足立区議会 > 2018-12-06 >
平成30年12月 6日総務委員会−12月06日-01号
平成30年12月 6日厚生委員会-12月06日-01号

ツイート シェア
  1. 足立区議会 2018-12-06
    平成30年12月 6日総務委員会−12月06日-01号


    取得元: 足立区議会公式サイト
    最終取得日: 2019-08-03
    平成30年12月 6日総務委員会−12月06日-01号平成30年12月 6日総務委員会       午前9時58分開会 ◆せぬま剛 委員長  それでは、総務委員会を開会いたします。 ◆せぬま剛 委員長  記録署名員は、たがた委員、おぐら委員の2人、お願いいたします。 ◆せぬま剛 委員長  それでは、議案の審査に入ります。  議案は、第114号議案 平成30年度足立区一般会計補正予算(第3号)、第115号議案 平成30年度足立区国民健康保険特別会計補正予算(第1号)、第116号議案 平成30年度足立区後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)、いずれも補正予算でありますし、一括で質疑をしたいと思いますので、説明を、まず執行機関よりお願いします。 ◎政策経営部長 おはようございます。  それでは、補正予算の概要についてご説明させていただきます。  恐れ入りますが、平成30年度各会計別補正予算(案)概要、A4のこの資料のほうをご覧いただければと思います。  1ページ目です。今回、一般会計補正予算につきましては、第3号補正で1億6,500万円余の増額となっております。  国民健康保険特別会計につきましては、第1号補正で7億800万円余の増額、介護保険特別会計につきましては、今回、補正はございません。  後期高齢者医療特別会計につきましては、第2号補正で8,200万円余の増額となり、合計で9億5,700万円余の増額となっております。  2ページをご覧ください。歳入の予算款別表です。主なものをご説明いたします。
     14番の国庫支出金で6,100万円余の増額、15番の都支出金9,400万円の増額、18番の繰入金が1,100万円余の減額で合計1億6,500万円余の増額となっております。  3ページが歳出の款別表になっております。主なものをご説明させていただきます。  2番の総務費3億2,300万円余の増額、4番、産業経済費5,600万円余の減額、6番の土木費が1億5,200万円余の減額ということで、歳出歳入同額となっております。  5ページをご覧ください。主要事業の概要でございます。  総務費において大きいものは、2番の財政調整基金積立金の2億7,200万円余ですが、これは歳入歳出を同額にするために計上させていただいたものでございます。  続いて民生費でございます。4番の認証保育所運営経費助成事業ですが、こちらは東京都が保育所の処遇改善加算項目を追加したことから、区でも追加を行ったことによる増額で、6,900万円余の増額をさせていただいております。  また、7番の公立保育園の管理運営事務ですが、発達支援児対応の非常勤職員を8月まで採用できたため、人材派遣の派遣経費等1億2,400万円余、減額するものでございます。  続きまして6ページをご覧ください。  産業経済費ですが、こちらスキルアップ就職マッチング事業の仕様の見直しと、契約差金による減となっております。  環境衛生費ですが、1番、2番とも感染症対策強化のために、足立保健所に業務の一元化をするための環境整備費で、合計で790万円余の増額をさせていただいております。  続いて土木費でございます。3番の土地区画整理事業ですが、佐野六木区画整理事業におきまして、中川堤防の関連工事の影響によりまして、既設水道管の撤去工事を延伸したもの、また、5番の公園等整備事業におきましては、旧入谷南小学校跡地の今後の活用と連携を図るために舎人一号公園の開始を平成31年度以降に延伸したことによる合計で、1億5,200万円ほど減額させていただいております。  教育費につきましては、2番の私立幼稚園助成費用負担事務におきまして、ブロック塀等の改修工事費用の助成事業を創設したこと、及び3番の生涯スポーツ施設改修事業において、小台グラウンドに防球ネット等を設置したことによる2,300万円余の増額をさせていただいております。  8ページが特別会計の補正予算額でございます。  国民健康保険特別会計につきましては、都への納付金支出額の確定と各種負担金の平成29年度分の交付金交付額の確定に伴いまして、7億800万円余の増額をさせていただいております。  また、後期高齢者医療特別会計につきましては、計上の概要に記載のありますとおり、後期高齢者健康診査にかかる広域連合からの補助金の一部を過大受給したことによりに、差額8,200万円余を返還するものでございます。  大変申しわけございませんでした。  9ページからが債務負担行為をさせていただいております。一般会計の追加分ということで、屋外用のコンテナ型喫煙室の設置をはじめ14件でございます。10ページが変更分ということで2件でございます。  雑ぱくですが、私からの説明は以上となります。ご審議のほどよろしくお願いいたします。 ◆せぬま剛 委員長  質疑願います。 ◆針谷みきお 委員  質問させていただきたいと思うんですが、今回の補正は、いわゆる不用額だとか契約差金だとか、マイナス要素がありますけれども、合わせてみれば、災害対策をはじめとして、区民施策の部分もあろうかと思うんですが、全体として見ると、金額自体は、補正予算自体が一般会計で言うと1億6,000万円というだけなのでありますけれども、これ財調で最終的には、歳入歳出増額の調整をやっていますので、全体として区民施策の増という部分では、おおよそ幾らぐらいになるんでしょう。 ◎財政課長 財調を除いてと言うとちょっと難しくなってしまうんですが、今回、安全対策の部分で増しております。その他は事業の見合いについて減額をしているものが多ございますので、ちょっと今すぐに金額が出てまいりませんが、安全対策に関しては、増ということで計上しております。 ◆針谷みきお 委員  安全対策だけじゃなくて、増もあると思うんですね。そういう点で言うと、私としては審議する以上、いわゆる減の部分と増の部分を明確にすみ分けして議論したいなというか、大枠の総枠を是非明らかにしていただきたいなということで聞いたんですが、事前に言っておけばよかったんだろうけれども、突然でごめんね。  では、具体的な問題についての質問をさせていただきますが、大きな問題としてあるのは、各党代表質問で、体育館の空調の問題については、債務負担行為、その他あれも入っているんですが、今回、国と東京都が補正予算を組んでいるんで、その関係についてちょっとお伺いしたいんですけれども、まず、東京都のほうから、私ちょっと斉藤都議を通じてこのスキーム、空調の設備の区市町村への体育館の施設の問題でどういうふうになるのかっていろいろ資料をもらったんですが、それで言うと、例えば二つ書いてあって、一つは空調施設の新規で81億円、都は計上しているんですけれども、補助率等にどうも二つあるみたいな感じで、一つは平米当たり2万3,400円という補助、その場合は国が3分の1で、都が6分の1、区市町村が2分の1とこうなっているんですが、もう1個、平米当たり7万6,000円で頭が3分の2出して、区市町村は3分の1だと。これは平成30年度適用の補助率だというふうに書いてあるんですが、これ、どちらを今年度補正というか債務負担、どっちでもいいんですが、全体としての規模は538棟3カ年でと書いてあるんですが、この辺の二つある補助率のあれはどういうふうに見たらいいんでしょうか。 ◎学校施設課長 都の補助につきましては、実際、詳細なところまだこちらのほうに来てないんですけれども、今月の中旬ということで実は確認したところ、詳細の説明会があるというような情報お聞きしています。  この確認どこまでできるかなんですけれども、金額の違いにつきましては、国、都、区市町村の割合があって、それは単価がいわゆる今2.34万円ですかね、という数字が出ているようなんですが、この後から、新聞報道でも出ているかもしれないですけれども、約7.6万円という数字につきましては、上乗せ規定ではないかということでのちょっと話は聞いているんですが、ただ、これにつきましてはまだ確定ではないので、確認しまして、またこちら、その分精査して、どこまで使えるかというのは考えていきたいと思っています。 ◆針谷みきお 委員  それで、この説明書によると、7.6万円というのは東京都の予算で、国のことはこれ書いてないんで、多分、いわゆる超過負担部分というのが実際やる場合の上乗せではないかなというふうに私は推測したんですけれども、これは大変いいことなので、推進をしてもらいたいんですけれども、その際に、代表質問の各党の議員の答弁に、教育長のほうの答弁というのは、今年度補正でとりあえず1校、モデルやって、その後、いろいろな状況を踏まえた上で、全校を視野にやると言っているんですが、年度を言ってないですね。  これについては、都の計画だと、平成31年度当初予算においてリースの対応も支援を予定するというふうにこう書いてあるんですけれども、今回は、いわゆる工事、いわゆる購入するというか、工事の部分も両方書いてあるんで、これについては、要するに来年度の夏には一気に全校配置されるというふうに理解していいのか、それとも、東京都が言っているように3年間でやるつもりなのか、その辺のことについてお伺いしたい。 ◎学校施設課長 今年度、1校リースということでございますが、これはあくまでもモデル的に、体育館の構造とか、立地条件を確認して検証していきたいということでございます。実際、国のほうの条件でいきますと、リース等では補助金が出ないというケースもございますので、その辺は当然、今後、補助制度を確認しながら進めていきたいというのは思っております。  年度につきましては、何カ年というか、今回、検証しまして、今後、全校配置を念頭に入れながら考えていきたいというふうに思っています。 ◆針谷みきお 委員  これは答弁したのは教育長だから、政治姿勢として、どちらかと言うと聞いているんですよ。 ◎教育長 まず、今回の補正予算にはリースでできるだけ早くやるということで載せさせていただいて、以降、検証するという話をしました。それから、今、都の予算の話が出ましたけれども、都の補正予算を、説明まだ受けていないんですけれども、国の基準によるもの、それから上乗せによるもの、そこを東京都が補助しようということだと思うんです。なので、それを伺って、できるだけ早い段階で、例えば補正予算を組むとかいうことも考えたいなというふうに思っています。  それをやった上で、来年度どのくらいまでできるのかということも判断できるのかなというふうに思っていますが、一遍に来年の夏にできるというところまではいかないのかなというふうに思っています。それは私どもの、例えば、リースである場合は契約が早くできますけれども、工事である場合には設計が必要だということもあって、それに、リースに東京都は補助を出すと言っていますけれども、国も一緒に補助を出すのかどうかということまでまだわかっていませんので、そういったところをつぶさに見た上で計画したいと。私としてはできるだけ早く実施していきたいと、こう考えています。 ◆針谷みきお 委員  これは結構重要なことで、それぞれ議員側は答弁を聞いていて、もう来年度の夏にはできるというふうに解釈している人もいるし、そういうふうに報告している人もいるんですよ。そうじゃない、あれもあるんだけれども、あの感じの答弁だと、来年の夏にはできるというふうに多分、思い込んじゃったというか、ああいう感じだとそういうふうに思っちゃっているんですね、多分。それは多分、各党、若干違うかもしれないけれども、いろいろな議会報告ニュースを見ると、そうなっているところもありますから、それは、早くやることについて我々も、多分、誰も反対する話ではないんだけれども、一応、そこは明確にしていただきたい。  その点で言うと、この設計の話もあるけれども、実際、東京都や国の補助というので言うと、いわゆる一つの体育館、中学校は多分七つぐらい柱があって、小学校六つぐらいの枠があるので、大きさ違うので、平米数違うと思うんですけれども、大体1校で言うと、小学校でエアコン、リースにしてもあれにしても大体幾らぐらいで設置できるというふうには見ているんじゃないかと思うんですが、これは技術畑のほうにちょっとお伺いしたいんです。 ◎学校施設課長 以前はフルスペックと言いまして、建物全体という考えだったんですが、全体ではなく、ギャラリーというかアリーナ部分ということの考えも含めると、大体、設置台数ですと12台ぐらいを今、考えられないかなというのは、ただ、これはあくまでも予定ですので、能力検証したときに、いろいろまた出てくるかとは思っております。 ◆針谷みきお 委員  金額言わない、金額。 ◎学校施設課長 金額につきましては、今、精査しているところでございますが、詳しい金額につきましては、当初1億円という話だったんですが、そこまでいかないんではないかなという推測ではございますが、ちょっと今まだ。 ◆針谷みきお 委員  これは国が3分の1出して、都が3分の2という、いろいろなスキームがあるから、総額で言うと、そうすると105億円ぐらいになっちゃうのかなという気はするけれども、やはりちゃんと、もらうものはもらってやるということになると、区の持ち出しとしてどのぐらいなのかということを計算しながら、なるべく早くやるという態度で、私も来年夏には是非、全校設置していただきたいなというふうには思っております。  次にお伺いしたいのは、教室の問題なんですが、特別教室、また給食室の棟で、給食室の話がちょっとあって、区が購入したスイデンというところの給食室のスポットクーラーというやつを見ると、説明書にあって、水蒸気の多いところとか、油を使うところについては壊れる危険性があるので、これについては大丈夫なのかという意見をちょっと聞いているんですよ。  これ区教委に、その辺のことに関しては、意見、各学校からスポットクーラーで、今のスイデンというところのメーカーのやつだと、そういう危険があると。フィルターが壊れた場合は、フィルターの交換では済まないんだみたいなこともあって、そういうところでは使うべきでないという説明書があるんですけれども、その器具、危険性については聞いていますか。 ◎学校施設課長 今回はスイデンという器具なんですが、学校側のほうからはそういった話はまだ来ておりません。  説明書等見て、当然、水つけてしまうと、電気関係がありますので、難しいというのはございますので、通常ではそういったところに置かないということは認識しているとは思うんですが、フィルターの交換等も簡単にできるということもございましたので、その辺はまたメーカー等に確認しながら、状況を踏まえて考えるというか、苦情がありましたら、検討していくとは思います。 ◆せぬま剛 委員長  給食調理室ね。 ◆針谷みきお 委員  そう。給食室って、もう下は水が出ているわけで、そういう点で言うと、いわゆる漏電も含めた、私も説明書見たんですが、確かに書いてあるんですよ、油分が多い部屋とか、揮発性のものが多いところとか、蒸気があるところについては置くなとか、もう置くなとも書いてあるのね。だから、そういう点で言うと、実際に配られた学校は心配になっちゃうのは事実だと思うので、そこは現場の声もまだ聞いてないということなんで。私は、ある学校の現場の話を聞いただけ。ただ、使っていないから、まだ。まだ、今、クーラー要らないんだからあれなんですけれども、そういう問題については、危険性があった場合にはちゃんとしなきゃいけないので、よろしくお願いしたいと思います。  それから、次に、基礎学力の総合調査の債務負担行為なんですけれども、これに関しては、本来なら予算がある、ないからこれこうなっていると思うんですけれども、これについては、10月の文教委員会の報告はされているんですけれども、この新しい具体的な総合調査の、何て言うんですかね、要綱をいただいたんですけれども、どういう趣旨で今回やられるのかお伺いしたいと思います。 ◎学力定着推進課長 この債務負担行為は、来年度4月に行う学力調査なんですけれども、今年度中にプロポーザルを行い、契約を締結するために、平成30年から31年度ということで債務負担行為をとらせていただいております。  今回、変更の趣旨としましては、3点ございまして、まずは意識調査を充実するということでございます。自己肯定感などの非認知スキルも、学力と一定の相関関係があるだろうということから、この辺も充実していくということ。  また、次に中学校1年生の英語、今回、学力調査で新たに入れようということでございます。小学校での外国語活動も充実して定着してまいりましたので、中学校1年、最初の段階での英語力を把握して、その後の事業に生かしていくという趣旨でございます。  3点目になりますけれども、これまで、基礎学力ということで重点を置いてきましたけれども、基礎的な知識、技能と合わせて思考力、判断力等の活用力もきちんとバランスよく問題として盛り込んで、双方、分析していこうという趣旨でございます。 ◆針谷みきお 委員  これは、今、学力テスト問題については、日本中いろいろな問題が起きていて、六つの県で学力テストを中止しているんですね。  福井県に至っては、意見書を出していて、県議会が池田中学校というところで起きた中2男子の、3階から飛び降り自殺をしたという事件をきっかけにして、福井県というのは日本一なんですね、学力テスト、いわゆる数字で言うとね。これがずっと1位できた。  この意見書を見ると、本県は、教育現場に学力日本一を維持することが目的化され、教育現場に無言のプレッシャーを与え、教員、生徒相互のストレスの要因になっていると。これでは多様化する子どもたちの特性に合わせた教育が困難だということで、具体的な要望として、知事はこの教育大綱に沿って、現場の多くの教員の声に真摯に耳を傾けて、学力テストの取り組みを学校裁量にすべきだということで、本県独自の学力についても、いわば中止の決議を上げていると。  この点は私、非常に重要だと思って、6県の、やはりいろいろな事情はそれぞれあるんですけれども、学力テスト対策で学力向上するということが、やはり非常に矛盾を来しているというふうに私は思っているんですね。  例えば掛け算九九が、かつて掛け算九九ができない中学生がいると。これというのは、本来ですよ、小学校の2年生、3年生の段階で単元テストをやるわけです。私も覚えているけれども、2年生の当時、掛け算九九は何としてもやろうということで、授業の単元が終わっても、その次の段階に入っても、掛け算九九は追っかけていたんですね。担任の先生が全員ができるようにきめ細かな指導がやられていたんですよ。  ですから、私は昭和25年生まれだから、もう45年前じゃない、もっとか、50年ぐらい前の話を持ち出すなと言われちゃうかもしれないけれども、ただ重要なことは、単元テストを今でも現場ではやっていて、その子に合った、要するに個性、個に沿った対応していれば、いわゆる掛け算九九ができないでいくということはないと思うんですね。かなりスピードが速くなってきた学習指導要領のもとで、そういうきめ細かな指導ができない状態が生まれていると。それを今度は学力テストの数値目標を上げる、そういうことによってテストの点数が上がった、下がったという話になるんですけれども、現場では少なくとも、平均点を少なくともそれ以上上回るべきだとか、そういう指導になっていないのかな。そういうものだとすれば学力テストの意味は違っちゃうんじゃないかなということで、都議会でも議論になっていて、都議会の議事録を見ると、都教委は、そういう数値目標を持って指導することは本来の学力テストと違うということを答弁して、それは是正しますということを書いてあるんですけれども、せめて平均以上にするということがもしやられているとすれば、それは是正しなきゃいけないですよね。どうでしょうか。 ◎学力定着推進課長 足立区では、やはり針谷委員先ほどおっしゃられました中学校で掛け算九九ができないまま卒業させていいのかということもありますけれども、やはり基礎的な部分についてはきちんと身に付けさせた上で卒業させていきたいということで、それで正答率を上げるということではなくて、あくまでも一定の、この1年間で学習をしたならば、ここまでの点数は取って欲しいという目標値を定めておりますので、全ての児童・生徒、なかなか難しいんですけれども、児童・生徒が目標値を達成するように、通過率をなるべく上げていこうということで取り組んでおります。 ◆針谷みきお 委員  私の質問に答えていない。少なくとも数字目標で、平均より上回るという指導がやられたら、それは問題じゃないですかと聞いているんです。 ◎教育長 針谷委員おっしゃるように平均点は真ん中ですから、上の子もいれば、下の子もいるということなので、それを何か達成するために、学習の何かをするということはないと、私はそう思っています。平均値が目標ではないというふうに思います。 ◆せぬま剛 委員長  内容はその辺にして。 ◆針谷みきお 委員  いや、じゃ、最後にします、これはね。  そういう議会発言が飛び出しているんですよ、何回も。10月の文教委員会の議事録見てください。ある文教委員がせめて、足立区は23区、全国平均を上回れという発言が文教委員がやられているんですよ。文教委員が本当の教育から外れたような競争をあおっているんですよ。そういう議事録は多分気が付いている人はいると思いますけれども、別に私、誰とは言いませんよ。言わないけれども、そういうことが実際、現場で起きていたら、これは本来のテストの意味はないと。私、あの学力テストそのものは否定していません。前から言っているように、単元テストをやり、小学校ではね、単元テストをやり、中学校では期末テストもやっているわけだから、それを振り返ってやる。  この福井県の意見書というのも、それは学校の裁量に任すべきだと。それは何も、どうしてそれをやるべきかと言ったら、教員の多忙化を解消して、教員が子ども、児童・生徒に寄り添えるような体制にすべきだということなんですよ。これはまさに日本中の課題だと。  私は、あえてもっと言ってしまえば、恐れず言ってしまえば、学力をボトルネック的課題という課題からはそろそろ外したほうがいい。それはなぜかと言うと、測っているのが、測定が数字だからですよ。子ども一人ひとりの成長の度合いに沿って見るならば、私は必ずしも足立区の子どもたちの学力が本当に低いのかと。それは低い人はもちろんいますよね、それはいる、否定しないけれども、ただ、それを政策課題とするというのは、私はもうそろそろやめたほうがいい。そういう矛盾が出ている。  これははっきり言えば、不登校が1,000名を超えてしまった要因の一つに、平成24年から起きた教育次長制度により、遅れている、数字が悪い学校長を呼び出して、どういう対策をとるんだ、過去問をやれと、こういうようなことを言ってきたことに関連しているというふうに思うので、私そういう点が、やはり是非、今後考えていただきたいということだけ言っておきます。以上。 ◆せぬま剛 委員長  他にありますか。 ◆渡辺ひであき 委員  私は、まず補正予算案の主要事業概要5ページの総務費の中でいきますと、千住区民事務所混雑緩和のための事務所フロア拡張にかかる経費の増についてお伺いしたいと思います。  西口の再開発の象徴であった丸井ができて、ルミネができて、その後、当時まだ鈴木恒年区長のときに、千住区民事務所の余りにも混雑している様子を見て、是非、一度視察に行ってくださいということをお願いしたら、当時の鈴木恒年区長行ってくださって、職員の方をねぎらったよという言葉を聞いて、そのときは大変うれしく思いました。  そのとき、当時は、きょういらっしゃらないですけれども、伊藤生涯学習公社事務局長が区民事務所長されていました。あの当時は、まだ課長クラスの方が区民事務所長をやっていて、様々な地域の施策も吸い上げていたように感じておりますけれども、いずれにしても、今の千住区民事務所は物凄く混んでいます。私もときどきまいりますけれども。  これは職員1人当たり、その千住区民事務所長、区民事務所の職員1人当たりが接客する人数と、他の区民事務所の比較なんかはされているんですか。 ◎地域調整課長 16の区民事務所全て調査しまして、一番少ないところと千住区民事務所を比べますと、1人当たりの処理の件数では3倍以上の開きが出ているところがございます。 ◆渡辺ひであき 委員  そういうことを鑑みて拡張していただいて、千住区民事務所に行かれる方の利便性も向上するんで非常にいいことだなというふうに思っておりますけれども、人的配置も増やすんでしょうか。 ◎地域調整課長 来年4月の増設に合わせまして、人も増やす予定になってございます。 ◆渡辺ひであき 委員  それとあと、気になるのは、拡張していただくのはいいことなんですけれども、その拡張する工事をする際に、現場の混乱とか、そういうことはないような工事ができるんでしょうか。 ◎地域調整課長 丸井とよく調整しまして、工事は営業時間外の深夜から早朝にかけて工事を全て行うという形になってございます。 ◆渡辺ひであき 委員  ご配慮ありがとうございます。  それから、次に、認証保育所運営経費助成事業で6,900万円余が計上されていますけれども、こうした認証保育所に限らず、様々なところにおろしている、補助金をおろしているようなところというのは、中の数値をどこまで役所側がチェックできるのかによって、この処遇改善が本当に生きたお金になっているのかどうかも含めたことが重要だと思いますが、その辺のチェックはどのようになさっているんでしょうか。 ◎子ども施設入園課長 補助金のチェックに関しましては、その実績に基づいて報告をいただいております。それに基づいての内容の確認というところを行っておりますし、場合によっては現場のほうに出向かせていただいて、保育の実態等、現場において確認をさせていただいております。 ◆渡辺ひであき 委員  私も二度、監査委員をやらせていただいて、良い悪いは別にして、社会福祉法人なんかは、連結の決算になっていると中が見えないということはよくあります。そうしたことが、例えば複数の事業所を持っておられるから、それが全体の中で処理されていると、見えないようなことも起き得るんではないかということで、それがつまりは、保育士たちの収入改善がしっかりとなされているかどうかということは、一番重要なことだというふうに思いますので、それについては、心を砕いて仕事をしていただければというふうに思いますので、よろしくお願いをいたします。  それから、公立保育園の管理運営事務、この中には項目いろいろあるというふうに思うんですが、保育園、おむつの処理費は計上されているんでしょうか。 ◎子ども政策課長 ここにはおむつの費用のほうは計上されておりません。 ◆渡辺ひであき 委員  ごめんなさい、補正の中には入ってないわけですね。わかりました。  ちょっとだけいいですか。やめとこう、補正と違いますからね、やめておきます。  あと、さっき針谷委員からも、学校エアコン工事のことがありましたけれども、過日、どなたかの一般質問の中で、危機管理部長から熊本地震の際の避難所の衛生面に配慮して、様々、備蓄も考えていくということがありましたけれども、これ、エアコン設置をするに当たっては、説明を受けた中では、それぞれの体育館の構造上の問題で設置ができるところとできないところがあるというお話がありましたが、それについてまず確認をさせていただきたいと思います。 ◎学校施設課長 独立体育館、あと内蔵体育館、あと構造等でいろいろ能力とか断熱性とかございますので、その辺を検証していければなということで考えているところでございます。 ◆渡辺ひであき 委員  公共施設の総合管理計画等々ございます。それから、これからまだまだ幾つも新しい学校の建設をしていかなくちゃいけないということを考えたときに、当然、統廃合も進んで、避難所の数等々も地域によっては懸念されていることを考えてみる、それから避難所の衛生であるとか避難所になってしまったときに、そこをどのようにして活用していくかということを考えると、学校建設全体の全体の考え方も変えていかなくちゃいけないような、今回のこのエアコン設置に至るような、全国でそれをやっていこうというわけですから、そういうことも、学校施設の更新について合わせて考えていったときに、例えば千寿本町小学校なんかビルトインですよね、学校の施設の中に体育館がある。ああいうところであれば、エアコン設置も容易にできる。それから新しくつくるんであれば、そういう考え方をしていく。  ただ、その際に、総合的な学校施設更新にかかる経費なんかについて言うと、やはり体育館と校舎は別々につくったほうがいいのか、それから、面積も含めて確保できるのか、そういうことというのはそろそろ検討していかなきゃいけないんじゃないかというふうに思うんですが、いかがでしょうか。 ◎学校施設課長 今までの体育館と言うと独立型が多いということで、その分、校庭が狭くなったりとかいろいろ状況ございます。あと、地上プールとかございまして、今、最近の改築ですと、一体型ということで考えていますが、その分、例えば熱効率とか、断熱とかもいろいろありますので、その辺を今後、計画の中で検討というか、考えていかなきゃいけないというのは思っております。 ◆渡辺ひであき 委員  もちろん児童・生徒のために資する施設が一番いいんでしょうけれども、学校、公共施設というのは、地域にとっては一番核になる大きな施設ということを考えれば、それから、自然災害がこれだけ頻発するようになると、一切合切、地域の皆さん、それから区民の皆さん、児童・生徒を含めた複合的な施設、そして、区民サービスを区民の方々が享受できる施設、こういう視点で相当、相当大きな考え方を持って施設更新をしていくことが必要なんだろうというふうに思いますので、そうした点に留意をしてやっていただければというふうに思いますので、よろしくお願いをいたします。 ◆おぐら修平 委員  私から、まず、5ページの民生費の中国残留邦人等生活支援事業の中で、これの給付対象者は減っているにもかかわらず、入院医療費が7,248万円増えているということですが、これは詳細はどういうことから、これだけの額が増えているんでしょうか。 ◎高齢福祉課長 中国残留邦人の方々、こちらも多分に漏れず高齢化が進んでおります。当然、高齢化が進めば、体調を崩されてご入院をなさる方も増えているということで、その分の入院医療費が、現状かさんでいるというような状況でございます。 ◆おぐら修平 委員  その入院医療費のどういったことで入院しているのかとか、その詳細を知りたかったんですけれども。 ◎高齢福祉課長 失礼いたしました。様々な疾病がございますので、今、どういった疾病理由が主だというところが、ごめんなさい、今、資料に、手元にございませんので、後ほど調べてご案内させていただきます。 ◆おぐら修平 委員  では、後ほどお願いいたします。  あと、簡単にちょっと確認なんですが、9ページの債務負担行為のところで、最初に屋外用コンテナ型喫煙室の設置ということでありますが、1,200万円計上されていますが、これはどこにどういったものを設置されるのでしょうか。  また、いろいろなところ設置されるんだったら、じゃあその数、幾つだとか、その詳細、お願いいたします。 ◎地域調整課長 東京都の受動喫煙防止条例の発動を受けて、また、オリンピック・パラリンピックまで、それを目標としまして、区内の主要な駅の喫煙所をコンテナ型に変えていきたいなと今考えているところでございまして、まずは第1の形としまして、梅島のエル・ソフィアの前の公衆喫煙所、今あそこのところ、植栽でやっていますが、あそこに、まずはコンテナ型を設置しまして、実際にやってみてどのような効果が生まれるか、それを研究しまして、順次広げていきたいなというふうに考えてございます。 ◆おぐら修平 委員  具体的にどこにどう設置するかというのは、まだ今、まずは先ほど答弁ありました梅島のエル・ソフィアのところがありますけれども検討段階と。  あと、これに合わせて、今まで私たちも喫煙所は駅から離れていて、煙も外に出ていくとかいうこともありますけれども、この駅の敷地内に何々設置できないかということを要望したんですが、そうした工夫改善に向けても、この債務負担行為、この予算は使われるということでもあるんでしょうか。 ◎地域調整課長 東京都がコンテナ型の喫煙所を設けますと10の10で1,000万円の補助金が出るという形で、一応、その申請もしてございます。  また、喫煙場につきましても基本的にやはり駅の周辺、なるべく人通りの多いところ、今、道路の上等々も考えていまして、それに関して、今、調査研究しているところでございます。
    ◆おぐら修平 委員  是非よろしくお願いいたします。  あと、最後1点確認で、10ページの14番、選挙関連業務委託、これは来年、区議会議員選挙、区長選挙が施行されますので、このことだと思うんですけれども、これはどういった内容の予算でしょうか。 ◎選挙管理委員会事務局長 もっとも大きい経費が、公園のポスター掲示場の設置と維持管理、撤去、区議会議員選挙で一番大きな掲示板になりますので、その経費が約4,900万円余計上させていただいております。  その他、投票所入場整理券の作成ですとか、選挙人名簿抄本の印刷等を含めて7,900万円余を債務負担として計上させていただきいただいております。 ◆たがた直昭 委員  では、私も確認をさせていただきたいと思います。  体育館の空調設備に関しましては、先ほどいろいろ出ておりましたけれども、今回、債務負担行為で、改めて平成31年度からということで7,900万円余ということなんですけれども、まず、1校で10年契約と考えて、リース契約ということで考えてよろしいですか。 ◎学校施設課長 たがた委員おっしゃるとおりでございます。 ◆たがた直昭 委員  わかりました。  先ほど、国からの補助金とか、また、都から出るという話がいろいろ出ておりまして、詳細はこれから様々な形で検討ということなんですけれども、うちとしても全校設置に向けては早期実現していただきたいという考えは変わらないんですけれども、ただ、現実的に考えますと、やはりお金の問題というよりも技術的なこと、また、工事のこと等考えれば、例えば1年に10校やったとしても全校設置すると10年間かかるという具合な、単純な計算だと思うんですけれども、その辺についてはどういうふうに考えていますか。 ◎学校施設課長 たがた委員おっしゃるとおり、1年間10校ですと、10年という状況もございますが、各学校、先ほど、何回もあれですけれども、立地条件とか能力とかありますんで、台数の数とか、そういったところも懸案しながら、まず、モデル的にやって、あと、どの程度できるかという、それが1年か3年かというところもございますが、補助金等も確認しながら、計画を立てていければなというふうには思っております。 ◎教育長 先ほどご答弁差し上げましたけれども、現実的に来年、全校できるかと言うと、これは難しいということははっきり言えると思います。ただ、何年かけてやるのかという点については、技術的な知見と、それから施工のときに、どういった業者でやれるのかということと、そして、資金面だというふうに思います。  国も東京都もそのために、どういったスキームで、我々基礎的な自治体を支援するのかということがあるのは、例えば10年かかるところを5年とか早くやりなさいということで補助金というのはつくられるものですから、その辺は明らかになればそういった計画をお示しできるんではないかと思っております。 ◆たがた直昭 委員  わかりました。  早期実現に当たっては、様々なハードル等々があるかもしれませんけれども、一般区民からしてみれば、やはりいつ頃できるのというのが、もう当然それしか考えていませんので、その辺を早めにスキーム等々出していただきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。  あと、土木費に関しまして、舎人一号公園、今回、旧入谷南小学校の関係で、再度もう1回見直すということなんですけれども。まず、今回、舎人・入谷地域パークイノベーション計画の中で、1回、改修工事をやりますよと。今回、旧入谷南小学校がありますので、再度、検討するということなんですけれども、設計に当たっては、結構がらりと変更があるんですか。 ◎みどり推進課長 舎人一号公園の設計内容についてですが、南側に旧入谷南小学校のところに、例えば防災関係で倉庫ができたとして、そういう物資の搬送するトラックのスペース等を考えて一部の変更になるかと思っております。 ◆たがた直昭 委員  わかりました。  あと、その下の都市農業公園の古民家・長屋の耐震工事、これ一体で実施するためということなんですけれども、もともとは別々という、考えだと思うんですけれども、今回なぜ一体化したのですか。 ◎みどり推進課長 当初、平成31年度にこの古民家・長屋の耐震調査をする予定だったんですが、実はその前の調査段階で、土地地盤が、やはりこれも含めて調査必要だということで、それを今年度、債務負担行為として提出させていただいております。 ◎みどりと公園推進室長 昨年度、古民家・長屋門につきまして、保守点検をしまして、その結果、古民家が傾いているということがわかりまして、今年度、地盤だけの調査をしようということで予算を付けていただきました。そういったところで、地盤調査だけではなくて、建物含めて総合的に調査、検討したほうがいいだろうということで、今年度から至急かかりたいということで、今年度、来年度という形になりました。 ◎都市建設部長 若干、先ほどの舎人の公園の関係で、訂正でございますけれども、公園の改修、設計に関しましては、旧入谷南小の設計によって、どういうしつらえになるかによって変わってまいりますので、一部分になるのか、結構大きくなるのかは、今後ということでございます。 ◆たがた直昭 委員  わかりました。  舎人一号公園に関しましては、もう地域の方が結構、希望を抱いておりますので、それなりの設計をしていただきたいと思います。  最後、産業経済費なんですけれども、先ほど説明がありましたけれども、スキルアップの就職マッチング事業と契約差金のことで大体3,000万円弱ですか、減額となっているんですけれども、結構大きいように思うんですけれども、ちょっと内容を教えていただきたいと思います。 ◎企業経営支援課長 こちらのほう介護保険とスキルアップと二本立てになっております。もともと私どものスキルアップ就職支援事業ですが、こちらのほう、セミナーやカウンセリング等を実施する予定でいたため、区内に事業所を構える、落札する事業所が必要があるというふうに想定しまして、事務所経費や人材の人件費を計上しておりましたが、落札した事業者のほうが区内に事業所を構えておりましたので、人件費、その他スタッフ等の部分の経費がかからなくなりました。それのため、この分下がったという形になります。ちょっと見積もりが甘かったという部分もありますので、以後、気を付けてまいりたいというふうに思っております。 ◎産業経済部長 すみません、こちら東京都の補助金の10分の10の補助金なんですけれども、枠組みが今年度から変更になっておりまして、若干見通せなかった部分がございます。  それで、全体の2分の1の減額ということで、この辺につきましては、お詫びをまず申し上げたいと思います。  二つの今、企業経営支援課長のほうから説明があったんですが、産業経済部でやっております若年者、女性の求職のスキルアップと、それから福祉部のほうでやっております介護人材の二本立てになっております。  スキルアップのほうにつきましては、今もありましたけれども、まず会場費のほうを当初見込んでおりました。そちらのほうが1,100万円ほど見込んでいたんですけれども、こちらがまずかからなくなったというところと、人件費のほうも、同じ場所でできるということで1,000万円ほど、やはりこちらも減額になったというような事情でございます。  また、介護人材のほうは、当初、日額で計算していたんですけれども、やはり無資格者につきましては短時間労働もあるだろうということで、契約のほうが変更になったということで、仕様の見直しということで1,600万円という金額の減額が出てしまったということでございます。  若干長くなりましたけれども、金額が多いので丁寧に説明させていただきました。 ◆たがた直昭 委員  わかりました。ありがとうございます。  会場費の1,000万円って、ちなみにどちらの会場ですか。 ◎産業経済部長 当初、北千住の駅近くを予定しておりまして、もう目星をつけていたんですけれども、月額が47万円ほどのところで、以前借りたことがあるところで、そこだったら借りられるだろうということで目星をつけておりましたところ、落札した業者のほうで既に会場を持っていたというような事情で浮いてしまったということでございます。 ◆せぬま剛 委員長  よろしいですか。  他にありませんね。       [「なし」と呼ぶ者あり〕] ◆せぬま剛 委員長  それでは、本補正予算第114号議案、補正予算第115号議案、第116号議案、一括でよろしいですか。       [「その前に意見聞く」と呼ぶ者あり〕] ◆せぬま剛 委員長  意見を自民党からお願いいたします。 ◆吉岡茂 委員  賛成でいいです。 ◆たがた直昭 委員  賛成でお願いします。 ◆針谷みきお 委員  私ども、近藤区政のもとでも、是々非々で今までも取り組んでまいりました。  今回の補正予算については、例えば産休代替の欠員の採用40人から80人増やすとか、千住区民事務所の拡張、認証保育所の処遇の改善の加算、それから発達支援児の保育士の人材の確保、私立幼稚園のブロック塀の改修、小台のグラウンドネットの工事とか、保育施設の整備、認証保育所2、小規模3、北綾瀬の周辺道路など、区民施策にとってもいいし、もう一つ、西新井第二小学校の学童保育室の設置、こういうのを全体的に見ますと、我が党も大賛成すべきものであろうというふうに思いますし、この辺について補正予算組んでいただいたということについては高く評価をしたいと思っております。  ただし、1点だけ賛成できないのがありまして、先ほど質問しました基礎学力に対する総合調査については、在り方も含めて見直すように先ほど言いましたので、この部分だけ反対でありますが、全体の態度としては賛成いたします。 ◆おぐら修平 委員  3議案ともに賛成です。 ◆せぬま剛 委員長  それでは、採決をいたします。  3議案ともに可決すべきものとすることにご異議ありませんか。       [「異議なし」と呼ぶ者あり〕] ◆せぬま剛 委員長  ご異議なしと認め、3議案は可決すべきものと決定をいたしました。  では、以下、審査に関係ない方の退席を認めます。       [執行機関一部退席] ◆せぬま剛 委員長  では、第117号議案 足立区防災会議条例及び足立区国民保護協議会条例の一部を改正する条例を単独議題といたします。  執行機関の説明を求めます。 ◎危機管理部長 それでは、総務委員会議案説明資料、危機管理部版をご覧いただければと存じます。  第117号議案説明資料でございます。  件名につきましては、足立区防災会議条例及び足立区国民保護協議会条例の一部を改正する条例でございます。  