運営者 Bitlet 姉妹サービス
10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2014-06-24 三条市議会 平成26年第 4回定例会(第3号 6月24日) この集団的自衛権行使容認は、戦争の道を再び進みかねないと歴代の内閣法制局長官や自民党の元内閣官房長官、元防衛庁長官だった加藤紘一氏、野中広務氏や古賀誠氏などの自民党幹部だった方々も反対しています。  この集団的自衛権行使容認について、隣の加茂市の小池市長さんは、「もし解釈を変えたらアメリカが海外派兵を日本に要求してきたとき、もはや断ることができなくなる。 もっと読む
2014-06-12 見附市議会 平成26年 総務文教委員会-06月12日−02号 古賀誠元幹事長を初め、加藤紘一元幹事長、藤井裕久元内閣官房副長官、野中広務元内閣官房長官も安倍首相の解釈改憲に、「立憲主義について安倍首相は基本的に理解されていません。立憲主義とは、憲法が国家権力を縛るという考え方です。権力者が国民の声も聞かずに勝手に憲法の解釈を変えていいはずがありません」と厳しく批判されています。    もっと読む
2014-06-11 柏崎市議会 平成26年 6月定例会議(第11回会議 6月11日) 野中広務さん、元自民党幹事長でありますが、憲法上から、今の内閣の歩んでいる道は、非常に誤りつつあると警告しているほどであります。急いで一内閣で、勝手に結論を出すなど、許されないことだと思います。   もっと読む
2014-03-25 妙高市議会 平成26年  3月定例会(第2回)-03月25日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号 とりわけ歴代の内閣法制局長官経験者や自民党元幹事長の古賀誠さん、野中広務さんや改憲論者の小林節慶應大学教授などをも含め、保革の枠を超えた運動が起こっています。以下に賛成理由を述べます。     もっと読む
2014-03-25 妙高市議会 平成26年  3月定例会(第2回)-03月25日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号 とりわけ歴代の内閣法制局長官経験者や自民党元幹事長の古賀誠さん、野中広務さんや改憲論者の小林節慶應大学教授などをも含め、保革の枠を超えた運動が起こっています。以下に賛成理由を述べます。     もっと読む
2013-12-17 妙高市議会 平成25年 12月定例会(第6回)-12月17日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号 さらに、政治的立場を越えて自民党元官房長官の野中広務氏、元幹事長、古賀誠氏や歴代の内閣法制局長官経験者も反対の意見表明をしました。    情報は、主権者である国民のものであることは立憲民主主義の大原則です。この法律は、何が秘密かは明らかにしないものです。憲法の基本的人権、国民の知る権利、言論、表現の自由を脅かすものです。何で逮捕されたのかも明らかにされないために、裁判も成立できません。 もっと読む
2013-12-17 妙高市議会 平成25年 12月定例会(第6回)-12月17日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号 さらに、政治的立場を越えて自民党元官房長官の野中広務氏、元幹事長、古賀誠氏や歴代の内閣法制局長官経験者も反対の意見表明をしました。    情報は、主権者である国民のものであることは立憲民主主義の大原則です。この法律は、何が秘密かは明らかにしないものです。憲法の基本的人権、国民の知る権利、言論、表現の自由を脅かすものです。何で逮捕されたのかも明らかにされないために、裁判も成立できません。 もっと読む
2009-03-09 新発田市議会 平成21年 2月定例会-03月09日-02号 水道水源に当たる地域は、急峻でもって知られた飯豊渓谷の渓流がそのまま大槻地区の第1頭首工に注ぎ込むために、ほとんど天水そのままの清浄な水が確保されており、新潟大学大学院、野中教授らの調査結果によれば、加治川水系は清純さで県内16水系中最高値を示して、県内でもきれいな水のトップクラスであると評価されており、この水源のみで水道水が供給されている現状は、給水人口10万規模の上水道施設としては日本一と言えることだろうと もっと読む
2009-03-09 新発田市議会 平成21年 2月定例会-03月09日-02号 水道水源に当たる地域は、急峻でもって知られた飯豊渓谷の渓流がそのまま大槻地区の第1頭首工に注ぎ込むために、ほとんど天水そのままの清浄な水が確保されており、新潟大学大学院、野中教授らの調査結果によれば、加治川水系は清純さで県内16水系中最高値を示して、県内でもきれいな水のトップクラスであると評価されており、この水源のみで水道水が供給されている現状は、給水人口10万規模の上水道施設としては日本一と言えることだろうと もっと読む
2008-06-24 小千谷市議会 平成20年  第2回 定例会-06月24日−市政に対する一般質問−02号 野中広務元官房長官は、「収入の少ないお年寄りからさらに搾り取ろうとするなど、人間の尊厳を踏みにじっていますよ。年をとって傘寿、白寿とお祝い事が重なっていくのに、早く死ねと言わんばかりです」。また、中曽根康弘元首相は、「後期高齢者という名前が実に冷たい名前だ。一般にはもとに戻せという議論が強い。至急もとに戻して新しくもう一度考え直すという姿勢をはっきりとる必要がある」。 もっと読む
  • 1