運営者 Bitlet 姉妹サービス
2927件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 港区議会 平成30年12月20日東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会−12月20日 私も走らせていただいて、私は途中の14.2キロメートルの関門で、1分間に合わずに完走できなかったのですが、来年は完走したいなと思っています。区民の皆さんも一緒に応援してくださって、すばらしい大会だったと思います。また、中学生の方々がお水を配ってくれたり、スポーツドリンクを配ってくれたりなど、ボランティアに参加されたということがすごく印象に残って、本当にいいイベントだったと思っています。   もっと読む
2018-12-19 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第3日目) 本文 2018-12-19 本案は、戸越地区および西品川地区における浸水被害の軽減を図るため、第二戸越幹線を整備することから、西品川公園内の立坑から平塚三丁目付近までの約1.7キロメートルにおいて、下水道本管を整備するとともに、宮前坂広場内に立坑を築造する工事を行うものであります。   もっと読む
2018-12-07 港区議会 平成30年第4回定例会−12月07日-17号 全国各地、海外から集まった五千人のランナーが、二十一・〇九七五キロメートルの港区の街並みを駆け抜けました。仮装など楽しみながら一・五キロメートルを走るファンランも同時開催し、五百人が参加しました。   もっと読む
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 本案は、戸越地区および西品川地区における浸水被害の軽減を図るため、第二戸越幹線を整備することから、西品川公園内の立坑から平塚三丁目付近までの約1.7キロメートルにおいて下水道本管を整備する工事を行うとともに、宮前坂広場内に立坑を築造する工事を行うものであります。   もっと読む
2018-12-06 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第1日目) 本文 2018-12-06 放射2号線は、平塚橋交差点から旧中原街道を左に折れ環状6号線へ抜ける全長1.2キロメートル、幅25メートルの都道です。72年前の戦災復興道路が、2012年、濱野区長が住民の意向を無視して手を挙げたため、「特定整備路線」に選ばれ、2020年完成をめざす無謀な計画です。特定整備路線は「木密地域不燃化10年プロジェクト」の目玉事業ですが、この地域は木密地域ではありません。 もっと読む
2018-11-29 港区議会 平成30年第4回定例会-11月29日-15号 私は専ら見る側ですが、みなと政策会議のメンバーも、七戸副議長をはじめとして、多くの議員が約二十一キロメートルを走破すべく政治活動の傍ら練習の日々を重ねていると聞いており、本番の結果はともかくとして、けがもなく無事に完走して楽しんでもらいたいと思います。議員ランナーの方には、二回目以降の大会のためのモニター役を務めていただきたいと思います。  区民の中には、このような意見もあります。 もっと読む
2018-11-14 目黒区議会 平成30年文教・子ども委員会(11月14日) 項番5の種目に記載のあるとおり、女子は30キロメートル、男子は42.195メートルを予定してございますので、女子が2時間程度、男子が2時間半程度の競技時間となります。  項番4、開催場所でございます。 もっと読む
2018-11-14 新宿区議会 平成30年 11月 環境建設委員会-11月14日−15号 赤色の線が国道で3.3キロメートル、黄色の線が都道で51.0キロメートル、青色の線が区道で46.3キロメートル、総計100.6キロメートルのネットワークとなっています。  資料のほうにお戻りいただけますでしょうか。  続きまして、(6)区道の自転車ネットワーク計画の進め方です。 もっと読む
2018-10-09 新宿区議会 平成30年 10月 福祉健康委員会-10月09日−12号 1施設4戸が上限で、借り上げる宿舎が事業所の半径10キロメートル圏内にあることで、1戸当たりについての補助期間は4年が上限です。もちろん、そこに入居している人が災害時の事業に従事するというようなことが条件というふうな形になってございます。 ◆三雲崇正委員 趣旨についてよくわかりました。 もっと読む
2018-09-18 港区議会 平成30年9月18日総務常任委員会−09月18日 東海第二原発から2.8キロメートルのところに東海再処理工場があり、複合災害の危険もあります。東海第二原発の30キロメートル圏内には96万人の人々が住み、そして、この港区は、東海第二原発から116.8キロメートルの近さなのです。  原発事故は必ず起きます。原子力規制委員会は、原発事故が起きることを前提に配備を続けているのです。 もっと読む