所管については記載のとおりでございます。  改正理由でございます。足立区防災会議委員及び足立区国民保護協議会委員に、新たに区議会議員の代表の方に参加していただくために改正するものであります。  改正の概要でございます。足立区防災会議におきましては、委員要件に区議会議員を追加しております。また、委員総数を65名以内から70名以内に増員しております。  足立区国民保護協議会につきましては、委員総数及び幹事65人以内から70人以内に増員してございます。  新旧対照表につきましては、2ページ以降、添付させていただいておりますので、人数及び番号ずれを解消するものでございます。 ◆せぬま剛 委員長  質疑願います。 ◆針谷みきお 委員  1点だけです。定員のこの増の5名という考え方で言うと、少なくとも議会の会派構成をしている人たちには入っていただきたいという趣旨で捉えてよろしいですか。 ◎防災計画担当課長 4名程度予定をしております。 ◎危機管理部長 本条例案、ご決定いただいた後に区議会事務局関係の皆様、議員の皆様方とご相談する案件になると思いますが、現在のところ4名程度の方にご参加いただきたいと思っております。 ◆針谷みきお 委員  質問に答えていただきたいんですよ。少なくとも、私が言ったのは、区議会の会派を代表する議員は入れていただきたいという趣旨を含まれているんですかと、基本的な考え方を聞いているんで、どうするかということを聞いてない。 ◎防災計画担当課長 針谷委員のおっしゃるとおり、4名程度の会派……。       [「人数は聞いてない」と呼ぶ者あり〕] ◎危機管理部長 大変申しわけありません。各会派を意識してご提案をさせていただいているものであります。 ◆せぬま剛 委員長  他にありませんね。       [「なし」と呼ぶ者あり〕] ◆せぬま剛 委員長  他になしと認めます。  では、第117号議案、自民党。 ◆吉岡茂 委員  賛成です。 ◆たがた直昭 委員  賛成です。 ◆針谷みきお 委員  賛成です。 ◆おぐら修平 委員  何か先ほどの答弁ですと、なかなか何かはっきりなされないので、少数会派の枠はないのかなとか思いながらも、賛成をいたします。 ◆せぬま剛 委員長  一言申し上げましたね。  では、第117号議案は可決するべきものとすることにご異議ありませんか。       [「異議なし」と呼ぶ者あり〕] ◆せぬま剛 委員長  では、可決するものと決定いたしました。  第118号議案 東京女子医科大学東医療センターの建設及び運営等に関する基本協定です。  説明を求めます。 ◎政策経営部長 恐れ入ります、政策経営部の総務委員会議案説明資料の1ページをご覧ください。  東京女子医科大学東医療センターの建設及び運営等に関する基本協定についてでございます。  平成29年4月に覚書を取り交わしておりますので、その覚書に基づきまして、新東医療センターの建設及び運営を円滑に進めるために新たに協定を締結するものでございます。  3ページ以降に基本協定の文案のほう付けさせていただいております。  主な協定の概要ですが(1)です。土地の貸付、こちら3ページの第3条にございますが、貸付期間は50年とするということで、当初20年間は無償、その後は甲乙の協議により、おおむね10年単位で貸付期間を延長する、無償貸付期間を延長することができると規定をしております。  開設時期につきましては、第5条にあります2021年度に開設するもの。病床につきましては、第6条で450床規模、病院機能につきましては、これは第7条に記載しておりますが、以下の六つの病院機能を有するものと規定をさせていただいております。  診療科目につきましては、5ページの第8条にあります現東医療センターが本協定の締結時点で標榜する診療科目の他、先ほど説明してきました(4)番の病院機能の実現に必要な標榜診療科目を設置するという記載をさせていただいております。  6番の建設費等の助成ですが、こちらのほうは補助金の交付条例につきまして別途、厚生委員会のほうに付議をさせていただいておりますが、協定書の中では5ページの11条に記載しておりまして、建設助成費、また、先進高額医療機器の助成費のほうを計上させていただいております。議会のほうでご承認いただければ、12月19日に女子医大のほうと基本協定のほうを締結させていただきたいというふうに考えております。 ◆せぬま剛 委員長  質疑ありますか。 ◆針谷みきお 委員  議連でも議論していることであるんですが、ちょっと古い資料を見てみると、第118号議案の説明資料で、なぜか変わったなと思われるのが、病院機能の中のオのがん診察機能ということなんですが、これについては確か、かつての事前の話ではがん診察機能というよりがんセンターというような形で研究機能なんかも入っていたのかなというふうに、私はちょっと認識していたんで、この辺は事前の協議の中で、前の資料にそういうものがあったかどうかという点で言うと、私はあったと思っているんですけれども、その辺は女子医大との話し合いの中で、その辺は議論になったんでしょうか、ならなかったんでしょうか。 ◎長谷川 副区長  今の報告書のがん診療機能でございますけれども、これは先日、議連でもご説明しましたけれども、現在もがんの診療の機能を持っていますけれども、がんの拠点機能ということで、放射線治療もできるような形で充実をさせていくということで、女子医大のほうからは報告を受けておりますので、従前から広い意味でのがん診療機能というものを病院機能として記載させていただいているというところでございます。 ◆針谷みきお 委員  これはあくまでも私の、以前、実は区政報告ニュースというのを出したものですから、それをちょっとちらっと見たときに、そういう説明があったもんですから、もちろん女子医大は変えてないと言えば、それはそれでいいんですよ。  ただ、私的にはやはりがんというのは日本人の2人に1人が亡くなるような大変重要な、重要というか、何て言うか課題だと思うんでね、医師会も含めてね。そういう点で、ちょっとやはり研究もしていただいていくという点で、大学病院が来ることのメリットとしては、やはりそういうところも前進できるということを区民的には期待をされるんで、単に診察ということになると、それはどこの病院だって診察しますよね、ある意味。だからその辺の、ただ、放射線治療ができるというよりも、やはりがんを撲滅しようという国の50年計画もあるという中では、そういうのも是非、私は、本当は入れて欲しかったなと実は思っているんです、議連でうちの会派も出ていますからあれですけれども。その辺は、もし間に合うならばその辺のところもちょっと問合せをしてもらえないかなというふうに思っていますので、どうでしょう。
    ◎政策経営部長 先ほど長谷川副区長から答弁ありましたとおり、現在は地域がん診療病院と指定を受けておりまして、今後、地域がん診療連携拠点病院を目指すという中では、先ほど放射線治療の装置の導入ということもお話しましたが、化学療法等の所定の診療実績数だとか、あと、がん診療に当たる専従職員の確保、そういったところもありますので、十分充足していくのかなというふうに考えておりますので、今回の話につきましては、また、改めて女子医大のほうにも確認をしたいというふうに考えております。 ◎区長 研究機関、研究機能的な機能については、やはり本院のほう、大学病院がある本院のほうでなされているということですが、今、説明申し上げたとおり、非常に機能が上がるということですから、そこから病床例、様々な研究、実態の診療例が、要は病院のほうに、研究所のほうに上げられるということをもって連携強化、最終的には研究機能の強化というところに資する病院になってくるというふうに認識しております。 ◆おぐら修平 委員  私から、この6ページの協議会の運営の第14条に関連してのところなんですが、この協定の中では協議会を設置すると。その中で、土地は50年間貸付、最初20年無償貸付、その他、この前文のところにも、無償を前提にしたようなとも読み取れるような書き方なんですが、にもかかわらず、この協議会自体は2年間で終わるということは、これはどういう意図からこういうふうになっているんでしょうか。 ◎衛生管理課長 この協議会につきましては、既に平成29年に設置しまして、2回目を行いました。今後の開院後につきましても、地域支援病院としての役割をやっていただくためには、最低2年間につきましては協議をしっかりやっていきたいと、そういうのを考えて2年ということを設定させていただいたところでございます。 ◎長谷川 副区長  今回の協議会につきましては、まずは、東医療センターが足立区に移転をする整備及び立ち上げ後の運営についてご意見を伺うということで2年にしておりますけれども、実は、東医療センターにつきましては、区東北部の災害拠点中核病院ということで、地域医療連携については、別途、同じ区東北部医療圏、葛飾、荒川、それから足立の医療機関と定期的に交流をしている場がございますので、通常の地域医療連携については、そちらのほうで継続的に行っていくというふうに聞いております。 ◆おぐら修平 委員  交流は交流で、その横のつながりは非常に大事だと思いますし、それはそれで是非、継続して続けていただきたいんですが、一方で、区がこれだけの財政出動をして、土地もこれだけの期間、無償貸付して、様々な高額医療機器、もちろんこれはもう区民の悲願でもありますし、この施策に対して私も大いに賛成するところであるんですが、一方で、その2年後以降の様々な運営においても、やはり区がしっかりと中に入っていろいろな意見を言う、区民の要望を伝える、またいろいろなこの施策に対して区もちゃんとしっかり関与していく、それをちゃんと担保する仕組みというのは私は必要なんじゃないかと思うんですが、いかがでしょうか。 ◎長谷川 副区長  確かにこれだけの税金を投入するということで、区としては毎年、女子医大の財務状況の報告、それから医療内容等、区との協議の場は引き続き設けさせていただいております。 ◆おぐら修平 委員  財務内容、もろもろ、区との協議の場というのは、これは何らか正式にこの担保されるものなんでしょうか。 ◎長谷川 副区長  規定の中で、毎年、区のほうに女子医大は報告をする義務が設けられておりますので、その中で定期的に協議、それから財務状況のチェックを行っていくという形になっております。 ◆おぐら修平 委員  ちょっと違うところに移ります。  今回、この施設用途のところで、第9条のところで様々ありますが、この院内保育所について、これは区民も利用できるものなんでしょうか。また、例えば病児保育、これも、やはり協定も視野に入れたような対応が必要なんじゃないかと思うんですが、これはどのようになっていますでしょうか。 ◎資産管理課長 大病院整備担当課長を兼務しておりますので、私のほうからご答弁させていただきます。  この院内保育所につきましては、大学病院に従事する方の保育所でございますので、現段階では、区民の方の利用というのは考えていないというご回答をいただいております。 ◆おぐら修平 委員  あと、病児保育はどうなんですか。 ◎資産産管理課長 病児保育も同じように、この大学病院に従事する方のための保育所でございますので、区民の方のご利用は現段階では想定してないと聞いてございます。 ◆おぐら修平 委員  やはりそういうところはしっかり区民も利用できるような形で声を上げてちょっと協議していただきたいと思うんですけれども、どうでしょうか。 ◎長谷川 副区長  実は東部地域病院で、これから病児保育が展開されるということで話がありますので、私のほうから女子医大のほうに西の拠点としての病児保育についても、今、話を投げさせていただいております。実際、子ども家庭部も入って話をしましたけれども、ニーズがどの程度あるか、まだ、実態として東部地域病院のほうの運営状況を見てから考えたいということですので、一応、女子医大には病児保育についての課題については、私のほうから投げさせていただいているという状況でございます。 ◆おぐら修平 委員  病児保育についても、この院内保育についても、ここは是非、引き続き粘り強くこちらのお願いをいたします。  あと、東部地域病院が入るときに、随分古い話ですけれども、アモール東和が中に入って、院内のいろいろなお店、経営した例もありますけれども、今回この女子医大の移転につきましても、例えば地元の商店街が中に入って何かしら、こちら、レストラン、コンビニ、その他施設を設置することができると、カフェありますけれども、そういったものを地域の方が担っていけるような仕組みであるとか、例えば病院の中の清掃業務、それをその地域の事業者に、例えば障がい者の方なりの雇用に結び付けていくとか、そうしたいろいろな場面で、この地域の方々が関わっていく、そうした仕組みというのも構築していただきたいんですけれども、そこの辺は状況どういうふうになっていますでしょうか。 ◎長谷川 副区長  清掃業務についても、区内の事業者にというお話もさせていただいております。女子医大のほうからの回答は、まず、移転して1年は混乱をしないようにということで、現行事業者でいかせていただきたいということでございますけれども、運営が安定した以降につきましては、区内の事業者も含めて、ご提案をいただきたいというふうな話を聞いております。 ◆おぐら修平 委員  先ほど私、アモール東和の例を挙げましたけれども、そうした中でのいろいろなレストランなり、カフェなり、何なりというのはどうなんでしょうか。 ◎区長 地元の方からはおしゃれなカフェ、レストランというような需要も出ております。そうした地元のご要望に応えていくということも重要でございますので、またその辺についても検討させていただくということで、必ずしも地元の要望が地元の商店街が入るということではないところに、今、難しさを、質問を受けながら、感じておいたところでございます。 ◆渡辺ひであき 委員  この協定ができて、一気に東医療センターの開設が進むんだろうなというふうに思いました。  それは区民の皆さんにとっては物凄くうれしいニュースなんだろうというふうに思いますけれども、これが、議案通った後、まず最初に、どのような形で区民の皆さんにお知らせする、広報に載せたりするのか、そういうことも合わせて進んでいるんでしょうか。 ◎長谷川 副区長  この協定につきましては、協定の締結式を行うとともに、マスコミにもリリースをさせていただきますし、ホームページ、広報紙も含めて区民の皆様にも広く伝えていきたいというふうに考えております。 ◆渡辺ひであき 委員  何か、私どもまちを歩いていると、東京女子医大の財務状況悪くて話が進んでいないんだって、なんていうことを話す方もいらっしゃるんですね。これは不思議な話、そういうことをおっしゃる方は多分、意識がかなり高い方なんだろうというふうに思うんですね。でも、そうした方がそうしたことをおっしゃるということなんかを聞くと、やはりまだ区民の皆さんには、不安な材料はたくさんあるんだというふうに思いますんで、それをしていただくことで、一気に足立区内のニュースが、明るいニュースが区民の皆さんに流れていくというふうに思いますので、是非、注意してやっていただければというふうに思います。  それから、医療のことはよくわかりませんけれども、先進高額医療機器の助成費で5億円を上限として2分の1までということですが、よく聞くのは、最近、医療保険に先進医療の部分を付加してなんていう商品がよく売られていますけれども、「あれ入ってもなかなか受けられないんだよ、先進医療」という声を聞きます。というのは、先進医療をできる医師が少ないからだ。そして、機器がないかなということを聞くんですが、この5億円、トータルで言うと10億円分ぐらいの先進医療機器を仮に入れるというところまでは担保しているわけですけれども、そうすると、どれくらいの先進医療が受けられるのか、また、そうした医師の方々がどれぐらい配置されるのか、そういうところまでは、話をされているんでしょうか。 ◎衛生管理課長 まだ、先進機器……。 ◎区長 先方の副理事長とお話を伺ったときに、機器がないから、今、女子医大で行えないような先進的な手術もあるというふうに聞いております。  実際に、この5億円をどのような機器に使うかということについては、これからご相談になってくるかと思いますけれども、今、女子医大の本院でしか行えないようことを、是非こちらでも行いたいということで、機器については具体的にこういう機器でというお話をいただけるように聞いておりますので、実際にこの協定をご賛同いただけましたら、また、次の段階として具体的な内容についてご相談していきたいと考えております。 ◆渡辺ひであき 委員  まさに区長から答弁いただいた、是非いい方向で話を進めていただきたいと思うんですが、せっかくこれだけすばらしい病院の開設に向けて準備をしているわけで、ただ、先進医療機器はあっても、医師がいないで、先進医療が行えないということであれば宝の持ちぐされということになりますので、そこまで詰めて話をやっていただきたいと。よろしくお願いいたします。 ◆針谷みきお 委員  私もこの高度医療機器の、その5億円という、高度機器というのは5億円が限度で、大体揃うというこの根拠自体がよくわからなかったもんですから、そこだけ教えていただきたいです。もっと高いのがあるの、ないの。 ◎区長 これで、5億円で足りるということではございません。ただ、ご自身たちの中でも、もちろん経済的に手当てをする中で、一定程度この程度というふうなご要望は確かにあったことは事実でございます。5億円を頭にして、それ以上のものを持ってこないという話ではないということでご了解いただきたいと思います。 ◆針谷みきお 委員  議連もありますので、ちょうどいろいろな話の中で出てくるだろうと思うし、我々にも相談していただけるということだろうと思うんですね。  それで、代表質問の中で、答弁がはっきりしてなかったものがあるんで確認したいんですが、いわゆる聴覚障がい者の外来というのは、区の答弁では要望しているんだということなんですが、はたの議員の代表質問では入ってないという認識なんです。これはちょっとずれているので、ちょっと確認したいんですが、要するに、要望しているということなんだけれども、要望に入っていないよというのがずれたまま、そのまま終わっちゃったのね、本会議が。ちょっとそれを確認したいんですけれども。 ◎政策経営部長 聴覚障がい者の方の外来の設置ということで、女子医大のほうに確認したところ、通常の筆談で、ボードのそういった部分で受診を受けるような仕組みはあると。そういった中では、要望の中で障がいのある子どもも受診可能な医療設備、また、ある程度その障がいのある方々、子ども受けられる大人も受けられるというところで、ここで充足をしているというような形でお聞きしておりますので、そのような答弁をさせていただいたところでございます。 ◆針谷みきお 委員  いや、ちょっと違うんだよね。確かこれ品川の昭和医大だったか、ろう者協会との予算懇談、各党、多分やられているんで、そこで出された要望なんですけれども、筆談とかそういうのよりも、ろう者の方々というのは自分で発言できないわけですから、ここが痛いわ、あそこが痛いと言うとか、こういうふうな感じなんだよというのはやっぱり手話で対応してくれる病院だと非常にスムーズに診察に入れると言うんですよ。お医者さんのほうも、この人はここが悪いんだというのは凄くよくわかるんだけれども、筆談だとかそういうことではなかなか意思が伝わらない、病状が伝わらない。だから、やはりそういう担当をつくって欲しいという要望だったんですよ。  だから、今の話だとそれは普通の病院っちゃ何ですけれども、ある程度のところでもやっている。それで、しかも答弁というのは障がいのある子どもも受診可能という言い方してるんだけれども、これは、もうちょっとろう者の方、聴覚障がいの方に特化したものの要望だったので、その辺は、私やはり入っていないなという、今の話では感じを受けますので、そこはもうちょっと、別に今度の協定過ぎてもやれることなので、別にこの協定について云々じゃないんですけれども、そこはちょっと認識が違った状態なので、そこははっきりさせていただきたいということで、これは要望にしておきます。 ◆せぬま剛 委員長  要望でいい。 ◆針谷みきお 委員  はい。 ◆せぬま剛 委員長  その他、いいですか。       [「なし」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  それでは、第118号議案、東医療センターの協定です。意見願います。 ◆吉岡茂 委員  賛成です。 ◆たがた直昭 委員  賛成です。 ◆針谷みきお 委員  賛成です。 ◆おぐら修平 委員  賛成ではありますけれども、先ほど私が様々、るる質疑した内容について、十分、また引き続き粘り強く進めていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。 ◆せぬま剛 委員長  要望してね。  では、第118号議案は可決すべきものと決定することにご異議ありませんか。       [「異議なし」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  それでは、可決すべきものと決定をいたしました。  第119号議案 土地の貸付に伴う貸付料、権利金等の免除についてです。  説明を求めます。 ◎資産管理部長 資産管理部の議案説明資料の1ページをご覧ください。  土地の貸付に伴う貸付料、権利金等の免除についてでございます。  この度、東京女子医科大学の病院建設予定地として貸付けを予定しております区有地につきまして、契約の相手方に対する土地の貸付料・権利金・保証金全て免除することといたしたく議案を上程させていただくものでございます。  貸付期間は本年の12月の19日から20年間となってございます。  ご審議のほどよろしくお願いいたします。 ◆せぬま剛 委員長  質疑ありますか。       [「なし」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  それでは、質疑なしと認めます。  各党、意見願います。 ◆吉岡茂 委員  賛成です。 ◆たがた直昭 委員  賛成です。 ◆針谷みきお 委員  賛成です。 ◆おぐら修平 委員  賛成です。 ◆せぬま剛 委員長  では、第119号議案は可決すべきものと決定することにご異議ありませんか。       [「異議なし」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  ご異議ないと認め可決をされました。  ご苦労様でした。それでは、以下、直接担当でない方の退席を認めます。       [執行機関一部退席] ◆せぬま剛 委員長  では、請願・陳情の審査に入ります。  (1)27受理番号50 沖縄の米軍普天間飛行場代替施設建設の早期実現、沖縄米軍基地の整理縮小及び負担軽減を求める意見書の採択を求める陳情を単独議題といたします。前回は凍結・継続であります。  本件については、各会派で特に意見がなければ、引き続き凍結・継続といたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。       [「異議なし」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  それでは、ご異議ないと認め、凍結・継続とすることに決定をいたしました。  (2)28受理番号1 原発の再稼動ではなく、自然エネルギーへの大転換を求める意見書の提出を求める陳情を単独議題といたします。前回は、継続審査であります。  何かありますか。 ◎総務部長 特に変化はございません。 ◆せぬま剛 委員長  質疑ありますか。       [「なし」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  質疑なしと認め、それでは、自民党より意見願います。 ◆吉岡茂 委員  継続です。 ◆たがた直昭 委員  継続です。 ◆針谷みきお 委員  これは採択です。 ◆おぐら修平 委員  継続で。 ◆せぬま剛 委員長  では、28受理番号1は、継続審査に賛成の方の挙手を求めます。       [賛成者挙手] ◆せぬま剛 委員長  挙手多数であります。引き続き継続審査といたします。  28受理番号14 米軍属による女性殺害事件に抗議し、在沖米軍基地の整理・縮小と辺野古新基地建設計画の断念の意見書の提出を求める請願を単独議題といたします。前回は、継続審査であります。  何かありますか。 ◎総務部長 特に変化はございません。 ◆せぬま剛 委員長  質疑願います。 ◆針谷みきお 委員  前回、お約束していただいているんで、私は今ちょっと辺野古の基地建設というのは、国が、県が認めないと言っている土砂の搬出をやっているということもありまして、これはとんでもないことだと思っているんですが、それはともかく、前回の議論の中で、これについては、それぞれの態度は継続という発言をしている人がいるんですが、これについてどう思うのかということについて、私は見解を聞きたいということで、来月お答えしますということになっているんで、これは回答をお願いしたい。 ◆せぬま剛 委員長  オスプレイと核兵器禁止だよ、私が聞いているのは。  この請願に関してまでは言ってないよ。 ◆針谷みきお 委員  そんなことないよ、議事録では書いているもの。
          [発言する者あり] ◆せぬま剛 委員長  では、28受理番号14、自民党、意見願います。 ◆吉岡茂 委員  継続です。 ◆たがた直昭 委員  継続です。 ◆針谷みきお 委員  採択です。 ◆おぐら修平 委員  継続でお願いします。 ◆せぬま剛 委員長  では、28受理番号14は、継続審査に賛成の方の挙手願います。       [賛成者挙手] ◆せぬま剛 委員長  挙手多数であります。引き続き継続審査といたします。  29受理番号1 MV−22オスプレイの飛行差し止め・配備撤回等を求める意見書の提出を求める請願を単独議題といたします。前回は、継続審査であります。  何かありますか。 ◎総務部長 特に変化ございません。 ◆針谷みきお 委員  用意してきたんだから、答えてくださいよ。 ◆せぬま剛 委員長  聞いてくださいよ。 ◆針谷みきお 委員  では、前回のとおり、これについてのそれぞれの会派のご意見をお聞きしたいと思います。 ◆吉岡茂 委員  若干勉強してきました。オスプレイというのは、現在、配備されている、アメリカ軍が配備されている輸送ヘリコプターで、CH−46というのが配備されています。  それと比較しますと、オスプレイは最大速度が約2倍、それから搭載量は約3倍、それから、行動半径は約4倍となっているというようなことらしいです。即応性に格段にすぐれた機種となっている現状があります。  同機種の配備は、我々日本を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを今増す中、様々な緊張感を増している中、アメリカが高い性能を有するCV−22オスプレイを日本に配備することは、日米の抑止力、それから対処力を向上させるというような影響があるようです。アジア太平洋地域の安定にも資するものというふうに考えております。  オスプレイを含めまして、米軍機の飛行安全の確保というのは、これはアメリカ軍と、それから日本に駐留する上での大前提があって、安全確保等の問題については、日米同盟、日米の両国政府で緊密な連携がなされていると考えます。  考え方によってですけれども、たらればはもちろん想定することは大事なんですが、意見書出すことの裏返しの部分もあったりするものと私は考えますので、自民党の考え方としては、ここはもう日米両国政府で緊密な連携を更に深めてもらって、そして、安全性を担保していただくと、こういうような考え方をしております。 ◆たがた直昭 委員  一応、我が会派からも。基本的には、昨年の8月に沖縄県本部が確かに防衛省のほうにオスプレイの飛行訓練等々の反対、反対というか撤回は求めております。しかしながら、先ほど日米協定の話もありましたけれども、そういうことを踏まえると、国全体でも、様々な政治的な背景があるということでありますので、基本的には、うちは継続を、意見表明じゃないですよね。       [「意見じゃないの」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  では、意見願います。  もう公明党は、継続ね。 ◆吉岡茂 委員  継続です。 ◆針谷みきお 委員  今、吉岡委員の初めて発言していただいたので、これはやはりより活発にいく必要があると思うんですが、今の説明の中で、唯一、ちょっと事実と違うのはCV−22オスプレイというのは、我が国を守るためじゃないんですよ。