1586件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

新発田市議会 2019-03-19 平成31年 一般会計予算審査特別委員会(社会文教関係)−03月19日-01号

次の丸、サポートネットワーク事業は、いじめや登校、問題行動等の解消のため、小中学校に派遣する指導員、特別支援教育等に関する相談員の報酬が主なものであります。  2つ下の丸、いじめ防止対策事業は、全ての子供たちをいじめ、虐待、性暴力など、あらゆる暴力から守るためにCAPプログラムを市内全小中学校で来年度も引き続き実施いたします。

新発田市議会 2019-03-12 平成31年 2月定例会-03月12日-03号

そして、二度と悲劇を繰り返さないためにも地域全体でいじめ見逃しゼロ、登校の解消を目指さなければなりません。そのためには、市長部局と教育委員会の緊密な連携が必要であり、中でも情報の共有が最も重要と考えております。総合教育会議は、まさに情報共有、意見交換の場であることから、いじめ事案等が発生した際はもとより、その後も講ずべき措置等について市教育委員会との協議、調整の場としてまいりました。

新発田市議会 2019-03-11 平成31年 2月定例会−03月11日-02号

加えて、卵アレルギーが明確な方は適当者となるなど、接種には注意が必要とされており、市が積極的に推奨する状況にはないと考えております。国も平成17年3月に予防接種検討会の中間報告において、小児へのインフルエンザ予防接種については有効性には限界があることを保護者に十分説明した上で、希望した場合に任意の接種とするのが適当であると結論づけております。

新発田市議会 2019-02-27 平成31年 2月定例会−02月27日-01号

しかし、現実にはいじめや登校といった問題が存在しています。在職中は、子供たちに寄り添い、その声に耳を傾け、リスペクトの大切さを粘り強く説くことで、子供たちの心の変化や成長を促すことができました。そして、いじめや登校などの問題解決に努めてまいりました。私の思いが子供たちに届いたと実感できたとき、この喜びは何物にもかえがたいものでございました。  

新発田市議会 2019-01-15 平成31年 1月15日全員協議会−01月15日-01号

なお、いずれの会議につきましても、新発田市総合教育会議設置要綱第4条に定める新発田市情報公開条例第7条第2項、開示情報に該当することから、会議は非公開といたしました。  なお、2回目の会議については、調査報告書に関する協議の後、会議を公開に切りかえ、説明員に猿橋小学校長を加え、新学習指導要領の全面実施に向けた今後の英語教育の取り組みについて授業参観とあわせて協議を行っております。  

小千谷市議会 2018-12-21 平成30年  第4回 定例会-12月21日−市政に対する一般質問−03号

しかし、小学校2年生のときにテレビで芸能の方ががんになった情報を見て、自分のお母さんも自分が学校に行っている間に死んでしまうのではないかとそれから登校になってしまいました。人間は、いつか必ず死ぬものです。だからこそ命を大切にという思いも芽生えますし、一度しかない人生を、与えられたこの限られた時間を悔いなく生きていこうとするのだと思います。

十日町市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−市政に対する一般質問−02号

民泊について定めた住宅宿泊事業法は、ことし6月から施行されましたが、民泊及び農家民宿については、宿泊者による夜間の騒音、特定多数の第三者や外国人の出入り、犯罪の温床になるのではないかなどなど、住民の皆さんにとっては不安材料も課題となっています。

三条市議会 2018-12-10 平成30年第 5回定例会(第5号12月10日)

いじめ、登校についてでございます。  文部科学省の2017年度の調査結果が出されております。2017年、全国の国公立小中高、特別支援学校で認知したいじめは41万4,378件で過去最多を更新したと報じられております。また、2017年度の県内で認知されたいじめは1万7,513件で過去最多となりました。認知されていない数を思うと、より多くの件数だと考えます。  

新発田市議会 2018-12-03 平成30年12月定例会−12月03日-01号

これからも今を生き抜く、また未来を切り開いていけるよう、子供たちの健やかな成長に向け、いじめ見逃しゼロや登校解消に実効ある施策を必ず実践します。  また、城下町新発田の歴史、文化への学びを深め、ふるさと新発田に誇りと自信が持てる人づくりを目指します。

上越市議会 2018-11-09 平成30年  総務常任委員会-11月09日−13号

参加者からの主な意見といたしましては、若者等の定住やUIJターンの促進に関するもの、女性活躍の促進や職場環境の改善に関するもの、教育分野におけるいじめや登校の対策の推進を求めるものがありました。なお、いただいた意見の内容は計画に記載済み、または個別の事業に関するものであったことから、直接計画案に反映するものはありませんでした。   

柏崎市議会 2018-10-10 平成30年 9月定例会議(第19回会議10月10日)

登校の問題について、学校と教育センター、ふれあいルームが緊密な関係であることは理解できたが、地域と一緒になって考える必要があるのではないか。  単身老人等緊急通報装置設置事業について、対象者を把握し、所得制限などの設置条件をなくし、対象となる全ての世帯に設置できるよう、制度を検討すべきである。  介護職員就職支援事業について、人材不足の実態を正確に把握すべきである。

柏崎市議会 2018-10-09 平成30年決算特別委員会(10月 9日)

ふれあいルーム推進事業について、登校の実態をどのように考えているか。学校とふれあいルームとの連携、また、地域、民生委員との関係について。ふれあいルーム推進事業により、学校へ復帰した実績について。いじめの実態について。義務教育後の課題にどう取り組んできたか。小学校費・中学校費における通学支援事業について、スクールバス運行委託料の減額の理由は何か。地域によって特例があったのか。

柏崎市議会 2018-10-03 平成30年決算特別委員会・文教厚生分科会(10月 3日)

教育委員会関係では、ふれあいルーム推進事業ということで、私は登校の問題、実際には69人だという小学生21人、中学生48人という説明をいただきましたけれども、先般の民生委員との懇談会の中での、民生委員協議会の副会長なんかの発言が非常に耳に残っていまして、学校現場と役所とのほうが、実態把握が不足しているんではないかと。

三条市議会 2018-09-27 平成30年決算審査特別委員会( 9月27日)総務文教分科会

○(佐藤宗司分科員) 185ページ、050いじめ・登校対策事業費で、9月定例会にもいじめの件数とか詳言していたと思うんですけど、再度聞きますけど、教育委員会の説明ですと多少ふえているという数字的なものを言われたんだけれども、いじめ、登校は実際今どのぐらいの数になっておりますか。

新発田市議会 2018-09-27 平成30年 9月定例会−09月27日-04号

質疑項目としては、佐久間委員より、商事売上と商品仕入について、あわせて物販と商品の区別について、小柳委員からはトラフグの養殖売上と養殖仕入の内容の違いについて、特に会計上の明朗な点については改善すべきであると質疑いたしました。  

十日町市議会 2018-09-21 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月21日−委員長報告、質疑、採決−05号

登校児童生徒の解消のため、関連する事業への人的配置を含めた十分な予算措置を図るとともに、初期対応と個に応じた支援の徹底を検討していただきたい。   また、平成29年度に策定した歴史文化基本構想は、日本遺産の認定には至らなかったが、その成果を認定に向けて努力を進めるとともに、文化や地域の振興などに活用されるよう望みます。   次に、特別会計について申し上げます。