812件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新発田市議会 2022-10-05 令和 4年 9月定例会−10月05日-05号

小中学校へのタブレットが導入され、ICT活用授業が行われておりますが、タブレット活用学校間や先生間によって大きく差が出ております。教育環境平準化という点ではまだまだ問題があると言えます。特にコロナ禍の療養の中で学習の遅れを取り戻す使い方や教師とのコミュニケーションを図るための利用など、高額の資金をかけてのタブレット導入に対し、現状におけるさらなる工夫と努力が必要と考えます。

新発田市議会 2022-09-09 令和 4年 9月定例会-09月09日-02号

令和3年に市内小中学校児童生徒に1人1台タブレット端末が配備され、ICT活用した教育活動が展開されております。ICT活用した教育活動には大いに期待できる一方で、行政としては財政負担、家庭にとっては経済的負担が懸念される面もあり、今後のGIGAスクールを展開していく上で課題もあるのではないかと考えております。今後の当市の考えをお聞きします。  

新発田市議会 2022-06-09 令和 4年 6月定例会-06月09日-02号

南バイパス、それから五十公野バイパスについては、市からは県道に入るわけですけども、その辺の設置する場所なんかもやはり考えなきゃいけないかなというふうに思いますけども、併せてICT化を利用したところの、そういうそれこそ会津ロードとでもいいましょうか、それと併せて旧赤谷線もありましたから、そういうところの歴史、文化もしっかり取り入れた観光新発田市ということでやっていければなというふうに思っております。

新発田市議会 2022-03-16 令和 4年 一般会計予算審査特別委員会(社会文教関係)−03月16日-01号

その下の丸及び4つ下の丸、GIGAスクール運営支援センター整備事業費国庫補助金は、それぞれ小学校、中学校における1人1台のタブレット端末配備に伴いまして学校ICT支援セキュリティー対策等を行う業務委託に係る国庫補助でございます。  63ページをお願いいたします。

新発田市議会 2022-03-11 令和 4年 2月定例会-03月11日-04号

強みだった食品産業のみならず、ICT化やインターネット関連産業誘致や脱炭素社会を見据えた産業など新産業誘致も具体化すべきと考えますと述べました。ところが、4年度当初予算案では努力の跡は見られるものの、まだ弱いままではないのでしょうか。今後の産業振興策はどうあるべきか、産業振興を促す環境整備はどうあるべきか、昨年に引き続き市長見解と今後の方針を伺います。  

新発田市議会 2022-03-07 令和 4年 3月 7日社会文教常任委員会−03月07日-01号

201ページ、上段の下のほうにございます小学校費国庫補助金の最初の丸、学校保健特別対策事業国庫補助金は、先ほどご説明いたしました小学校管理運営事業に充当する国庫補助金、次の丸、学校施設環境改善国庫交付金小学校施設整備事業に充当する国庫補助金、次の丸、学校ICT活用した授業環境高度化推進事業国庫補助金小学校コンピュータ教育推進事業に充当する国庫補助金でございます。  

新発田市議会 2022-02-28 令和 4年 2月定例会-02月28日-02号

もともとは教育現場でのICT化を進めるための政策であったものがコロナ禍により大きく前倒しされ、現段階では学習保障の側面が強くなっていると感じております。GIGAスクール構想により、1人1台端末通信ネットワークが整備され、新たな取組が始まっている一方、活用においては学校間や教師間での格差もあると聞いております。  

新発田市議会 2022-02-24 令和 4年 2月定例会-02月24日-01号

国のGIGAスクール構想に基づく学校教育ICT化が一気に加速いたしました。これまではコンピューターを使えるように学習していたものが、今ではコンピューターをツールとして使い、各教科の学習を行うようになっています。各学校がこの流れに乗り遅れることがないよう、ICT支援を引き続き行ってまいります。  

新発田市議会 2022-01-31 令和 4年 1月臨時会−01月31日-01号

次に、新発田市では、小中学校の双方向によるICT化教育の実施ができていません。ある学校では、端末が連絡のみに使われている学校があります。教職員の方々が集中してICT教育が実施できるよう、さらなる人的配置研修のための予算措置が必要であったと考えます。  次に、市街地店舗支援するための緊急経済対策事業は、従来どおりのプレミアム商品券飲食券などの発行になっています。