これはもう明らかに、米海兵隊は、外国の要人を暗殺するとか、基地の潜入するとか、そういうことやろうとしているもので、そういう点で私は趣旨が違う理解をしているなと思うんで、その辺については、我が党としては、これはとんでもないものだというふうに思っているので、これは採択すべき、意見書は上げるべきと。 ◆おぐら修平 委員  こちらのこの請願のオスプレイの危険性だとか、あとはこれまでも質疑の中でも様々な、そうしたいろいろ事故の高さだとか安全性の問題については私もまさに同じような思いでおります。  それで、私、所属しますこの立憲民主党の中でも、枝野氏は、運用してみたら思った以上に問題が指摘されていると。安全性と必要性、県民に影響、これは沖縄のことですけれども、影響を与えない訓練など検証したいというふうな、昨年、あと政府に対して説明を強く求めるというコメント、見解も発表しているところでございますけれども、国の推移を見守りながら、また、そのまま継続していければと思います。継続でお願いします。 ◆せぬま剛 委員長  では、29受理番号1 オスプレイです。継続審査に賛成の方の挙手を求めます。       [賛成者挙手] ◆せぬま剛 委員長  挙手多数であります。今後とも継続審査をお願いいたします。  29受理番号27 衆議院議員選挙での一票の格差の是正を求める意見書の提出を求める陳情を単独議題といたします。前回は、継続審査であります。  何かありますか。 ◎選挙管理委員会事務局長 特に変化はございません。 ◆せぬま剛 委員長  特にありません。  質疑願います。       [「なし」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  質疑なしと認めます。  自民党、意見願います。 ◆吉岡茂 委員  継続です。 ◆たがた直昭 委員  継続でお願いします。 ◆針谷みきお 委員  これについては、前回も言いましたけれども、小選挙区制の比例定数の是正というよりも、やはり最も国民の意思が明確に示される都道府県別比例代表制度にすべきであるということであります。  しかし、態度は継続で結構です。 ◆おぐら修平 委員  継続でお願いします。 ◆せぬま剛 委員長  では、29受理番号27は継続審査とすることにご異議ありませんか。       [「異議なし」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  ご異議なしと認め、継続審査といたします。  (6)29受理番号31 日本政府に核兵器禁止条約の調印を求める意見書の提出を求める請願、(7)受理番号16 核兵器禁止条約に署名と批准を求める意見書の提出を求める陳情を一括議題といたします。  何かありますか。 ◎総務部長 特に変化はございません。 ◆せぬま剛 委員長  では、前回、針谷委員より、自民党に表明を求められておりますので、お願いいたします。 ◆渡辺ひであき 委員  自民党全体は、本当に、いつも申し上げているように、ウイングが広いんですけれども、公式に、針谷委員からちゃんと見解を申せということでございましたので、他の自治体にでも、同じようなものが出ているといけないということで東京都連のほうと調整して、以下、朗読をさせていただきます。  私たちは唯一の被爆国として核軍縮不拡散に主体的、積極的に取り組んできました。一方、核兵器禁止条約については保有国の賛同が得られていない現状から、条約への参加に対して慎重な立場をとっています。  核兵器の廃絶については、こうした現実を踏まえ、NPT核不拡散条約体制を維持しながら、核軍縮に取り組む対応が必要と考えます。  そして、私たちは核兵器禁止条約について、核兵器国と非核兵器国の間の対立を一層助長し、その亀裂を深めるものであるとの観点から、反対をしたと考えます。  他方、条約は賛成多数で採択されました。私たちは唯一の被爆国として、核兵器国と非核兵器国の協力を促進する立場から主張していく方針であります。NPT体制を維持し、核兵器国と非核兵器国の対立を回避し、現実的な核軍縮プロセスに取り組む我が国の基本的な姿勢と異なる立場であることから、現時点では核兵器禁止条約には賛同しかねるものと考えます。  私たちは現実的、実践的に、核のない世界を実現するために、着実に前進していきたいと考えており、核兵器国と非核兵器国との間の橋渡しを世界で唯一の被爆国として役割を担っていく方針でありますが、その目的は核兵器禁止条約への参加ではなく、現実的な核廃絶に向けた取り組みを着実に進めていくことと考えます。  以上であります。 ◆せぬま剛 委員長  そういうことです。でございますので、では、各党ご意見願います。  それを踏まえて自民党。 ◆吉岡茂 委員  2件とも継続です。 ◆たがた直昭 委員  うちとしても、核廃絶ということに関しましては、非保有国の協力が必要ということで、前回も山口代表のコメントを言わせていただきましたけれども、賢人会議というのが設置されましたので、国の推移を見守るということで、継続でお願いします。 ◆針谷みきお 委員  これは前回も私も言いましたように、この条約については大変重要なものであり、世論によって政治を変えていくと、核保有国にも、核廃絶の立場に立つということで言えば、この意見書を上げるべきだということで採択を主張します。 ◆おぐら修平 委員  私も採択。 ◆せぬま剛 委員長  採択2党です。  それでは、29受理番号31、同じく受理番号16、両請願・陳情、継続審査に賛成の方の挙手を求めます。       [賛成者挙手] ◆せぬま剛 委員長  挙手多数であります。継続審査といたします。  8番、受理番号12 オリンピック施設建設に従事している建設労働者の現場安全の徹底と労働者に温かな光をあてることを東京都に求める意見書の提出を求める陳情を単独議題といたします。前回は、継続審査であります。  何かありますか。 ◎経営戦略推進担当課長 特に変化ございません。◆せぬま剛 委員長  質疑願います。 ◆針谷みきお 委員  昨日だったもんですから、オリンピックの工事で亡くなった方が出たという点で言うと、その情報はご存じだと思うんですが、原因とかそういうのは聞いてないとは思うかもしれないんですけれども、ちょっとその辺、状況を知っていたら教えていただきたいんですが。 ◎経営戦略推進担当課長 すみません、現時点では存じ上げておりませんので。 ◆針谷みきお 委員  選手村の工事で40m落下して、50歳ぐらいの男性が死亡しているんですよ。この陳情上がっているというのは、現場の安全の徹底と労働者に温かい光をあてるということで東京都に求める意見書であります。  実際に、東京都の声明も出ているんですね、昨日。それはやはり原因を解明するということを言っていますので、これについては、状況によっては、意見書上げなきゃならない状況が生まれるかもしれないなというふうに思っています。  原因が解明されている状況じゃなくて、昨日の事故のやつが、テレビ等で放映されているので、その辺についてわかっているかなと思って聞いただけなんですが、そういう状況です。 ◆せぬま剛 委員長  そういうことがあったそうです。  他に。       [「なし」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  では、質疑なしと認めます。  意見願います。 ◆吉岡茂 委員  継続です。 ◆たがた直昭 委員  継続です。 ◆針谷みきお 委員  継続でいいんですけれども、場合によっては、今の現場の状況とかそういうので安全が確保されていない状況なんかがもしあるならば、意見書を上げるというのも選択肢かなとは思っておりますが、これで実は2人目なんですよ、亡くなっているのは、去年入れて。  ですから、今度、執行機関、その辺も含めて調べていただいて、次回出していただければと思います。  継続でいいです。 ◆おぐら修平 委員  継続でお願いします。 ◆せぬま剛 委員長  では、受理番号12は継続審査とすることにご異議ありませんね。       [「異議なし」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  では、継続審査といたします。  受理番号13 犯罪被害者等を支援する条例の制定を求める陳情を単独議題といたします。前回は、継続審査であります。  ありますか、何か。 ◎総務部長 特に変化ございません。 ◆せぬま剛 委員長  質疑願います。       [「なし」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  質疑なしと認めます。  意見願います。 ◆吉岡茂 委員  継続です。 ◆たがた直昭 委員  継続です。 ◆針谷みきお 委員  継続です。
    ◆おぐら修平 委員  継続です。 ◆せぬま剛 委員長  受理番号13は継続審査とすることにご異議ありませんか。       [「異議なし」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  ご異議なしと認め、継続審査といたします。  受理番号19 固定資産税及び都市計画税の軽減措置の継続について意見書の提出に関する請願でございます。新規付託であります。  これは報告事項(4)の東京都独自の固定資産税等軽減措置の概要及び東京都固定資産税(区部)の決算推移についてがございますので、これを踏まえて、今、一緒に説明を願いたいと思います。  執行機関お願いします。 ◎政策経営部長 恐れ入ります、政策経営部の総務委員会請願資料の1ページと、あと、報告資料の20ページをご覧いただければと思います。  請願につきましては、固定資産税及び都市計画税の軽減措置の継続についての意見書を提出する請願ということで、請願の中身につきましては、報告書の21ページのほうがわかりやすいと思います、21ページをご覧ください。  東京都独自の固定資産税の軽減措置の概要でございます。  今回、請願が出ておりましたのは、この記載の3件、小規模住宅用地につきましては、昭和63年以降、この記載の目的によりまして、都市計画税の2分の1を軽減している、また小規模非住宅用地につきましては、平成14年以降、記載の目的によりまして、固定資産税、都市計画税を2割減免しているものでございます。  また、商業地等につきましては、平成17年以降、記載の目的で固定資産税、都市計画税の負担水準65%に相当する税額までの軽減ということで、平成30年度実績を右端に記載をさせていただいております。  こちらの軽減措置につきまして、請願につきましては平成31年度以降も継続されるようにというようなご意見でございます。  参考に別紙2に、東京都の固定資産税の区部の決算額の推移のほうを記載させていただきました。 ◆せぬま剛 委員長  質疑願います。 ◆針谷みきお 委員  ちょっと紹介議員にお伺いしたいんですけれども、これ、我が党の立場としては誰が出そうと、いいものはいいということなんで、基本的なスタンスは賛成なんですけれども、毎回、2会派しか紹介議員に回ってこないんだよね。少なくとも、これ全会一致で通るものは、是非、紹介議員に、全党回りなさいよと言っていただきたいなというふうに思っていますんで、よろしくお願いします。要望でいいです、これ。 ◆せぬま剛 委員長  要望承りました。  質疑ありませんか、他に。       [「なし」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  なしと認めます。  それでは、受理番号19 固定資産税に関する請願です。意見願います。 ◆渡辺ひであき 委員  新規付託でありますけれども、請願の趣旨等については、全くそのとおりだというふうに思っておりますし、我が党、藤沼壮次議員、鹿浜昭議員、それから、与党でありますたがた議員も紹介議員になっておりますので、新規付託でありますけれども、採択を主張します。 ◆たがた直昭 委員  紹介議員でありますので、賛成です。 ◆針谷みきお 委員  本当に固定資産税の負担軽減というのは当然の要求でもありますので、我々も積極的に採択すると。 ◆おぐら修平 委員  これ、私たちも毎年、賛成しているわけでございます。採択でお願いします。 ◆せぬま剛 委員長  それでは採決をいたします。  本件は採択すべきものとすることにご異議ありませんか。       [「異議なし」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  ご異議ないと認め、当委員会としては採択と決定をいたしました。  次に(11)受理番号20 旧入谷南小学校跡地に入谷町会の集会所施設設置を求める陳情です。  新規付託でありますので、執行機関の説明を求めます。 ◎資産管理部長 資産管理部の陳情説明資料の1ページをご覧ください。  旧入谷南小学校跡地に入谷町会の集会所施設設置を求める陳情でございます。  陳情の要旨といたしましては、入谷町会の集会所施設を旧入谷南小学校跡地の区施設建築計画に盛り込むことを求めるというものでございます。  1番につきましては、現在の施設解体した後の区の跡地活用の基本的な考え方を記載のとおり、4点ほど書かせていただいてございます。  2番につきましては、町会会館整備の助成等について2点記してございます。  (1)につきましては、町会会館の整備に係る経費の一部を助成金として交付することができる助成要綱でございます。  対象は法人化した町会・自治会ということになってございます。  (2)番につきましては、区の土地の使用を認める場合の取扱要綱でございまして、対象は同じく法人化した町会・自治会ということと、それから、区有地につきましては200m2未満とするということになってございます。  2ページ、3番でございますが、足立区立地域集会所条例がございます。現在、この条例に基づきまして中央南地域集会所1カ所が設置されている状況でございます。  4番、今後のスケジュールにつきましては、今年度内に学校施設の使用停止いたしまして、2020年度にかけまして解体工事を行ってまいりたいと考えているところでございます。 ◆せぬま剛 委員長  質疑願います。 ◆針谷みきお 委員  毎年、この入谷町会のこの施設で、オウム、アレフの抗議デモ、集会、講演会などをやられていまして、今回の解体工事になると、その場所がなくなるということであります。