914件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新発田市議会 2022-10-05 令和 4年 9月定例会−10月05日-05号

準備会のテーマである防災対策について、板垣功委員は、自主防災組織の5年間の推移と組織率について、三母高志委員は、自主防災組織活動状況の把握と防災専門員について、渡邉葉子委員は、自主防災組織の3種類の補助金と女性の参加率について、渡邊喜夫委員は、緊急FMラジオ配布世帯普及率について、板倉久徳委員は、消防団自主防災組織連携在住外国人防災セミナーについて、湯浅佐太郎委員は、各自治会市民まちづくり

新発田市議会 2022-09-09 令和 4年 9月定例会-09月09日-02号

(4)、災害時における情報収集伝達情報発信は、FM放送あんしんメールのほかには。SNSも効果的に活用し、情報伝達手段の確保を図ってはどうか。  (5)、今後の市防災訓練計画は。また、積雪期を想定した訓練計画はあるか。  (6)、国土強靱化計画にも盛り込まれているが、小中学校での防災教育の推進も必要ではないか。現状と今後の取組について。  

新発田市議会 2022-06-22 令和 4年 6月定例会−06月22日-04号

中村委員は、会社の設立について、FM放送議会として通した以上、当時出資比率に幾ら反対したといえども、議会としての責任はあるので、エフエムしばたへの支援はやむを得ない。ただ、来年も負担金120万が出る点が心配である。市民生活、安全を守るという意味ではやむを得ない会社だと思うので、仕方がない。  小柳委員は、3つの要素でバランスを取っている。

新発田市議会 2022-06-14 令和 4年 6月14日総務常任委員会−06月14日-01号

説明欄下から2つ目の丸、FM広報事業は、株式会社エフエムしばたが経営発展及び情報力発信強化のために招聘する新しい代表取締役に対する報酬に係る負担金でございます。  みらい創造課所管分は、以上でございます。 ○委員長小林誠) 海老井情報政策課長。 ◎情報政策課長海老井淳) それでは、情報政策課所管分についてご説明申し上げます。  補正は歳出のみであります。21ページをお開き願います。

新発田市議会 2022-03-15 令和 4年 一般会計予算審査特別委員会(総務関係)-03月15日-01号

説明欄一番上の丸FM広報事業は、エフエムしばたに対する番組放送委託料や赤谷、菅谷、藤塚浜の中継局並びヨリネスしば街角スタジオ回線使用料です。また、災害等緊急放送委託料は、自然災害をはじめ新型コロナウイルス感染症に係る緊急情報提供などを行うための費用です。  次に、97ページお願いいたします。上から1つ目の丸、羽越本線高速化促進新潟地区同盟会参画事業は、同盟会への参加負担金です。  

新発田市議会 2021-09-22 令和 3年 一般会計決算審査特別委員会(総務関係)-09月22日-01号

次に、ナンバー8、FM広報事業は、FM災害緊急放送委託料として執行した新型コロナウイルス感染症市内感染状況注意喚起情報などを放送委託したものであります。  最後に、ナンバー9になります。人口減少対策事業につきましては、米倉の短期滞在施設新縁にWi―Fiを設置し、ワーケーション事業を新たに開始いたしましたが、これに要した経費であります。  

上越市議会 2021-06-14 06月14日-02号

この間、直ちに取り組めるものとして、改めて市公式SNS登録災害時のFM―Jの聴取について市民への呼びかけを始めたほか、FM―Jについては、異常降雪時にJCVライブカメラ活用した交通情報除雪状況などの随時放送や、JCV取材力を生かし、市内各地に派遣する記者との電話中継を行い、これまで以上に生活に密着した情報をリアルタイムにコミュニティ放送でお届けする体制としたところでございます。  

新発田市議会 2021-03-19 令和 3年 一般会計予算審査特別委員会(市長総括質疑)−03月19日-01号

金額自体はそんな大きくはないんですけど、ざっとみらい創造の一番の仕事って広報広聴関係、ホームページからFMから広報紙まで、それから中心市街地活性化の調査の事業、それから行政改革に関すること、それから人口減少、食の循環、市民参画、これまちづくりドラフトfor youthとかですか。それから、多文化共生、交流、これ首都圏サポーターズクラブ、それに婚活、それから定住化事業

