運営者 Bitlet 姉妹サービス
697件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第3号12月 6日) 2010年にアメリカのカリフォルニア大学の研究者らの調査によると、バックパックは子供の背中の痛みの原因となり、腰椎、椎間板の変形等に影響する可能性があると指摘しています。こうしたことを受け、カリフォルニア州では、2014年に小学生向けのバックパックについて、子供の体重の10%以上の重さのものは持たせないようにするとの重量を制限する法案を可決しています。 もっと読む
2018-09-21 五泉市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月21日−委員長報告、討論、採決−03号 市民とともに痛みを分ける意味でも、18人は適正な議員定数と思います。   よって、賛成いたします。 ○議長(林茂君) 5番、今井博君。 ◆5番(今井博君) 市議会議員は、五泉市のため、五泉市民のために精いっぱい働くことが使命であり、責務と考えております。そのため、活動は議員が十分回り切れる範囲、面積が適当と考えております。平成23年に定数が24から20になりました。 もっと読む
2018-06-26 三条市議会 平成30年市民福祉常任委員会( 6月26日) もう成功させなきゃ会社が傾くなんていえば、みんな必死になってやるでしょうけど、失敗したって何の痛みもかゆみもないという事業ではうまくない。何らかの対策というか、工夫をしないとそうなっちゃうんじゃないですか。 もっと読む
2018-06-25 三条市議会 平成30年第 3回定例会(第5号 6月25日) はしかは、潜伏期の後に38度台の高熱が出て、せきや喉の痛みなどの症状が数日続き、この期間が一番感染力の高いカタル期と言われ、旅行客もこの時期に訪日したと見られます。  日本では、2015年に世界保健機構、WHOから国内由来の麻疹ウイルスによる感染が発症していない排除状態であると認定を受けています。現在感染が広がっているのは、海外から持ち込まれたウイルスによる輸入感染とされております。   もっと読む
2018-03-22 見附市議会 平成30年 第1回(3月)定例会-03月22日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号 介護保険料は3年ごとに上がり続け、市民にとって大きな痛みとなっています。その上高齢者は、日常生活の上で必要な歩行器やベッドなど福祉用具を借りている方が多くおられますが、10月からはこの福祉用具貸与に上限設定が行われ、貸与価格が上限を超えれば利用者が負担しなければなりません。 もっと読む
2018-03-22 妙高市議会 平成30年  3月定例会(第3回)-03月22日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号 制度の導入時、厚生労働省の担当幹部は、医療費が際限なく上がる痛みを、後期高齢者からみずからの痛みを感じてもらうと明言をしたものであります。詳細は条例のところで述べたとおり、世界でも異例の高齢者いじめの医療制度、後期高齢者医療制度そのものに反対であることを述べておきます。    次に、議案第18号、既に条例の中で主な理由を述べたとおりであります。 もっと読む
2018-03-22 上越市議会 平成30年  第1回(3月)定例会-03月22日−一般質問−06号 それをその6団体全ての要望としてしっかり登載するには、6団体全ての皆さんの合意のもとできちんとやっている、一枚岩なんだよというふうなことで、叱られたとは申しませんが、そこのところは確認をさせていただいてありますので、中には個人的にちょっと違和感を感じている人が絶対いないとまでは申し上げられませんけれども、その点では、こうした団体の皆さん、ここを、自分が当事者でなくても、そのほかの当事者の皆さんのそうした痛みをしっかり もっと読む
2018-03-19 見附市議会 平成30年 予算特別委員会-03月19日−04号 介護保険料は、3年ごとに上がり続け、市民にとって大きな痛みとなっています。その上高齢者は、日常生活の上で必要な歩行器やベッドなど福祉用具を借りている方が多くおられますが、10月からこの福祉用具貸与に上限設定が行われ、貸与価格は上限を超えれば利用者が負担しなければなりません。 もっと読む
2018-03-13 新発田市議会 平成30年 2月定例会−03月13日-04号 後期高齢者医療制度の導入当時、厚生労働省の担当官が医療制度が際限なく上がっていく痛みを高齢者に直接感じてもらうためにこの制度をつくったと講演して大問題となったことは、皆様も記憶に新しいことかと思いますが、高齢者に保険料値上げを押しつけ、負担増を我慢するか、医療を受けるのを制限するかを迫るという制度の害悪が本格的に高齢者に襲いかかろうとしております。 もっと読む
2018-03-13 三条市議会 平成30年市民福祉常任委員会( 3月13日) また、第7期は介護給付費準備基金を約3億7,000万円取り崩して保険料の上昇抑制に充てるという説明でしたが、保険料は3年ごとに上がり続け、市民にとって痛切な痛みとなっています。その上、高齢者には日常生活で必要な歩行器やベッドなどの福祉用具を借りている方が多いわけですけども、この福祉用具貸与について国はこの10月から上限を設けて保険給付の範囲を縮小します。 もっと読む
