111件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 長岡市議会 平成30年12月文教福祉委員会−12月20日-01号 ちょっと違うことなんですけど、実は会派で愛媛西条市の小学校へ視察に行ってきました。そこはICTを活用した遠隔授業というものをやっていまして、小規模校でそういった先生のいろんな足りない部分を補うために連携した中で、あとまた隣の学校の児童同士の連携を保つということで、ネットを使って非常に大きなスクリーンを用意した中でやっていると。 もっと読む
2018-12-12 十日町市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月12日−市政に対する一般質問−04号 のほうで、先ほど市長からの答弁もありましたように、市町村を支援していく立場でということでのほうの支援も今あるわけですが、のほうで何回かの研修会等を開きながら情報交換等をしている中で、どういった施策が人材育成につながるのかというところも周辺の各市町村とも情報交換をしながら、としてもそういう場でなるべく広範囲の情報が集まるような形での研修会等を行っております。 もっと読む
2018-12-11 十日町市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月11日−市政に対する一般質問−03号 そのほかにも、新潟建設業協会十日町支部、新潟測量設計業協会の構成員の企業がドローンを所有していることから、災害時には協定に基づいてドローンによる調査依頼をしたいと考えております。あわせまして、協定の内容につきましても、見直しを行いまして、ドローンによる調査の項目を明記したいと考えております。    もっと読む
2018-12-10 柏崎市議会 平成30年12月定例会議(第21回会議12月10日) 年内に、が原子力防災訓練を机上で実施される見込みとの報道がされております。と本市との間で、訓練の方法をめぐり、意見の食い違いが明らかになっております。   もっと読む
2018-12-07 三条市議会 平成30年第 5回定例会(第4号12月 7日) 〔登壇〕 ○政策推進課長(平岡義規君) 私からは、都市計画事業の促進と国要望などの結果についての項目のうち、平成30年度国要望の結果について答弁させていただきます。   もっと読む
2018-09-21 上越市議会 平成30年  第4回(9月)定例会-09月21日−一般質問−05号 広島の地形は、南から北に向かって低地帯、高原地帯、中国山地と3つの高さの違う平たんな地形が階段のように並んでおり、全国に比べて山地や丘陵地が多く、平たん地が極めて少ないのが特徴です。広島市、坂町、呉市など広島は人口が多いのに平たん地が少ないため、山の中腹までまちがあります。これでは、山が崩れたら即大災害。 もっと読む
2018-09-19 上越市議会 平成30年  第4回(9月)定例会-09月19日−一般質問−03号 また、事業の実施に当たっては、事業主体が国やであっても市が地域住民の窓口として積極的にかかわりながら地元の意見集約などを行うことによって円滑な事業の進捗に努めており、今後も国やとの連携を強化しながら、当市におけるハード対策の早期推進に鋭意取り組んでまいりたいと考えてございます。 もっと読む
2018-09-13 三条市議会 平成30年第 4回定例会(第3号 9月13日) 種子法の廃止を受けて、新潟は2月定例会で主要農作物種子条例を議決しました。条例は、の優良種子の安定供給に影響が出るのではないかという不安の声に応えたものとして、の公的機関が廃止前と同じように種子の生産、供給が可能な体制を続けられるように4月から施行されています。国の種子法がなくなっても、条例で当面は守ることができるとは思います。   もっと読む
2018-09-07 妙高市議会 平成30年  9月定例会(第5回)-09月07日−一般質問−03号 〔環境生活課長  岡田雅美 登 壇〕 ◎環境生活課長(岡田雅美) 今ほど市長の答弁がありましたとおり、214名の方から寄附のほうをいただいておりますが、その内訳といたしましては市内37名、市内を除く県内58名、外110名ということで、外につきましては北は青森から南は九州の佐賀までと、外からの寄附が圧倒的に多くなっております。 ○議長(植木茂) 八木清美議員。 もっと読む
2018-09-04 長岡市議会 平成30年 9月定例会本会議−09月04日-01号 西日本豪雨の際、愛媛の2つのダムが安全とされる基準の6倍の量を放流したこと、関係市の避難指示の時間などが問題になっておるところであります。そこで質問であります。刈谷田川ダムが洪水警戒体制に入る状況はどのような場合か伺います。また、ダム放流の場合、市はどのように情報提供を受け、市民に避難勧告などを出すのかお伺いをいたします。  4つ目の質問は、当市の浸水対策についてであります。 もっと読む
