1307件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-27 新発田市議会 平成31年 2月定例会−03月27日-05号 市民から多くの相談が寄せられる空き家について、空家等対策推進事業として、空き家にならないよう予防と空き家の有効な活用、流通の情報提供のほかに、初めて特定空き家の解消として、解体、除去費用の一部の助成を行う予算を設けたこと、市内の金融機関と連携協定を結び情報共有など、効果的な融資の相談体制の整備も整い始めています。 もっと読む
2019-03-26 長岡市議会 平成31年 3月定例会本会議−03月26日-05号 住宅・空き家リフォーム費用の助成は、3世代同居世帯への補助が拡充され、安心な子育てと女性の社会進出の両面を支える政策として高く評価いたします。  子ども食堂への支援など、さまざまな地域活動、市民活動への支援は、自由な発想と市民の汗を行政が下支えする市民協働のあるべき姿として評価いたします。 もっと読む
2019-03-20 新発田市議会 平成31年 一般会計予算審査特別委員会(経済建設関係)-03月20日-01号 安全対策費の説明欄一番下の丸印、空家等対策推進事業は、空き家等の所有者が抱えている問題解決のため、空き家等対策の取り組み関連として、特定空き家等に認定された不良住宅に対し、特定空き家の除去費の一部を補助するものなどであります。  次に、227ページをお開きください。 もっと読む
2019-03-18 新発田市議会 平成31年 一般会計予算審査特別委員会(総務関係)−03月18日-01号 次の空き家活用のための家財道具処分支援事業補助金は、空き家バンクへの登録数と売買件数の増加を目指し、今年度より県補助金を活用し、取り組んでいるものであります。  歳出は以上であります。  次に、歳入についてであります。初めに、41ページをお開き願います。 もっと読む
2019-03-13 長岡市議会 平成31年 3月建設委員会−03月13日-01号 住宅リフォーム支援事業の3世代居住や空き家利用対策の存続、拡充や地元業者による包括的な道路維持管理等の拡大などにつきまして、評価をしております。  本年度は、中心市街地の活性化として大手通坂之上町地区市街地再開発事業、米百俵プレイス(仮称)の本格的な実施計画がつくられる年になっております。 もっと読む
2019-03-11 新発田市議会 平成31年 2月定例会−03月11日-02号 これは1期目のときもそうだったんですが、先ほど空き店舗の話がありましたけれども、空き店舗まではいかなくても、ちょっと奥のほうにもあいているそういう空き家がありますので、この辺の活用もありますが、それから政友会でしたっけ、どこでしたっけ、ちょっと忘れましたけども、何かご質問をいただいて、四国の成功事例のお話をいただいたこともございます。 もっと読む
2019-03-06 長岡市議会 平成31年 3月定例会本会議−03月06日-04号 平成31年度当初予算の概要を見ると、暮らしの安全と安心の確保の項目の中に、身近な住環境の整備と地域経済の下支えとして住宅・空き家リフォーム支援事業の実施が挙げられております。先日、このチラシが町内会の回覧板で回ってきて、私も見させていただいたところであります。そこで、平成31年度の予算額及び申請時期や事業内容についてお伺いいたします。  3点目は、制度の改善について質問します。 もっと読む
2019-03-05 長岡市議会 平成31年 3月定例会本会議−03月05日-03号 この問題は、固定資産税の課税や公共事業、災害復旧をはじめ、農林地の集約化、空き家対策、環境保全など、関係分野が多岐にわたることから、市域全体の不明土地の実態把握は極めて困難な状況にございます。 もっと読む
2019-03-01 長岡市議会 平成31年 3月定例会本会議−03月01日-01号 さらに、生活に密着した地域インフラの整備やプレミアム付商品券の発行、住宅・空き家のリフォーム費用の助成など、身近な住環境の整備と地域経済の下支えにより、暮らしの安心と安全を確保します。  第3の柱は、がんばる市民・団体と地域の支援であります。   もっと読む
2019-02-19 新発田市議会 平成31年 2月19日全員協議会−02月19日-01号 133番の定住化促進事業では、市外からの転入者へ住宅取得や家賃に対する補助、空き家活用のための家財道具処分支援等を引き続き実施し、流入人口の増加に取り組むとともに、市の不用遊休地への転入者に対する補助加算を充実させることで遊休財産の処分を進めます。  以上が平成31年度4つの視点ごとの主な事業であります。なお、性質別の増減及び主な事務事業につきましては、配付いたしました資料をご参照を願います。   もっと読む