2018-03-08 三条市議会 平成30年第 1回定例会(第5号 3月 8日) 痛みも副作用もなくできる検査だそうです。  市長の施政方針演説では、健幸都市へのさらなる挑戦の項目で、健康で幸せに暮らし続けるためには、外出を誘発し、日々の生活に喜びや楽しみを見い出す多様な交流の創出が必要でありますと述べられています。三条市の高齢化率がこの10年の間に6.2ポイントも上昇しているという状況もあります。 もっと読む
2018-03-08 新発田市議会 平成30年 2月定例会-03月08日-02号 市民の痛みを伴う事業の見直しは、政治家として非常に心苦しいところではありますが、一方では市政を預かる者として、まちづくりを持続可能なものとする責務があります。幸いにも、現時点では財政的に危機的な状況ではありませんが、地方交付税の特例措置の減額等による一般財源の縮小が進んでおり、この現状に安堵していられる状況ではありません。   もっと読む
2017-12-06 妙高市議会 平成29年 12月定例会(第7回)-12月06日−一般質問−03号 その朝田理論で言うと、踏んでいるやつに踏まれている者の痛みがわかるかという理屈です。そうしますと、やはりマスコミや住民は黙っちゃうんですよね、糾弾集会を恐れて。そのために警察も県教委もマスコミも放置されました。そして、利権絡みのいわゆる解同タブーが蔓延しました。今の法律についてもありますね。衆議院法務委員会における附帯決議では、過去の民間運動団体の行き過ぎた行動、言動等、そんなもんじゃないんです。 もっと読む
2017-12-06 妙高市議会 平成29年 12月定例会(第7回)-12月06日−一般質問−03号 その朝田理論で言うと、踏んでいるやつに踏まれている者の痛みがわかるかという理屈です。そうしますと、やはりマスコミや住民は黙っちゃうんですよね、糾弾集会を恐れて。そのために警察も県教委もマスコミも放置されました。そして、利権絡みのいわゆる解同タブーが蔓延しました。今の法律についてもありますね。衆議院法務委員会における附帯決議では、過去の民間運動団体の行き過ぎた行動、言動等、そんなもんじゃないんです。 もっと読む
2017-10-03 妙高市議会 平成29年  9月定例会(第6回)-10月03日−委員長報告、質疑、討論、採決−07号 制度の導入時には、厚生労働省の担当幹部は医療費が際限なく上がる痛みを後期高齢者がみずからの痛みで感じてもらうと言っているのであり、敬老の日だけ長寿おめでとうございますなどと言われていますが、安心のためのセーフティーネットである医療保険が現役世代から切り離され、家族構成からも蚊帳の外に出され、いたわりと思いやりとかは一体どこへ行ってしまったのか。 もっと読む
2017-10-03 妙高市議会 平成29年  9月定例会(第6回)-10月03日−委員長報告、質疑、討論、採決−07号 制度の導入時には、厚生労働省の担当幹部は医療費が際限なく上がる痛みを後期高齢者がみずからの痛みで感じてもらうと言っているのであり、敬老の日だけ長寿おめでとうございますなどと言われていますが、安心のためのセーフティーネットである医療保険が現役世代から切り離され、家族構成からも蚊帳の外に出され、いたわりと思いやりとかは一体どこへ行ってしまったのか。 もっと読む
2017-09-21 上越市議会 平成29年  第3回(9月)定例会-09月21日−一般質問−03号 特に土地開発公社の解散を初め公の施設の統廃合など、ややもすると市民に痛みを感じる施策を果敢に実施されてきました。当然厳しい指摘もあったことは私も承知しております。それも次世代に希望を持たせ、ツケを回したくないとの気持ちで挑んでこられました。 もっと読む
2017-09-14 上越市議会 平成29年  厚生常任委員会-09月14日−09号 御案内のとおり、昨年の7月26日、残念ながら相模原の知的障害の施設で19名の殺傷と27名の重傷者が出たことに対して、我々団体としても非常に痛みを感じておって、この上越地区でも二度とそういうことがないように努力をしているところでございます。    もっと読む
2017-06-15 三条市議会 平成29年第 3回定例会(第4号 6月15日) とりわけ御指摘いただきましたとおり、毎年議会の皆様からも御指摘をいただき、当初は私どもの提案ではなく、議会との議論を通じて税率そのものに対して一定の決着を見るなど、この税率の問題というのが国保の加入者にとって非常に重要な案件だということは私どもも十分承知しておりますし、そういう厳しい議論を経て、いわば痛みを伴いながら健全財政を続けてきた三条市にとっては、ほかの市町村が同じような苦しみを味わい、健全財政 もっと読む
2017-06-01 新発田市議会 平成29年 6月定例会−06月01日-01号 県内の同じ人口規模である三条市議会が26名から22名に定数4減としたこと、また柏崎市が26名であることや新発田市の面積なども総合的に加味し、市民に負担を強いる以上、一緒に痛みを分かち合うべきだと、その考えに基づき、会派として議員定数の削減の決断に至りました。 もっと読む