2018-09-13 目黒区議会 平成30年目黒区総合戦略等調査特別委員会( 9月13日) 期間は8月23から9月8日まででございましたが、表をごらんいただきまして、まず10キロメートルの部につきましては、1,450人募集をいたしましたけれども、こちらについては定員をいっぱいになっております。2.5キロメートルにつきましても、小学生の部、一般の部、親子ペアの部につきましては、全て定員が満たされたというところでございます。 もっと読む
2018-09-12 目黒区議会 平成30年企画総務委員会( 9月12日) 左岸と右岸とも大体1キロメートルほど、去年よりも延長して設置をしたいと思っております。  それから、道路修繕費のほうでございます。やはり桜開花期間中、大変ごみが、持ち帰りを原則としているところでございますが、やはり瓶、缶、グラスですとか空き容器といったものが捨てられております。 もっと読む
2018-09-05 港区議会 平成30年9月5日建設常任委員会-09月05日 環状第四号線は、港区高輪三丁目から江東区新砂三丁目に至る延長約28.8キロメートルの路線でございます。本路線は、都市の骨格を形成する区部環状方向の幹線道路の一部として放射方向の幹線道路と連絡し、都心に集中する交通を分散させるとともに、地域の防災性を向上させるなど重要な役割を担っておりますが、品川駅・田町駅周辺地域に至る区間は未着手となってございます。東西方向のアクセス性に課題がございます。   もっと読む
2018-08-01 目黒区議会 平成30年企画総務委員会( 8月 1日) これまでは職員が参集する際の歩行速度を時速3キロメートルで想定しておりました。しかしながら、これまでの災害等を踏まえまして、東京都のBCPもそうでございますが、職員の参集につきましては、時速2キロに変更をしております。すなわち災害があっても職員が参集してくる効率が悪くなるということを想定した上で、改定を進めていくことといたします。   もっと読む
2018-07-25 港区議会 平成30年7月25日建設常任委員会-07月25日 河川の延長といたしましては、渋谷川が2.4キロメートル、古川が4.4キロメートル、計6.8キロメートルです。この内、護岸整備の対象区間となります中小河川事業区間が5.5キロメートル、古川といたしましては3.1キロメートルでございます。緑色で着色した箇所は、護岸の未整備区間となっております。  3ページをごらんください。こちらが今回の変更内容となります調節池の整備でございます。 もっと読む
2018-07-11 目黒区議会 平成30年都市環境委員会( 7月11日) 検討対象となる路線の延長は、都内全域で約545キロメートルで、うち概成道路が約240キロメートル、現道がない道路が約305キロメートルで、目黒区内の路線で申しますと、概成道路、現道がない道路ともに約5キロメートル程度となってございます。   もっと読む
2018-06-22 葛飾区議会 平成30年危機管理対策特別委員会( 6月22日) また、人間が徒歩で避難をするということを想定してございますので、なるべく近いところに当然行ったほうがいいということですので、基準は一応、自分の半径3キロメートルぐらい。その中で移動できる範囲の、自分の指定避難場所という形になってございます。 ○(池田ひさよし委員長) おりかさ委員。 もっと読む
2018-06-22 台東区議会 平成30年 6月企画総務委員会−06月22日-01号 特に今、この火山評価の中で160キロメートル以内の火山、これに対する立地評価として、設計で対応が不可能な火砕流や溶岩流というのは、これはどんな対応をとっても、例えば津波の対応ですね、福島であれば。 もっと読む
2018-06-21 目黒区議会 平成30年都市環境委員会( 6月21日) 渋谷川・古川の説明がございまして、渋谷区内の新渋谷橋から天現寺橋の区間2.4キロメートルが渋谷川、その天現寺橋から河口までの4.4キロメートルを古川と呼んでおりまして、全長6.8キロメートル、流域としまして22.8平方キロメートルの二級河川となります。そのうち、目黒区の流域は右側に表が記載ございますが、0.44平方キロメートルとなります。   もっと読む
2018-06-15 葛飾区議会 平成30年建設環境委員会( 6月15日) 水元小合溜は、葛飾区、三郷市の境界にございます準用河川でございまして、面積は25.5ヘクタール、延長約3.6キロメートル、平均の水深は約1.1メートルでございます。水元公園と相まってさまざまな生物の生息、繁殖の場となっており、都内でありながら豊かな生態系あふれる貴重な空間となってございます。  続きまして、3、これまでの取り組みについてでございます。   もっと読む