運営者 Bitlet 姉妹サービス
266件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第4号12月 7日) 国として学校の現場において最低限必要とされ、かつ優先的に整備すべきIC環境整備について明示するため、昨年には平成30年度以降の学校におけるIC環境の整備の方針を取りまとめ、その整備方針を踏まえた上で教育のICT化に向けた環境整備5か年計画(2018~2022年度)を作成したところであります。 もっと読む
2018-03-20 上越市議会 平成30年  第1回(3月)定例会-03月20日−一般質問−05号 あの演出は全てIなくしてはできないんです。   先日、長野市議会の皆様と交流会がありました。冒頭、内山議長よりこの2年間での議会改革の説明がタブレットとプロジェクターを使ってプレゼンテーションがあったんです。たった10分間の時間でありましたけども、十数枚、議長がやってこられたその改革の話を目と耳ではっきりわかるようにお見せになったんです。説明されたんです。 もっと読む
2018-03-19 五泉市議会 平成30年  2月 定例会(第1回)-03月19日−委員長報告、討論、採決−05号 よりよい教育環境充実のため、IC機器等整備事業とあわせまして、着実に実施していただくよう強く要望いたします。   中学校費では、部活動指導員2名分の予算が盛られました。教室の中だけでなく、人間として大きく成長するチャンスとなる部活動の環境整備にも期待いたします。    もっと読む
2018-03-12 妙高市議会 平成30年  3月定例会(第3回)-03月12日−議案質疑、委員会付託−05号 そんな中で、いかにやっぱり限られた人材の中でいわゆる活動するには、そういうようなICつきの捕獲用具にかえていく必要もあると思いますが、更新とか整備計画というのはどのようかお聞かせをいただきたいと思います。 ○議長(植木茂) 環境生活課長。 ◎環境生活課長(岡田雅美) お答えいたします。     もっと読む
2018-03-07 妙高市議会 平成30年  3月定例会(第3回)-03月07日−一般質問−03号 そうしたことから、今後市役所の各課ではさらなるICTのスキルが求められるようになると考えますが、市職員のIT機器の使いこなしの実態やICリテラシーについてどのような現状か、またそれらの向上についてどのような取り組みがされているか伺います。    以上になります。よろしく御答弁お願いいたします。                     もっと読む
2018-02-27 五泉市議会 平成30年  2月 定例会(第1回)-02月27日−議案質疑−03号 ◆3番(桑原一憲君) 1名ということで、東日本大震災のときも視覚障害とか聴覚障害とかの方は情報弱者になったということで、そういった面からもそういったお子さんに早い段階でIC機器を活用させる、利活用してもらうということは必要かと思うので、1名だとそんなに金額もかからないと思いますので、ぜひ整備に前向きに取り組んでいただきたいと思います。    もっと読む
2018-02-26 五泉市議会 平成30年  2月 定例会(第1回)-02月26日−一般質問−02号 文部科学省では、平成32年からの新学習指導要領実施に向けて、IC機器の整備方針を示しており、五泉市でも平成29年度から3カ年計画、教育用IC機器の整備を推進していくということで予算に盛られております。平成29年度は、五泉小、橋田小、五泉中、五泉北中、村松桜中の整備ということですが、既に整備された学校での活用状況と今後の整備計画についてお聞かせください。   次に、キャリア教育について。 もっと読む
2017-12-05 妙高市議会 平成29年 12月定例会(第7回)-12月05日−一般質問−02号 一方、国立公園及びその周辺部に目を向けますと、ライチョウ以外にも絶滅が危惧され、環境省のレッドデータブックに掲載されている絶滅危惧T類、U類に指定された哺乳類、鳥類、両生類なども多く生息していること、またミョウコウアザミ、ミョウコウトリカブト、トガクシショウマ、ナベクラザゼンソウなど、妙高、戸隠といった地名を冠した地域固有の植物も多く分布していることが知られており、このような希少動植物については現状 もっと読む
2017-12-05 妙高市議会 平成29年 12月定例会(第7回)-12月05日−一般質問−02号 一方、国立公園及びその周辺部に目を向けますと、ライチョウ以外にも絶滅が危惧され、環境省のレッドデータブックに掲載されている絶滅危惧T類、U類に指定された哺乳類、鳥類、両生類なども多く生息していること、またミョウコウアザミ、ミョウコウトリカブト、トガクシショウマ、ナベクラザゼンソウなど、妙高、戸隠といった地名を冠した地域固有の植物も多く分布していることが知られており、このような希少動植物については現状 もっと読む
2017-10-03 妙高市議会 平成29年  9月定例会(第6回)-10月03日−委員長報告、質疑、討論、採決−07号 そのため、鳥獣専門員や実施隊など体制を強化するだけでなく、IC技術の活用などを参考に捕獲数の増加に努めたいとの答弁がなされました。    委員より、生活交通確保対策事業において妙高高原地域において機能統合による市営バス運行を開始したが、市民の評価と所管としての自己評価はどうかとただしたのに対し、課長よりこれまでの路線バス等を市営バスに統合することでコスト面では1000万円ほど改善が図られた。 もっと読む