新発田市議会 2021-12-15 令和 3年12月定例会−12月15日-04号

議第67号 新発田特定教育保育施設及び特定地域型保育事業運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について、担当課長説明後、質疑では、電磁的に事務的なものが可能になることで業務負担軽減はどうなるのかの質疑に、園のICT化の進め方次第で、私立園であればお任せしているが、進めば進むほど園の事務負担は少なくなると思うとの答弁。  

新発田市議会 2021-12-08 令和 3年12月 8日社会文教常任委員会−12月08日-01号

この場合の電磁的媒体といいますかは、各園がICT化が進んでいる園ですと、お便りなどをメールで配信することが、実際していたんですけれども、それをこの条例とかにはそういうことができますよというような記載がなかったわけでありますが、この参酌すべき基準を取り入れることによって、そういったものも法的に認められたというか、そういうものになります。  

新発田市議会 2021-12-02 令和 3年12月定例会-12月02日-02号

(2)、インクルーシブ教育を進めるに当たってICT活用は有用であると考えるが、どのように取り組まれているか、また今後どのように取り組むのか。  (3)、学校間でICT端末利活用方法活用状況格差は生じていないか。また、教育委員会活用のための各学校への指導支援は今後どのように行っていくのかについて見解を伺います。  

新発田市議会 2021-10-04 令和 3年10月 4日社会文教常任委員会−10月04日-01号

そういうことで、教職員感染症対策、それから心の健康に対する対策、持続可能な学校運営のためにも、具体的な業務の削減と一人でも多くのスクールサポートスタッフ消毒作業員、それからICT支援員などそういう人的配置が必要なんですという訴え、私に訴えるメッセージをもらったんですよ、市長のこの記者会見を受けて。

新発田市議会 2021-10-04 令和 3年 9月定例会−10月04日-05号

〔「何の現場」と呼ぶ者あり〕 ◆20番(三母高志議員) 学校現場スクールサポートスタッフ、例えば消毒員、それからICTのそういう推進委員とかありますが、例えばスクールサポートスタッフは去年全校に1名ずつ配置されたんです。今年は、コロナがこれだけ出ているのに4校だけにしか配置されていないんです。

上越市議会 2021-06-17 06月17日-05号

私は今後に向けて、機械化ICT化、省人化を強力に進めるべきと考えます。ある事業者も言っておりました。これからは、人の問題が一番課題だと。この点から質問2、豪雪対策についてお聞きします。  (1)、昨冬の豪雪対応については、検証が進んでいると思うが、以下の点を聞きたい。  ア、昨冬の豪雪を振り返れば、除排雪作業が進まなかった原因の一つには、除雪オペレーターの不足が挙げられると思います。

新発田市議会 2021-06-16 令和 3年 6月16日社会文教常任委員会−06月16日-01号

説明欄上から2つ目の丸、小学校学力向上推進事業は、国の補助金活用し、4月1日に新設された豊浦小学校分新型コロナウイルス感染症対策等に資する教職員研修支援のため、各校長の計画、判断で行うオンライン学習ICT研修に必要な講師に対する謝礼であります。講師には、退職職員県立教育センター職員を想定しております。  歳出は以上であります。  続きまして、歳入お願いいたします。

上越市議会 2021-06-15 06月15日-03号

また、国では行政手続オンライン化を2025年度、令和7年度末までに重点的に進めることとしていることから、当市においても標準化共通化、そしてオンライン化を見据えて、今年の秋を目指して上越市ICTによる情報化推進基本方針を策定することとし、有識者会議の御意見を伺いながら、現在検討を重ねているところでございます。

五泉市議会 2021-06-11 06月11日-一般質問-01号

障害を持つ子供や不登校の子供に対してICT機器を活用しての学力面生活面での指導が効果的ではないかと思い、お聞きをするものであります。  5点目の学童保育寺子屋教室現状についてであります。学童保育寺子屋教室が開かれている場所、人数、指導者等をお聞きして、壇上からの質問を終わります。真摯な答弁よろしくお願いをいたします。 ○議長(林茂君) 井上教育長