ツイート シェア
  1. 杉並区議会 2019-08-01
    令和 元年第2回臨時会−08月01日-15号


    取得元: 杉並区議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-24
    令和 元年第2回臨時会−08月01日-15号令和 元年第2回臨時会              令和元年第2回臨時会             杉並区議会会議録(第15号) 令和元年8月1日 午前10時01分開議 出席議員48名 1 番  佐 々 木  千  夏      25番  中  村  康  弘 2 番  ほらぐち  と も こ      26番  北     明  範 3 番  田  中 ゆうたろう      27番  川 原 口  宏  之 4 番  堀  部  や す し      28番  大  泉  やすまさ 5 番  松  尾  ゆ  り      29番  井  原  太  一 6 番  奥  山  た え こ      30番  大 和 田     伸 7 番  野  垣  あ き こ      31番  今  井  ひ ろ し 8 番  奥  田  雅  子      32番  浅  井  く に お 9 番  松  本  みつひろ      33番  金  子 けんたろう 10番  木  梨  もりよし      34番  富  田  た  く 11番  ひ わ き     岳      35番  くすやま  美  紀 12番  関  口  健 太 郎      36番  け し ば  誠  一
    13番  川  野  たかあき      37番  新  城  せ つ こ 14番  山  本  ひ ろ 子      38番  岩  田  い く ま 15番  わたなべ  友  貴      39番  太  田  哲  二 16番  國  崎  た か し      40番  大  槻  城  一 17番  矢  口  やすゆき      41番  渡  辺  富 士 雄 18番  松  浦  威  明      42番  島  田  敏  光 19番  酒  井  ま さ え      43番  安  斉  あ き ら 20番  山  田  耕  平      44番  脇  坂  た つ や 21番  そ  ね  文  子      45番  吉  田  あ  い 22番  小  林  ゆ  み      46番  大  熊  昌  巳 23番  藤  本  な お や      47番  小  川  宗 次 郎 24番  山  本  あ け み      48番  井  口  か づ 子 出席説明員       区長             田 中   良       副区長            宇賀神 雅 彦       副区長            吉 田 順 之       政策経営部長         関 谷   隆       施設再編・整備担当部長事業調整担当部長情報・行革担当部長                      喜多川 和 美       総務部長           白 垣   学       危機管理室長         寺 嶋   実       区民生活部長         渡 辺 幸 一       地域活性化担当部長オリンピック・パラリンピック連携推進担当部長                      岡 本 勝 実       産業振興センター所長     齋 木 雅 之       保健福祉部長         森   雅 之       高齢者担当部長        田部井 伸 子       健康担当部長杉並保健所長   増 田 和 貴       子ども家庭部長        徳 嵩 淳 一       都市整備部長         有 坂 幹 朗       まちづくり担当部長      茶 谷 晋太郎       土木担当部長         友 金 幸 浩       環境部長           齊 藤 俊 朗       会計管理室長(会計管理者)   南 雲 芳 幸       政策経営部企画課長事務取扱政策経営部参事                      伊 藤 宗 敏       総務部総務課長        寺 井 茂 樹       教育長職務代理        對 馬 初 音       教育委員会事務局次長     田 中   哲       教育企画担当部長       白 石 高 士       学校整備担当部長       中 村 一 郎       生涯学習担当部長中央図書館長 安 藤 利 貞       選挙管理委員会委員長     織 田 宏 子       代表監査委員         上 原 和 義       