984件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会本会議-06月24日-05号

本市もさまざまな取り組みをしていますが,きょうは起業,創業の支援にスポットを当てたいと思います。  新潟県の現在の開業率は2.5%です。全国ワースト2番目。花角知事も選挙の最中から起業,創業の支援をうたってきました。今後,さらに県と連携して本市の起業・創業支援を確立していかなければならないと思いますが,(1)として,これまでの取り組みについて伺います。

新潟市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会本会議−06月21日-04号

雇用が生まれ活力があふれる拠点の実現に向けては,既存産業の生産性向上や,航空機産業などの成長産業の育成を図るとともに,優良企業の誘致や創業,起業の支援を推進してきました。一方,若者の定着率向上のため,今年度は中小企業の採用から定着までの一貫した取り組みを支援するほか,中小企業に就職する方へ移住支援金を支給するなど,地元就職を促進します。  

新潟市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会本会議-06月13日-目次

について……………………………………………………………………………… 258     (1) 開港150周年となった本年の取り組みについて(市長)     (2) 物流,観光交流の拠点としての新潟港の未来について(市長)     (3) 町なかの公園整備の方向性について(市長)     (4) ミズベリングの活用について(都市政策部長)     (5) 大かまの活用について(都市政策部長)    2 起業

長岡市議会 2019-03-26 平成31年 3月定例会本会議−03月26日-05号

この中の人づくり・学び・交流エリアは、製造、建設などの技術を学ぶ長岡技術科学大学、デザインを学ぶ長岡造形大学、経営学を学ぶ長岡大学、今春開学する看護系4年制大学の長岡崇徳大学に長岡工業高等専門学校を加えた4大学1高専の学生がそこで交流することで、それぞれの専門性を生かした起業・創業へ向けた新しい形のイノベーションの火花が散ることが期待されます。

三条市議会 2019-03-25 平成31年第 1回定例会(第6号 3月25日)

第1表、歳出、第2款総務費では、地域おこし協力隊は29人から40人への増員で、起業家人材など新たな分野での採用といった大幅な拡充を計画しているが、現在の隊員の中には週末になると以前生活していたまちへ戻ってしまう人もいると聞く、応募者の意欲などについてどのように確認しているのか、また任期終了後の定住につなげるため、どのように取り組んでいるのか、などと質疑があり、採用に当たっては隊員の支援を行うNPO法人

新潟市議会 2019-03-22 平成31年 2月定例会本会議−03月22日-09号

起業者への支援について,  新潟IPC財団などによる伴走型のコンサルティング機能の充実を求める。  西堀ローサの通路の市道化について,  大和跡地再開発ビルのオープンにより,交流の結節点としての役割がますます重要になることから,市が通路を管理し,回遊性の高い快適で安全な空間を整備することを評価する。  耐震診断,トイレ設置及びリニューアルに向けた調査を着実に実施されたい。  

長岡市議会 2019-03-19 平成31年 3月総務委員会−03月19日-01号

◆桑原望 委員  特に3年目の6人というのが重要だなと思うんですけれども、定住するためにはやっぱり職といいますか、そこの部分が非常に大きくなるなと思っておりまして、そういった部分で起業支援補助金というのもあると思うんですけれども、これは主にどういったものに使われるのか、説明をお願いします。

新潟市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日文教経済常任委員会−03月18日-01号

次に,経済部,産業政策課,起業者にとっては,事業計画を策定するまでが一番大変と聞いています。引き続き中小企業関係者の声をよく聞き,新潟IPC財団などによる伴走型のコンサルティング機能の充実を図ることを求めます。  商業振興課,プレミアム付商品券事業は,低所得者世帯など対象が限られ,簡単に地域で消費が喚起されるとは思えません。

