運営者 Bitlet 姉妹サービス
1406件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-18 見附市議会 平成30年 決算特別委員会-09月18日−02号 ア、休日在宅当番医の利用状況ですが、平成29年度の受診者数は、内科、小児科、外科とも前年度より増加しております。事業費は540万円でございます。   イ、中越こども急患センターの利用状況ですが、平成29年度の受診者数は、総受診者数、うち見附市受診者数とも前年度より減少いたしました。事業費は、概算額でございますが、251万1,000円でございます。    もっと読む
2018-09-14 三条市議会 平成30年第 4回定例会(第4号 9月14日) また、保育所の発達支援コーディネーターにつきましては、各施設における調整役として1人を配置してございまして、実際に保育に当たる保育士について加配し、対応しておるところでございます。  小中学校の特別支援サポーター、以前は特別支援教育指導員でございましたが、ここ10年で30名から60名ほどを配置しておるところでございます。 ○議長(阿部銀次郎君) 15番。 もっと読む
2018-09-12 見附市議会 平成30年 第3回(9月)定例会-09月12日−一般質問−03号 当市の場合の通告案件は、学校、それから保育園、そういったところからの通告といいますか、相談というケースが多うございますので、あわせて私どもの職員と相談を発してきた保育士ないしは教諭等とあわせた形で事実確認、リスクの大小、この辺のところを確認を行っているという状況でございます。 ○小泉勝議長 佐々木議員。 もっと読む
2018-09-03 五泉市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月03日−議案説明、質疑、討論、採決、一般質問−01号 早朝6時半から夜間11時まで発行が可能で、また休日でも最寄りのコンビニ店舗で証明書を発行できるほか、全国のどこの店舗でも発行が可能で、五泉市以外での勤務や外出先での発行も可能となります。現在コンビニ交付を実施している自治体のほとんどがまず自動交付機によるサービスを行い、その上でコンビニ交付サービスを導入しています。 もっと読む
2018-06-27 胎内市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月27日−一般質問−03号 持つ女性、高齢者らへの配慮や支援はどのようなことが必要と考えるかということについてでございますけれども、車椅子利用者や高齢者等のための施設内のバリアフリー化、授乳や女性の着がえ等のためのプライベートルームを設置するための間仕切りの追加、視聴覚障害者のための音声と掲示を併用した情報伝達手段の導入、避難者の健康管理を維持するために、保健師や看護師の巡回、園児や未就学児のための菓子類や遊具、絵本の備蓄、保育もっと読む
2018-06-26 胎内市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月26日−一般質問−02号 初めに、病児、病後児保育事業の実績についてでありますが、昨年6月から事業を開始いたしました病児・病後児保育室、中条中央病院どんぐり園の平成29年度における実績につきましては、利用に当たり必要となる登録人数が132人、利用人数は42人で、延べ135回の利用でありました。 もっと読む
2018-06-21 三条市議会 平成30年第 3回定例会(第3号 6月21日) 昨年の施政方針やことしの施政方針におきまして、三条市では近年の核家族化や共働き世帯の増加に伴う仕事と家庭の両立を実現するための子育て支援として、保育所の待機児童解消に向け、取り組むとしており、4月に開所する新たな裏館保育所において入所ニーズが高まっている3歳未満児の受け入れの拡大を図るとともに、引き続き公立保育所において保育士をあらかじめ多く配置し、年度途中に発生する保育士不足による待機児童の解消を もっと読む
2018-06-12 胎内市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月12日−議案説明・質疑−01号 各事業所の概要と所見についてですが、まず初めにまごころ保育園たいないですが、本年4月1日、加賀新地内に私立保育園として設立、開園いたしました。定員は84名であり、開園、スタートに当たる今年度の入園数はゼロ歳児が9名、1歳児が14名、2歳児が13名の計36名でした。 もっと読む
2018-03-22 上越市議会 平成30年  第1回(3月)定例会-03月22日−一般質問−06号 具体的には、まず経済的な支援として、子ども医療費の助成や保育料の軽減について段階的に拡充を図ってきたほか、ひとり親世帯の就労支援のため実施している自立支援教育訓練給付金事業では、国の助成額に市独自の助成額を上乗せするなどの取り組みを進めてまいりました。 もっと読む
2018-03-20 上越市議会 平成30年  第1回(3月)定例会-03月20日−一般質問−05号 今政府が進めようとしている女性の社会進出におきましても、核家族でお母さんが働こうとしたとき、その子供さんをどこかに預けないで働くということはできないわけですので、ゼロ歳児保育、延長保育というものが始まりました。そして、受け入れる側の保育園も保育士を増員してそれに備えていくわけで、全国的にも特に首都圏など都市部の自治体を初めとして保育士不足という悲鳴が今聞かれております。    もっと読む