監査委員事務局長       手 島 広 士         令和元年第2回杉並区議会臨時会議事日程第1号                                 令和元年8月1日                               午前10時01分開議 第1 会期について 第2 議会運営委員会委員の選任の報告について 第3 議案第52号 杉並区立子供条例及び杉並区保育料等に関する条例の一部を改正する条例 第4 議案第53号 杉並区子ども・子育て支援法の一部を改正する法律附則第4条に規定する児童福祉法第59条の2第1項に規定する施設に関する経過措置に関する条例 第5 議案第54号 損害の賠償について 第6 議案第55号 令和元年度杉並区一般会計補正予算(第2号) ○議長(井口かづ子議員) これより令和元年第2回杉並区議会臨時会を開会いたします。  本日の会議を開きます。  区長から挨拶があります。  区長。       〔区長(田中 良)登壇〕 ◎区長(田中良) 本日は、令和元年第2回区議会臨時会を招集いたしましたところ、御出席をいただきまして、まことにありがとうございます。  本臨時会で御審議をいただきます提案案件は、条例案件が2件、損害の賠償が1件、補正予算が1件の計4件でございます。  何とぞ慎重な御審議の上、原案どおり御決定くださいますようお願いを申し上げまして、御挨拶といたします。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(井口かづ子議員) 説明員は、電子データにより御配付してあります説明員一覧のとおりであります。  会議録署名議員を御指名いたします。  5番松尾ゆり議員、43番安斉あきら議員、以上2名の方にお願いをいたします。   ──────────────────◇────────────────── ○議長(井口かづ子議員) これより日程に入ります。  日程第1、会期についてであります。  議会運営委員会の報告を求めます。  議会運営委員会委員長、30番大和田議員。       〔30番(大和田議員)登壇〕 ◆30番(大和田議員) 令和元年第2回杉並区議会臨時会会期につきましては、当委員会の審査において特段の質疑及び意見もなく、採決の結果、委員全員の賛成をもって、本日から8月2日までの2日間とすべきものと決定しております。  本会議におかれましても、当委員会の決定どおり御議決くださいますようお願い申し上げまして、報告を終わります。 ○議長(井口かづ子議員) お諮りいたします。  本臨時会会期は、議会運営委員会の決定どおり、本日から8月2日までの2日間とすることに異議ありませんか。       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(井口かづ子議員) 異議ないものと認めます。よって、本臨時会会期は、本日から8月2日までの2日間とすることに決定をいたしました。   ──────────────────◇────────────────── ○議長(井口かづ子議員) 日程第2、議会運営委員会委員の選任の報告についてであります。  去る7月24日、今井ひろし議員より、議会運営委員会の委員の辞任願が議長宛てに提出されましたので、委員会条例第10条第1項ただし書きの規定によりこれを許可し、同日付で、同条例第5条第2項の規定に基づき、脇坂たつや議員議会運営委員会委員に指名いたしましたので、御報告をいたします。  以上で日程第2を終了いたします。   ──────────────────◇────────────────── 議案第52号    杉並区立子供条例及び杉並区保育料等に関する条例の一部を改正する条例  上記の議案を提出する。   令和元年8月1日                 提出者 杉並区長   田  中    良 議案第53号    杉並区子ども・子育て支援法の一部を改正する法律附則第4条に規定する児童福祉法第59条の2第1項に規定する施設に関する経過措置に関する条例  上記の議案を提出する。   令和元年8月1日                 提出者 杉並区長   田  中    良