2017-10-03 妙高市議会 平成29年  9月定例会(第6回)-10月03日−委員長報告、質疑、討論、採決−07号 そのため、鳥獣専門員や実施隊など体制を強化するだけでなく、IC技術の活用などを参考に捕獲数の増加に努めたいとの答弁がなされました。    委員より、生活交通確保対策事業において妙高高原地域において機能統合による市営バス運行を開始したが、市民の評価と所管としての自己評価はどうかとただしたのに対し、課長よりこれまでの路線バス等を市営バスに統合することでコスト面では1000万円ほど改善が図られた。 もっと読む
2017-09-22 小千谷市議会 平成29年  第3回 定例会-09月22日−市政に対する一般質問−03号 IC、情報通信技術とは、情報技術と通信技術を利用した便利な機械あるいはサービスです。ITとほぼ同義とされますが、コンピュータ技術の活用に着目し、最近はICTと呼ばれます。自治体や地域におけるICTの活用は、住民福祉の向上や教育現場においても大きな役割を果たすと期待されています。    ICTの活用例を幾つか紹介します。愛媛県松山市では、ビッグデータを活用し、交通安全対策を推進しています。 もっと読む
2017-09-11 長岡市議会 平成29年 9月文教福祉委員会−09月11日-01号 そのためには、一番の課題になるのが、学校教育においては指導者や教材、指導ノウハウの不足、IC環境整備のおくれ等々、まだまだ課題がいっぱいあろうかと思うんです。そうすると、教育委員会だけ、また市だけで全部賄えるということもないんだろうというふうに思います。 もっと読む
2017-09-06 妙高市議会 平成29年  9月定例会(第6回)-09月06日−一般質問−02号 総務省は、来年度の予算要求で1000億円を超える予算をICTによる経済成長に充てるとして、医療、介護、健康、教育、移動サービスによる課題解決や地域のIC基盤整備、オープンデータの活用による生産性の向上、情報関連の人材育成も加速されます。こうした世の中の動きとともに、妙高市は第3次妙高市地域情報化基本計画にのっとり、情報化を進めています。     もっと読む
2017-09-06 妙高市議会 平成29年  9月定例会(第6回)-09月06日−一般質問−02号 総務省は、来年度の予算要求で1000億円を超える予算をICTによる経済成長に充てるとして、医療、介護、健康、教育、移動サービスによる課題解決や地域のIC基盤整備、オープンデータの活用による生産性の向上、情報関連の人材育成も加速されます。こうした世の中の動きとともに、妙高市は第3次妙高市地域情報化基本計画にのっとり、情報化を進めています。     もっと読む
2017-09-06 長岡市議会 平成29年 9月定例会本会議-09月06日-02号 農業分野においても、各種センサーを使っての作物環境の制御や、GPSの利用によるトラクターや田植え機の自動運転、ドローン利用によるほ場管理、作物の栽培工程管理、施設園芸において二酸化炭素の濃度調整や温度、湿度の環境管理、IC機器を使っての栽培管理など、さまざまな場面でイノベーションが起きてきています。   もっと読む
2017-06-15 三条市議会 平成29年第 3回定例会(第4号 6月15日) 魚沼医療圏の医療機関が実施しているI技術を活用した圏域内にある医療機関等の診療情報を共有化するネットワークシステムを捉えての質問でございますが、情報を共有化することで検査や投薬等の重複を防止し、住民の負担を軽減できるなど、今後の医療等の基盤のありようを見据えた場合、こうしたIT技術の活用そのものは重要であると認識しているところでございます。   もっと読む
2017-06-13 長岡市議会 平成29年 6月13日大河津分水・長岡東西道路整備推進特別委員会−06月13日-01号 今回のIC技術も活用した新たなこういった取り組みもあるわけでして、ぜひそういうものを長岡市とも連携しながら、見学ツアー等に生かしていく、こんな方策もあってもいいのかなというふうに思っているんですが、その辺の今後のお考えがもしありましたらお聞かせいただきたいと思います。 もっと読む
2017-06-12 上越市議会 平成29年  第2回(6月)定例会-06月12日−一般質問−04号 また、今年度では県やJAとの協力のもと苗箱に高密度でもみをまくことで苗箱の枚数を半減できる密苗移植栽培や田植えではなく、種もみを直接水田にまきます直播栽培、IC技術の導入など低コスト栽培の実証に取り組み、来年度以降その成果を広く普及させてまいりたいと考えてございます。 もっと読む
2017-06-09 長岡市議会 平成29年 6月定例会本会議−06月09日-02号 そのために、まずIC環境の整備を進める必要があります。  現在国が進めております第2期教育振興基本計画では、IC環境の整備について幾つかの項目で目標とする水準を掲げております。まず、教育用コンピューター1台当たりの児童・生徒数についてであります。計画では、1台当たり3.6人を目標の水準としております。 もっと読む