2018-03-19 新発田市議会 平成30年 一般会計予算審査特別委員会(社会文教関係)−03月19日-01号 次の地域医療に関する3つの事業は、平日夜間や休日の緊急時の医療体制を確保するための経費で、次のAED設置補助事業は、地域の公会堂等においてAEDの設置に要する費用を補助しようというものであります。  次に、1つ飛んで、地域福祉に関係する市民のきずなを深めいのちを守る事業は、自殺対策に要する経費で、専門職種による相談事業や相談窓口の周知、こころの体温計システムの運営に要する経費であります。   もっと読む
2018-03-16 新発田市議会 平成30年 一般会計予算審査特別委員会(総務関係)−03月16日-01号 その下、3目職員研修費、説明欄1つ目の丸、職員研修及び能力開発事業につきましては、職員の人材育成に係る費用でございまして、研修旅費、保育士の専門研修など、企画実施に係る委託料、新潟県市町村総合事務組合が行う研修への負担金などが主なものでございます。   もっと読む
2018-03-16 十日町市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月16日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号 ③、保育園の民営化が続いていますが、企業は赤字になれば何を詰めるか、労働賃金などを抑えて保育の質を落とすものと考えられます。統合、民営化を改め、公的責任を明確にし、処遇改善と臨時者賃金の引き上げを求めます。   ④、大地の芸術祭では、北川氏依存体質、過大な財政支出と透明化、作品評価など、さまざまな意見が出されています。予算7億3,500万円、ディレクター委託料1,000万円です。 もっと読む
2018-03-14 上越市議会 平成30年  総務常任委員会-03月14日−05号 ◆渡邉隆委員 今ほど課長から御説明いただいた学生の割引運賃もそうですし、休日の運賃の話も私ももちろん覚えています。確かに打っていることが私らはわかるんですけれども、万民がなかなかわかりづらい。非常に悪いことでも決してないと思っています。わかりづらいんで、それがオールという、全てのという形の体系であることによってわかりやすんじゃないのかなと。間違えて乗ってしまっても、でもワンコインで戻れるんだな。 もっと読む
2018-03-12 三条市議会 平成30年市民福祉常任委員会( 3月12日) 事業番号060食育推進事業費628万1,000円は、離乳食教室、保育所食育講座、学校食育推進事業、しみん食育と農業のつどい、市内スーパー等と連携した減塩による生活習慣病予防事業などにより、子供から成人まで一貫した食育を推進するための所要経費でございます。   もっと読む
2018-03-12 新発田市議会 平成30年 2月定例会−03月12日-03号 通勤中に15件、休日中に3件。平成29年度が、途中でありますけども、現在は公務中が23件、そして通勤中が20件、休日中が3件ということであります。 もっと読む
2018-03-09 妙高市議会 平成30年  3月定例会(第3回)-03月09日−議案説明、質疑、委員会付託−05号 び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例               の一部を改正する条例議定について                              議案第41号 妙高市新井中央小学校区放課後児童クラブ条例の一部を改正する条例議定について         議案第42号 妙高市コミュニティセンター条例の一部を改正する条例議定について               議案第43号 妙高市妙高高原 もっと読む
2018-03-08 胎内市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月08日−一般質問−02号 そこで、このたびの年度当初の施政方針などを策定するに当たっては、前段として今し方の根拠となる数値、例えば市民税の課税状況や市民税や国保税等の未納者数、小中学校の準要保護対象者数、保育料等の未納者数、有効求人倍率や雇用保険の受給者数、生活保護世帯数やエンゲル係数といった市民生活に関する指数を網羅して、市民一人一人の生活状況を把握することがもととなると考えますが、いかがでしょうか。 もっと読む
2018-03-07 上越市議会 平成30年  厚生常任委員会-03月07日−02号 あわせて、こども発達支援センターでは子供一人一人の発達状況や特性を見きわめ、相談や療育支援等を提供するとともに、センターの活動を気軽に体験できる場として新たに体験見学会を休日に開催をいたします。    もっと読む
2018-03-07 見附市議会 平成30年 第1回(3月)定例会-03月07日−一般質問−03号 4番、2017年5月時点での厚生労働省の調査では、新潟県内では学童保育待機児童が南魚沼市のみで、90人ということでありました。以前委員会でも私は発言いたしましたが、見附市においては見附小学校区であすなろ児童クラブに入れず、ほかの学区の学童保育に入れることを悩む保護者の方もいらっしゃいます。主に長期休みに苦労されています。既存の放課後児童クラブの施設の現状と実績をお聞かせください。    もっと読む