    議長(井口かづ子議員) 日程第3、議案第52号杉並区立子供条例及び杉並区保育料等に関する条例の一部を改正する条例、日程第4、議案第53号杉並区子ども・子育て支援法の一部を改正する法律附則第4条に規定する児童福祉法第59条の2第1項に規定する施設に関する経過措置に関する条例、以上2議案を一括上程いたします。  理事者の説明を求めます。  宇賀神副区長。       〔副区長(宇賀神雅彦)登壇〕 ◎副区長(宇賀神雅彦) ただいま上程になりました議案第52号杉並区立子供条例及び杉並区保育料等に関する条例の一部を改正する条例につきまして、御説明を申し上げます。  区市町村の長が子供のための教育保育給付の対象となる施設等として確認した保育所等の保育料は、子ども・子育て支援法施行令に定める額を限度として区市町村が定めることとされており、区では、区立子供園に係る保育料は杉並区立子供条例、その他の保育料は杉並区保育料等に関する条例で定めているところでございます。  このたび、子育てを行う家庭経済的負担の軽減を図るため、子ども・子育て支援法施行令の一部が改正され、幼稚園等を利用する子供及び保育所等を利用する3歳以上児等に係る保護者について、政令で定める利用者負担額の上限額をゼロ円とすることとされたところでございます。  このことに伴いまして、3歳以上児等の保育料を無料とする等の必要があるため、この条例案を提出するものでございます。  なお、関連する2件の条例につきまして、条立てで改正することとしております。  それでは、改正の内容につきまして御説明を申し上げます。  まず、第1条は、杉並区立子供条例の一部を改正するものでございます。  短時間保育及び長時間保育に係る保育料の額をゼロ円とすることとしております。  次に、第2条は、杉並区保育料等に関する条例の一部を改正するものでございます。  資料2をごらんください。幼稚園等を利用する子供並びに保育所等を利用する3歳以上児及び区民税非課税世帯に属するゼロ歳児から2歳児までの保育料の額をゼロ円とするほか、子ども・子育て支援法の改正に伴う規定の整備を行うものでございます。  最後に附則でございます。  施行期日は令和元年10月1日としております。  附則第2項及び第4項は、改正後の保育料に係る規定は、令和元年10月以後の月分の保育料について適用することとするものでございます。  附則第3項及び第5項は、令和元年度に限り、4月から9月までの月分の保育料の額は前年度分の区民税により決定することとするものでございます。  附則第6項は、令和元年第2回区議会定例会で御議決いただきました杉並区立子供条例の一部を改正する条例の一部を改正するものでございまして、所要の規定の整備を図るものでございます。  以上で説明を終わります。  議案の朗読は省略させていただきます。  引き続きまして、議案第53号杉並区子ども・子育て支援法の一部を改正する法律附則第4条に規定する児童福祉法第59条の2第1項に規定する施設に関する経過措置に関する条例につきまして、御説明を申し上げます。  このたび子ども・子育て支援法の一部が改正され、子供のための教育保育給付の対象外であるいわゆる認可外保育施設等につきまして、区市町村は、内閣府令で定める基準を満たす施設等のうち、区市町村の長が確認したものを支給要件を満たした子供が利用した際に、子育てのための施設等利用給付として施設等利用費を支給することとされたところでございます。  また、法改正に伴う経過措置といたしまして、法の施行日から5年間は、内閣府令で定める基準を満たさない認可外保育施設についても、施設等利用費の支給の対象となることとされたところでございますが、条例で定めるところにより、条例で定める基準を満たす認可外保育施設に限り施設等利用費を支給することができることとされたところでございます。  このことに伴いまして、認可外保育施設に関する経過措置に係る施設等利用費の支給について、対象となる施設基準を定める必要があるため、この条例案を提出するものでございます。  なお、この条例で定める基準は、内閣府令で定める基準と同様のものとしております。  それでは、条例案の概要につきまして御説明を申し上げます。  題名は、「杉並区子ども・子育て支援法の一部を改正する法律附則第4条に規定する児童福祉法第59条の2第1項に規定する施設に関する経過措置に関する条例」としております。  第1条はこの条例の趣旨を、第2条は用語の定義を定めております。  第3条は、区は、認可外保育施設に関する経過措置に係る施設等利用費の支給については、各号で定める基準を満たす施設が提供する保育を受けたときに限り行うものとするものでございます。  第1号は、1日に保育する子供の数が6人以上の認可外保育施設基準を定めるものでございます。  アは、保育に従事する者の数及び資格に関する基準といたしまして、その数が子供年齢に応じて一定の人数以上であることとするとともに、総数のおおむね3分の1以上は保育士等の資格を有する者であること等としております。  イは、保育室等の構造、設備及び面積規則で定める基準を満たしていることとするものでございまして、規則におきまして、保育室の面積子供1人につきおおむね1.65平方メートル以上であること等とする予定でございます。  ウは、非常災害に対する措置に関する基準といたしまして、消火用具、非常口、その他非常災害に際して必要な設備が設けられていること、非常災害に備えて定期的な訓練が実施されていること等としております。  