570件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

燕市議会 2023-12-11 12月11日-一般質問-02号

実際の避難ということでは、今回はバスで1カ所指定された場所に来ているということでございますが、県の計画によりますと避難は自家用車でというところが原則になっていると、そういった訓練はまだ行われていないというような状況の中で、実際にマイカーで30キロ以内の人たちが避難してこられたときにどのぐらいの渋滞が起きるのか、どれだけの受け入れができるのかというところは全く見えてこないという状況の中で、いかにそういったものが

燕市議会 2022-06-18 06月18日-議案説明・質疑・一般質問-01号

また、既存の普通財産の市有地につきましては、隣接者への売却あっせんや単価の引き下げによる売却、貸し付けなどの売却以外の活用方法も視野に入れ、これが少しでも解消できるように検討を進めてまいりたいと考えております。  いずれにいたしましても、公有財産の適正な管理に努め、持続可能で開かれた行政運営を進めてまいりたいと考えております。

燕市議会 2020-12-10 12月10日-議案説明・質疑・一般質問-01号

5つ目は、今回大河津分水河口付近などでの見物人による道路渋滞などが起きたと聞いていますが、危険箇所への規制などについて、今後の対応をどう考えておられるか伺います。  そして、この項目の最後に、6つ目として、避難所を開設する事態となったときの要員などについては、現在の非正規職員、来春からの会計年度任用職員は求めないということでいいのかについてお聞かせをいただきたい。  

胎内市議会 2020-06-28 06月28日-03号

〔11番 森田幸衛君質問席〕 ◆11番(森田幸衛君) 240万円ぐらい増になると、多額の経費が生じるだとか、赤字になっているというのが解消されていくのでしょうか。 ○議長(薄田智君) 榎本農林水産課長

見附市議会 2020-03-19 03月19日-委員長報告、質疑、討論、採決-05号

また、人が育ち人が交流するまちづくりとして、駅周辺の交通渋滞解消交通拠点整備を進めるための見附駅周辺整備事業ともに、より一層の利便性を高めるためのコミュニティバス関連について議論となっております2款総務費、1項総務管理費、9目交通対策費の地域交通体系事業について、見附市地域公共交通の再生、活性化を図るものであり、高齢者及び運転のできない世代にとっての移動手段を確保するために必要な事業であり、これまで

新発田市議会 2020-03-16 令和 2年 一般会計予算審査特別委員会(総務関係)-03月16日-01号

なお、今年度におきまして、市役所本庁舎第1、第2駐車場につきましては、これまで地域交流センターにおいて参加者の多いイベントや各種会合等がある際に混雑が発生し、それらの影響におきまして駐車場が混み合うと、また周辺市道等においても渋滞が発生しているという状況でございます。

新発田市議会 2020-03-10 令和 2年 2月定例会−03月10日-02号

しかしながら、例えば島潟荒町線については、現在誘導板と信号リレーの操作で若干の渋滞緩和措置は行われているものの、朝夕の渋滞は著しく、渋滞緩和の抜本的な解決には至っておりません。このことを踏まえ、当市の都市計画道路の状況についてご質問させていただきます。  1点目、合併特例債後の都市計画道路としての整備計画をどのように考えているのでしょうか。  

見附市議会 2020-03-03 03月03日-議案説明、委員会付託-01号

新年度は、地域包括ケアシステムの中心となる市立病院の病棟整備、市民の生活を支える新たな「浄水場」の完成、駅周辺の交通渋滞解消や交流拠点整備のための「見附駅周辺の再整備」などに重点的に取り組んでまいります。  こうした重点事業を含む令和2年度の一般会計予算は、222億2,000万円で、前年度と比べ43億9,000万円、24.6%の増となりました。

上越市議会 2020-02-28 02月28日-01号

また、委員から、市民が担い手となったときにそれとは関係のない市民をどう巻き込むかということについて、例えばオーバーツーリズムなどが問題になっているが、道路渋滞等デメリットのほうが多い市民もいると思うが、そのような人たちにはどのようなメリットがあるのかとの質疑に、理事者から、観光が盛んになってくると、どこかでデメリットが出ることを忘れてはいけないという視点だと思う。

柏崎市議会 2019-12-11 令和元年12月定例会議(第25回会議12月11日)

さて、現在進行中の柏崎市地域公共交通網形成計画の中で、優先順位を高めて取り組んでいる中の一つとして、生活交通不便地域解消を図るべく、地域主体となる生活交通の実現を図ることとしています。  そのための方策として、住民主体で生活交通を運行している米山地区乗り合いタクシーをモデルケースとし、補助制度を活用した、地区単位での生活交通確保を推進するとしています。

柏崎市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会議(第24回会議12月10日)

今年度は、さらに、本市同様、新潟県厚生農業協同組合連合会病院地域の基幹的病院となっている県内5市と連携をいたしまして、糸魚川市とか、妙高市とかと一緒に連携して、医療スタッフの偏在解消に向けた施策、措置等に関する提言書を9月に、県に提出したところでございます。そしてまた、今月、来週でしょうか。

上越市議会 2019-09-20 09月20日-04号

まず1つ目の質問は、上越市立の小中学校における不登校の現状とその解消に向け、どのような支援を行っているかお聞きします。そして、それらを踏まえ、2つ目の質問は、現在やすづか学園が不登校児童生徒の居場所づくりに取り組んでいる活動を市はどのように評価しているか。また、社会復帰に向け、この活動を大いに活用することが重要であると思いますが、市の考えについてお聞きします。

上越市議会 2019-06-14 06月14日-04号

なお、昨年度の来館者数のピーク時において、交通渋滞の発生といった課題もございましたが、SNSを利用した混雑状況の情報発信や駐車場への誘導を工夫することにより、この4月から5月にかけて10連休となりましたゴールデンウイークにおいては、渋滞の発生を回避することができたところであり、引き続き指定管理者協力しながら課題に対する適時の対応を図ってまいりたいと考えております。  

新発田市議会 2019-03-27 平成31年 2月定例会−03月27日-05号

少子化対策については、第2期子ども・子育て支援事業、待機児童の通年解消児童虐待の根絶、婚活支援など、産業振興では、DMOによる外国人の誘客など稼げる観光地づくり、稼げる農業を新たに補助制度の創設など、教育の充実では、教育環境の改善、土曜学習の取り組みなどです。次に、健康長寿であります。

上越市議会 2019-03-18 03月18日-04号

◆10番(石田裕一議員) ぜひ私は今度消防本部が来るとなると、もう土日イベントがあるとあそこ渋滞したりして、消防が出入りできないところに、変なところに車をとめたりとか、そういうのも心配しています。ぜひそういった中でも駐車場の管理はしっかり今後検討していただきたいなと思います。  そんな中、2階の厨房の質問もさせていただきました。