773件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-08-29 令和元年8月29日文教児童委員会-08月29日-01号

そういった形で、やはりアウトリーチして、現場に行っている方々と手を結ぶことによって、本人様から出てこないものについて、そこの情報をつかみとって、おせっかいという形になるんだとは思うんですが、何かお役に立てることはございませんかという形で、既にもうその取組みをしてございます。

品川区議会 2019-08-26 文教委員会_08/26 本文 2019-08-26

最後に、みずから助けを求められない人に対するアウトリーチの支援というところについても、今現在というのはなかなか難しいというふうには思うのですけれども、やはりなかなか区のサービスや支援につながらなかったり、予防接種をなかなか受けに来られなかったり、ネウボラにもつながらなかったりという方がいらっしゃるのかなというふうに、電話相談にもつながらないという方がいらっしゃるかと思うのです。

港区議会 2019-07-29 令和元年7月29日保健福祉常任委員会-07月29日

そのため、例えばアウトリーチをすることなどを検討しています。また現在もみなと保健所で健診などが行われるときに、子ども家庭支援センターの職員が一緒にお話を聞くということをしております。職員が相談者を訪ねる方法等いろいろな可能性を考えているところです。 ○委員(熊田ちづ子君) その体制はぜひ考えるというか強化していただきたいと思うのです。アウトリーチはすごくいいと思います。

葛飾区議会 2019-07-22 令和元年総務委員会( 7月22日)

主なものとしては、第3回かつしか文学賞の舞台公演、文化芸術団体への支援・育成、体験講座、葛飾の美術家展等の展示事業のほか、区内各所での地域コンサート、アウトリーチの実施などを着実に進めてまいりました。次に、国際交流事業につきましては、国際交流まつりを初め、日本文化紹介講座、日本語ボランティア入門講座、ホームステイの派遣や受け入れ事業などを行いました。  

目黒区議会 2019-07-10 令和元年生活福祉委員会( 7月10日)

区立小・中学校東京医療センター、区立特別養護老人ホームなど、そういったところに赴いて行うアウトリーチプログラム、それと日本代表する劇作家・演出家でございます平田オリザさんや、有名なダンスカンパニーのコンドルズを主宰しております近藤良平さんなどを講師とするワークショップ、こちらアウトリーチプログラムとワークショップの2つの柱で実施しております。  

台東区議会 2019-06-24 令和 元年 6月区民文教委員会−06月24日-01号

(3)実施概要の@にあるように、社会的きずなが希薄的な独居生活者へのアウトリーチ、定期訪問を行い、A居場所づくり事業や、Bつながりづくりサポート事業への参加を促し、地域生活への移行を図る事業となっております。Aの居場所づくり事業は、団体の生活相談員が常駐する居場所を運営し、対象者が日常生活において親密な人間関係を形成できるよう、生活相談に応じる事業です。

台東区議会 2019-06-17 令和 元年 6月文化・観光特別委員会-06月17日-01号

◎吉田美弥子 文化産業観光部副参事 工事期間は閉館させていただいて、ちょっと入っていただいて見ていただくということはできないんですが、逆に、館の外へ出まして、アウトリーチなどで出張って何か展示をするとか、子供たちに何かを伝えるとか、そういうような形でアウトリーチ活動のほうをやってまいりたいと思っております。 ○委員長 よろしいですか。 ◆河井一晃 委員 わかりました。ありがとうございます。

世田谷区議会 2019-06-14 令和 元年  6月 定例会-06月14日-03号

特に基本型は、区内のNPO法人委託したことで、子育て世代が集う場などに出向くアウトリーチも可能にし、民間資源にもつなげられるという行政窓口には見られない特徴もあります。さらには、専門家ではない当事者性を持った地域の相談員、地域子育て支援コーディネーターだからこそ、気軽に悩みを話せるなどのメリットも多く見受けられます。人員配置も含め、基本型における今後の展開をお聞かせてください。  

世田谷区議会 2019-06-13 令和 元年  6月 定例会-06月13日-02号

実態を把握するとともに、当事者や家族社会から孤立させることなく、この間の区の取り組みを教訓にしながら、訪問相談、アウトリーチプラットフォームなど個別の支援を広げることが必要だと思います。区の見解を伺います。  厚生労働省は、ことし五月に少子・高齢化がピークとなる二〇四〇年を見据えた社会保障や働き方の改革案をまとめました。ここでは、とりわけ就職氷河世代への集中支援が特徴的です。

杉並区議会 2019-06-10 令和 元年 6月10日文教委員会−06月10日-01号

それと、就学前教育で特に必要なのが、現時点で保育所に通っていないお子さんに対する、ある意味アウトリーチをどういうふうにしていくのかというところが重要になってくると思うんですね。そういうところはどのようにセンターとして、それは福祉分野との連携というところもあるんですが、そこはどのように捉えて考えているのかというところを、2点、とりあえずお伺いいたします。

杉並区議会 2019-06-06 令和 元年 6月 6日保健福祉委員会−06月06日-01号

主な課題といたしましては、子ども家庭部門と協力して妊婦や子育て家庭の支援を行うための子ども家庭相談システムの導入や、未治療治療中断精神疾患があるなど支援の必要な区民に向けた保健アウトリーチ事業の実施等でございます。  杉並保健所の今年度の事務事業概要につきましては、以上でございます。  引き続き、所管事項調査の(2)及び(3)につきまして、資料に基づき御報告させていただきます。  

世田谷区議会 2019-05-29 令和 元年  5月 福祉保健常任委員会-05月29日-01号

◎片桐 障害福祉部長 今の関連で、地域障害者相談支援センターの体制なんですけれども、センターの相談の七割が精神ということもあって、今年度より精神保健福祉士の配置を行ったことと人員体制を三・五人から五・五人と二人分ふやしましたので、そういった意味の中で、できる限りのアウトリーチもやってはいくんですけれども、庁内の連携を深めた中で、地域包括ケアとの連携の部分も今年度しっかり考えていきたいと思っております

大田区議会 2019-05-24 令和 1年 5月  令和元年第33号議案に関する連合審査会−05月24日-01号

現場に赴くアウトリーチを行う保健師だからこその気づきもあると思います。支援が必要なお母さんへのモニタリングの現状と、その後のケアの状況を伺います。 ◎西田 保健所長 妊娠届出時に全ての妊婦を対象に、保健師または助産師が面接を行っておりますが、その際ハイリスクと判断した方について、地区担当保健師が産科病棟や、子ども家庭支援センターなどの関係機関情報共有し、継続的な支援を行っております。  

台東区議会 2019-05-24 令和 元年 5月企画総務委員会-05月24日-01号

こちらから積極的につながりに行く、いわゆるアウトリーチ型の支援の必要性は私どもも認識をしておりまして、ただしどこまで踏み込んでいけるのかという難しい課題もありますが、中間のまとめの中で方向性を考えてまいります。 ○委員長 秋間委員。 ◆秋間洋 委員 そこはしっかりやっていただきたいなと。

大田区議会 2019-05-23 令和 1年 5月  令和元年第33号議案に関する連合審査会−05月23日-01号

親や子どものSOSに早期に気づき、地域で支える体制をつくり、行政にとってはアウトリーチの拠点となり、そこで見えてくる状況から、子育て支援施策を充実させていくという循環を、官民協働でつくるのです。  今ある資源を活用して、まちの保健室をつくっていくとは、地域での子育てサポートになり、産後うつや虐待予防にも有効だと考えますが、いかがですか。