2018-09-03 五泉市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月03日−議案説明、質疑、討論、採決、一般質問−01号 ①、と連携した観光プロモーション強化の新たな取り組みについて。ことし6月の新潟県知事選挙において新潟ブランドの発信、観光振興を政策テーマに掲げ当選を果たした花角新知事による県政運営がスタートしました。県政立て直しを掲げる花角知事は、戦略的広報プロジェクトを導入し、新潟のPR強化を打ち出しています。 もっと読む
2018-08-08 小千谷市議会 平成30年  第1回 臨時会-08月08日−議案説明・質疑・討論・採決−01号 当市といたしましては、全国闘牛サミット協議会の仲間である愛媛宇和島市へ支援物資として飲料水を送るとともに、人的支援として、岡山倉敷市、同じく総社市に職員を派遣しました。あわせてネットワークおぢや会員を含む7市に災害見舞金をお送りしたところであります。また、このたびの干ばつによる農産物等被害対応も行っているところでありますので、議員各位の御理解と御協力をお願い申し上げるところでございます。 もっと読む
2018-03-07 柏崎市議会 平成30年 2月定例会議(第 4回会議 3月 7日) 広域避難計画には、解決すべき多くの課題が残されており、国・との調整が必要なものがたくさんございますので、順次、国・及び、関係市町村とも協議しながら、検討を進めさせていただきたいと思ってます。  絶対大丈夫かと言われれば、私は、正直に申し上げます。世の中に、何度もこれ、申し上げてますけど、絶対とか、100%というのはございません。 もっと読む
2018-03-06 妙高市議会 平成30年  3月定例会(第3回)-03月06日−一般質問−02号 反面、全県立高校生の生徒に事前に選挙の届け出を義務化した愛媛の事例や、安全保障関連法を題材にした模擬投票の投票が問題視された山口の県立高校の事例のような政府や政治家が過度の制限を加える動きもあると報じられております。海外の国、スウェーデンでは、18歳から29歳までの国政選挙の投票率が80%を超えていると報道されております。 もっと読む
2017-12-08 柏崎市議会 平成29年12月定例会議(第28回会議12月 8日) また、先日、愛知(後に「愛媛」と訂正あり)で伊方原子力発電所の防災訓練が行われたんですけど、この際には、どの避難道路が混んでいる、混んでない、この選定については、ドローンが活用されました。愛媛ですね。愛媛の伊方の原子力防災訓練には避難道路の確保がドローンで行われたと。その後、愛媛県知事からは、今後、原子力災害を想定して、ドローンの配備を推進するという記者会見があったばかりです。   もっと読む
2017-12-04 十日町市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月04日−市政に対する一般質問−02号 ひとり親家庭についてですが、本年7月、厚生常任委員会で愛媛の松山市に視察にお邪魔させていただきました。松山市さんでは、ひとり親家庭等自立促進計画、これは第2期目の策定をされていました。この計画では、ひとり親家庭が自立をし、笑顔で暮らせる環境づくり、これを基本理念に5つの目標を掲げられています。 もっと読む
2017-09-22 小千谷市議会 平成29年  第3回 定例会-09月22日−市政に対する一般質問−03号 愛媛松山市では、ビッグデータを活用し、交通安全対策を推進しています。これは、カーナビなどのGPS機能の活用と急ブレーキ箇所やスピードデータから危険箇所を割り出し、安全対策に役立てています。愛知瀬戸市では、スマートフォン用アプリ、せとまちナビを市民と協働にて開発。投稿と情報発信の2つの機能があり、無料でダウンロードできます。 もっと読む
2017-03-09 見附市議会 平成29年 第1回(3月)定例会-03月09日−一般質問−03号 次に、見附刈谷田川ハーフマラソンの経済効果についてですが、具体的な例として、市外や外からの参加者が市内に宿泊されることが挙げられます。昨年の第2回大会においては、首都圏や近隣各のほか、愛媛、和歌山などの遠方からも含め、市外から390名のエントリーがありました。 もっと読む
2017-03-09 柏崎市議会 平成29年 2月定例会議(第10回会議 3月 9日) 以前の一般質問でも御紹介しましたけど、この制度で愛媛松山市では、避難所運営とか、外国人の通訳のための機能別の消防団ができましたし、滋賀草津市においては、外国人だけの機能別団員もできました。   もっと読む
2017-02-10 三条市議会 平成29年総務文教常任委員協議会( 2月10日) 当市ではこれまで、燕市、田上町、弥彦村及び新潟三条・燕総合グラウンド施設組合とそれぞれ協定を締結し、公共施設の相互利用を行っているところでございます。  今般、これらの公共施設の相互利用に加え、長岡市及び見附市との公の施設の相互利用に向けた検討を行っており、その取り組み状況について御報告させていただくものでございます。   もっと読む