エは、保育の内容等に関する基準といたしまして、子供一人一人の心身の発育及び発達の状況を把握し、保育内容が工夫されていること、緊急時における保護者との連絡体制を整備されていること等としております。  オは、給食に関する基準といたしまして、調理室、調理器具、配膳器具、食器等の衛生管理が適切に行われていること等としております。  カは、健康管理及び安全管理に関する基準といたしまして、身長及び体重の測定等、基本的な発育状態の観察が毎月定期的に行われていること、事故防止の観点から施設内の危険な場所、設備等について適切な安全管理が図られていること等としております。  第2号は、1日に保育する子供の数が5人以下の認可外保育施設に関する基準でございます。  保育に従事する者の数が子供おおむね3人につき1人以上であること、そのうち1人以上は保育士等の資格を有する者、または都道府県知事が行う研修を修了した者であること等としております。  第3号は、居宅訪問型保育事業を行う認可外保育施設のうち、複数の保育に従事する者を雇用している施設に関する基準でございます。  保育に従事する者の数が子供おおむね1人につき原則1人以上であること、保育に従事する全ての者が保育士等の資格を有する者または都道府県知事が行う研修を修了した者であること等としております。  第4号は、その他の居宅訪問型保育事業を行う認可外保育施設に関する基準でございます。  保育に従事する者の保育する子供の数が原則1人であること、保育に従事する者は保育士等の資格を有する者または都道府県知事が行う研修を修了した者であること等としております。  最後に、施行期日は令和元年10月1日としております。  以上で説明を終わります。  議案の朗読は省略させていただきます。  よろしく御審議の上、原案どおり御決定くださいますようお願い申し上げます。 ○議長(井口かづ子議員) お諮りいたします。  ただいまの2議案につきましては、いずれも保健福祉委員会に付託して異議ありませんか。       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(井口かづ子議員) 異議ないものと認めます。よって、いずれも保健福祉委員会に付託することに決定をいたしました。   ──────────────────◇────────────────── 議案第54号    損害の賠償について  上記の議案を提出する。   令和元年8月1日                 提出者 杉並区長   田  中    良 議案第55号    令和元年度杉並区一般会計補正予算(第2号)  令和元年度杉並区の一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,660,192千円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ193,446,348千円とする。 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。   令和元年8月1日提出                     杉並区長   田  中    良 ○議長(井口かづ子議員) 日程第5、議案第54号損害の賠償について、日程第6、議案第55号令和元年度杉並区一般会計補正予算(第2号)、以上2議案を一括上程いたします。  理事者の説明を求めます。  宇賀神副区長。       〔副区長(宇賀神雅彦)登壇〕 ◎副区長(宇賀神雅彦) ただいま上程になりました議案第54号損害の賠償についてにつきまして、御説明を申し上げます。  このたび、東京都商店街チャレンジ戦略支援事業費補助金交付要綱及び東京都新・元気を出せ!商店街事業費補助金交付要綱の規定に基づく補助事業であるハロー西荻事業及び西荻おわら風の舞事業において、偽りその他不正の手段により補助金請求を行ったことを理由に、東京都からこれらの事業に関する補助金の交付決定を取り消され、当該取り消しに係る部分について、平成26年度から平成30年度までの補助金の返還の請求を受けました。補助金の返還に伴って、当該補助金を区が受領した日から返還する日までの日数に応じた違約加算金を納付する必要があるため、本議案を提出するものでございます。  賠償金額に当たる違約加算金の5年間の総額は、497万5,723円でございます。  補助金を交付する立場にある区といたしまして、このような不祥事が起こりましたことにつきまして深くおわびを申し上げます。今後、こうした事案が再び起こらないよう、審査方法等を見直すなど、再発防止に力を入れてまいります。  以上で説明を終わります。  議案の朗読は省略させていただきます。  なお、議案第55号令和元年度杉並区一般会計補正予算(第2号)につきましては、政策経営部長から御説明申し上げますので、よろしくお願いいたします。 ○議長(井口かづ子議員) 政策経営部長。       〔政策経営部長(関谷 隆)登壇〕 ◎政策経営部長(関谷隆) 続きまして、議案第55号、一般会計補正予算(第2号)につきまして御説明を申し上げます。  今回の補正予算は、幼児教育保育の無償化に係る事業、及び商店会による補助金不正受給に伴う東京都への補助金の返還等に要する経費など、新たな事情の変化や緊急性の観点から計上したもので、補正事業10事業及び財源更正4事業について補正をお願いするものでございます。  それでは、初めに、財政計画について御説明を申し上げますので、一番最後のページ、29ページをお開きください。  一番右側の差引欄で御説明いたしますが、歳入の一般財源では、幼児教育保育の無償化の実施に伴う地方負担分として地方特例交付金を見込み、10億9,700万円の増額となっております。  また、特定財源につきましては、国庫支出金や都支出金の増額などにより5億3,900万円の増額となっております。  歳出につきましては、幼児教育保育の無償化に係る事業など合計10事業、16億6,000万円の補正を行うものでございます。  この結果、補正後の財源保留額は3億400万円となっております。  それでは、議案に戻りますので、1ページをお開きください。 議案第55号    令和元年度杉並区一般会計補正予算(第2号)  令和元年度杉並区の一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。  (歳入歳出予算の補正) 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,660,192千円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ193,446,348千円とする。  以下、記載のとおりでございますので、朗読は省略させていただきます。  次に、10ページをお開きください。歳入でございます。  1款特別区税でございますが、財源保留しておりました特別区民税について、今回の補正に必要な金額を計上してございます。  次に、9款地方特例交付金でございますが、幼児教育保育の無償化の実施に当たり、法令上の地方負担に対して、その財源となる地方消費税が令和元年度において平準化しないため、今年度に限り全額国費により補填されることに伴い、記載の金額を計上するものでございます。
     次に、12款分担金及び負担金でございますが、12ページの13款使用料及び手数料と、16ページの20款諸収入と合わせまして、今回の幼児教育保育の無償化に伴い対象の保護者からの負担金について、それぞれ記載の金額を減額するものでございます。  次に、12ページにお戻りください。14款国庫支出金でございますが、16ページまでの15款都支出金と合わせまして、こちらも幼児教育保育の無償化に伴うものでございまして、法令上の負担や実施に当たっての事務経費等の補助として、それぞれ記載の金額を増額または減額するものでございます。  次に、18ページをお開きください。歳出でございます。  2款総務費でございますが、今回の幼児教育保育の無償化に伴う財源措置により、区としては増収となることから、今後の法人住民税の交付税原資化など、不合理な税源偏在是正措置の影響拡大を見据え、財政調整基金に積み立てることといたしまして、記載の金額を計上するものでございます。  次に、20ページをお開きください。3款生活経済費でございますが、今般の商店会による補助金不正受給に伴い都から返還請求のあった補助金に係る返還金及び違約加算金について、記載の金額を計上するものでございます。  なお、区から商店会への返還請求につきましては、今後、不正内容等についてさらに検証し、返還額を確定した上で、別途歳入計上してまいります。  次に、22ページの4款保健福祉費から24ページの7款教育費でございますが、こちらは幼児教育保育の無償化に伴うものでございまして、それぞれ記載の金額を増額または減額するものでございます。  以上で説明を終わります。  議案の朗読は省略させていただきます。  よろしく御審議の上、原案どおり御決定くださいますようお願い申し上げます。 ○議長(井口かづ子議員) お諮りいたします。  ただいまの2議案につきましては、いずれも総務財政委員会に付託して異議ありませんか。       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(井口かづ子議員) 異議ないものと認めます。よって、いずれも総務財政委員会に付託することに決定をいたしました。  議事日程第1号は全て終了いたしました。  本日はこれにて散会いたします。                                午前10時21分散会...