3405件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-07-03 令和 元年 6月定例会本会議−07月03日-06号

無償化によって予想される待機児童の発生や保育士不足などに対し,きめ細かに対応されたい。  民間施設の費用負担や認定変更による定員見直しについて,配慮を求める。  受動喫煙対策について,  市民の健康を守る観点から,受動喫煙防止の普及啓発とともに,施設管理者等への指導を積極的に行われたい。  

新潟市議会 2019-07-01 令和 元年 7月 1日大都市制度・行財政改革調査特別委員会−07月01日-01号

また,さきの地震のように,近年多発している大規模な災害発生時の避難所として機能を果たすべき学校施設の防災,減災機能の強化のために必要な財源を継続的に確保すること。(4),空調設備設置事業について,多数の学校を抱える政令指定都市においては,整備完了までに相当な期間を要するため,実施のための必要な財源を継続的に確保することを求めています。  次に,11は今年度からの新規提案事業です。

新潟市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会本会議-06月24日-05号

平成30年における本市の特殊詐欺の発生状況は,警察に被害届のあった認知件数が41件,7,401万円の被害額であり,前年と比べて22件,2億3,878万円減少し,件数,被害額とも,過去6年間で最少となっています。また,被害に遭われた方の約半数を60歳以上が占め,中でも80歳以上の割合が多い状況です。

新潟市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会本会議−06月21日-04号

今週火曜日の夜に発生しました地震など,災害時には特に1人が身にしみますが,だからこそ,市民の不安な気持ちにも寄り添えると感じています。そして,このたびの震災で夜遅い時間から対応をされました,危機管理防災局を初めとする新潟市職員の皆様,市民の安心,安全のため,大変お疲れさまでした。  たくさんの皆さんに支えていただいて,今の私があります。

新潟市議会 2019-06-20 令和 元年 6月定例会本会議-06月20日-03号

18日,午後10時22分ころ,山形県沖で発生した地震で被害を受けられた皆様に心からお見舞いを申し上げます。  さて,きょうも1日張り切っていきましょう。本題に移ります。新市民クラブを代表し,中原市長に4点について順次質問します。  最初に1,財政立て直しに向けての取り組みについて伺います。  3月に,ことし1月1日時点の地価公示が国土交通省から発表されました。

三条市議会 2019-06-19 令和元年第 2回定例会(第3号 6月19日)

きのうの夜の地震には皆さんもたまげられたと思いますが、私も2階にいたもんですから、非常に揺れが強くて、しかも長時間続いていましたので、このまま続くとどうなるのかなと心配しました。それと、この議場の天井が落ちて、きょうの質問が中止にならなければいいがなとも思いましたけれども、三条市は震度4ということで、大事に至らなくてほっとしています。  

新潟市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会本会議−06月19日-02号

〔古泉幸一議員 登壇〕(拍手) ◆古泉幸一 昨日10時22分,地震発生しました。大変大きな揺れで,不安になった方も多いかと思います。事実,市内各所の避難所には決して少なくない,108カ所,4,700名余りの方が避難をされましたし,北区や中央区,西区の海岸線沿いの住民は,多くの方が高台へ避難をしたと伺いました。

新潟市議会 2019-06-19 令和 元年 6月19日議会運営委員会−06月19日-01号

○佐藤豊美 議長  昨夜,山形県沖を震源とする地震発生し,本市においても震度4を観測したところです。気象庁の発表によれば,今後1週間ほど,最大震度6以上の地震が起きる可能性もあるとのことです。したがって,会期中において,この地震発生した場合には必要に応じて会議を休憩し,議場内の出席者及び傍聴者の安全確保等の対応を考えていますので,御承知おき願います。

新潟市議会 2019-06-14 令和 元年 6月14日環境建設常任委員協議会-06月14日-01号

良好な大気環境を維持するため,大気汚染物質の24時間連続モニタリングを行うほか,工場などの発生源への立ち入り指導を行います。また,光化学スモッグやPM2.5の濃度が上昇した際の緊急時には,既に整備している連絡体制を活用し,関係機関と連携して市民の健康被害防止に努めていきます。  6ページから廃棄物関係となります。

新潟市議会 2019-06-14 令和 元年 6月14日市民厚生常任委員協議会−06月14日-01号

防災意識の普及啓発は,近年多発している大規模災害への備えとして関係防災機関との連携強化及び住民の防災意識啓発を目的に,5年に1回の県市総合防災訓練を10月に行うほか,新潟地震発生した6月16日に全市一斉防災訓練を実施することで一人ひとりの防災意識の向上につなげます。  

新潟市議会 2019-03-22 平成31年 2月定例会本会議−03月22日-09号

公会計情報の活用によるセグメント分析について,  熊本県宇城市では,施設別・事業別行政コスト計算書を作成,活用しており,図書館及び資料館の統廃合を初め,熊本地震を教訓に,老朽化した公民館を解体して複合化,多機能化を図り,国の有利な起債を活用した防災拠点センターを建設するなど,具体的な実践につなげている。  

新潟市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日市民厚生常任委員会−03月18日-01号

近年地震や豪雨などの大規模災害が続発しており,それらの災害対策も十分検討することを求めます。  福祉部福祉総務課,子どもの学習・生活支援事業では,157人が利用し,高校進学の道を開く成果を上げていますが,交通費の実費程度の支給しかない大学生などのボランティア活動に支えられている現状です。改善し,さらに充実するよう求めます。  

新発田市議会 2019-03-18 平成31年 一般会計予算審査特別委員会(総務関係)−03月18日-01号

次の災害情報伝達システム整備事業は、市民に地震速報や気象警報などの災害情報の伝達を行う全国瞬時警報システム、Jアラートの専用回線使用料及びシステム更新、保守管理委託料であります。  歳出は以上であります。  次に、歳入について説明させていただきます。29ページをお願いいたします。

新潟市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日環境建設常任委員会−03月18日-01号

しかし,原発事故から8年たつ現状においても毎年200ベクレル以下の新たな放射能汚泥が9,000立方メートル発生し,原発事故の水質汚染が長期的に続いています。下流域にある自治体の水道管理者として,原発再稼働ストップの姿勢を求めます。また,427立方メートルある8,000ベクレル以上の未処分汚泥の処分については,国に期限を切って対応するよう強く要求されたい。  最後に,区役所建設課です。

長岡市議会 2019-03-13 平成31年 3月建設委員会−03月13日-01号

これまでは、地震や豪雨災害による送水管等の被害での給水停止はありましたが、昨年の7月にはトリハロメタンの発生により摂取制限といいますか、要するに飲み水には使わないでくれというような予防周知がされました。初めてのことでありまして、住民も大変混乱したのですが、実際は摂取制限されるようなことはなかったわけですけれども、改めてそのときの状況について御説明いただきたいというふうに思います。

新潟市議会 2019-03-13 平成31年 3月13日環境建設常任委員会-03月13日-01号

これにより,地震などによる災害が発生した際に,地域下水道の管路施設においても速やかな修繕,機能回復が期待できるようになります。  続いて,議案第1号一般会計予算の下水道部関係部分と議案第9号下水道事業会計予算について主な事業を中心に説明します。資料3-1,1ページ,初めに,歳入です。第19款国庫支出金と第20款県支出金は,国設及び県営排水機場の運転管理に係る国,県からの委託金です。