長岡市議会 2021-03-18 令和 3年 3月総務委員会−03月18日-01号

令和年度令和年度の2か年において、各支所地域のいわゆる拡声器スピーカーについて、今までは防災行政無線連携しておりましたけれども、FM化を図ったということでございます。2か年で153か所の屋外スピーカーFM化したという工事内容で、既に今年度工事をおおむね完了して、今検査を行っているところでございます。

上越市議会 2021-03-18 03月18日-07号

項目め防災ラジオFM―J活用しての情報伝達ということについてお伺いしたいと思います。通告書の中で、私は情報が全く届かない、そんなような記載をしましたが、行政皆様方の努力を思えば失礼な表現であった、そんなふうに思いますが、この豪雪という状況下の中で市民が全く自分たちが欲しい情報が入らない、そういう中での表現ということでこのようになりました。

長岡市議会 2021-03-17 令和 3年 3月総務委員会−03月17日-01号

◎上村 危機管理防災担当課長  FM電波というのはなかなか複雑なところもありまして、実際に専門的な知識も必要になるので、業者と十分調整しながら進めておりますけれども、まず電波干渉による雑音につきましては、FM中継局電波の増強を図る予定でございまして、現在鋭意調整を行っておるところでございます。なるべく早めに改善を図っていきたいと考えております。  

新発田市議会 2021-03-17 令和 3年 一般会計予算審査特別委員会(社会文教関係)−03月17日-01号

まず、当然ホームページとか、あと今最近SNSというのも皆さん見ますので、そちらのほうからの周知はもちろんでありますけれども、やはり口コミというのも非常に大事なもんですから、保健自治会という立場の組織うちございますので、そちらと連携して周知に努めたいというふうに考えておりますし、あとコミュニティFMエフエムしばたとも連携をさせていただきたいなと考えております。

柏崎市議会 2021-03-16 令和 3年総務常任委員会( 3月16日)

ども防災行政無線、これがアナログからデジタル化に変わるに当たってFM放送を使った情報通信システムに切替えをして、最終年度令和3(2021)年度になります、これを着実にやり、市民の方に情報を伝えていきたいというふうに思っていますし、そのためには、的確な判断をしていかなければいけない。

新発田市議会 2021-03-16 令和 3年 一般会計予算審査特別委員会(総務関係)-03月16日-01号

経費につきましては、売上原価の商品仕入ということで、緊急告知FMラジオ、また催物費、イベントの経費、それから事業費、それから当期製品製造原価を足した当期売上原価として3,680万を計上しております。また、販売費及び一般管理費として2,219万8,000円を計上しております。

上越市議会 2021-03-15 03月15日-04号

災害対策本部からの市民への情報提供、市長に当たると思いますが、災害対策本部長からの市民へのメッセージ、防災ラジオ運用、地元のマスコミでありますけれども、FM―JJCV等活用SNS活用、いわゆる情報弱者への対応、情報伝達手段としての町内会負担災害時の俯瞰的な情報網構築、そして市民からの声の受付体制。  次へ行きます。カ、特別災害救助法に関して。

新発田市議会 2021-03-15 令和 3年 2月定例会-03月15日-04号

このことから、当市ではこれまでも災害情報を確実に市民皆様伝達できるよう、新発田あんしんメール緊急告知FMラジオ市ホームページ等活用した情報伝達手段多重化に努めることに加えて、今年度からは自治会長等皆様を対象としたメール配信サービス運用を開始し、情報伝達体制充実強化を図っております。

柏崎市議会 2021-03-10 令和 3年 2月定例会議(第 6回会議 3月10日)

防災行政無線放送した際には、同様の内容が瞬時に、メール配信市ホームページSNS配信FMピッカラ放送複数伝達手段市民皆様へ伝わるようにしているところであります。この複数伝達手段について、情報を伝えていることを含め、引き続き市民皆様周知を行ってまいります。 ○議長(真貝 維義)  山本議員