2019-02-07 新発田市議会 平成31年 2月 7日総務常任委員会−02月07日-01号 また、清水園周辺にあります空き家等も、どうもあの周辺はあるようだと。そちらもあわせて店舗として利活用することで、民間事業者の参入であったり、物産等の販売も効果的にできるのではないかというようなお話をいただいています。  また、清水園の中に建てるだけでは弱いけれども、外の土産店や和菓子屋を充実させていくという先ほどの空き店舗の具体的な利活用についてもご提案をいただいております。   もっと読む
2018-12-21 長岡市議会 平成30年12月総務委員会−12月21日-01号 ◆深見太朗 委員  初の試みですので、これからさまざまな検討が必要かと思いますけれども、他市の事例でいきますと、お墓の管理や空き家の管理、あと高齢者の見守りなど、こういったさまざまな代行サービスを行っている市町村があるかと思います。 もっと読む
2018-12-17 新発田市議会 平成30年12月17日総務常任委員会−12月17日-01号 上から2つ目の丸印、定住化促進事業は、空き家バンクへの登録に当たって公益財団法人新潟県宅地建物取引業協会が行う登録物件の調査、現地見学に対して支払う手数料であります。今後さらに登録が見込まれますことから、不足分を補正したいというものでございます。  歳出は以上でございます。  歳入はありません。説明は以上でございます。 ○委員長(小柳肇) 海老井情報政策課長。 もっと読む
2018-12-17 柏崎市議会 平成30年総務常任委員会(12月17日) あともう一つが、誰も住まなくなったということでの、空き家になるということで、年間通じて誰もそこには来ませんねと。盆、正月に帰ってくる状況であれば、電源を切っていただければいいということで、来たときに災害、何が起こるかわかりませんので、そういう場合はそのまま設置をさせていただいておりますけども、もう年一遍来るかどうかもわからないというような状況の場合は、返納していただいていると。 もっと読む
2018-12-14 上越市議会 平成30年  第5回(12月)定例会-12月14日−一般質問−05号 また、空き家や空き店舗も増加し、地域資源である雁木や町家の維持が困難な状況が見られるところでもございます。    もっと読む
2018-12-13 長岡市議会 平成30年12月定例会本会議−12月13日-02号 そういう中で、実は既に大学のほうでまちなかの空き家を利用してアトリエをつくりながら、そこでまた創作活動をしてもらうシェアハウス的な利用もして、卒業生あるいは在学生も含めて創作活動を長岡のまちの中で積極的に継続的にやってもらう仕組みがとれないかということで、いろいろな計画もあるようであります。 もっと読む
2018-12-11 柏崎市議会 平成30年12月定例会議(第22回会議12月11日) さらに、先ほど述べましたけども、新庁舎建設基本計画では、空き地・空き家を活用した、新たな機能の立地を進めることが望まれており、業務機能、教育文化、福祉などの公益的機能の立地誘導について検討するとしていることから、立地適正化計画の策定の必要性もあるのではないかという観点から、質問したいと思います。  先日、燕市の建物系公共施設保有量適正化計画の素案が議会に示されたとの報道がありました。 もっと読む
2018-12-10 十日町市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−市政に対する一般質問−02号 しかしながら、年間の宿泊日数が180日を超えることができないことや、営業区域の制限、また空き家など家主不在の場合においては、特定の管理事業者に管理を委託する必要があることなど、さまざまな規制がかけられておりまして、新潟県全体を見ましても、この12月7日現在で56件と、登録者数は多くはないのが現状でございます。    もっと読む
2018-12-10 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第5号12月10日) 相続放棄され、倒壊のおそれのある空き家や雑草が繁茂して道路や近隣に越境しているような土地について、管理上の責任は誰にあるのでしょうか。このような空き家や空き地の事例が三条市ではあるのか、このような事例に対して三条市ではどのような対応をとっているのか。   もっと読む
2018-12-10 柏崎市議会 平成30年12月定例会議(第21回会議12月10日) また、個別では、新庁舎建設基本計画、景観計画、農村環境計画、空き家等対策計画、過疎地域自立促進計画など、まちづくりに限っても、さまざまな事業計画に着手をしております。  そして、都市計画道路においては、時代の流れを酌み取りながら、当初設定した計画の見直しや廃止がされているということであります。   もっと読む