4175件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊島区議会 2019-11-29 令和元年区民厚生委員会(11月29日)

27年経過する中で、やはり重症化ですとか重症の、中程度、重度の方も地域に出てくるというふうになっておりますので、アパートにひとり暮らしをするということよりも、自分の生活を整えて、グループホームなりという形で次のステップに行くための準備をするというふうな形態に変わってきているのかなという実感はございます。

豊島区議会 2019-10-23 令和元年決算特別委員会(10月23日)

○儀武さとる委員  本当に、西側の重度障害者グループホーム、この施設も2年間おくれました。私は民間任せではなく、やはり区が責任を持って計画どおり進めることが必要だと考えています。  そこで、この決算年度と、今年度は税収も潤沢といいますか、いっぱいあって、そのお金をHareza池袋、それから西口公園電気バス、ここに基金も、もう全部、税収もつぎ込んだわけですよ。

江東区議会 2019-10-21 2019-10-21 令和元年第3回定例会(第11号) 本文

一つ、障害者グループホームについて、今後の区内整備に対する考えは。 との質疑があり、理事者から、  特に東京2020大会終了後から施設整備を推進するため、区有地を含めた土地の利活用の検討などを進める。 旨の答弁がありました。  一つ、塩浜福祉園について、指定管理者制度が導入されたが看護師配置の考えは。

豊島区議会 2019-10-21 令和元年決算特別委員会(10月21日)

○高橋佳代子委員  私からは、介護保険事業会計のうちの認知症グループホームについてお伺いをしたいというふうに思います。  今回の決算で、30年の新規事業であるにもかかわらず、この認知症対応グループホームの家賃助成事業の実績が出てこないわけですけれども、これについて、まず現状をお聞かせください。

豊島区議会 2019-10-16 令和元年決算特別委員会(10月16日)

続きまして、旧区民ひろば池袋跡地グループホームについて、来年7月開所というふうに聞いておりますけども、この進行状況はいかがでしょうか。 ○菊池障害福祉サービス担当課長  旧区民ひろば池袋の跡地を活用いたしました障害者の方のグループホームでございますが、来年の7月の開所に向けまして、現在、現地における工事等を進捗しているところでございます。

目黒区議会 2019-10-09 令和元年生活福祉委員会(10月 9日)

2点目の入居者の決定については、事業者が決まった段階で、入居に関する協議会のような形をつくりまして、例えば一定の基準、例えば既にほかのサービスを使っているですとか、あとは人工呼吸器があるからどこにも通うところがないですとか、そういったさまざまな要素を一定の点数化をした形で、最終的に選定された事業者と利用の決定をさせていただくという、ちょうど第四中学校跡のグループホームの入居のときも、そういった形をとらせていただきましたので

江東区議会 2019-10-07 2019-10-07 令和元年厚生委員会 本文

区では、長期計画の重点プロジェクトの1つに高齢者障害者関連施設の整備を位置づけ、地域における基盤整備を進めるというふうにしておりまして、そこで今般、本人の生活環境を整える機能を担い、地域で暮らすためのグループホーム等への移行を目指す障害者多機能型入所施設を整備するものでございます。  

世田谷区議会 2019-10-07 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月07日-05号

◆あべ力也 委員 それでは、質問してまいりますが、まず初めに、障害者グループホームに関して伺ってまいります。  障害者団体の皆さんとお話しする機会がございまして、それぞれ身体、知的、精神とさまざまな団体がある中で、それぞれ親亡き後の対策としてのグループホームを要望されているということが大変多く感じました。  

杉並区議会 2019-10-01 令和 元年決算特別委員会−10月01日-02号

例えば障害者の移動支援事業利用者数であるとかグループホーム利用者数、こういった後退しているというふうに思われているものに対して、新年度で既にいろいろな強化策を講じているかと思うんですけれども、超高齢社会への対応ですとか、また共生社会の形成に向けた取り組みの強化、こういった視点からも、さらなる注力が必要ではないかというふうに考えるところでございます。

江東区議会 2019-09-30 2019-09-30 令和元年決算審査特別委員会 本文

第1目高齢者福祉総務費、右概要欄、下段の事業7、認知症高齢者グループホーム整備事業は、平成30年11月に北砂六丁目に開設した優っくりグループホーム江東北砂に対する整備費補助金であります。  以上、御説明いたしましたそれぞれの事業概要につきましては、資料3、決算ノートの42ページから70ページに記載しておりますので御参照願います。  

江東区議会 2019-09-26 2019-09-26 令和元年決算審査特別委員会 本文

下段の認知症高齢者グループホームの整備でございますが、北砂での1施設の開設に至ったものの、2つ目については、事業者未確定により、実績額が1億4,640万円の減となりました。  次に、53ページをお開き願います。  民間建築物耐震促進事業は、申請件数が計画を下回ったことにより、計画額に対し、実績額が約8億700万円の減となりました。  

世田谷区議会 2019-09-25 令和 元年  9月 地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会-09月25日-01号

33につきましては、敷地は大きくないため、認知症高齢者ホーム、グループホーム等を想定して応募いたしましたが、従来、高齢施設は売却が基本になっていたことから、区から社会福祉法人に働きかけましたが手が挙がらず、国において競売に付された経緯がございます。現在更地になってございますが、具体的な用途は把握できておりません。  

渋谷区議会 2019-09-01 09月11日-10号

三階建て十五戸未満の小規模住宅を対象とするということにつきましては、一律に規制してしまうと、グループホームシェアハウスといった新たな居住形態を困難にする可能性もあり、また、最も厳しい最低住戸面積を適用することとなるため、一戸当たりの価格が上がり、低所得者が住める住戸が少なくなるという課題もあります。