03日-01号

近年、台風ゲリラ豪雨による瞬間的な停電もたびたび発生しておりまして、災害による停電が発生した場合、施設及び利用者に影響を及ぼすおそれが大きいことから、早急に工事を実施することといたしております。  (5)工事費につきましては、こちらも概算でございますが、三千八百九十五万円でございます。令和二年度の繰越明許をとるような形になります。  

目黒区議会 2020-01-08 令和 2年都市環境委員会( 1月 8日)

ゲリラ豪雨の時点では、そういうのはちょっと難しいと思うんですけど、台風は事前に準備できますので、そういった商品があるというのは、例えば水防訓練などで周知、PRはしていきたいというふうに考えてございます。  以上でございます。 ○梅田委員  倒木に関しては、いろいろ剪定などもしていただいて、見回っていただいているということで、安心いたしました。よろしくお願いいたします。  

板橋区議会 2019-12-11 令和元年12月11日災害対策調査特別委員会-12月11日-01号

水防対策室は、大雨洪水警報基本的に発表されたとき、それから荒川水防警報が発表されたとき、その他、低気圧等の接近により、ゲリラ豪雨等もございますけれども、土木部長が必要だと判断したときに設置されまして、先ほどご説明したとおり、土木部の部長をトップといたしまして関係各課長、それから崖の対策としまして建築指導課長が入ります。

品川区議会 2019-11-29 令和元年_第4回定例会(第2日目) 本文 2019-11-29

近年、気候変動が叫ばれており、台風の大型化、ゲリラ豪雨と呼ばれる短時間にして大量の雨が降るなど、風水害危険がクローズアップされています。品川区では、千葉県に大きな災害をもたらした台風15号に続き上陸した台風19号において、直撃が予報され、品川区内の11か所に自主避難施設が開設されました。私の住んでいる荏原第五地区では豊葉の杜学園が開設されておりました。  そこで質問いたします。

江東区議会 2019-11-28 2019-11-28 令和元年第4回定例会(第13号) 本文

地球温暖化による台風の強大化ゲリラ豪雨の頻発化などにより、大規模な水害の被害が相次いでいます。10月12日には大型で強い勢力の台風19号が上陸し、記録的な豪雨により71の河川で140カ所の堤防決壊や越水が起こり、各地に甚大な被害をもたらしました。被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。  

江戸川区議会 2019-11-28 令和元年 第3回 定例会−11月28日-03号

また、近年はゲリラ豪雨の発生など、これまでの想定以上の雨量が降ることも多くなりました。毎年のように区内各地で道路冠水する事態が発生しています。そのため、特に内水氾濫への対策は急務であると感じております。  住宅地域内水氾濫が発生した場合、床上浸水になるかどうかで被害状況は大きく異なります。

大田区議会 2019-11-28 令和 1年 第4回 定例会−11月28日-02号

大田区、特に東京都では、短時間にとてつもない量の雨が降るゲリラ豪雨対策などは、この間、対策を進めてきておりますが、今回のような長時間かつ広範囲にわたり被害をもたらす台風対策についても、来年以降、同様の災害が発生する危険性も視野に入れながら、直ちに計画の抜本的な練り直しが必要だと痛感をしています。来年の台風シーズンまで、そう時間はありません。

世田谷区議会 2019-11-27 令和 元年 12月 定例会-11月27日-02号

また、我が党は昨年のゲリラ豪雨の際、被災事業所支援のため、区の災害応急資金融資あっせん制度の利率改善を求め、その後、区は引き下げました。利率改定前後の実績と評価及び支援強化のため、利率ゼロを求め、伺います。  災害対策の最後に、被災した福祉事業所についてです。区の責務として、福祉サービス利用者へ影響が出ないよう対応することを求め、見解を伺います。  次に、新公会計制度の活用についてです。  

港区議会 2019-11-27 令和元年第4回定例会−11月27日-15号

これは決してレアなケースではなく、ゲリラ豪雨が頻発する現代においては、かなりの確率で発生する可能性が高いと思います。  もし船の流出によって河川の氾濫が発生したならば、これは天災ではなく人災です。台風が予見されるときだけでなく、大雨の予報などがされる場合には、河川に係留してある船は速やかに避難し、河川の氾濫を防ぐ必要があると考えます。

目黒区議会 2019-11-25 令和元年第4回定例会(第2日11月25日)

一方で、ゲリラ豪雨や、今回のように極めて強い勢力の台風による風水害に対する取り組みについても重要性が増しており、危機管理体制のあり方が問われているところでございます。  今回の台風19号では、危機管理室、都市整備部ほか、152名の職員態勢で対応に当たりましたが、組織的な対応において一部課題もございました。

杉並区議会 2019-11-21 令和 元年第4回定例会−11月21日-25号

一方、水害については、近年多発している短時間豪雨、いわゆるゲリラ豪雨への対策が急がれるとともに、今まで経験したことのない大規模な降雨による浸水被害への備えが求められています。杉並区では、大規模な地下調節池などの設置が進められているものの、想定を超える雨量による浸水被害に対する備えとしては、行政、民間ともに、これから進めていくという段階ではないでしょうか。  

杉並区議会 2019-11-20 令和 元年第4回定例会−11月20日-24号

この日本でも、2018年7月に発生した洪水と土砂崩れにより225名が死亡し、被害総額は1兆円近くに上っておりますし、ことしは当然記憶に新しい全国的な台風被害もあり、何より、この杉並を見ても、近年はゲリラ豪雨台風の被害が急激に多発していることなどに鑑みれば、地球温暖化による気候変動、気候危機を否定するのは難しい状況です。  

目黒区議会 2019-11-12 令和元年都市環境委員会(11月12日)

また、水中ポンプにつきましても、やはりある程度の段階でお使いなさっているので、やはりこの後、こういったゲリラ豪雨だったり、かなりの水害がある中で、私どももこういった形で届け出等は出してはいただいているんですが、どういった周知がもう少しできるのかとか、もう一つ何か工夫ができないかというのは、今回、これだけ災害があるものですから、もうちょっと何か工夫ができないかなというのは少し感じたところでございます。

板橋区議会 2019-10-16 令和元年10月16日決算調査特別委員会 文教児童分科会-10月16日-01号

一時的にゲリラ豪雨のようにたくさんの雨が短時間で降るというものはあったんですが、なかなか長いものはなかったので、今回いろんな、今回のような雨も今後想定できるかと思いますので、各学校からの報告なども考慮に入れながら、特に通路ですとか人の通る部分については、今後の改築ですとか改修の際に、手の入れ方とかもちょっと配慮していきたいと思います。 ◆さかまき常行   ありがとうございます。