1464件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新潟市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会本会議-06月24日-05号

本市はこれまで,現計画に基づき,教育・保育施設の整備や,地域子育て支援拠点事業などを実施することで,妊娠から出産,子育てまで切れ目ない支援に取り組むとともに,子ども・子育て支援の総合的な充実を図ってきました。今年度,5年間の計画期間を終えることから,現在,第2期計画の策定を,附属機関である子ども・子育て会議の意見をお聞きしながら進めています。                

新潟市議会 2019-06-14 令和 元年 6月14日市民厚生常任委員協議会−06月14日-01号

主な理由は,こども医療費助成について対象児童がふえたこと,また保育における幼児教育・保育の無償化に伴う負担増,病児保育の施設を新たに3園整備するため歳出増となっています。  次に,3ページからは主要事業です。主要事業については新規,拡充を中心に説明します。  初めに,こども政策課です。

新潟市議会 2019-05-29 令和 元年 5月29日議会運営委員会−05月29日-01号

その他の補正内容ですが,システム改修等では,ことし10月からの幼児教育・保育無償化や来年度からの会計年度任用職員制度に対応するため,保育や職員管理など各種システムの改修を行うものであり,コールセンター・電話交換運営事業は,来年度以降の運営において現行システムを改修するほか,令和6年度までの契約に係る債務負担行為を設定するものです。  

新潟市議会 2019-03-22 平成31年 2月定例会本会議−03月22日-09号

保育所はかなり整備されてきているが,医療面で課題が残っている。本県は,人口当たりの産科医が少なく,産科医がいない区もあることから,誘致施策が必要である。  視察を行った済生会新潟第二病院の不妊治療の実績はすばらしく,若いうちに妊娠を目指せる環境が望まれるとの指摘であった。若者の労働条件や低賃金,居住状況などの社会的要因の解決が,今後の重要な課題と考える。  

新潟市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日市民厚生常任委員会−03月18日-01号

保育課,消費税増税と引きかえに行う幼児教育・保育の無償化は,2019年10月から実施されますが,認可保育所では既に所得に応じた段階保育料になっており,低所得世帯にとっては,増税による負担増が無償化を上回り,負担軽減どころか負担増になるなど,幾つかの問題があると考えます。国の無償化の財源措置は2019年度のみです。引き続き国に負担を求めることを要望します。  

新発田市議会 2019-03-13 平成31年 2月定例会−03月13日-04号

質疑では、公営住宅長寿命化事業の減額と今後の見通しについて、生活保護の医療扶助費と高齢者の割合、ケースワーカーと職員体制、生活保護搾取の悪徳ビジネスについて、中学校教育運営事業で介助員の確保と不足に伴う学校現場での対処について、待機児童解消事業の繰越明許費補正に伴う保育に与える影響と公立園、私立園の入園状況及び今後のスクラップ・アンド・ビルド及び今後の民営化等、方向性について、がん検診事業の状況について

長岡市議会 2019-03-11 平成31年 3月文教福祉委員会−03月11日-01号

◆服部耕一 委員  それでは、私のほうから今回は保育に関する問題と、それから高齢者センター等の駐車場の除雪問題について取り上げさせていただきたいと思います。  まず、保育に関する問題について取り上げます。最初に、企業主導型保育事業について質問させていただきます。企業主導型保育事業とは、待機児童対策の1つとして2016年に国が導入した制度です。

新潟市議会 2019-03-11 平成31年 3月11日市民厚生常任委員会−03月11日-01号

次に,保育課の審査を行います。保育課長より説明をお願いします。 ◎加藤浩志 保育課長  議案第1号平成31年度新潟市一般会計予算関係部分のうち,保育課所管分について説明します。  初めに,10月から予定されている幼児教育,保育の無償化の影響について説明します。配付資料,新潟市における幼児教育・保育無償化の影響をごらんください。

三条市議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会(第4号 3月 7日)

親族からの相談なのか、近所などを含む市民からの通報なのか、学校や保育所などの施設や医療機関などからの通報なのか、分類できていればお伺いしたいと思います。  そして、虐待などによる児童への痛ましい事態を避けるために、三条市はどのような対策をとっているのかお伺いいたします。  次に、三条市の医療体制についてお聞きします。  いよいよ県央基幹病院の開院が日程に上ってまいりました。

新潟市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会本会議−03月06日-07号

そうなればなおのこと,多様な保育への必要性が高まり,保育施設の数と保育士の確保は重要で,今でも問題視されており,毎日のように保育士確保に向けての対策などの要望が寄せられている中で,この対策が解決しないままでは時期が早い気もするわけです。  (1)として,幼児教育・保育無償化の問題点と対策について,どのようなことが考えられるのかお伺いします。

長岡市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会本会議-03月04日-02号

子育て環境の整備による保育体制強化の取り組みについてお伺いをいたします。安心して子育てができる環境整備は、少子化対策の一つとして重要な施策であります。現在保育園、幼稚園においてもさまざまな課題がありますが、その諸課題解決のために、そして安心して子どもを預けることができる環境整備のための体制強化の施策であることは一定の評価をいたします。

三条市議会 2019-03-01 平成31年第 1回定例会(第1号 3月 1日)

改正の趣旨は、職員の健康の保持、増進のため、労働基準法等の改正によって時間外労働に上限規制が設けられた民間企業に準ずるとともに、休日勤務の代休制度を拡充することから、必要な改正を行うものでございます。  改正の内容は、1点目として、命令できる時間外勤務の上限時間など時間外勤務に関し必要な事項を規則で定めることとする規定を整備するものでございます。  

柏崎市議会 2019-03-01 平成31年文教厚生常任委員会( 3月 1日)

上段002の001休日・夜間急患センター運営費3,815万2,000円は、柏崎総合医療センターの中に開設している柏崎休日・夜間急患センター及び休日・夜間急患センター院外薬局の運営費を補助するものです。  休日・夜間急患センターの運営主体は柏崎総合医療センターですが、柏崎市刈羽郡医師会の内科医・小児科医22人、有志の看護師9人が当番で実施しています。

胎内市議会 2018-12-18 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月18日−一般質問−02号

を行っている例はあるのか、また胎内市でも実施を検討できないかということについてでありますが、県内の各福祉事務所及び県に確認したところ、生活困窮者自立支援制度における学習支援事業を実施しているのは当市を含む12の福祉事務所であり、そのうち集合型で実施しているのは8福祉事務所で、市役所などの公共施設、地域の集会所を利用して学習指導を行っているとのことでございますけれども、集合型の多くは土曜日など学校の休日

新潟市議会 2018-12-17 平成30年12月17日市民厚生常任委員会-12月17日-01号

次に,保育課の審査を行います。保育課長より説明をお願いします。 ◎加藤浩志 保育課長  保育課所管に係る議案第96号新潟市家庭的保育事業等の設備及び運営の基準に関する条例の一部改正について説明します。  議案書は18ページですが,配付資料で説明します。資料1をごらんください。

新潟市議会 2018-12-13 平成30年12月定例会本会議−12月13日-05号

また,大会の前後が休日になることで,議員がおっしゃるとおり,参加者が宿泊しやすく,観光や飲食を通じて本市の魅力をより感じていただけると考えています。  現在,来年の大会に向け,関係機関と協議を進めています。                〔荒井宏幸議員 発言の許可を求む〕 ○議長(永井武弘) 荒井宏幸議員。