地元ではそういう問題について早急にということで、現在は暫定的に入谷中学校の体育館で、この間も講演会をやったわけですけれども、この要望については当然の要望であり、また、アレフと闘う足立区、また、地域推進協議会の要望とも合致するものであるというふうに思っているんですが、ちょっと確認したいのは、いわゆる区有地の200m2未満で、町会が要望している施設の50坪程度の会場をつくるためには、2階建てぐらいにしないとだめなのかなという気はするんですが、その辺どうでしょうか。 ◎資産活用担当課長 区の要綱でいきますと、区有地200m2未満と、仮に200m2と想定しまして、ここの建ぺい率が60%ですので、1階の部分が120m2しかできないという形になりますので、もし仮に50坪、150m2以上のとなりますと、1階部分では無理ということで、先ほど針谷委員のお話ありましたとおり、2階建てが想定されるのかなと今、考えてございます。 ◆渡辺ひであき 委員  これが旧入谷南小学校更地になって、その後、現時点では跡地利活用の基本的な方針ということで、いろいろ羅列をされてやっていますけれども、こういうことを足立区でやるのは初めてなんで、本当に慎重に、でも、考えようによっては、各自治体の先進的な事例になるやというふうに思っておりますが、区ではどのような考えでしょうか。 ◎資産管理部長 先進事例等も十分に研究をしながら、どのような形で、でき上がった後の運営等もしっかりと行っていけるのかということについても十分配慮しながら、計画等について検討してまいりたいと考えてございます。 ◆渡辺ひであき 委員  災害時だけじゃなくて日常的な活動に資するものもできればいいなというふうに思っております。それと合わせて、この跡地の利用という意味で、入谷町会の集会所の陳情が出てきて、ごもっともなことだというふうに思いますので、後で態度は言いますけれども、是非是非良い方向で進めていただきたいなというふうに思います。 ◆せぬま剛 委員長  他にありますか。 ◆おぐら修平 委員  こちらのこの陳情説明資料の中で、2の町会会館整備の助成等についてということで、この制度を町会会館の助成に関して言いますと、設置する際、この対象がやはり法人化した町会・自治会が所有する会館ということでございます。これが仮にこの陳情、これ上がっていますけれども、これ入谷町会、法人化されてないんですね。恐らく区の執行機関の皆さんからしても、この辺がいろいろとこの地域の要望も思いもわかるけれども、その辺をどう担保していけばいいのか、恐らくネックになっている課題ではないかと思うんですが、その辺についてはいかがでしょうか。 ◎地域調整課長 おぐら委員のおっしゃるとおり、入谷町会につきましては法人化を目指してはいるんですが、なかなか、もう既に10年近く前に進まないというような状況は認識してございます。  また、今回の陳情の趣旨を読みますと、自分たちの施設を建てたいということではなくて、区の施設の建設計画に盛り込んで欲しいというような内容ではないかというような認識をしております。 ◆せぬま剛 委員長  他によろしいですか。       [「なし」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  なしと認めます。  それでは受理番号20です。自民党より意見願います。 ◆吉岡茂 委員  先ほどの渡辺委員の発言のとおり、先進的な一つの事例になるように、慎重かつスピード感を持ってしっかりと当たっていただきたいということで、採択を主張いたします。 ◆たがた直昭 委員  前回の委員会で、解体後のその後どういうふうになるんだということで、まだ青写真ができてないということの発言がありました。もう青写真が逆にできてから要望を出しても逆にそういう部分では今回良いチャンスかなと思いますので、前向きに検討していただきたいと思いますので、採択です。 ◆針谷みきお 委員  私も入谷町会に入っている唯一の議員なんで、町会長ともいろいろやっていますが、これは私も採択を主張します。 ◆おぐら修平 委員  先ほども先進的な事例ということでありました。まさにこの陳情の、こちらの要旨のこの趣旨のところでもありますけれども、今までのスキームと全く違う、先ほど質疑しました町会が自らこの会館建てるというのと全く違う趣旨でありまして、今までない事例ですので、執行機関の皆様もいろいろと、どういうふうにこの実務的なレベルでやっていけばいいのかというところ、いろいろ試行錯誤する部分はあると思うんですが、私、前回の総務委員会の中でも、こうしたいろいろな地域の要望を最大限に生かした形で、この跡地活用して欲しいということを発言もさせていただいているところで、この陳情を採択し、是非、前に進めていただきたいと思います。 ◆せぬま剛 委員長  各党からの意見は採択であります。  受理番号20 旧入谷南小学校の陳情は、採択することにご異議ありませんか。       [「異議なし」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  では、採択することに当委員会は決定いたしました。  以下の審査に直接担当でない方の退席を認めます。       [執行機関一部退席] ◆せぬま剛 委員長  それでは、次に所管事務の調査に入りますが、この人材育成に関する調査をいたしますけれども、何か質疑ありますか。 ◆おぐら修平 委員  今、人材育成のほうだけに関してなんですが、今現在、様々、いろいろと、現場で実施されていると思いますけれども、具体的に何かこう、今の取り組みであるとか、今後、この人材育成に関して、こうしたことを検討しているだとか、その状況についていかがでしょうか。 ◎人材育成課長 最近やった研修でございまして、ユニバーサルスタイル研修というのを実施いたしました。障がい者の目線だったり、体の弱い方の目線に立った、寄り添うような職員を育成するという研修をつい最近、実施いたしました。  今後もそのような傾向を続けるような研修計画をこれからつくっていきたいと考えております。 ◆せぬま剛 委員長  よろしいですか。       [「なし」と呼ぶ者あり]  では、他になしと認めます。  所管事務の調査を終了いたします。  担当でない方、どうぞご退席ください。       [執行機関一部退席] ◆せぬま剛 委員長  では、報告事項にまいりましょう。  (1)(2)(3)、先ほどの(4)を抜いて(5)まで政策経営部長、(6)資産管理部長、(7)選挙管理委員会事務局長、続けてお願いいたします。 ◎政策経営部長 政策経営部の総務委員会報告書の1ページをご覧ください。  足立区最高データ統括責任者補佐(CDO補佐)の採用についてでございます。  前回の総務委員会のほうで、CDO補佐2名を採用したいというようなご説明をいたしましたが、正式に12月1日付で2名の採用をいたしました。記載の、CDO補佐の主な役割につきましては、CDOを補佐しまして、庁内のデータの洗い出しや利活用を行う、また、それを職員について普及、浸透させるような役割を示していくということで、今回、2人の役割分担なんですが、当初は、今年度中につきましては、まずCDO補佐(1)(2)と、2人ありますが、まずは庁内データの状況把握と、あと、学術研究機関とのいろいろと外部提供をしていますので、その辺のルールの策定、これをまず今年度中に、両名に担当して整理をしていきたいと考えております。  続きまして、2ページでございます。地域BWA導入に向けた事業者との協定締結でございます。  こちらも前回の総務委員会のほうで、ご説明いたしましたが、正式に11月22日付でアイテック阪急阪神株式会社のほうと協定を締結しました。  協定書につきましては、3ページ、4ページのほうに添付をさせていただいております。  今後、平成31年の4月のサービス開始に向けて、まずは、区内ステーションの公衆無線Wi−Fi整備、また、防犯カメラのネットワーク化を進めていきたいというふうに考えております。  イメージ図につきまして、別紙2、5ページ以降のほうに付けさせていただいております。  今後ですが、小学校登下校のメール配信サービスや、子ども、高齢者の見守りサービス等の、区内の安全・安心を更に進めるようなサービスのほうを検討して進めていきたいというふうに考えております。  続きまして8ページをご覧ください。平成31年度当初予算各包括予算編成の状況についてでございます。  こちらはまず、現在の進捗の中間報告でございます。9ページ以降に各部の概要、方針を載せさせていただいていますので、ご確認いただければと思います。  現在、この内容についてはまだ未精査の部分もありまして、確定したものではございませんが、今後12月下旬からの区長査定を受けて、その結果を反映して1月下旬に当初予算案として確定して、また再度、ご説明をさせていただく予定でございます。  最後に、23ページでございます。公募型プロポーザル方式による足立区立学校ICT教育推進環境整備・支援業務委託の実施状況についてでございます。  こちらにつきましては、1番にある業務名につきまして、これから委託をかける予定でございます。  その業務内容につきましては、足立区ICT教育推進の基本方針に基づきまして、以下の、記載の5点の業務を実施するものでございます。  こちらの業務委託の期間につきましては、平成31年4月1日から2024年9月30日までの期間で、機器の納入につきましては、2019年の9月30日までの予定をしております。  今後、プロポーザルやる中で、学識経験者2名を含む計7名の選定委員のほうで構成いたしまして、提案内容上限が42億円とかなり大きな規模になりますが、1月の上旬に提案書提出を受け、2月中旬の事業選定に向けて作業を進めてまいります。
    ◎資産管理部長 恐れ入ります、本日、席上に配付させていただきましたマル新の資産管理部の報告資料1ページをご覧いただきたいと思います。  件名は、足立区公共施設等総合管理計画(平成29年4月発行)の訂正についてでございます。  この総合管理計画でございますが、私の手元に示させていただきますこの緑色の本でございますけれども、今後40年間の足立区の建物、道路などのインフラ施設の維持更新コストの低減目標を定めた計画となってございますけれども、この度、二つの誤りが発覚いたしましたので、お詫びしてご報告をさせていただくものでございます。  今回の二つの誤りに伴いまして、計画全体に影響はなかったことを確認しているところでございますが、このような重要な計画に誤りを生じさせたことにつきまして、大変重く受け止めているとこでございます。  まことに申しわけございませんでした。  資料の1ページでございますが、1点目の誤りにつきましては「平成26年度の維持更新コストの実績値」算定の誤りでございます。  表1にございますとおり、実績値の算定に当たりましては、主に建物と、道路・橋りょう等のそれぞれについて、投資的経費と経常経費の全てを合算しなければならないところ、建物については経常経費、道路・橋りょう等については投資的経費が不算入となっておりました。誤った算定値の合計は168億円でありますが、表2のとおり、全ての項目を合算いたしますと、正しくは261億円であることが判明したところでございます。  2ページをご覧ください。  2点目の誤りにつきましては、33年後から40年後の第5期における維持更新コストの目標値の算定方法に誤りがございました。  表3に示しますとおり、現計画では40年間を5期に分け、1期を8年間として、期ごとに五つの目標値を設定しております。その目標値につきましては、基本的に8年間の平均値を目標値に据えるべきところ、第5期につきましては、将来の目標値と直接結び付かない平成26年度の維持更新コストの実績値168億円を目標値に据えていた状況が発覚いたしました。第5期だけが他と違った算定を行っておりましたので、他の期と同様に8年間の平均値を目標値に据えるべきでございました。  正しい目標値を3ページに記載しておりますのでご覧ください。  第5期における8年間の平均値は168億円となりますので、今後は、第5期までに長寿命化等の実施による施設の維持更新コストの平均値180億円から更に7%を縮減した168億円とすることを現計画の数値目標といたします。  結果として数値は同じでございますが、目標値の算定方法の考え方に誤りがございましたので、お詫びを申し上げ、訂正させていただきます。  4ページをご覧ください。  新たな目標値の根拠となる長寿命化等によるコスト試算のグラフでございまして、青く囲った部分に長寿命化等のコスト試算による平均値を記しております。第2期から第5期までは、更なるコスト縮減手法を用いまして、1%から7%の縮減効果を見込み、最終的な目標額を赤く囲った部分に示しております。  今後の計画の進捗管理に当たりましては、8年ごとに中間評価や計画の見直しを行い、コストギャップが生じた場合の対応に努めながら、計画の実現を目指してまいりたいと考えております。  以上でございますが、今回の誤りを招いたことにつきまして、重ねてお詫びを申し上げ、ご報告とさせていただきます。 ◎選挙管理委員会事務局長 それでは、選挙管理委員会事務局、総務委員会報告資料の裏面1ページをご覧ください。  投票所の変更についてでございます。  今回、第8投票区の投票所を千寿青葉中学校から千寿小学校に変更するものでございます。  第8投票区につきましては、もともと千寿小学校が投票所でございましたが、改築のため千寿青葉中学校に変更しておりました。今回、千寿小学校のほうの改築工事が終了するということで、千寿青葉中学校から、また千寿小学校のほうに投票所を変更するものでございます。  なお、具体的な投票場所につきましては、新しい千寿小学校の体育館が建物の上階に設置されているということですので、校舎完成後、実際、現地を見まして、有権者の方の動線等を踏まえた上で、適切な投票場所を決めていきたいと考えております。  今後でございますが、投票所を間違えないように、ホームページ等で周知するともに、場合によりましては、千寿青葉中学校に投票日当日、人員を配置して、千寿小学校に誘導するようなことも考えてまいりたいと考えております。 ◆せぬま剛 委員長  何かありますか。 ◆たがた直昭 委員  時間もあれですので、2点だけ確認をさせていただきます。  今の総合管理計画の二つの過ちということで、ご説明がありましたけれども、もう1回確認しますが、大きな影響というのはないというふうに考えればよろしいですか。 ◎資産管理部長 結果といたしまして、変わっている部分ございませんので、大きな影響はないというふうに考えてございます。 ◆たがた直昭 委員  わかりました。  あともう1点、地域のBWAのことなんですけれども、7ページに4月から基地局の整備のイメージということで掲載をされております。7月には100局程度、区内全域をカバーということなんですけれども、例えば、この100局基地局配備、整備されたとしても、例えば入らないというのかな、と、カバーできないところというのはあるんですか。例えば地下に行ったらちょっと届かないよとかという、その辺についていかがですか。 ◎政策経営部長 やはり地下だとか通常、電波の通りにくい、届きにくいところに関しましては、なかなか行き届かないのかなというところがあります。それは開局した段階でまた通らないところがあれば、その辺は調査をしていきたいというふうに考えております。 ◆たがた直昭 委員  では、最後1点。私なんかどっちかと言うと、県境に住んでいるんですけれども、例えば区外とか県外に行った場合は、その辺はある程度の範囲しか届かないというふうに考えればいいんですか。 ◎政策経営部長 基本的にはエリアが決まっているエリアになります。ただ、この阪神阪急がやっているエリア、他のところで同じような事業をやっているエリアに関しては電波は通じるということも確認しております。 ◆せぬま剛 委員長  他にありますか。 ◆針谷みきお 委員  この公共施設の再配置の総合管理計画ですけれども、これ実は総務委員会で、今回、伊丹市にこの総合施設のマネジメントの視察に行ったんですよ。  そこでみんなびっくりしたことがあって、伊丹市では、いわゆる公共施設のマネジメント、具体的な管理計画をどうするのかという中で、これは誰かが質問したんですけれども、学校についてはどうするんだという話をしたら、子どもたちの少子化のもとで、いろいろなことを課題はあるけれども、学校というのは地域コミュニティの核であると。したがって、これを統廃合したり、縮小はしないと。基本的な方針の中で明確に書かれているんですが、これは集約複合化だということをはっきり言っていて、例えば具体的に出ているのは、学校の中に高齢者の福祉施設を入れるとか、子どもの発達支援センターを入れるとか、いわゆる複合化によって学校自体は存続をするというのは、基本方針として固めているので、学校どうするんですかという質問したときに、減らすことは全く考えていませんということを答弁があったんで、みんなびっくりしたと思うんですね、我々委員は。  それで、伊丹市というのは、ちょうど足立区と土地の大きさは半分ぐらいなんですけれども、人口は3分の1なんですよ。そこで、例えば足立区で言っている住区施設では、伊丹市は75カ所の集会施設があると、公民館的なものも含めてでしょうけれども、そうすると足立区より多いわけですよね。  だから、いわゆる行政のいろいろな計画というのはあるんだけれども、人口が減ったから縮減ありきではなくて、やはり区民サービスのために、そういう集会施設であるとか、地域コミュニティを核とする学校なんかは存続するというようなことも含めて、この計画というのは、基本的には人口減に沿って縮減していくということが基本にあるというふうに私は理解するんですけれども、その辺どうなんでしょうか。 ◎資産管理部長 将来的な人口減に備えて縮減していくということは想定されるのかなというふうに考えてございますけれども、縮減ですとか、あるいは施設の再配置といったようなことにつきましては、これから十分に検討していかなければならない課題だと認識してございます。 ◆針谷みきお 委員  私は今この時期に、確かに計算に入れていなかったという項目のことのことは誤りと言えば誤りかもしれないんだけれども、何かそこを特段、何か今、際立たせて、研ぎ澄ます必要があるのかなというのは、実は率直に言ったのというのが感想です。  やはりそういう行政需要、それから東京の場合は、残念ながら、国策で一極集中政策がとられている以上、まだ、少なくとも2040何年ぐらいまで人口減らない可能性があるんですよ、今の状況だとね。  だから、その中でこういう計画が検討されるというのは、私は、その先の話じゃないのというのが私の率直なあれなんですが、特に学校について見解をお伺いしたいのは、この伊丹市のように、地域コミュニティの核であることは間違いないと思うんですよ。例えば震災だって、今、地球の地殻変動が非常にあちこちで起きていて、いつ震災があるかわかりませんよね。そういうもとで、何百人が実際の震災のときに住まざるを得ない、東北の震災のときだったら、もう1年、2年とそこに住まざるを得なかったということを考えると、学校の統廃合というのは、私は基本的に大規模な避難所をなくすことですから、やはりこれはもう伊丹市のようにやめるということで、複合化していくという基本的なスタンスにしたほうが私はいいだろうというふうに思っているんですけれども、そういうことというのは検討したことないですか、学校についての。 ◎学校運営部長 もちろん学校につきましては、子どもたちの教育環境をどのようにすれば一番よくすることができるか、これを念頭に今進めております。しかしながら、おっしゃるように、学校については避難所になる、あるいは地域コミュニティの核になるということも、これ事実でございますので、もうそれも視野に入れながら、総合的に考えていくというスタンスでございます。 ◆針谷みきお 委員  これは葉養教育委員が、複合化という提案していますよね。読売新聞にも出ているということもありますんで、それは今、学校運営部長がおっしゃったように、是非そういう方向で、やはりトップも、地域コミュニティの核をなくすというのは、私はよくないし、また、そのために新しい土地を買う、江北・高野小学校じゃないけれども、そういうことを考えるよりも、今ある区有財産を有効に活用するということで言えば、複合化ということをね、もし仮に将来、子どもたちの人口減が止められなかった場合には、そういうこともあり得るかなと思っていますので、基本的にはそういう方向に、かじを切っていってもらいたいということで、この計画も含めて、是非その辺については、今後の課題にしていただきたいというふうに思っています。  それと、もう一つは予算編成方針。まだ決まっていないということなんですけれども、私、前から凄く疑問を持っていたのは、今あれですよね、この方針の中で、教育行政の部分で言うと、不登校時の生徒に寄り添った支援というのが子ども家庭部になっていますよね。  今、多分、不登校対策については、学識を交えた原因分析などをやっている最中だと思うんですけれども、足立区の不登校児が急速に増えたというのは平成24年以降、教育次長制度による学力対策がかなり進んだときと並行して、かつて2000年頃というのは、不登校児は300人ぐらいで、23区平均すると足立区は不登校は少なかったんですよ、2000年は。非常に子どもたちは、勉強はできたか、できないか、点数で言うとわからないけれども、学校を楽しみに来てたの、学校、みんな好きだったの。ところが、2000年以降、例の内藤教育長時代の学力テストの結果による予算の配分を強めるというようなこと辺りから、だんだんおかしくなってきていて、急激に不登校が増えてしまったということになると、これは全国的にそうなっているんではないんですよね、足立区だけがやったこの教育次長制度というもとで、足立区だけが突出して不登校が増えちゃったんです。  そうなると教育行政との関わりというのは絶対出てくるの。そうだとすれば、やはりこれは少なくともこの子ども家庭部という分野でこの問題を扱っていていいのかなと。学校で起きていることが、そのように反映しているという点で言えば、ある意味、私、ボトルネック課題が学力じゃなくて、先ほど言いましたように不登校だとするならば、ここの問題については学校との関わり、学校運営部、若しくは教育指導部だな。教育指導部との関わり合いをもっとはっきりさせなきゃいけないんじゃないかなというふうに思っていて、ここに入っているのはどうなのかなというふうに思っているんですが、その辺は多分、検討したことないというふうには思うんですが、不登校対策については、教育指導部との関わり合いをもっと強めていかなければならないというふうに私は思っているんですが、いかがですか。 ◎教育指導部長 不登校対策につきましては、私ども教育指導部のほうでは、まず初期対応、それから、長く長期欠席になってしまった場合には子ども家庭部ということで、教育委員会の中で一定の役割分担はできておりますけれども、不登校対策について、子ども家庭部任せということではなくて、これは教育委員会の中で一体で検討すべきものというふうに考えておりますし、事実、情報をきちんと共有しながら進めているところですので、一つ、どうしても部が分かれていると、予算がそこに付いているということにはなってしまいますが、決して子ども家庭部任せにはなっていないということでご理解を賜りたいというふうに思います。 ◎子ども家庭部長 今、教育指導部長からお話申し上げましたけれども、私どもも教育指導部と情報共有、同じデータのもとに、一人ひとりの子どもたちに対応していくということをやっております。  それから、必要な情報はともに、教育指導部の教員、学校の教員と我々のSSWですとか、職員と一緒になって子どもたちに対応しておりますので、どこの部でというんではなくて、教育委員会一体で取り組んでいるというふうに受け止めていただきたいと思います。 ◆針谷みきお 委員  私、これなぜこんなことを言っているかと言うと、この方針見ても、不登校児童・生徒に寄り添った支援という形で、ある意味かなり家庭的な問題とか、細部にいってんですよ。ミクロ的な分析に入っているのね。それは対策型だとかそういうのはもちろんあると思うんですよ。  ただ問題は、もっと大きな視野で、教育施策と不登校との関わり合いを解明するとすれば、もう少し大きく見なきゃいけないんですよ。だからその辺は狭く見ると見えなくなってしまうという。私、前、区長が出た大学の福岡先生がそのことを言っていて、生物学を見ても、人類、人間というのは、1年もたてば全部成分変わっちゃうんだというぐらいのことで言うと、細かなミクロ的な分析だけではわからなくなっちゃうよという指摘もしてることもあって、教育の問題というのは非常に難しい部分だと思うので、その辺は是非考えていただきたいし、そういう視野からこの問題を分析しないと、一向に不登校はなくならないと私は持っていますので、その辺、是非、今の体制ではこうなっちゃうかもしれないけれども、大きく見て捉えていただきたいということだけ指摘しておきます。 ◆渡辺ひであき 委員  簡単に何点か。まず、公共施設の総合管理計画の訂正については、ダブルチェックをすれば済むことだというふうに思いますんで、是非それはご留意をいただきたいというふうに思います。  質疑をしたいのは、足立区最高データ統括責任者補佐という方が2人採用されて、実質、今日は4日目だというふうに思いますけれども、接している方がいらっしゃったら、新しい血が入って、どんなようなご感想があるか、お聞きしたいと思います。 ◎政策経営部長 2名の方には、当日、私もお話をさせていただきまして、今回、前回の総務委員会でもかなり議会からも2名採用したということで注目を浴びていると。動き、これからの進捗についてもかなり期待はされているのでという言葉を掛けたところ、2人とも、かなり真剣な面持ちで、頑張るというようなご回答をいただきました。  過去の経験も含めて、だいぶ期待できると思いますので、また、進捗については適時ご報告させていただきたいというふうに考えております。 ◆渡辺ひであき 委員  あともう一つは、足立区立学校ICT教育推進環境整備・支援事業の委託の実施状況についてご報告がありましたけれども、これ物凄く心配しているのは、これが足立の子どもたちに施されるのは凄くいいことだというふうに思うんですけれども、その格差がぎゅっと広がる可能性があるなという思いがあるんで、先々、先々ですね。だから、今、就学前からタブレット端末や、そうしたものに触れているお子さんとそうでないお子さんがいたりして、要は就学した後も触れている時間の長い子と短い子があると、物凄い差がついて、同じように教育を施すことができるのかなということが起きるというふうに思うので、それについて事前に留意をされて欲しいなというふうに思うんですが、それについていかがですか。 ◎長谷川 副区長  実は私もこの選定の中に入っておりますけれども、その中の議論でも、ハードだけではなくてポイントとなるのは、ここに書いたICT支援員の派遣、人の部分でどうサポートしていくかということが非常に重要で、今回の選定の中でもその部分を大きく捉えいきたいというふうに考えております。 ◆おぐら修平 委員  1点、投票所の変更についてでございます。  今回、千寿青葉中学校から千寿小学校に投票所を変更することということですが、問題点・今後の方針のところに、3点、対策が羅列されていますが、チラシ等による周知、これはやはりそのエリアの方々に、1軒1軒、やはり各戸配布していくこと。また町会に、この辺の地域の加入率どれぐらいか、ちょっと私も把握していないですけれども、町会の掲示板とか回覧板とかも含めて、そうした、なかなか区のホームページ見ないと思うんです。アナログなこういう手法ですけれども、一人ひとり徹底した方法必要だと思うんですが、その辺の対策も合わせて考えていらっしゃるんでしょうか。 ◎選挙管理委員会事務局長 投票所を変更する場合につきましては、地元の町会等には職員が出向いて、役員会等でお話をさせていただいております。  その際にチラシ等も携えて周知を図ったりというようなことは考えていきたいと思っております。 ◆おぐら修平 委員  では、また、先ほど私申し上げた各戸配布、また、町会、回覧板、掲示板について、具体的なところは、まだこれからということですか。 ◎選挙管理委員会事務局長 具体的内容についてはこれから検討する状況になります。 ◆せぬま剛 委員長  他にありませんか。       [「なし」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  それでは、報告事項を終わります。 ◆せぬま剛 委員長  その他ありますか。       [「なし」と呼ぶ者あり] ◆せぬま剛 委員長  その他なしと認めます。  それでは、本日の総務委員会を終了いたします。       午後零時11分閉会...