長岡市議会 2019-03-18 平成31年 3月産業市民委員会−03月18日-01号

また、起業・創業支援、新たな産業団地の整備を検討、地元企業へのU・Iターンの就職支援、移住者支援など、雇用創出、人口減少対策への取り組みは評価できるものであります。  また、寺泊汐見台・旧北国街道周辺地区の整備など、新たな交流基盤の整備をはじめ、香港や台湾からのインバウンド観光の推進は、効果が期待できる取り組みだと思います。  

新発田市議会 2019-03-18 平成31年 一般会計予算審査特別委員会(総務関係)−03月18日-01号

加えて101ページの8行目にあります移住支援事業補助金については、国が東京への過度な一極集中の是正や地方の中小企業等における人手不足解消を目的として創設した移住、起業、就業支援事業に合わせて新たに当市も地方創生推進交付金事業として新潟県と連携して取り組むものであり、東京圏から一定の要件を満たして移住する方に対して引っ越し等の経費の一部を支援するものであります。

三条市議会 2019-03-14 平成31年経済建設常任委員会( 3月14日)

⑥、起業家等育成支援事業2,000万円は、起業家を育成する分野で専門のノウハウと経験のある企業や人材と連携し、起業の意欲を持つ者に対して総合的な支援を行うものでございます。⑧、海外販路開拓事業1,292万3,000円は、燕三条貿易振興会が取り組む海外販路開拓事業、市内企業が連携して行うJICAのODA事業、中国における電子商取引サイトでの販売等を支援するものでございます。

新潟市議会 2019-03-12 平成31年 3月12日文教経済常任委員会−03月12日-01号

ベンチャー起業家による講演や事業アイデアの創出方法を学ぶ学習機会の提供により,具体的な創業のイメージを体験してもらうほか,創業希望者や創業準備者が先輩起業家などに気軽に相談や情報交換を行える交流会を開催し,創業しやすい環境づくりに取り組みます。  次の新事業チャレンジ応援事業も新規事業です。

新発田市議会 2019-03-11 平成31年 2月定例会−03月11日-02号

また、全国に目を向ければ既にコンピューターを使いこなし、プログラミングの能力を開花させ、起業する若者や特許を取得する子供もあらわれているとお聞きしておりますが、子供たちが秘めている可能性を発掘し、将来社会で活躍できる子供を育成するというプログラミング教育の目指すべき姿をそこに見ることができます。

長岡市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会本会議−03月06日-04号

そして、学生または若い起業家と地元企業の結びつきを強くすることが大切と考えます。そこで、起業支援の現状とこれらの起業家と地元中小企業をつなぐ支援をどのようにお考えでしょうか、お尋ねいたします。  市政だよりにも出ていましたが、学生が自分たちの技術を生かして起業し、それを市が支援しているとの記事が出ていました。学生が起業することは、私も応援していきたいと考えております。

長岡市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会本会議−03月05日-03号

そして、長岡版イノベーションによって地場産業の活性化を図るとともに、若者の起業・創業を促して、働く場を創出してまいります。また、子どもたちが自分の未来を切り開いていけるよう、プログラミング教育などの新しい学びの場をつくって人材育成に力を注ぎ、教育施設や都市インフラの整備といった未来につながる投資にも積極的に取り組んでまいります。  

三条市議会 2019-03-05 平成31年第 1回定例会(第2号 3月 5日)

次に、一極集中思考の転換では、地域おこし協力隊などによる各集落での活動やソーシャルビジネスの立ち上げにノウハウを有する民間と連携した地域おこし起業家等育成・誘致事業を通じて、地域課題の把握、解決に取り組んでまいりますと述べられています。今までの成果や事業の取り組みは何なのか、事業は何かお伺いいたします。  

長岡市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会本会議-03月04日-02号

米百俵プレイス(仮称)の人づくり・学び・交流エリアの整備につきましては、かつて国漢学校があった地で、人づくりと産業振興を支える地方創生の拠点として、新しい米百俵を体現する施設と位置づけ、子どもたちや若者が集い、世代を超えた交流を通して、将来に刺激を与える最先端の学びや体験、起業や地元産業への関心を促す機能の導入を検討しております。